妊娠後期 栄養。 妊娠中の食事(栄養・注意点)

妊娠中の食生活 ③妊娠後期(28~39週)の栄養

妊娠後期 栄養

妊娠後期ってこんな時期 まず、妊娠後期の赤ちゃんや お母さんの様子について。 妊娠8〜10ヶ月にあたる妊娠後期になると 赤ちゃんの臓器が完成し、脳が発達し、 もうほとんど生まれて出てくる時と変わらない 姿にまで成長します。 後期に入れば赤ちゃんの体重も 1000グラムを越え、出産までには平均して 3000グラムにまで大きくなりますので お母さんのお腹はかなり大きく、 そして重くなります。 お母さんはそんな重いお腹を 抱えて動くことになりますので あちこちに負担がかかり、足や腰に痛みが出たり、 少し動くだけでお腹が張ってしまったりと 段々と普段の行動にも大変な場面が増えてきます。 あまり無理をしすぎると早産になってしまう 恐れもあるので無理は厳禁ですが、 赤ちゃんだけでなく、 お母さんの体重も一気に増えてくる時期ですので 食事に気をつけたり、適度に運動したりして、 体重管理に気を配ることも これまで以上に必要になってきます。 私はつわりのなくなる 妊娠中期頃は身体が軽く 無理のない程度に運動したり、 遠出の旅行なども楽しんだりしていましたが 後期になると、お腹は重いしあちこちに 痛みはでるし、胎動は激しくて寝不足になるしで なかなか大変な時期だったことを記憶しています。 妊娠後期に必要な栄養は? では、そんな妊娠後期に お母さんが摂っておきたい栄養とは どんなものでしょうか。 妊娠後期のお母さんに起きやすい トラブルから考えてみましょう。 この時期に気をつけたいのが妊娠高血圧症候群。 妊娠中は血圧が高くなりやすいので、 塩分の摂り過ぎに気をつけなくてはなりません。 妊娠高血圧症候群になってしまうと、 軽度であれば食事や運動などの 生活改善で対処しますが重度の場合は 入院となってしまいます。 ですから塩分を控えることが大切ですが、 それに加えて余計な塩分を体外に排出する カリウムを積極的に摂っていくことも 予防につながります。 そして同様に多くの妊婦さんを 悩ませるのが便秘。 赤ちゃんがお腹の中で大きくなると 様々な臓器が圧迫されますが 腸が圧迫されることにより、 妊娠後期になって便秘に 悩まされる妊婦さんが多いそう。 便秘の解消にはやはり食物繊維が効果的ですね! また、貧血もこの時期に気をつけたい トラブルの1つです。 貧血対策に効果的な栄養素と言えば鉄分。 同時に赤ちゃんの成長のために 欠かせないカルシウムも摂取したいところ。 普段あまり栄養を気にせずに、 好きなものを食べているという方は 妊娠後期になったらぜひこれらの栄養を中心に 意識して摂取することを心がけてみてくださいね。 お母さんの身体のトラブルはストレスのもと。 できるだけストレスなく出産を迎えるためにも 食事でできるだけの対策を しておくことが大切です。 おすすめの食べ物 ではそれらの栄養素を効果的に摂取するには どのようなものを食べればよいのでしょうか? おすすめなのが具をたくさん入れた 野菜スープやお味噌汁。 カリウムは野菜に多く含まれていますので、 色の濃い野菜を中心に、種類を たくさん入れましょう。 鉄分やカルシウムの豊富な 小松菜やほうれん草を入れると 効率的に必要な栄養を摂取できますね! ゴマを入れて食べるのもおすすめです。 そこに玄米や胚芽米をプラスした ご飯を付け加えれば食物繊維もバッチリ! メインの料理に使うならば ささみや鶏の胸肉を使用するのがおすすめ。 貧血予防にレバーもいいですが、 摂取のしすぎは厳禁です。 海藻類は食物繊維が豊富なので、 サラダにプラスすれば便秘予防もバッチリ! 常に同じようなメニューでは 飽きてしまいますので 食材の組み合わせを変えるなどして 工夫しつつ楽しみながら美味しく身体の トラブル予防ができると理想的ですね! しかしここで注意点が1つ! カロリーと塩分の過剰摂取には要注意です。 栄養を摂ることを考えて食べすぎてしまうと、 あっという間に体重が増えてしまします。 体重の増えすぎや塩分の摂り過ぎは 妊娠高血圧症候群につながりやすくなります。 味付けは薄めをこころがけ、 もの足りない場合には香味野菜や 出汁のパワーを借るなどして 調理方法を工夫してみましょう。 私の場合、野菜たっぷりスープを とにかく好んで食べていました。 量を多めに作って、そのまま食べたり、 カレーにしたり、ご飯を入れてリゾット風にしたりと いろいろアレンジできるので飽きずに 楽しむことができますよ! まとめてたくさん作っておくと ちょっと身体がしんどいな、 という時にも楽ができるのでおすすめです! 食べ方にも注意しましょう! 妊娠後期になると、お腹は かなりの大きさになります。 前述の通り、赤ちゃんが お腹の中で成長することで 様々な臓器が圧迫されるようになりますが、 胃が圧迫されると容量が 少なくなってしまうため、 栄養摂取を心がけて一生懸命に たくさん食べてしまうと 胸が苦しくなったり、胸焼けで気分が 悪くなってしまうことがあります。 この時期におすすめの食べ方は、 1回の量を少なく その分食事の回数を増やすこと。 そうすれば胃への負担も軽くなり、 食事で気持ちが悪くなって しまうようなことも少なくなります。 せっかくの食事、無理して食べるのでは 美味しさも半減してしまうので 食べ方を工夫して、楽しく味わえるようにしましょう! 妊娠後期 栄養摂取でトラブルを予防しましょう! 妊娠中は身体にいろいろな トラブルが起こりがちです。 身体が大きく変化する時期ですので 仕方のないことですが回避できるものは できるだけ回避したいですよね。 食事は毎日摂るものですので、 その毎日の食事で必要な栄養を摂取し、 トラブルを予防することができれば 嬉しいですよね! 栄養については、子供が生まれてからも 知識として役に立ちますので この機会に食べ物と栄養の摂取に ついて学んでみてはいかがですか? 美味しく楽しく効果的な栄養摂取に 繋がる食事をマスターしましょう! 関連記事 ・ ・ ・ ・.

