フリーター 定義。 フリーターの定義とは?

ニートとフリーターの違いと類似点|ハタラクティブ

フリーター 定義

コンテンツ目次• 正社員でない人はニート?それともフリーター? ニートとフリーターの違いは何でしょうか。 どちらも収入が不安定という面が同じですが、具体的にはどこで区別されているのかをチェックしましょう。 ニートの定義 基本的には無職のことを言います。 専業主夫・主婦でなく、就職活動や職業訓練をしていない状態です。 フリーターの定義 バイトでも、社会で仕事をしている人のことです。 また、バイトを探している過程の人も含まれます。 双方ともきっちりした定義があるものの、実際の区別は曖昧です。 たとえば、内職など自宅でできる短時間労働をしていても「自分はニートのようなもの」と思っていたり、本職が定まらなくてニート同然の生活だったり、週1~2日・1回で2~5時間程度しか活動をしていなくても「自分は本職でモデル活動を行っている」と思っていればフリーターではなく「モデル」と職業名で名乗っていたりすることも。 ニート、フリーター、具体的な職業名…どの職業を名乗るのかは個人の認識によって異なります。 <関連記事>• 世間から見たニートとフリーターの違い 双方は「別の職種」という見方 主に「仕事をしているフリーターの方がニートより自立している」という意見です。 収入の重要度は個々で違いますが、基本的には「自分で生計を立てられる最低限の収入を得ているアルバイター」をフリーターと呼ぶ傾向にあります。 ニートは「そもそも社会に出る気がない人」「多少働いていても、自分で生計を立てられていない人」と考える人が多いようです。 双方とも「大差ない」という見方 フリーター、ニートともに、「現実を直視していない」「問題を先送りにしている」という意見を持つ人も。 どちらも将来性で言えば収入や雇用が不安定で、いつ自活できなくなるかわからないということが懸念されます。 それを踏まえると、どちらも「大きな差はない」とする人は多いようです。 しかし、実際は、「就業意欲があるかどうか」は大きな違いがあります。 一生続けていくことを考えると、ニートの場合は不労所得やお世話をしてくれる方がいなくなる可能性があるので、生活が破綻する可能性はとても高いです。 一方フリーターの場合は、不安定な雇用といえども収入を得ることができるので、それなりに自立した生活を続けていくことは可能です。 一生フリーターというライフスタイルが広まってきている世の中でもあります。 しかし、フリーターはニートよりは自立出来ているとはいえ、正社員と比べれば収入には大きな差が発生します。 もし家庭などを持ちたいとなると、家庭を維持するのは難しくなるでしょう。 どうしても正社員になりたくなくて結婚や出産を考えるとなると、シフトの量を増やしたり、ダブルワークを行なう必要が出てくるかもしれません。 また、年令を重ねると、アルバイト採用に受かりづらくなる、といったリスクも考えられます。 長くフリーターとして勤めていても、会社や世間の業績不振によって退職を余儀なくされることも。 新しいアルバイト先を見つけなくてはならなくなったときに、年令がネックになって苦労するケースは多々あるようです。 また、30代を超えてしまうと、「成長率が見込めない」などの理由から正社員としての採用にも受からなくなる傾向も。 やはり、採用されやすい20代のうちに、正社員としての就職を目指した方が良いといえるでしょう。 <関連記事>• ニートやフリーターが正社員を目指す方法 自己分析する まずは自分の性格や好きなことから、自分にはどんな仕事が向いているか考えましょう。 考えをまとめやすいように、頭の中で処理するのではなく、紙に書き出すことをおすすめします。 志望業界に有利な専門資格を取得する あらかじめ、将来進む方向を決めてから、就職で武器になる専門資格の取得を目指しましょう。 