不滅 の 恋人 15。 『不滅の恋人』動画日本語字幕のフル配信を無料視聴!DailymotionやPadoraよりおすすめ!

不滅の恋人の実在モデルや時代背景は?どこまで実話なのか調べてみた|韓流マイスター

不滅 の 恋人 15

王座に就くはずのなかった2人の大君(王子)。 弟イ・フィは初恋の人チャヒョンと静かに暮らすことを望んでいたが、兄イ・ガンの野望が、国や愛する人々の命運を変えていく。 ライバルとなる大君役は、さわやかなイケメンのユン・シユンと大人の魅力のチュ・サンウク。 2人に愛される純で芯の強いヒロインを演じるのは、ドラマ『オクニョ 運命の女(ひと)』のチン・セヨン。 番組ホームページは現在、BSプレミアムで放送中の内容になっています。 新着記事• Javascriptを有効にしてください。 カテゴリーから選ぶ 開く• 月別から選ぶ 2020年 開く• 2019年 開く• 2018年 開く• 2017年 開く• 2016年 開く• 2015年 開く• 2014年 開く• 2013年 開く• 2012年 開く• 2011年 開く• 2010年 開く• 2009年 開く• 2008年 開く• 2007年 開く• 2006年 開く• 2005年 開く• 2004年 開く• 2003年 開く•