次の

妊娠中の栄養士ママが「妊婦の理想的な1週間の献立」を考えてみた

妊娠後期 栄養

妊娠すると母子手帳が発行されるでしょう。 その中を見ていただければお分かりになるでしょうが、食生活についての注意点がいろいろと書かれています。 食生活について、妊婦さんは正しい知識を持つべきです。 どのような栄養分を摂取すればいいのか、体重管理をどうすればいいか、さらに何を食べてはいけないかなど広範囲にわたって 知っておくべき情報があります。 しかも妊娠初期から中期、後期で若干注意点も異なります。 さらに産後も注意が必要です。 赤ちゃんに授乳する際に、その栄養分が子供にわたるからです。 妊婦さんのほかにも妊活をしている人もいずれ必要な話ですから、以下で紹介していきます。 今後の献立の参考にしてみてください。 妊活 ここでは妊活中の方に向けて以下のことを解説します。 正しい食生活&体重管理• 必須栄養素• 妊活中に食べてはいけないもの 妊活中の正しい食生活&体重管理 BMI 妊活に成功するためには、食生活の見直しをすることです。 簡単に言ってしまえば、 栄養バランスの取れた規則正しい食習慣を意識することが重要です。 1日3食、できれば毎日同じ時間帯に食事をとりましょう。 またできるだけ外食を少なめにして、自炊を心がけましょう。 栄養素の調整がとりやすくなるからです。 しかし働いている人はそう毎回自炊はできないかもしれません。 その場合には、ファストフードではなく、定食のほうがおすすめです。 食材が多く、多種多様な栄養素を摂取できるからです。 そのほかにはダイエットをするために、 過激な食事制限はすべきではないです。 逆に 過食になるのもダメです。 妊娠すると体重管理のことを産婦人科の医者から指導されることもあるでしょう。 妊娠すれば、赤ちゃんがおなかの中にいるわけで体重はおのずと増加していきます。 妊活中の体形によって増加量は変わってきます。 痩せ体形は9~12㎏• 標準体形は7~12㎏• 肥満体形は5㎏程度 増えるのが一般的です。 自分の体形の場合、どの程度妊娠期間中に体重が増えるのが理想か、知識として頭に入れておくといいでしょう。 このように妊娠しても慌てないための準備をしておくことです。 妊活中の必須栄養素 妊活中に摂取したほうがいい栄養素として葉酸があります。 葉酸は妊活中だけでなく、妊娠初期にかけて意識して摂取したほうがいいといわれています。 ちなみに葉酸を多く含む食材はホウレンソウやブロッコリー、モロヘイヤなどがあります。 そのほかには大豆にも葉酸は多く含まれています。 仕事をしていて普段忙しければ、納豆を食べるようにしてみるのもおすすめです。 この葉酸、厚生労働省でも摂取を推奨しています。 そして1日に摂取したい葉酸の量ですが、食事だけで賄うのは難しいです。 おすすめは「葉酸サプリ」です。 葉酸サプリはいろいろなメーカーから販売されています。 このサプリを摂取して食事で不足した分を補っていきます。 なぜここまで葉酸の摂取が推奨されているのか、それは 神経管閉鎖障害のリスクを低減できるからです。 神経管閉鎖障害ですが、赤ちゃんの先天異常の一つです。 この神経管閉鎖障害を起こすと赤ちゃんの成長に深刻な問題が生じますし、死産の可能性も高まります。 厚生労働省だけでなく、日本先天性異常学会でも葉酸サプリに関する声明を発表しているほどです。 医療の専門家が葉酸サプリの摂取を推奨しているということは、いかに大事な栄養分であるかお分かりでしょう。 先天異常の中で、二分脊椎などの神経管閉鎖障害について、欧米を中心とした諸外国により疫学研究が行われ、妊娠可能な年齢の女性等へのビタミンBの一種である葉酸の摂取がその発症のリスクを低減することが報告されている。 引用元: 厚生労働省「」 妊活中に食べてはいけないものNG集 妊活中に摂取しないほうがいい食材もいくつかありますので、紹介します。 まずは 生肉や生卵などの生もの系です。 まず生肉にはトキソプラズマが潜んでいる可能性が高いです。 これが体内に入ると、胎児の先天性異常を引き起こす危険性があります。 生卵にはサルモネラ菌が含まれている危険性があります。 このサルモネラ菌を起因として食中毒を起こし、重症だと流産につながる恐れがあります。 生卵をご飯にかけて食べるのが好きな女性は注意です。 ビタミンAは過剰摂取すると、胎児に顔や体などの異常を引き起こすリスクがあります。 ウナギやレバーなどにビタミンAは多く含まれているので、食べてもいいですがほどほどにセーブいしましょう。 