なるべく短期間で取得すると、吸収の早さと集中力の高さをPRする根拠にもなります。 ただし、誰にでも取れる資格というものは、実際には就職後に学べるケースも多く、先に取得しておく必要はないとされる場合も。 勉強~資格取得までには多大な時間が必要となりますから、本当に必要な資格かどうか、まずは就職を目指したほうが早くないか、よく検討してみましょう。 アルバイト経験を活かす ニートもフリーターも職歴がないから履歴書が書けない…と悩む人は多いようです。 しかし、初めての正社員への就職では、アルバイトでも立派な職歴として扱ってもらうことができます。 特に、アルバイト経験が活かせるような職業への就職活動では、重宝されることもあるでしょう。 「コンビニなど専門性の薄いアルバイトしかやったことがない…」という場合でも、接客や効率の良い働き方、集客のために行ってきたイベントやPOP作りなど、さまざまな経験をアピールすることができます。 フリーターの場合は正社員登用の相談をする 狭き門ではありますが、これができれば一番の近道です。 普段から積極的にバイトのシフトを入れて人一倍真面目に仕事をしていれば、上司から認めてもらえるかもしれません。 まずはアルバイト先が正社員登用制度を実施しているか確認しましょう。 フリーターなど正社員未経験者の場合、1人で就職活動しようとしてもどうしたら良いかわからず、無駄に時間を費やしてしまうことも。 フリーター歓迎の求人を見つけるのも、個人では難しいかもしれません。 人材紹介サービスを使えばアドバイザーが企業に直接働きかけてくれたり、フリーター歓迎の求人を紹介してくれたりします。 少しでも気になったら、まずはハタラクティブに登録してみてください。 こんなときどうする?ニート・フリーターに関するお悩みQ&A ニート・フリーターの中には、現状に不安をいだいている人もいるでしょう。 ここでは、想定されるニート・フリーターに関するお悩みをQ&A方式で解決していきます。 ニートの定義を教えてください。 ニートとは、学校に通っておらず、家事もしていない無職の人のことを指します。 求職活動をしている方や、職業訓練を受けている方はニートに含まれません。 厚生労働省の定義では、前述のような状況の15歳~34歳の若年者をニートとしています。 「」も併せて参考にしてください。 フリーターの定義を教えてください。 フリーターは、アルバイト・パートを探している人や、正社員以外の雇用形態で働いている人のことを指します。 正社員としての就職が叶わずフリーターになった方や、あえてフリーターとしての働き方を選んだ方、目標や夢を叶えるために一時的にフリーターとして働いている方など、事情はさまざまです。 ニートとフリーターは世間からどのように見られていますか? ニートとフリーターに対して、「フリーターは働いているからニートとは違う」という見方もあれば、「どちらも変わらない」という見方もあります。 今後の人生を考えると、双方とも不安があることは否定できないでしょう。 詳しくは、の「世間から見たニートとフリーターの違い」をご覧ください。 ニートやフリーターのままでいるとどうなりますか? ニートは生活を家族に頼っている状態なので、金銭的な支援をしてくれる人がいなくなったときのことを考えると将来的な不安があります。 フリーターはアルバイトはしているものの、正社員に比べると収入が少なく、雇用が安定していないため、長く続けていくにはリスクがあるでしょう。 ニートやフリーターから正社員を目指すことはできますか? ニートやフリーターから正社員として就職するのは、十分可能です。 特に20代の若いうちであれば、経験やスキルがなくてもポテンシャル採用のチャンスがあります。 ではニートやフリーターの就職をサポートしているので、正社員を目指したいと考えている方はご相談ください。

