奥山 佳恵 アンチ。 老人こそソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)を! : yomiDr./ヨミドクター(読売新聞)

奥山佳恵がダウン症次男の通常学級進学を決意したことに、的外れな批判が殺到。共生社会と合理的配慮、まだまだ周知は足りない

奥山 佳恵 アンチ

女優の奥山佳恵がブログを更新。 自身のモンスターペアレント化、いわゆる「モンペ化」を指摘する報道に触れ、その心境を明かした。 3月、ダウン症を持つ次男の卒園式を迎えた奥山。 しかし、卒園式に兄弟が出席できないことに不満を持ち、支援型幼稚園の園長に抗議。 「誰のための卒園式なんですか?!」とブログに怒りをつづり、賛否両論が集まっていた。 報道を受け、奥山は同月28日に自身のブログを再び更新。 「今日、お友達からニュースになっていることを教えてもらいました!『奥山佳恵、モンペ化を心配される』って見出し」とニュースを読んだことを報告し、「モンペ!・・っていうのね!」と驚きを隠せない様子。 「明日は園の終業式」「モンペ履いて行ったら先生方はどんなお顔をするだろーか!」と冗談交じりに我が子の卒園式を楽しみにしている様子を明かした。 自身に対する報道に対しては「私のことを心配してくれてありがとう!」と、逆に感謝。 「何より、気にかけてもらえたことに本当に感謝をしています。 私なんぞにありがとう!!」と、「モンペ化」との指摘をむしろ好意的に捉えていた様子だ。 園側の対応や自身が園に抗議したことについては「いろいろな考えがあると思います」と多様な意見を受け入れる姿勢を明らかに。 賛否両方の声を受け止めた上で「『賛』があってよかったなって思いました!笑」と安心した様子だ。 さらに奥山は、「さまざまなお考えを拝読しながら、勉強させてもらいつつ思ったのは私はこれからも私らしくしか生きられないんだろうなあーということ」と報道の有無に関係なく、自身の考え方を貫き通すと宣言した。 続けざまに「私のモンペを心配していただく以上にみなさまに心配していただきたいことがありました!」として次男とケンタッキー食べ放題に行ったことも報告。 通常の明るい雰囲気のブログに戻っていた。 これまでもメディアやSNSを通じて、障害を持つ子供の親のシンボル的存在を務めてきた奥山。 これからも持ち前の明るい雰囲気で、ポジティブな子育て情報を発信することに期待したい。 関連記事.

次の

柳沢慎吾の子供が事故死?突然死?子供は何人?結婚した嫁が可愛い?