そのほかには栄養添加されている野菜ジュースもビタミンAの過剰摂取につながりかねません。 さらにこれはよく言われることですが、 コーヒーや紅茶などのカフェインを含む飲み物を避けたほうがいいです。 カフェインを摂取すると、低出生体重児のリスクが高まるからです。 コーヒー好きの女性のために、近年ではカフェインフリーのコーヒーも出ています。 このような飲み物で妊活中は代用してみるといいでしょう。 妊娠初期 これから解説するのは妊娠初期の方に見てもらいたい内容になっています。 正しい食生活&体重管理• 必須栄養素• 食べてはいけないもの 妊娠初期の正しい食生活&体重管理 BMI 妊娠初期の食生活ですが、 基本は1日3回の食事を規則正しくとることです。 しかし人によってはこれだけでは十分な栄養分やカロリーを確保できないケースもあります。 その場合には、間食も意識して食べる必要があります。 しかし逆に体重が増えすぎているのであれば、間食の制限が求められます。 これは個人差があるので、一概にどうとは言えません。 ここでワンポイント体重の変化を注視しながら、医師や管理栄養士の指導を受けて食生活を適宜見直す形になるでしょう。 妊娠していないときの女性の適量カロリー量は2200キロカロリーといわれています。 しかし妊娠すると母体のエネルギーが増加します。 プラスして胎児が発育するためのエネルギーも確保しなければなりません。 ですから 通常よりも食べる量は若干増やさないといけないと理解しておきましょう。 妊娠で体重がどのくらい増加すればいいかですが、もともとの体形が関係します。 BMI18. 5未満が低体重、18. 5~25. 0が普通、それ以上が肥満と区分されます。 妊娠全期間を通しての推奨される体重増加量は、低体重9~12㎏、ふつう7~12㎏、肥満5㎏が目安とされます。 妊娠初期の必須栄養素 妊娠初期には妊活中同様、葉酸は必須の栄養素です。 体内に貯蔵することができないので、こまめに摂取する必要があります。 葉酸の摂取量が十分でないと、神経管閉鎖障害のリスクが高まります。 鉄分も必要です。 赤血球中のヘモグロビンという酸素や栄養素を運搬するものの原料になるからです。 もし鉄分不足の状況が続くと、赤ちゃんに十分な酸素が届かず、発育に悪影響を及ぼしかねません。 妊娠初期には1日9㎎の摂取が推奨されています。 いつもよりも意識して鉄分は摂取したほうがいいでしょう。 というのも妊娠していないときと比較して、妊婦さんの血液量は急激に増えるからです。 その結果、もともと赤血球が薄くなりやすいです。 このため妊婦さんで貧血を起こす人が多いわけです。 カルシウムは骨や歯を作る栄養素として広く知られています。 このカルシウムは、赤ちゃんの体を作るために欠かせない栄養分です。 もしカルシウムの摂取量が不足すると、母体の骨を溶かしてカルシウムを供給することもあるほどです。 胎児が健やかに成長するためには、いつもよりも多くカルシウムを摂取する必要があります。 もしこれらの栄養分を食事で十分摂取できなければ、サプリで補っていくのも一考です。 妊活中に食べてはいけないものNG集 妊娠初期というよりも妊活中から アルコールの摂取は避けるべきです。 胎盤を通して赤ちゃんにも届いてしまうからです。 すると胎児の発育や成長に深刻な影響を与えてしまいます。 お酒好きな方は特に注意すべきです。 また妊活中同様、妊娠初期には カフェインの摂取も控えましょう。 胎児の成長を阻害してしまう恐れがあるからです。 妊娠初期はヨウ素の過剰摂取も気を付けておきたいところです。 赤ちゃんの甲状腺機能が低下するためです。 海藻類に多く含まれるため、だしをとるときについつい過剰摂取している可能性があります。 妊娠中期• 正しい食生活&体重管理• 必須栄養素• 食べてはいけないもの これらを解説するので妊娠中期の方はぜひチェックしてください。 妊活中期の正しい食生活&体重管理 BMI 妊娠初期は人によってはつわりがひどくて食べ物が一切受け付けないという方も多いでしょう。 しかし中期になると、つわりも落ち着いて食欲旺盛になる妊婦さんも多いです。 このため、体重が増えすぎてしまう人もいるようなので注意しなければならないです。 「」をベースにすると、 妊娠中期は普段と比較して250キロカロリー程度増加させるようなメニューを考えることです。 このカロリーはご飯で考えた場合、茶わん1杯程度です。 米半合程度多めに炊くとちょうどいい感じになるでしょう。 しかし250キロカロリーの増加分を炭水化物だけで摂取してしまうと、思った以上に体重が増えてしまいます。 