台風 19 号 長野 県。 令和元年東日本台風(台風第19号)の対応について/長野県

台風19号被害~長野県千曲川・千葉県鋸南町からの現場報告

台風 19 号 長野 県

台風19号では各地の河川で決壊が発生し、長野県の千曲川でも大規模な洪水が発生したが、猛烈な降雨を起こした要因の一つに、台風の進路や風向きによって発生した「地形性降雨」があったとの分析が浮上している。 「千曲川の源流がある山間部に大量の雨が降った。 過去にも水害が起きたが、200年に一度ぐらいの規模だ」。 中央大の山田正教授はこう指摘した上で、降雨の原因として、台風のたどった進路をあげる。 台風は伊豆半島付近から上陸し、関東や東北を北東へ横切るように縦断。 これにより、内陸の山間部に向けて、湿った風が強烈に吹き付けた。 風は、長野や群馬、埼玉の県境周辺で山とぶつかり、上昇気流となって雨雲となり大量の雨を降らせたとみられる。 この付近には千曲川の源流があり、水量は爆発的に増えた可能性がある。 国土交通省によると、長野市穂保の千曲川で異変が確認されたのは13日午前3時ごろ。 監視カメラで堤防の欠損が確認されその後、約70メートルにわたり決壊し、住宅地などが大規模に浸水した。 海に面していない長野県は年間の降水量は全国的に見て少なく、内陸の盆地は特に雨が少ないことで知られる。 静岡大防災総合センターの牛山素行教授は「普段は雨が少ない地域で豪雨が降ると、絶対量は少なくても、災害発生のリスクは高まる」と指摘する。 13日午前9時までの長野県の48時間雨量は北相木で411・5ミリ、佐久で311・5ミリ、鹿教湯で327・5ミリを記録し、いずれも観測史上1位を更新した。 一方、神奈川県箱根町で1001ミリ、静岡県伊豆市では760ミリの48時間雨量を記録するなど、より激しい雨にさらされたが、大きな洪水などはなかった。

次の

令和元年度 被災小規模事業者再建事業「持続化補助金台風19号、20号及び21号型」 :: TOP

台風 19 号 長野 県

農業災害(令和元年台風第19号) この度の台風第19号により被災された皆様には、心からお見舞い申し上げます。 また、一日も早い復興をお祈り申し上げます。 補助事業等を活用される皆さまへ 営農継続や早期の営農再開を目指して、復旧作業を早く進めたい農業者の皆様におかれましては、復旧作業が補助事業等の補助対象となる場合がありますので、作業を始めるに当たっては、 被災状況が分かる写真を始め、 作業後の写真、 作業日誌、 発注書・納品書・請求書・領収書などの書類を保存していただきますようお願いします。 詳しくは、をご確認ください。 補助事業等の情報は、農林水産省ホームページのもご覧ください。 台風第19号により被災した農家等の相談窓口 台風第19号により被災された農家等の相談窓口を農業改良普及センター及び県庁農業技術課に開設しましたので、ご相談ください。 詳しくは、をご参照ください。 災害等に係る技術対策について• 台風第19号により土砂が流入した果樹園の当面の管理について〔令和元年10月30日〕• 台風第19号による農作物等の被害に対する技術対策(第2報)について〔令和元年10月15日〕• 台風第19号による農作物等の被害に対する技術対策について〔令和元年10月13日〕• 台風第19号の接近に伴う技術対策について〔令和元年10月9日〕 詳しくは、をご確認ください。 冠水被害を受けた園芸作物の取扱いについて 冠水等の被害を受けた野菜や果樹など園芸作物の取扱いにあたっては、消費者への衛生的で安全な食品を供給する観点から、衛生面や品質面で安全が担保されないものは出荷を控えてください。 詳しくは、をご確認ください。 農業保険制度(果樹共済・収入保険制度など)について 令和元年台風第19号による農業被害のように、災害はいつ、どこで、どのくらいの規模で起こるか分かりません。 将来も安定した農業経営を続けるためには、災害への備えが欠かせません。 国の公的保険制度である長野県農業共済組合(NOSAI長野)の農業共済事業、収入保険事業への加入について、ぜひご検討ください。 詳しくは、 をご確認ください。