次の

韓国ドラマ「不滅の恋人」第15話あらすじと見どころ:夢にまで見た再会だけど…豆知識:トリカブト

不滅 の 恋人 15

前回のあらすじ ジョングクの協力で、敵に命を落としたと思わせたフィだったが、島に来て遺体を見たジャヒョンは、ショックを受ける。 フィの復讐をする為に、ガンの元へ行ったジャヒョンは、毒を塗ったかんざしで襲うが、失敗して...。 尼寺に行くと決意したジャヒョンは、輿に乗り、寺に着くとガンが用意した輿に無理矢理乗せられそうになるが、そこにフィが現れる。 側室になろうとした事を怒るフィだっが、遺書まで書き、自分の身を守ろうとしていたジャヒョンを抱きしめる。 体がかゆくなり、自分が狙われてると怖がるガンに、それを仕組んでいたのがヤンアンだ!とジョングクが暴露して...。 今回は、最終回です!最後まで生きて償わせる!と言ったフィの願いもむなしくガンは命を落として...。 スポンサードリンク 不滅の恋人 あらすじ 17話 寺でジャヒョンと会った母親と兄は、喜びの再会を果たすが、ドゥクシクが世話になってすまなかった!と声をかけ振り向くとその男はフィで。 声も出ないほど驚く2人だったが、母から2人で遠くで暮らしなさいと言われるが、フィは、彼女を逃亡者にしたくありません!と言う。 そして、逆境でジャヒョンへの愛が強くなったし一緒にいられる幸せを感じています!と話して....。 一方、女真の使臣を斬ったガンに、王が自ら斬るなんて前代未聞だ!と怒る大妃で。 政治は、大臣らと議論しながら進めなさい!と言う大妃に、ガンは、臣下の国でなく王の国で明より強い国を作る!と言う。 女真と話をしに行ったフィは、わが国から人を送って農地の開墾技術を伝授し、交易を再開する!と持ちかける。 女真の使いの男は、箱の中からガンが約束した書状をフィに渡し、戦いが始まるときは笛を吹く時だ!と言って....。 夜、寺に来たガンを見たフィ達は、すぐにスンピョンを抱き逃げ去り、ジャヒョンは、何事もなかったかの様にガンと話をする。 ジャヒョンは、今の王妃ナギョムを降格させ私を王妃にしてください!夜訪ねて来たのは、愛情がある証拠だとわかっていますが、その証を見せてください!と言い放つ。 実家まで送ったガンは、寺を出る口実は病気になった事にしろ!俺の目の届かない所には行かせない!と言うとジャヒョンは、知らせを待っていると言って....。 王宮に帰ったガンから、いつもの通り冷たくされ、懐妊した!と嘘をつくナギョム。 そして、大妃に報告したナギョムは、いつまで義姉に礼を払うのですか?と聞くが、大妃を怒らせて...。 妓楼の離れにスンピョンと身を寄せる事にしたフィは、伝言がある時はルシゲに頼む!とジャヒョンに言う。 ト・ジョングクは、甥を守っている様に見えるヤンアンが、何か逆心を持ってるみたいだ!とウルンに話す。 更にジョングクは、幽閉されてるヤンアンの家から子供の声が聞こえるからきっと先王をかくまっている!とジャジュンに話す。 一緒に家に行ったジャジュンは、子供を必死で探すが、その間に屋敷に入ったジョングクは、女真との間に交わした密書を見つけガンに報告する。 小さい頃から1番自分を気にかけてくれていた叔父に裏切られていたとわかったガンは、自害を命じる。 毒薬が用意されたヤンアンは、誰かに陥れられたと思うが、そこに亡くなったはずのフィを見て驚く。 結局、父親の命を奪われたジョングクが剣を下ろして....。 18話 叔父が亡くなったと聞いたガンは、自分を父親のように可愛がってくれたから墓は立派なものにしろ!と命じる。 ジャヒョンに会いたい!と言うガンだったが、また辛い目に合わせてはいけないと思いぐっと堪える。 その頃、フィ達は、ガンが女真に領土を渡す約束した挙句にフィの命も奪ったと書き、街に張り出す。 そして、トクマン達(元捕虜)は、フィが生きてる!と噂を流すが、ジャヒョンと会ったフィは、叔父の命を奪い、兄と同じ部類になったような気がする!と落ち込む。 怪文書が貼られ不安なガンは、大臣達に八つ当たりするが、ジョングクを昇進させたガンは、先王を捕らえ残党を捕らえろ!と命じて...。 王宮に来たジャヒョンは、どうせ自由のない身ならば、寺ではなくて側室になって王宮で暮らそうかしら?そして息子でも産めば大事にされる!とナギョムを挑発する。 贈り物だと渡した箱の中には、フィが書いた手紙が入っていて、息子が生きているとわかった大妃は、涙を流す。 ガンは、街に貼ってあった怪文書を見てその字がフィの字だとわかると、ジャヒョンを呼び、本当に王妃にすると言ったらフィは、地獄をみる!と言う。 改めて先王をまた王にする計画が立てられると、以前、先王を守っていた男と会ったフィは、ガンが王位に就くために様々な賄賂を使った帳簿を見せる。 王宮に来た医師は、まだ、初期だから懐妊したかはわからない!と言うがそれは、ナギョムが頼んだ事で....。 