イメージとしてはいつもと比較しておかずが2割増しするような感じで献立を考えておきましょう。 妊娠中期の場合、 大体1週間当たり低体重から普通にかけては0. 3~0. 5㎏程度の増加が好ましいです。 肥満体形の方は、医師と相談してどのくらいのペースで体重を増やしていけばよいか相談することです。 体重の変化については、こまめに記録をつけておくことをお勧めします。 妊活中期の必須栄養素 妊娠中期は初期同様、鉄分を摂取するのがおすすめです。 初期と一緒で、赤血球に含まれる酸素や栄養素を運搬する役割のあるヘモグロビンを多く作り出すためです。 しかも初期と比較して、さらに多くの鉄分摂取が求められます。 妊娠初期は1日9mgが目安でした。 中期になると21㎎の摂取が求められます。 妊娠初期の倍以上に増えます。 妊娠中期に入っても、 葉酸の摂取は推奨されています。 葉酸は枝豆やモロヘイヤ、ブロッコリーなどに多く含まれています。 しかし葉酸は水溶性で、熱にも弱いといわれています。 このため、調理すると葉酸が失われてしまって食事だけで補っていくのは難しいでしょう。 そこで足りない分については、葉酸サプリで摂取するのがおすすめです。 カルシウムも妊娠中期になってからも引き続き必要な栄養分です。 赤ちゃんの体を作るために欠かせない栄養分です。 不足すると母体の骨を溶かしてカルシウムの不足分を補います。 すると母親の骨粗しょう症を引き起こす危険性が高くなります。 サクラエビやプロセスチーズ、しらす干しなどにカルシウムが多く含まれています。 意識して食卓に出したいところです。 妊活中期に食べてはいけないものNG集 妊娠中期に食べてはいけない食材は、基本的には妊娠初期と同じです。 特に 魚に含まれる水銀については注意を払う必要があります。 水銀を取り込んでしまうと、発達に影響が出ます。 また妊娠中、 食中毒には特に注意しましょう。 妊婦さんはリステリア菌に感染しやすくなるといわれています。 この細菌に感染すると、赤ちゃんにも影響の出る可能性があります。 しっかり加熱して食べる、野菜や果物も十分に洗うなどの対策を講じましょう。 食中毒は特に夏場にリスクが高まります。 ヒ素も健康被害を引き起こすので、妊娠中は注意しなければなりません。 ヒ素はヒジキに多く含まれています。 妊娠中であれば、乾燥ひじきの場合5gを上限として週2回くらいにとどめておきましょう。 煮ものにした場合、小鉢で1杯程度が目安です。 引き続き飲み物では、アルコールやカフェインも飲まないほうが赤ちゃんのためです。 もしどうしても好きで飲みたければ、ノンアルコールやノンカフェインの飲料もいろいろと出ています。 こちらで代用して、しばらくは我慢するように心がけましょう。 妊娠後期• 正しい食生活&体重管理• 必須栄養素• 食べてはいけないもの 妊娠後期の方に向けてこれらを解説していきます。 妊活後期の正しい食生活&体重管理 BMI 妊娠後期に差し掛かった場合、体重管理に気を付けないといけません。 今までと比較して、 少し食事の量を減らすのが基本です。 今まで通りの食事をしてしまうと、体重が思っている以上に増加するはずです。 妊娠後期になると、どうしてもおなかが大きくなるので動くのがしんどくなってきます。 運動量が減って、それに伴いエネルギーの消費量も今まで以上に少なくなります。 ですから同じ食事量だとあっという間に体重が増加するわけです。 特に 気を付けないといけないのは、臨月に入ってからです。 この時になると胎児は骨盤内に降りてきて、胃が圧迫から解放されます。 その結果、ご飯がおいしくなってつい食べ過ぎになりがちです。 このため一気に体重の増える妊婦さんも結構います。 注意してね!もし体重が異常に増えてしまうと、難産に陥ったり、産後の回復が遅れたりします。 さらに妊娠高血圧症候群など深刻なトラブルを招く危険性があるので、食事のコントロールには特に注意が必要です。 妊娠後期も BMIで低体重から普通の方は1週間当たり0. 3~0. 5㎏程度の増加が好ましいです。 肥満体系の方は、医師に相談しながら食事の量を調整していく形になります。 妊活後期の必須栄養素 妊娠後期には 鉄分を意識して摂取することです。 妊娠後期では1日20㎎程度の鉄分が必要といわれています。 妊娠後期にもなると胎児の体重は3㎏を超えてくることも珍しくありません。 そうなると血液量もかなり必要になります。 貧血気味になるのであれば、鉄分不足に陥っていると思って更なる摂取を意識しましょう。 妊活中・妊娠初期には葉酸の摂取が必要と学会や厚生労働省でも推奨しています。 