次の

長野地方気象台トップページ

台風 19 号 長野 県

10 月6 日に南鳥島近海で発生した台風第19 号は、マリアナ諸島を西に進み、一時 大型で猛烈な台風に発達した後、次第に進路を北に変え、日本の南を北上し、12 日 19 時前に大型で強い勢力で伊豆半島に上陸した。 その後、関東地方を通過し、13 日 12 時に日本の東で温帯低気圧に変わった。 台風第19 号の接近・通過に伴い、広い範囲で大雨、暴風、高波、高潮となった。 雨については、10 日から13 日までの総降水量が、神奈川県箱根で1000 ミリに達 し、東日本を中心に17 地点で500 ミリを超えた。 特に静岡県や新潟県、関東甲信地 方、東北地方の多くの地点で3、6、12、24 時間降水量の観測史上1 位の値を更新す るなど記録的な大雨となった。 この大雨について、10 月12 日15 時30 分から順次、静 岡県、神奈川県、東京都、埼玉県、群馬県、山梨県、長野県、茨城県、栃木県、新潟 県、福島県、宮城県、岩手県の1 都12 県に大雨特別警報を発表し、最大級の警戒を 呼びかけた(13 日8 時40 分までにすべて解除)。 風については、東京都江戸川臨海で最大瞬間風速43. 8 メートルとなり観測史上1 位を更新したほか、関東地方の7 か所で最大瞬間風速40 メートルを超えた。 また、台 風の接近に伴って大気の状態が非常に不安定となり、千葉県市原市では竜巻と推定 される突風が発生した。 波については、波高が静岡県石廊崎で13 メートル、京都府経ヶ岬で9 メートルを超 える記録的な高波が観測された。 高潮については、東京都三宅島で潮位230 センチなど、静岡県や神奈川県、伊豆 諸島で、過去最高潮位を超える値を観測したところがあった。 この大雨の影響で、広い範囲で河川の氾濫が相次いだほか、土砂災害や浸水害が 発生した。 これら大雨による災害及び暴風等により、人的被害や住家被害、電気・水 道・道路・鉄道施設等のライフラインへの被害が発生した。 また、航空機や鉄道の運休 等の交通障害が発生した。 (被害に関する情報は令和元年10 月15 日内閣府とりまと め等による。 ) 資料全文は、こちらです。 2019. 当時の危険度分布の様子を、以下のページから確認できます。 令和元年台風第19号とそれに伴う大雨などの特徴と要因について速報的な解析を行いました。 さらに、令和元年台風第19号に伴う大雨の要因について詳細な解析を行いました。 CSVデータ一覧 「災害をもたらした気象事例」に掲載している一部のデータを「CSV形式」で公開しています。 ページ 図・表名 CSVファイル 28ページ 1時間降水量の多い方から20位 29ページ 3時間降水量の多い方から20位 30ページ 6時間降水量の多い方から20位 31ページ 12時間降水量の多い方から20位 32ページ 24時間降水量の多い方から20位 33ページ 48時間降水量の多い方から20位 34ページ 72時間降水量の多い方から20位 35ページ 期間内の総降水量の多い方から20位 36ページ 観測史上1位を更新した地点(最大1時間降水量) 36ページ 観測史上1位を更新した地点(最大3時間降水量) 38ページ 観測史上1位を更新した地点(最大6時間降水量) 41ページ 観測史上1位を更新した地点(最大12時間降水量) 45ページ 観測史上1位を更新した地点(最大24時間降水量) 48ページ 観測史上1位を更新した地点(最大48時間降水量) 50ページ 観測史上1位を更新した地点(最大72時間降水量) 54ページ 最大風速の大きい方から20位 55ページ 最大瞬間風速の大きい方から20位 56ページ 観測史上1位を更新した地点(最大風速) 56ページ 観測史上1位を更新した地点(最大瞬間風速) 61ページ 最大有義波高 61ページ 過去の最大有義波高を超える値を観測した地点 62ページ 最大潮位偏差及び最高潮位 63ページ 過去の最高潮位を超える値を観測した地点 関連資料へのリンク.

次の