奥山 佳恵 アンチ

2019年3月8日(金)に放映された『出川哲朗の病院の歩き方』より、「最新ヒアルロン酸治療」についてまとめました! 出川哲朗さんが日本各地の病院をロケ訪問し、そこで働く医者・患者とふれあう中で現代日本の医療の実態を探っていく新スタイルの医療番組。 様々な病院が紹介されましたが、その中でも美容医療に注目! 女優・奥山佳恵さんが美容医療に初挑戦。 子育てに毎日忙しく、44歳となった今は、顔がたるみ、明らかな衰えを痛感しているという奥山さん。 そんな奥山さんが、最新のヒアルロン酸の注入治療にチャレンジ! 目や鼻などメスを使った美容整形は広く知られていますが、実は今、メスを使わず施術からの回復時間が短い、この美容医療が女性の間で話題だと言われます。 出川哲朗さんと大橋未歩さんとともに向かった『秋葉原スキンクリニック』で身をもって体験リポート。 ヒアルロン酸注入とは ヒアルロン酸は、人間の皮膚、眼球、関節に存在している保湿成分です。 皮膚においては、肌のハリやうるおいを保つ役目を持っています。 従来の方法は、シワやたるみに直接ヒアルロン酸を注入し、ふっくらさせて、しわやほうれい線を目立たなくさせる方法でした。 しかし最近では、ヒアルロン酸が進化し、注入方法も一変しました。 ヒアルロン酸は、注入することによって、落ちてきた皮膚を上に上げて、下にあった場所に皮膚を戻して留めておくという役目があります。 ほっぺのブラジャーを、内側で作るみたいなイメージで「インナーブラジャー」と院長先生は呼んでいます。 顔にヒアルロン酸を注入して、歳をとるにつれてできるシワやたるみを持ち上げて、見た目を若返らせるのです。 また最新の注入用のヒアルロン酸には、すぐに吸入されないという特徴があります。 中に含まれる粒子のおかげで、体内で吸収されるまで約1〜2年かかります。 一本(1cc)80,000円〜となっています。 今回、奥山さんは注射を3本、23万円かかりました。 ほっぺの中心部にたくさん入れると、笑った時に目にかぶるといったようなことが起こるので加減が必要とのこと。 加減をしないと、ほっぺが大きくなりすぎて、重さで落ちると言うこともあります。 こちらのクリニックでは、全くの別人を目指すのではなく、自分の良さを生かし少し前の自分に戻すことを目標としています。 ヒアルロン酸注入の様子 では実際に奥山さんが、ヒアルロン酸を注入していきます。 ヒアルロン酸注入の準備 まずクリーム状の麻酔を顔に塗っていきます。 色が白く、パックのような感じです。 そしてクリームが乾かないようラップをし、麻酔が効くまで30分間そのまま待ちます。 30分経ってから麻酔のクリームをとっていきます。 次に白いペンで、どこにヒアルロン酸を打つか目安のための印をつけていきます。 神経を出ているところなどに、打たないようにするためです。 ヒアルロン酸を入れる場所 ヒアルロン酸を入れる場所は以下の4箇所。 こめかみ・・・こめかみに入れることで眉毛から下をリフトアップし、目を大きくします。 頬骨付近・・・頬骨の近くに入れると、下から持ち上げることができます。 目の下・・・目の下にヒアルロン酸を打つことで、目の下のクマや痩せた頰を、若返らせることができます。 ほうれい線・・・直接ほうれい線に打つことで、薄くすることができます。 注射ですが出血はなく、奥山さんも何かが刺さったかな程度とのことで、痛みはほとんどありません。 頬骨のヒアルロン酸注射後の変化 頬骨に2本打った奥山さん。 皮膚が持ち上がり、下がっていた右目の位置が上がって、左右の目が水平になりました。 頬骨に打つことで目が開きやすくなる効果があります。 ほうれい線のヒアルロン酸注射後の変化 先に使っていたヒアルロン酸は、硬いゼリー状でグミのような弾力があり、皮膚を持ち上げて支えます。 これから使うヒアルロン酸は、同じゼリー状でも、やや柔らかいのが特徴。 深いシワとなっているほうれい線は、2つのヒアルロン酸を組み合わせて薄くするのだそうです。 即効性があって、注入後にほうれい線が薄くなっているのがはっきりとわかります! 目の下のヒアルロン酸注射後の変化 目の下にも、クマをなくすため柔らかいタイプのヒアルロン酸を注入します。 今までは一箇所に注入していましたが、ここは注射器を激しく動かして撒き散らすイメージで針を刺していました。 均等にヒアルロン酸を入れる効果があります。 クマは目に見えてなくなってしまいました! 秋葉原スキンクリニック 今回、奥山さんを施術した秋葉原スキンクリニックは、秋葉原駅から徒歩5分。 保険が適用される一般皮膚科と、最新設備の美容皮膚科を併設しています。 スタッフは全員女性で、クリニックは明るく清潔感があります。 まとめ 衝撃的でした! ヒアルロン酸を注射しただけで、あんなに簡単に綺麗になっちゃうんですね。 私は若い頃からずっとほうれい線と、クマに悩んでいたので、ぜひやってみたいです。 メスを入れるのはちょっと怖いけど、注射だけなら・・・と思いました。 奥山さんはクマが消え、ほうれい線が薄くなり、目がぱっちりしただけでなく、肌の凹凸がなくなって卵のようにつるんとなっていました!すごい効果ですよね。

次の

柳沢慎吾の子供が事故死?突然死?子供は何人?結婚した嫁が可愛い?