しかし妊娠後期なれば必要ないのではないかと思う人もいるでしょう。 葉酸には赤血球づくりをサポートする役割もありますから、サプリメントなどで補っていきましょう。 ビタミンAは妊娠初期に過剰摂取すると先天異常のリスクが高まるといわれています。 しかし全く摂取しなければいいかというとそうではないです。 ビタミンAは私たちの体に必要なもので、それが不足すると赤ちゃんの発育不全を招きかねません。 また妊娠後期になるとあらかた胎児の各機能は出来上がっています。 少し摂取量を増やしてみるといいでしょう。 妊活後期に食べてはいけないものNG集 妊娠後期になると体重が急激に増加する妊婦さんも少なくありません。 そこで 炭水化物はできるだけ控えたほうがいいでしょう。 ご飯やパン、麺類をたくさん摂取すると体重コントロールが難しくなるからです。 またスイーツをついついこの時期食べ過ぎてしまうという妊婦さんも結構多いです。 運動不足になって、口寂しくてつい手が伸びるという方も多いです。 しかしスイーツを食べすぎてしまうと、これもまた体重が異常に増加する要因となりかねません。 たまに程度であればかまいませんが、毎日はやめたほうがいいでしょう。 妊婦さんにはレバーはお勧めの食材といわれています。 鉄分と葉酸と妊婦さんに必要な栄養分がふんだんに含まれているからです。 しかしレバーにはビタミンAも含まれています。 レバーをたくさん食べすぎると赤ちゃんに影響を与えるとも限りません。 特に 鶏レバーにはビタミンAが多く含まれているので注意しましょう。 レバーの摂取は1週間に1回程度のペースでも十分です。 妊娠後期は免疫力が下がっているので、いつもは大丈夫でも食中毒を起こしやすくなります。 お刺身についてもできれば避けたほうがいいでしょう。 どうしてもというのであれば、できるだけ新鮮なものをチョイスしましょう。 産後 授乳中• 正しい食生活&必要な栄養素• 産後に食べてはいけないもの 産後の方に向けてこれらについて解説していきます。 産後 授乳中 の正しい食生活&必要な栄養素 産後授乳期に突入しても、 引き続き葉酸の摂取は必要です。 しかし妊婦さんの時と比較すると、推奨される摂取量は少なくなります。 この程度の葉酸であれば、食事だけでもがんばれば摂取できるかもしれません。 しかし赤ちゃんが生まれるとそのお世話でかかりきりになるので、食事だけで毎日十分な摂取をするのは厳しいでしょう。 そこで 葉酸サプリを引き続き使用するのがおすすめです。 葉酸のほかには DHAも摂取するといいでしょう。 まだはっきりとしたメカニズムはわかっていないのですが、DHAは赤ちゃんにプラスの効果をもたらすというデータも出てきているからです。 ただし普通に食事ができていれば、十分なDHAを摂取できているでしょう。 加えてDHAの配合されているサプリメントを摂取する必要はないです。 もし粉ミルクも赤ちゃんに与えたいと思っているのであれば、その粉ミルクにDHAは配合されています。 ですから母乳育児を希望しているのであれば、DHAの摂取を意識してみるといいです。 産後 授乳中 に食べてはいけないものNG集 母乳育児 母乳育児を検討しているママさんであれば、 アレルゲンとなるものは食べないほうがいいでしょう。 その中でも卵・小麦粉・乳製品・エビ・カニ・そば・落花生は7大アレルゲンと呼ばれています。 特に乳幼児は鶏卵と牛乳・大豆などたんぱく質が豊富に含まれているものに対してアレルギー症状を起こしやすくなる特徴があります。 母乳でアレルゲンが赤ちゃんに移るのは少量といわれていますが、やはり注意したいところです。 キムチやカレーのような刺激物も母乳育児をするのなら控えたほうがいいです。 というのも母乳にこのようなにおいが付着するからです。 実際口コミや体験談を見ると、大量のニンニクやキムチを食べた後には赤ちゃんが母乳を飲んでくれなかったという話もしばしば出ています。 ただし刺激物を一切食べてはいけないわけでもありません。 あくまでも過剰摂取がNGで、多少食べる分には母乳に臭いが反映されることはないです。 アルコールについては、引き続き控えることです。 血液中と母乳中のアルコール濃度はほぼ一緒です。 ということは、母乳を与えることは赤ちゃんに直接お酒を飲ませているのとほぼ一緒の意味合いになってしまいます。 妊活から妊娠中の食生活の注意点 妊活から妊娠中通して気をつけるべき食生活の注意点を解説していきます。 ビタミンAの過剰摂取 ビタミンというと体にいいというイメージを抱くでしょう。 