記念日 中洲。 水墨と陶芸の二人展 樊洲 FAN ZHOU(水墨)× 夏沂汾 EVAN 橋本関雪記念館

Advent FX

記念日 中洲

中国当局が民主化を求める学生や市民らを武力鎮圧した「六四天安門事件」から6月4日で31年となった。 湖南省株洲市の民主化活動家らはこのほど、事件の風化を防ぐよう呼びかけた。 活動家や一部の市民は、大紀元に提供した写真の中で、1989年6月4日に起きた天安門事件を指す「六四」の数字を指で表した。 今回の活動を発起した郭勝氏は、活動家らが中国当局に拘束され、職を失う恐れがあるにもかかわらず、写真を公開したのは「株洲市民は天安門事件を忘れない!みんなも忘れないでと国内の人々に伝えたかった」と話した。 郭氏によると、6月4日の前に、中国当局は各地で、事件に関する言動や記念活動への取り締まりを強化した。 「地方都市の株洲市でも、一部の人権活動家が旅行に出された。 2人の友人も警察に連行された」 天安門事件が発生した当時、郭氏は小学校6年生だった。 海外インターネットサイトにアクセスして、天安門事件に関する情報を知り、2017年6月4日、友人ら10人とともに株洲市で記念活動を行った。 当局に逮捕された後、米国に亡命した。 (記者・李新安、翻訳編集・張哲).

次の

新北市蘆洲區蘆洲國民小學

記念日 中洲

校史 [ ]• 1897年(日30年),2月22日淡水(今新北市淡水區淡水國民小學)和尚洲分教場設立。 1898年(日明治31年),10月改稱為和尚洲公學校。 1903年(日明治36年),3月舉行第一屆畢業典禮。 1941年(日昭和15年),4月改稱和尚洲國民學校。 1942年(日昭和16年),4月增設高等科(一、二屆)。 1945年(34年),新設門牌,地址為「樓厝路177號」• 1946年(民國35年),11月改稱為蘆洲國民學校。 1967年(民國56年)10月,門牌地址從樓厝路177號改為「中正路90號」。 1961年(民國50年),7月奉令為台北縣視聽教育示範國校中心。 1965年(民國54年),7月奉令為重點輔導國校。 1968年(民國57年),8月更名為 蘆洲國民小學至今。 1978年(民國67年)4月,因門牌整編,地址改為「中正路100號」。 任次 姓名 任期 經歷 1 葉竹林 民國34年10月—民國41年8月 2 朱鶴壽 民國41年8月—民國42年3月 代理 葉竹林 民國42年3月—民國45年2月 3 李兩儀 民國45年2月—民國51年8月 4 沈樹模 民國51年8月—民國58年11月 代理 葉圓璧 民國58年11月—民國59年3月 5 吳衡山 民國59年3月—民國65年8月 6 連文奎 民國65年8月—民國71年8月 7 李存書 民國71年8月-民國76年2月 代理 葉圓璧 民國76年2月—民國76年9月 8 許連興 民國76年9月—民國82年2月 9 張連寶 民國82年2月—民國86年2月 代理 鄭益州 民國86年2月-民國86年8月 10 陳敬定 民國86年8月—民國94年8月 11 柯份 民國94年8月—民國100年11月11日 代理 劉能賢 民國100年11月11日—民國101年8月1日 12 鄒惠娟 民國101年8月1日—現今 學區 [ ] 所屬學區 [ ] 中原里9至24鄰、光明里(15鄰除外)、保和里、仁復里、得勝里、光華里、中華里、中路里、得仁里、樹德里、民和里 參考資料 [ ]• 《台北縣蘆洲市蘆洲國民小學創校百週年特刊》,蘆洲國民小學,1998年3月出版。 外部連結 [ ]•

次の

2月2日放送分 ~横浜市新市庁舎完成記念 近代横浜を掘るー洲干島から広がる都市のすがたー~

記念日 中洲

歴史・文化• 西郷隆盛ゆかりの地• 明治維新ゆかりの地• 特攻・戦跡• 鹿児島の近代化産業遺産• 史跡・寺社・武家屋敷• 歴史施設・資料館・美術館など• 季節の特集• 鹿児島のうららかな春を感じる 『お花見名所案内』• 夜景スポット• 自然・景観• 景勝地• 花・木の名所・植物園• 自然・生物について学ぶ• 桜島・開聞岳眺望スポット• スポーツ・アウトドア• キャンプ場・公園• 海水浴• プール・ウォータースポーツ• 登山・トレッキング・ハイキング• その他のスポーツ• 観光施設・体験観光• 動物園・水族館・その他• 工場・製造見学・体験• 観光農園・農林漁業体験• その他体験• 観光列車・遊覧船など• 観光列車• 観光周遊バス• 遊覧船・展望船など• その他の乗り物• 露天風呂• 砂むし• グルメ・お土産• グルメ• お土産• カフェ• 道の駅・その他• 2020年 7月 日 月 火 水 木 金 土 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31• 2020年 8月 日 月 火 水 木 金 土 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31• 2020年 9月 日 月 火 水 木 金 土 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30• 2020年 10月 日 月 火 水 木 金 土 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31• 2020年 11月 日 月 火 水 木 金 土 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30• 2020年 12月 日 月 火 水 木 金 土 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31• 2021年 1月 日 月 火 水 木 金 土 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31• 2021年 2月 日 月 火 水 木 金 土 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28• 2021年 3月 日 月 火 水 木 金 土 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31• 2021年 4月 日 月 火 水 木 金 土 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30• 2021年 5月 日 月 火 水 木 金 土 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31• 2021年 6月 日 月 火 水 木 金 土 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 鹿児島市の中心を流れる甲突川には、江戸末期、肥後の名石工「岩永三五郎」指導のもと建造された5つのアーチ石橋が架けられていました。 なかでも「西田橋」は、城下の表玄関として豪華に建造され、あの「篤姫」もお輿入れの時渡ったといわれます。 150年の間現役の橋として県民に親しまれてきましたが、平成5年(1993年)8月6日の集中豪雨により、2橋が流失してしまいました。 残った「西田橋」など3橋を移設・復元し、併せて石橋の架橋技術や当時の歴史をわかりやすく伝える「石橋記念館」を整備した公園です。 橋下の「水の流れ」では、安心・安全で「古き良き時代」の川遊び体験ができ、また「水遊びスポット」、子供たちの学習の場、観光や憩いの場所として親しまれています。 また祇園之洲公園には三五郎像や、薩英戦争砲台跡などもあります。

次の