朝、ガンが一人で墓参りをする所を狙う計画が決行される日、ジャヒョンは、今日こそあなたの本当の妻になるから帰らない!と言って....。 大臣の一人は、フィが生きてるという噂もあるから王宮を出ないほうが良い!と話すが、ガンは、予定通り輿に乗って....。 19話 草むらに潜んだルシゲは、この計画が終わったらみんなで昔のように狩に行こう!と誘う。 その頃、先王を輿に乗せたジャヒョン達と別れたヨギョンは、逃げる準備をする。 王が乗った輿を見たフィ達は、予定通り矢を放ち、輿から出て来た男がガンでないとわかると、刀を振り下ろす。 前方から兵がやって来て戦ったフィは、慌てて王宮に馬を走らせるが、ガンは、大妃達の前に姿を見せていて...。 王宮に到着したジャヒョンは、いないはずの王様と鉢合わせして捕まってしまう。 フィは生きているのか?と聞かれたジャヒョンは、話そうとしない。 ジャヒョンは、今回の計画が失敗であろうとも民は、あなたのような王には従わない!と睨みつける。 ジャヒョンに刀を向けたガンだったが、大妃が来て、私を斬れ!と怒って...。 ようやく王宮に到着したフィ達は、門を開け中に入ると、ガンと会い兄弟で戦う姿を目にした大妃は、涙が止まらない。 フィは、実戦で強くなった俺には敵わないだろう!とガンの剣を落とす。 とうとう牢に閉じこめられたガンは悔しがるしかなかった。 その頃、先王を見張っていたナギョムから奪い返したジャヒョンは、これがあなたが望んだ世界だ!と言って....。 門の前では、にらみ合いが続くが、王を連れて来い!と刀をルシゲに振り下ろして...。 20話 最終回 手のひらにフィと書いたルシゲは、そのまま命を落としてしまうと、心を寄せていたギトゥクは、泣き叫んで...。 ようやく会えた母親に抱きついてたスンピョンは、ジャヒョンに優しくしてもらった!と言って。 こっそり王宮に入ったウルンは、ひとまず外に出ましょうと話すが、ガンは、ここでフィと戦うと意地を張り聞いてくれない。 ナギョムは、兄が斬られるのを見てショックを受けるが、ガンは、懐妊してるのだから逃げろ!と命じる。 そして、いつも感謝していた!と肩を抱き、再会するまで元気でいろ!と言って....。 聖堂で待ってると言われたフィは、生かして罪を償わせる!と話すが、大妃は、もっと私が愛情を持って接していればあんな風には育ってなかった!と後悔する。 フィは、兄さんが不当なやり方で王になったから民から支持されない!と言うとガンは、わかってる!と立ち上がり、また刀を振り下ろす。 また刀を交え、外に出るとなぜか護衛のウルンが斬りつけるが、それはお前の刀で逝かせてくれ!というガンからの指示を遂行していた。 大妃は、私のガン!と泣き叫ぶが、俺のために泣くな!と言い息を引き取って...。 ガンが亡くったと聞いたナギョムは、再会を約束したのに・・と泣く。 また王に復位したスンピョンの補佐に選ばれたたフィは、今までの悪い事は兄が持っていってくたから、これからは良い国を作るためにみんなでがんばりましょう!と言って....。 ようやく、旅に出ていたギトゥクが戻って来るが、王宮では、突然やって来た少女が、ナギョムと作った飾りを持って来て、ジャヒョンと会う。 フィ達は、ガンの娘だと知るが、墓の前で咳をするナギョムから、私たちの娘をジャヒョンに託しました!と言われて....。 久しぶりに二人で仲良く絵を描き、これからは王宮から離れていてもお前のために生きる!とフィが伝えて....。 あらすじの感想 大妃がもう少し愛情もって育てれば・・と言ったセリフが全てを物語っているのかもしれません。 確かに誰が見ても本当の親子なのか?と思うほどガンには冷たかったように感じます。 初めて心から愛した女性が弟の想い人だと知り、また負けた!と思ったのでしょう。 ジャヒョンを俺の花と言うガンは、本当に自分のそばに置いておきたい女性だったのですね。 友人だったナギョムが、露骨に嫉妬むき出し、拷問までさせるシーンは、怖かった! フィが 3年ぶりに生還し、ジャヒョンと泣きながら抱き合ったシーンは、感動しました! 髪まで切って生涯の男は、フィだけだと決めたジャヒョンが立派だった。 その後にも何度か別れるシーンが続きましたが、やっぱり涙が出てきてしまいました。 おてんばなジャヒョンが、何度も母親を怒らせその度に抱きしめる、母親の愛にも感動でした。 それにしても、フィの後を追い、兵士とおにぎりを食べてるジャヒョンには笑えましたが、娘だったらと思うとさすがに笑えませんよね...。 最後に、あいつに俺は斬れないからお前が斬れ!とガンに頼まれたウルンも可哀想でしたが、彼は最後まで裏切らずそばにいました。 ガンは、もう少し心を開き人を信用できる気持ちがあったらまた人生も変わってたかな?と感じます。 時代劇は、理不尽な所はたくさんありますが、王様は、いつも寂しそうですね...。 不滅の恋人-あらすじ全話一覧 スポンサードリンク 韓国ドラマその他のおすすめ記事.