ビタミンAなどは視覚・嗅覚の機能を維持する、皮膚や粘膜のコンディションを整えるなどの効果が期待できます。 しかし妊活や妊娠中の女性が過剰に摂取すると、胎児の奇形につながる危険性があります。 ビタミンAを妊婦さんが過剰摂取すると、先天異常を引き起こすリスクが高くなります。 その中でも特に眼球や頭蓋、肺、心臓に起こる可能性が高いといわれています。 特に妊活をしている女性、妊娠3か月以内の妊婦さんは注意しましょう。 食品安全委員会が平成24年に「ビタミンAの過剰摂取による影響」というレポートを発表しました。 その中で、一部の人がビタミンAを過剰摂取すると、むしろ健康で逆効果になる可能性のあることを指摘しています。 レバーもしくはパテのようなレバー製品を週一回以上食べている人は、これ以上摂取量を増やさないこと。 そしてビタミンAのサプリメントを摂らないこと。 引用元: その中でも妊娠中もしくは妊娠を希望する女性は、 ビタミンAの配合されているサプリメントの摂取を避けるように記載しています。 サプリはビタミンAが濃縮して配合されているものも多く、過剰摂取につながる恐れがあるからです。 感染症・魚介類等に含まれるメチル水銀 生ものを妊婦さんが食べるのには細心の注意を払いましょう。 細菌を摂取して、それが胎児に影響を及ぼすかもしれないからです。 まずは不十分な加熱処理の豚肉にはトキソプラズマの含まれている可能性があります。 人に感染しても通常はあまり症状は出ません。 しかし 妊娠中は胎児に感染して流産リスクが高まります。 無事出産できても、脳や目に障害を抱える可能性が出てきます。 生ハムやスモークサーモンなど加熱処理が十分でないものを食べると、リステリアに感染する危険性があります。 注意してね!リステリアは食中毒の原因菌で、胎児が感染すると流産のリスクが高まります。 うまく出産できても早産や、中枢神経症状を伴う髄膜炎や水頭症などの発症リスクが高いです。 ですから妊婦さんが食事をする際には、70度程度で十分に加熱するように心がけましょう。 魚介類は通常であれば、健康維持の面でもおすすめです。 しかし妊婦さんが食する場合、 メチル水銀が濃縮している可能性があるので注意しましょう。 厚生労働省が実施した調査では、平均的な日本人の水銀摂取量は健康に影響を与えるレベルではないです。 しかしキンメダイやクロマグロなどは食物連鎖の影響でメチル水銀濃度が高まっている恐れがあります。 毎日食べ続けるのはお勧めできません。 食事量がわからない場合は「妊産婦のための食事バランスガイド」 妊活や妊娠中は胎児のために食事の栄養バランスに注意しなければならないことはわかっているけれども、具体的にどうすればいいかわからないという声もよく聞きます。 その場合に おすすめしたいのが、妊産婦のための食事バランスガイドです。 妊産婦のための食事バランスガイドは、厚生労働省や農林水産省の出しているガイドのことです。 妊娠中に1日何をどれだけ食べればいいかを図式化しています。 このため一目でどういったバランスにすればよいかがわかります。 コマのような形状になっていて• 果物 5つのグループに分かれて表示されています。 主食はご飯や麺類、パン、副菜はみそ汁や煮物、サラダといったようにイラストが描かれています。 そしてそれぞれどれだけ食べればいいかについて記載されています。 しかし妊娠すると、これにプラスするものが出てきます。 例えば妊娠中期は副菜と主菜、果物をそれぞれ1つ追加します。 妊娠後期や授乳期になったら、すべてのジャンルで一つずつ普段より多く食事をとる必要があります。 料理例も書かれているので、こちらを参考にして献立を考えてみませんか? 妊活~妊娠中~授乳中まで葉酸サプリで過不足を補給 妊活している段階から、葉酸サプリの摂取が推奨されています。 これは厚生労働省や日本先天性異常学会が発表していることです。 なぜなら葉酸を日常摂取していると、 神経管閉鎖障害という先天性異常のリスク低減ができるからです。 これは世界中の研究から立証されていることです。 しかもサプリでの摂取を推奨しています。 そもそも食べ物だけでこれだけの量を摂取するのは難しいです。 また葉酸には食品由来とサプリで使うものの2種類があります。 この両者を比較すると、 サプリのほうが吸収効率が高いのです。 つまり無駄なく葉酸を体内に取り組むためには、サプリメントのほうがむしろおすすめなのです。 葉酸以外でも、妊婦さんが摂取すべき栄養素はたくさんあります。 その中でも 各種ビタミンやミネラルは必要です。 いずれも食事だけで十分摂取するのは難しいでしょう。 