奥山 佳恵 アンチ

2019年3月8日(金)に放映された『出川哲朗の病院の歩き方』より、「最新ヒアルロン酸治療」についてまとめました! 出川哲朗さんが日本各地の病院をロケ訪問し、そこで働く医者・患者とふれあう中で現代日本の医療の実態を探っていく新スタイルの医療番組。 様々な病院が紹介されましたが、その中でも美容医療に注目! 女優・奥山佳恵さんが美容医療に初挑戦。 子育てに毎日忙しく、44歳となった今は、顔がたるみ、明らかな衰えを痛感しているという奥山さん。 そんな奥山さんが、最新のヒアルロン酸の注入治療にチャレンジ! 目や鼻などメスを使った美容整形は広く知られていますが、実は今、メスを使わず施術からの回復時間が短い、この美容医療が女性の間で話題だと言われます。 出川哲朗さんと大橋未歩さんとともに向かった『秋葉原スキンクリニック』で身をもって体験リポート。 ヒアルロン酸注入とは ヒアルロン酸は、人間の皮膚、眼球、関節に存在している保湿成分です。 皮膚においては、肌のハリやうるおいを保つ役目を持っています。 従来の方法は、シワやたるみに直接ヒアルロン酸を注入し、ふっくらさせて、しわやほうれい線を目立たなくさせる方法でした。 しかし最近では、ヒアルロン酸が進化し、注入方法も一変しました。 ヒアルロン酸は、注入することによって、落ちてきた皮膚を上に上げて、下にあった場所に皮膚を戻して留めておくという役目があります。 ほっぺのブラジャーを、内側で作るみたいなイメージで「インナーブラジャー」と院長先生は呼んでいます。 顔にヒアルロン酸を注入して、歳をとるにつれてできるシワやたるみを持ち上げて、見た目を若返らせるのです。 また最新の注入用のヒアルロン酸には、すぐに吸入されないという特徴があります。 中に含まれる粒子のおかげで、体内で吸収されるまで約1〜2年かかります。 一本(1cc)80,000円〜となっています。 今回、奥山さんは注射を3本、23万円かかりました。 ほっぺの中心部にたくさん入れると、笑った時に目にかぶるといったようなことが起こるので加減が必要とのこと。 加減をしないと、ほっぺが大きくなりすぎて、重さで落ちると言うこともあります。 こちらのクリニックでは、全くの別人を目指すのではなく、自分の良さを生かし少し前の自分に戻すことを目標としています。 ヒアルロン酸注入の様子 では実際に奥山さんが、ヒアルロン酸を注入していきます。 ヒアルロン酸注入の準備 まずクリーム状の麻酔を顔に塗っていきます。 色が白く、パックのような感じです。 そしてクリームが乾かないようラップをし、麻酔が効くまで30分間そのまま待ちます。 30分経ってから麻酔のクリームをとっていきます。 次に白いペンで、どこにヒアルロン酸を打つか目安のための印をつけていきます。 神経を出ているところなどに、打たないようにするためです。 ヒアルロン酸を入れる場所 ヒアルロン酸を入れる場所は以下の4箇所。 こめかみ・・・こめかみに入れることで眉毛から下をリフトアップし、目を大きくします。 頬骨付近・・・頬骨の近くに入れると、下から持ち上げることができます。 目の下・・・目の下にヒアルロン酸を打つことで、目の下のクマや痩せた頰を、若返らせることができます。 ほうれい線・・・直接ほうれい線に打つことで、薄くすることができます。 注射ですが出血はなく、奥山さんも何かが刺さったかな程度とのことで、痛みはほとんどありません。 頬骨のヒアルロン酸注射後の変化 頬骨に2本打った奥山さん。 皮膚が持ち上がり、下がっていた右目の位置が上がって、左右の目が水平になりました。 頬骨に打つことで目が開きやすくなる効果があります。 ほうれい線のヒアルロン酸注射後の変化 先に使っていたヒアルロン酸は、硬いゼリー状でグミのような弾力があり、皮膚を持ち上げて支えます。 これから使うヒアルロン酸は、同じゼリー状でも、やや柔らかいのが特徴。 深いシワとなっているほうれい線は、2つのヒアルロン酸を組み合わせて薄くするのだそうです。 即効性があって、注入後にほうれい線が薄くなっているのがはっきりとわかります! 目の下のヒアルロン酸注射後の変化 目の下にも、クマをなくすため柔らかいタイプのヒアルロン酸を注入します。 今までは一箇所に注入していましたが、ここは注射器を激しく動かして撒き散らすイメージで針を刺していました。 均等にヒアルロン酸を入れる効果があります。 クマは目に見えてなくなってしまいました! 秋葉原スキンクリニック 今回、奥山さんを施術した秋葉原スキンクリニックは、秋葉原駅から徒歩5分。 保険が適用される一般皮膚科と、最新設備の美容皮膚科を併設しています。 スタッフは全員女性で、クリニックは明るく清潔感があります。 まとめ 衝撃的でした! ヒアルロン酸を注射しただけで、あんなに簡単に綺麗になっちゃうんですね。 私は若い頃からずっとほうれい線と、クマに悩んでいたので、ぜひやってみたいです。 メスを入れるのはちょっと怖いけど、注射だけなら・・・と思いました。 奥山さんはクマが消え、ほうれい線が薄くなり、目がぱっちりしただけでなく、肌の凹凸がなくなって卵のようにつるんとなっていました!すごい効果ですよね。

次の