次の

不滅の恋人 15話 動画

不滅 の 恋人 15

「不滅の恋人」宛の手紙。 最初のページの 不滅の恋人(ふめつのこいびと、: Unsterbliche Geliebte)とは、作曲家のがから7日にかけてでしたためた手紙の謎めいた宛名である。 全体で小さな便箋10枚からなる手紙はベートーヴェンのむらの多い肉筆による。 明らかに送られなかったであろう手紙は作曲者の死後、持ち物の中から発見され、が手元に置いていた。 シンドラーの遺言により彼の姉妹の手に渡り、その人物がにへ売却して今日に至る。 手紙は鉛筆書きで3つの部分からなる。 ベートーヴェンが作成年や場所を明記しなかったため、まで手紙の正確な日付と受取人の特定は推論の域を出なかった。 紙のの研究により年代が決定され、さらに押し進めて場所が特定された。 これ以来、学者たちの間では、この「不滅の恋人」書簡を受け取るはずだった人物に関して意見が分かれている。 現在最も有力視されている2人の候補は と である。 その他の候補として、程度の差こそあれ主流の学術的裏付けと共に推測されているのは 、 、 、 ら他である。 文章の分析 [ ] によってベートーヴェンがヨゼフィーネ・ブルンスヴィックに宛てた13通の恋文が公開され、「不滅の恋人」宛ての手紙が彼の書いた唯一の恋文ではないことが明らかとなった。 その後、1804年から1809年にかけての書簡、そして1812年のこの謎めいた手紙における言葉づかいや言い回しの類似性より、ヨゼフィーネが知られざる女性だったのではないかという説が提唱されるようになった。 以下に他の書簡との表現の比較を含む例を提示する (括弧内は原文の表現で 、原文付きの記述が「不滅の恋人」書簡の内容、その他は別の手紙から)。 「我が天使」(Mein Engel)この単語は手紙の最後の部分にも使われている。 「さようなら、天使 - わが心の - 我が人生の。 」( 219, 1805年4月)この手紙にはドイツ語で親密な相手に用いる2人称の「Du」が使われている。 「私の全て」(mein alles)、「君 - 君 - 我が人生 - 私の全て」(dir - dir - mein Leben - mein alles) 「君 - 君 - 私の全て、私の幸福(中略)私の慰め - 私の全て」( 214, 1805年1月-4月 ; 「J. 全て様 - 貴女のための全て」( 297, 1807年9月20日以降)• 「エステルハージ」(Esterhazi)ハンガリー出身のブルンスヴィック家はこのハンガリー貴族をよく知っていた。 「私だけの忠実な宝物でいてください」(bleibe mein Treuer einziger schaz)、「貴女の忠実なルートヴィヒ」(dein treuer ludwig)、「私の貴女への忠実さをご存知でしょうから、他の誰も私の心を手にすることはできないのです」(da du meine Treue gegen dich kennst, nie eine andre kann mein Herz besizen, nie - nie)、「貴女の最愛なるL. の最も忠実なる心を決して誤解なさらないでください」(verken[ne] nie das treuste Herz deines Geliebten L. 「愛しき人、貴女は苦しみの中にある(中略)苦しみの中に - ああ、わたしがどこにいようとも、貴女は私とともにいるのです」(Du leidest du mein theuerstes Wesen... du leidest — Ach, wo ich bin, bist du mit mir) ヨゼフィーネは病気がちだっただけではなく、この頃は夫が彼女のもとを去っていったために特に落ち込んだ状態だった。 「しかし - しかし決して私の前からいなくならないでください」(doch — doch nie verberge dich vor mir) 1807年、ヨゼフィーネは家族からの圧力によりベートーヴェンの前から姿を消そうとしていた。 ベートーヴェンが会いに来た際、彼女がいたのは自宅ではなかった( 294と 307を参照)。 そしてこれがちょうど9か月後のヨゼフィーネの第7子、ミノーナの誕生を説明する可能性もある。 推論の時代(1827年-1969年) [ ] のZur goldenen Sonneのペンション。 ベートーヴェンは1812年7月6日、7日をここで過ごしており、その間に『不滅の恋人』宛の手紙が書かれたのではないかと考えられる。 シンドラーはベートーヴェンの伝記(1840年)の中で、ユリー(ジュリエッタ)を「不滅の恋人」と名付けた。 が出版したの回顧録(1909年)には、ベートーヴェンへの心からの賛美と崇拝が示されている。 このことと幾人かのブルンスヴィックの子孫への聞き取りから、彼女はテレーゼが「不滅の恋人」であったに違いないという結論に達している。 