葉酸サプリの中には、マルチビタミンとミネラルも配合されているものも出ています。 こちらを摂取すれば、 必要な栄養分を効率よく取り込めます。 先天性の異常のリスクは妊娠1~3か月が特に高いといわれています。 妊娠1か月では自覚がないでしょうから、妊活段階から葉酸サプリを摂取すべきです。 まとめ 妊娠したら、胎児が成長するためには母親の摂取する栄養分がすべてであることを自覚しましょう。 そのうえで、栄養バランスのとれた食事を常日頃から意識することが大事です。 母親の摂取した食事から胎児は栄養分を摂取し成長します。 逆に言えば、毒になるものを摂取すればその影響は胎児に現れる可能性が高いわけです。 カフェインやアルコールは赤ちゃんの成長に深刻な影響を及ぼすので、できるだけ妊活段階から控えるように意識しましょう。 また普段であれば、健康や美容に効果のある栄養分でも胎児にはマイナスの影響を及ぼす危険性もあります。

次の

妊婦の栄養不足に注意!栄養指導の体験談&摂取量の目安・レシピアイデア

妊娠後期 栄養

妊娠後期とは、妊娠28週(8ヶ月)以降の時期を指します。 出産に向けて赤ちゃんが急激に成長し、子宮が大きくなるため、母体の負担もいっそう大きくなります。 妊娠28週から36週くらいまでは、大きくなった子宮が周りの臓器を圧迫するため、さまざまな症状があらわれます。 胃が押し上げられることで、つわりのような胃のむかつきが出る場合もあれば、心臓や肺が圧迫されて、動悸や息切れを感じることもあります。 妊娠37週を過ぎると、一般的に赤ちゃんの体重は2,500gを超え、身体の各機能も十分に成熟しており、いつでも外に出られる状態です。 出産が近付くにつれて、赤ちゃんが下りてくるため、多くの妊婦さんは胃がすっきりして食欲が増してきます。 その反面、頻尿や尿漏れ、腰痛、恥骨痛といった症状が出てくる可能性があります。 出産間近になると、子宮による胃の圧迫が弱くるため、食欲が旺盛になる人が多いのですが、ついつい食べ過ぎてしまうと、適切な体重増加量を超えてしまう可能性があります。 妊娠後期に推奨される体重増加のペースは、肥満の人を除いて1週間あたり0. 3~0. 5kgとされています。 体重が過度に増加した場合は、妊娠糖尿病といった疾患のリスクが高まるほか、肥満によって微弱陣痛など難産になりやすいことから、医師に食事制限を指示されることもあります。 食べ過ぎて体重が急激に増えないよう、普段から適切なエネルギー量を摂取することを心がけてください。 妊娠後期には、妊娠していないときに必要なエネルギー量+450kcaLを1日に摂取するのが目安です。 エネルギー量だけでなく、妊娠後期に摂取すべき栄養素が不足しないよう、栄養バランスにも配慮しましょう。 献立の立て方については、医師や助産師に相談するほか、妊婦向けのレシピ本を参考にするのもおすすめです。 妊娠後期は、妊娠糖尿病や妊娠高血圧症候群といった妊娠中特有の疾患を発症しやすい時期です。 いずれも、普段の食事に気を配ることで発症リスクを下げられるといわれています。 妊娠糖尿病は、妊娠の影響で糖代謝異常が起こり、血糖値が正常より高くなってしまうことです。 母体側には妊娠高血圧症候群や早産、胎児側には胎児発育不全などのリスクがあります。 妊娠糖尿病を予防するには、栄養バランスの良い食事を1日3食、一定の時間に食べるようにします。 食事の際は、糖質の吸収を穏やかにする食物繊維が豊富な野菜から食べ、糖質が多いご飯は最後にするなど、血糖値を上げない食べ順を意識してください。 一方、妊娠高血圧症候群は、何らかの原因で高血圧になることで、尿たんぱく、血管障害、臓器障害などを発症します。 妊娠高血圧症候群の原因は明らかになっていませんが、「塩分を摂り過ぎない」「太り過ぎない」が予防のポイントです。 1日の塩分摂取量は7~8gになるようにして、薄味の献立を心がけましょう。 また、脂っこいメニューや糖分の多い食べ物も控えるようにします。 なお、妊娠糖尿病、妊娠高血圧症候群を発症してしまった場合、食事療法を行うことがあります。 BMI値に応じて摂取カロリーを制限するほか、妊娠糖尿病では1日の食事を4~6回に分ける「分食」を行うなどします。 ビタミンB6は、皮膚や粘膜の健康維持に役立つほか、つわりによる吐き気を和らげる効果があります。 ビタミンB6の吸収率を上げるためには、ビタミンB2を一緒に摂取すると良いといわれています。 ビタミンB6はパプリカやマッシュルーム、バナナなどに、ビタミンB2はレバーや納豆、牛乳などに多く含まれます。 