次の

ニートの意味・定義( ニート・引きこもり・フリーターからキャリアを作る方法)

フリーター 定義

フリーターの定義 そもそもフリーターって何なの? 定義とかあるの? というところから始まるわけですが、「フリーターの定義」というのは 実は結構あいまいです。 というのも例えば正社員や派遣社員という雇用形態は法律で定められたルールがあるのですが、フリーターには法律上で定められた定義はありません。 そのためフリーターの明確な定義と呼べるものは存在しませんが、現時点では厚生労働省が分析する際に定めている以下の定義が定着しているようです。 1.年齢は15~34歳と限定 2.現在就業している者については勤め先における呼称が「アルバイト」又は「パート」である雇用者で、男性については継続就業年数が1~5年未満の者、女性については未婚で仕事を主にしている者 3.現在無業の者については家事も通学もしておらず「アルバイト・パート」の仕事を希望する者 より引用 つまり 15~34歳の人のうち、 主に雇用形態が「アルバイト」「パート」である雇用者及びそれを希望する人 というのが総務省が定める定義であるようです。 このうち学生や女性の既婚者は除外されるようです。 この定義は現在も使われていて、ネット上でよく見る統計データなどでもおおよそこれが基準となって数値化していると思われます。 【ポイント1】 35歳以上はフリーターではない ここで注目したいのはやはり年齢ですよね。 フリーターは現在でも「34歳まで」とされており、 35歳以上はパートやバイトの人でもフリーターに該当しません。 フリーターという言葉そのものが「若年層(若者)」を指す言葉なのでこのように定義されているんですよね。 近年フリーターは減少傾向にありますが、そもそも若年層の人口が減少しているため、フリーターの割合が変わっていなくても全体的なフリーター人口は減少傾向にあるというデータのマジックが起きています。 【ポイント2】 フリーターはバイト、パートのみ 2つ目のポイントはフリーターと定義される人の雇用形態はバイトやパートのみに限られるというところです。 これはすなわち、• 準社員• 契約社員• 派遣社員• 期間工 などの非正規雇用者(正社員以外の働き方の人)はフリーターから除外されていることになります。 契約期間に定めのあるこれらの働き方はバイトやパートとあまり変わらない立場にありますが、それでも「定職に就いていないフリーターとは違う」とされているようです。 単発、短期アルバイトもフリーター 例えば1日限りのバイトや期間限定のバイト(リゾートバイトなど)をしている人もフリーターと定義されるようです。 働いていない期間の長さに明確な定義がされていないため、月に1日バイトするだけの人も無職やニートとはならず、フリーターとなるようです。 特に期間の定義はないようですが、やはり数ヶ月全く働いていないと「無職」「ニート」となるようです。 フリーターの人口はどれくらい? では厚生労働省が定める定義に当てはまる真のフリーター(笑)は現在日本にどれくらいいるのでしょうか? ガベージニュースがまとめた記事によると2018年のフリーター人口は、全国で143万人となっているようです。 フリーター人口の推移は2017年で152万人、2016年で154万人なので年々減少傾向にあります。 しかし問題は 「フリーターの高齢化」で、2006年頃までは15歳~24歳までの若いフリーターが多かったのですが、2007年からは25歳~34歳までの割合が増え、現在はフリーター143万人のうち82万人(約57%)が24歳以上となっているようです。 より 無職とニートについて 次に無職とニートについて解説しておきましょう。 ご存知の方も多いと思いますが、この2つはいずれも 「仕事をしていない人」を指す言葉です。 ただ、無職とニートは少しだけニュアンスが違います。 ニートの定義 まずニートからですが、ニート(NEET)は「Not in Education, Employment or Training」の頭文字を取った言葉で、 「就学・就労・職業訓練のいずれも行っていない」 に該当する人です。 ニートという言葉が生まれたのはイギリスで、日本で使われるようになったのは2003年頃のようです。 このうち日本ではフリーターと同じく15〜39歳までと厚生労働省は定義しているようです。 つまりニートもフリーターと同様、 若年層にしか使われない言葉です。 ちなみにニートは2016年まではフリーターと同じく34歳までと厚労省が定義していましたが、ニートの高齢化によって実態とかけ離れてしまっていることから2017年から39歳までが定義されるようになりました。 2000年台初頭では35歳以上のニートが問題視されるほど多くはなかったのです。 学んでいる人や仕事を探している人はニートに該当しない ニートは一般的に「働いていない人」を指すことが多いですが、厚労省の定義によると 仕事を探している人(求職者)はニートに該当しないようです。 求職者とは例えばハローワークで求人情報を見たり、職業訓練校に通っていたり、人材サービスを利用したりしている人のことで、これらを行っている人はニートに該当しません。 また学校に通っている人はもちろん、就業のために資格取得に向けて勉強している人は、たとえ独学でもニートとは呼べません。 たとえ全く仕事をしていない人であっても 「仕事をしようとしている人」はニートとは定義されないようです。 余談ですが、厚労省の定義によると女性の「家事手伝い」はフリーターもニートも対象外となるようです。 学校に行っていなくて、仕事もしていなくて両親が普通にいる家庭で皿洗いをしていれば女性に限っては「フリーターでもニートでもない」とするのは、男性視点ではかなり不思議な定義だなと感じますね。 ニートの人口は70万人以上 2018年の統計によるとニートの人口はおおよそ71万人とされているようです。 これが多いか少ないかはさておき、問題はやはり高齢化です。 ガベージニュースがまとめた記事ではニートの年齢層をそれぞれ、• 15~19歳• 20~24歳• 25~29歳• 30~34歳• 35~39歳 と分別しているようですが、このうち 最も割合が大きいのは35~39歳で、次いで30~34歳、25~29歳と年齢が若くなるにつれてニートが減少傾向にあるようです。 15~19歳:7万人• 20~24歳:14万人• 25~29歳:15万人• 30~34歳:17万人• 35~39歳:18万人 ニートの数も減少傾向にありますが、これでは単に「40歳以上の対象外の人が増えただけでは」と指摘されても仕方ないですね… 無職は働いていない人の総称でありニートとは違う 無職は文字通り働いていない人、そして学校に通っていない人を指します。 会社員• アルバイト• 自営業• 学生 以外の人。 職業欄に「何も書けない人」が無職に該当しますね。 ニートと違う点は職を探している段階の人や、学校に通わず独学で勉強をしている人も「無職」という扱いになることです。 ちなみに「主婦」は一般的に無職とは定義されません。 上述した「家事手伝い」を無職とするかは賛否両論あるようです。 ただ職業欄に「主婦」とは書けても今の時代に「家事手伝い」はかなり苦しいものがありますね。 男女平等が騒がれる昨今において女性の「家事手伝い」はありだけど男性の「家事手伝い」はなしというわけにもいきませんし、男性の「主夫」をなしとするのもどうかなと思いますから、やはり 「主婦(主夫)は無職ではない」が「家事手伝いは無職」とするのが適切かなと思ってしまいます。 フリーターとニート、無職の根本的な違い ここまで読めば「フリーター」「ニート」「無職」がそれぞれどういったものか理解できたのではないかと思います。 簡単にまとめると、• フリーター:15~34歳のアルバイト、パート• ニート:15~39歳のうち学んでもなく仕事しようともしない無職者• 無職:学生や主婦以外の無職者 と定義することができます。 フリーターとニートは若年層限定 上述した通りフリーターは15~34歳、ニートは15~39歳までに限られています。 これを見直すべきと主張する人も多いようですが、現状ではそれぞれこういった人を対象としているようです。 ニートに関しては見直しされて現在の定義となっています。 このブログは主にフリーターに向けて書いていますが、割合的には閲覧者の約20%程度が35歳以上の人になっています。 35歳を過ぎていわゆるフリーター、ニート生活をそのまま続けている人は実はかなり多いのではないでしょうか。