また、モロヘイヤやアボカドなどはビタミンB6・B2ともに豊富です。 一方、ビタミンB群の一種である葉酸も妊婦さんにとって必要な栄養素です。 葉酸はDNAの合成に関わっているほか、造血作用があります。 胎児の器官形成が活発な妊娠初期には特に欠かせないのですが、貧血の予防のために妊娠中期以降も継続的に摂取するのがおすすめです。 メルミーの魅力は、産婦人科医と管理栄養士によるダブル監修を受けていることです。 葉酸のほか鉄やカルシウムなど、妊娠中に特に重要な17種類の栄養素を「妊娠初期~授乳期」までの長期間の各段階で、不足することのないよう計算して配合しており、このうち14種類の栄養素について厚生労働省の定める栄養機能食品の基準値をクリアしています。 また、「無添加」なので安心安全に飲み続けることができるのも嬉しいポイントです。 厚生労働省が定める管理基準を満たしたGMP認定工場で生産されているほか、放射能検査や残留農薬検査もクリアしており、品質にこだわって作られています。 また、配合されているすべての成分について、原産国と最終加工国の両方が公開されています。 第三者機関で実施された葉酸サプリに関するアンケート調査では、1,982名の対象者から、「人気」「満足度」「口コミ評価」「支持率」の4部門で1位に選ばれています。 高い評価を得ていることがわかりますね。 定期便に回数の縛りはなく、いつでも休止や解約が可能です。 自分に合ったペースで活用することができます。 後期つわりになると、気持ち悪くて食欲が出ない、食べてもすぐに嘔吐してしまうといったことは珍しくありません。 しっかり食べられないと、栄養不足などで赤ちゃんへの悪影響が出ないか不安になってしまいますよね。 後期つわりの症状を少しでも緩和し、食べる量を徐々に増やしていけるように、意識的に生活習慣を変えてみましょう。 たとえば、胃が圧迫された状態で普段と同じ量を一度に食べると、すぐに気持ち悪くなってしまうため、1回の食事量を少なくして、食事の回数を増やしてみてください。 胃への負担を減らすために、食材は消化しやすいものを選びましょう。 卵や牛乳、うどん、りんごなどが消化に良いですよ。 また、料理の際は食材を小さく切り、柔らかく煮込むのがおすすめです。 一方、胃液が薄まって消化が悪くならないよう、食事中は水分を摂り過ぎない、胃酸の逆流を防ぐために、食後すぐは横にならないといったことも大切です。 ただし、上記の対策をしても食べられない状態が続く、水分補給も難しいといった場合は、早めに病院を受診しましょう。 薬の処方や点滴、入院などの処置をとってもらえると考えられます。 臨月に入ったころから、胃の不快感や胸のつまりといった症状が出ました。 毎食後ではないのですが、食べて少し経つと急に吐いてしまうということが1日1回はありました。 出産直前は実家にいたのですが、母が「母親になるのだからしっかり食べろ」と食べさせたがるタイプで、つい食べ過ぎてしまいがちだったのも吐いてしまう原因だったかもしれません。 後期つわりがひどいときは、真夏だったということもあり、スイカやソーダ味のアイスをよく食べていました。 実はフルーツは苦手なのですが、この時期はおいしく食べられました。 生野菜もさっぱりしておすすめです。 逆にだしの香りは妊娠中通して苦手でした。 私の場合、妊娠初期にダメと感じたものは妊娠中期以降もずっと苦手意識がありました。 食べても吐いて戻してしまうということはもちろんつらかったのですが、食べられない状況を母に認めてもらえなかったのもとてもつらかったです。 食べられない妊婦さんに対して、周りが「母親になる自覚がない」などと言って無理に食べさせることがないよう、後期つわりについての認知が広がると良いなと思います。 出産は大変なエネルギーを使う大仕事です。 また、赤ちゃんが生まれて子育てが本番になると、ますます体力が必要になります。 妊娠中からしっかりと栄養をとり、産後に備えられるようにしましょう。 栄養バランスの良い食事というと難しく考えてしまいがちですが、旬を意識するのがポイントです。 旬の食べ物は栄養価が高いですし、何よりおいしく、価格も安いですよ。 食事は身体だけでなく心の栄養にもなるものです。 栄養バランスに気を配ることはもちろん大切ですが、食事について悩み過ぎて、ストレスを感じてしまっても良くありません。 筆者は妊娠中、野菜たっぷりの和食中心の食事にして、週に1回は好きなものを食べてよしという緩めのルールで過ごしていました。 出産までの残り少ない時間、ゆったりとした気持ちで食事を楽しんでくださいね。

次の