次の

フリーランスとフリーターの違い

フリーター 定義

15~34歳で、非労働力人口のうち家事も通学もしていない方を、いわゆるニートとして定義しています。 出典: ちなみによくニートに関連して、「引きこもり」という言葉も目にすることがあると思います。 そしてニートと引きこもりは混合して使われることが多いのですが、 引きこもりの定義は、仕事や学校に行かず、家族以外の人との交流をほとんどせずに、半年以上続けて自宅にひきこもっている状態とされており、 ニートであり引きこもりであるためには、• 15~34歳• 仕事や学校に行かない• 職業訓練を行っていない• 半年以上自宅にひきこもる 上記の条件を満たす必要があります。 ニートの詳しい人数の内訳やニートになる要因を知りたい方は「」の記事もご覧ください。 無職とは 一方無職とは、文字通り 職業を持たない人のことを指します。 就労の意欲があるか否かは問われず、例えば、解雇された人や、転職で一時的にどこの企業にも勤めていない人も無職となります。 また定年退職後の状態も無職となります。 ここでニートと無職の違いが分かります。 ニートは無職の中に包含されるものの、無職はニートと必ずしも言いかえることが出来ません。 また就労を希望していて、就職活動を行っている人であれば、無職ではあるものの、ニートではありません。 35歳以上の家事、就業、通学も何れも行っておらず、就労意欲がない人もニートは呼ばず、無職と呼ばれるのですね。 なぜ若者の無職の割合が横ばいなのかその実態を知りたい方は「」をご覧ください。 フリーターとは 最後にフリーターについて解説します。 フリーターとは、• 15~34歳• 男性については継続就業年数が1~5年未満の人、女性については未婚で仕事を主にしている人• 現在無業の者については家事も通学もしておらず「アルバイト・パート」の仕事を希望する人 上記すべてに当てはまる人のことを指します。 参考: よくフリーターとアルバイト・パートも混合されやすいですが、• アルバイトやパートであったとしても、35歳以上であればフリーターでない• 男性で6年以上アルバイトやパートをしている人はフリーターではない• 既婚女性でアルバイトやパートをしている人はフリーターではない ことが分かります。 またアルバイトやパートへの就労意欲がある人については、無職であったとしてもニートではなく、フリーターと呼ばれるのですね。 フリーターの人数の内訳やフリーターになる主な理由については「」にて詳しく解説をしています。 【比較表】ニート・無職・フリーターの違い さてここでニート、無職、フリーター違いを比較表にしてみました。 暮らしぶりの違い ここでは、ニート、無職、フリーターの暮らしぶりがどれくらい異なるのか、社会的信用度、年金の観点で違いを見ていきます。 社会的信用度 住宅ローンやクレジットカード まずニート、無職、フリーターの何れも正社員に比べると住宅ローンといった各種ローン審査が通りにくいなど社会的信用が低いのはお分かりだと思います。 特にニートや無職についてはかなり厳しいというのが現実です。 ローンの審査は、あなたにお金を貸した場合、きちんと計画通りに返済してくれるのか?が保証できないと通りません。 例えば、住宅ローンであれば金融機関は、• 勤めている企業の規模• 勤続年数• 雇用形態• 借金の有無や借金額 といった要素で、ローン審査を行います。 ニートや無職については、金融機関に信用を得るための、社会的信用要素が乏しいため、ローン審査に通ることはほぼ不可能であることが容易に想像できます。 よって、頭金をできるだけ多く用意することが必要だったり、借入額が少額になってしまいます。 中には住宅ローンの審査に通るために、社会的信用を得るべく、一時的に正社員に数年間就職する方もいるくらい、ニートや無職の社会的信用度は低いのです。 またフリーターも含めてになりますが、 住宅ローンのみならず賃貸を借りることも難しいのが現状です。 特に地方では賃貸住宅の供給量が増えてきているにも関わらず、収入の安定性がない方への審査は厳しいのが現状です。 (ただし工夫次第で借りられる場合もあります。 詳しくは「」をご覧ください。 ) またローンに引き続き、クレジットカードを作るにも審査に通過する必要があります。 クレジットカードも貸したお金が戻ってくるかの保証があるかが重要になるため、収入のないニートや無職の方が審査に通る可能性は低いのが実情です。 クレジットカードの審査の際に見られる要素も、ローン審査時と似ています。 勤続年数• 持ち家の有無• 過去のクレジットカードの利用履歴(ブラックでないかどうか) 上記のような属性情報をクレジットカード会社は見ており、ニートや無職は無収入に近しいため、審査に通過することが難しくなります。 ちなみに、無職ではあるものの定年退職後であり、預貯金や資産がある場合は比較的審査に通りやすいと言われています。 また主婦といった家族に扶養されている立場の人は無職でもクレジットカードの審査にも通過する可能性が高いです。 学生も無職ではありますが、親族が保証人となることで、学生専用クレジットカードを作ることが可能です。 またフリーターについては、ニートや無職と比べると、収入があるという面で社会的信用要素があるため、ローン審査に通過しやすいです。 しかしながら、 正規雇用と比べると、定期的な収入がより長く続くかと問われると信用性が乏しく、ゴールドカードの作成はNGな会社が多いです。 社会的信用度を得るには「定期的な収入」という要素が非常に重要で、仮にフリーターで年収が1000万円あったとしても、翌年働かなかったら年収がゼロになるリスクがあり、クレジットカード会社としては、貸し倒れが発生するリスク高いと考え、審査に慎重になってしまうのです。 年金 またニート・無職とフリーターで将来貰える年金額の違いはあるのでしょうか? まず年金には• 日本国内に住む20歳以上60歳未満のすべての人が加入する「国民年金」• 厚生年金適用がされている企業に勤める会社員が加入する「厚生年金」• 公務員や私立学校の教職員が加入する「共済年金」 の3種類が存在します。 参考: フリーターも基本的には国民年金に加入しますが、以下の条件を満たしている場合は、フリーターでも厚生年金の加入が可能になります。 また国民年金のみで暮らそうとすると、老後の生活が非常に厳しいのが実情です。 つまり、ニートや無職で一生暮らした場合、フリーターに比べると年金だけに頼ると老後の生活がより大変になるのです。 (しかしながらフリーターだけでの収入で老後の貯蓄ができるかというと難しいといった問題もあります。 いずれにせよ正社員に比べるといずれも老後の公的な援助は乏しいと考えておくべきです。 ) まとめ ニートやフリーター増加の問題が取り沙汰されてから久しいですが、世間ではニート、無職、フリーターが混合されて使われており、意思疎通がうまくいかなかったり、無意識に相手を傷つけていることもあるかもしれないため、気をつけたいところです。 また働き方が多様になる社会の中で、ニートや無職、フリーターになる方も多いですが、正社員として働いている状態に比べると、共通してローンやカード審査に通りにくいといった社会的信用が低いのが実情です。 老後の暮らしにも影響が出るため、ニート、無職、フリーターの違いをきちんと理解した上で、自身の働き方を選びましょう。 そして社会的信用度や将来の生活を踏まえて不安を感じる人は正社員の道を選ぶのも1つの手です。

次の