などの大半の研究者は 、当初はテレーゼが「不滅の恋人」であると考えていた。 セイヤーは手紙の執筆時期はから頃に違いないと考えていた。 (1909年、1910年)はの公的な客人一覧を調べ、はじめはが「不滅の恋人」であろうと結論づけた(1909年)。 ゼーバルトが1812年7月の初頭にに居なかったことは確実であり、このためは彼女を候補から除外している。 トーマス=サン=ガリはその後(1910年)、テレーゼ・ブルンスヴィックがお忍びでプラハへ来ていた可能性があると考え、彼女がそうなのではないかと推測するようになった。 これに異議を唱える者も現れた。 アンドレ・ド・ヘヴェシー(1910年)はテレーゼ・ブルンスヴィックを除外し 、(1910年)はアマーリエ・ゼーバルト説を否定した。 古い文献はによってまとめられている。 により「Die Musik」上で偽造されたベートーヴェン書簡もあった。 しかし、でっち上げであったことが既にニューマンによって示されている(1911年)。 信憑性を失ったグイチャルディ仮説を救おうとする窮余の努力であった。 その間に「不滅の恋人」書簡の執筆時期に関しては、1812年7月6日-7日が確かな日付であると裏付けられていった。 根拠は透かしや文献のみならず 、ベートーヴェンがに宛てた手紙にも求められ、そこからは彼が1812年に「不滅の恋人」と会っていたに違いないことがわかる。 「申し訳ない、親愛なるV. 、プラハ最後の晩を貴女と過ごすことができませんでした。 私自身失礼なことだと思いましたが、予期しない事態によりそうせざるを得なかったのです。 」 ブルンスヴィック家の屋敷から新たに手紙やメモ書きを発見したラ・マーラは次のように確信した(1920年)。 「デイム伯爵未亡人ヨゼフィーネがベートーヴェンの『不滅の恋人』である。 」マリアンヌ・チェケは初めてテレーゼの1813年の日記帳の結びの言葉を公表し(1938年)、ベートーヴェンが愛していたのはヨゼフィーネであったが、それでも「不滅の恋人」であるテレーゼに傾いていったと結論した。 結びの言葉の一部は既にローランドが知るところであった (1928年)。 はブルンスヴィックの屋敷からさらに多くの資料を検討し、ファルンハーゲンが「遠くの恋人」の背後にいると考えつつも「不滅の恋人」はヨゼフィーネであったとした(1954年)。 その根拠は、主に彼女の娘のミノーナが夫のシュタッケルベルク男爵が居ない状況で、ベートーヴェンとの出会いからちょうど9か月目に生まれていることである。 カズネルソンは、後「13通の手紙」を所有していたの蒐集家が彼に手紙の閲覧を許さなかったにもかかわらず、この結論に到達している。 心理分析を駆使したとは、ベートーヴェンの甥であるが「不滅の恋人」であろうと議論している (1954年)。 ダーナ・シュタイヒェンはがベートーヴェンが生涯愛した人物であったとし、従って「不滅の恋人」であると考えた (1959年)。 は「不滅の恋人」がドロテア・エルトマン夫人であった場合について考察を行った (1969年)。 ヨゼフィーネ・ブルンスヴィックの発見(1957年-1999年) [ ] デイム伯爵夫人、鉛筆画のミニチュアール、1804年以前の作 はそれまで知られていなかった、ベートーヴェンがに宛てた13通の手紙と、ヨゼフィーネの書き写したものが残る1通の下書きを出版した(1957年)。 シュミット=ゲルクはカズネルソンの発見を「扇情的である」と退けていた。 は、「13通の手紙」に先んじて発表されたカズネルソンの理論を、このドイツ人ベートーヴェン研究者がこうも受け入れたがらなかったについて、次のような説明を行っている(1980年)。 「実のところ、この会合の結果として彼らは(中略)ある私生児のことを考慮しなければならなくなるが、これは専門家の世界には冒険的過ぎてヨゼフィーネ仮説に対する抵抗を著しく凝り固めてしまうように思われたのである。 」シュミット=ゲルクは自身がまだ1809年ではなく1807年に書かれたと考えていた最後の手紙と、ヨゼフィーネがシュタッケルベルク男爵と1810年に再婚したことをもって、恋愛関係が終了したという立場を取っていた。 は異なる表現をしている(1957年 p. 78)。 「確かな結論に到達できるのは否定的な側面についてのみである。 ももも、もはや考慮の対象ではない。 長年にわたり有名な恋文の受取人であると真剣に考えられていたでさえもである。 しかしテレーゼに否定的な意味で確かな光を当てたのが全く同じ資料であり、そこに残されていたのがベートーヴェンが彼女の妹のヨゼフィーネに情熱的な愛情を注いだ証拠であったのは興味深い。 」 現在も変わらず「標準的な」ドイツのベートーヴェン伝記作家であるは、ヨゼフィーネがベートーヴェンの「唯一の恋人」であったするカズネルソンの説を支持する(1962年, p. 46)。 これは「内的な証拠」がヨゼフィーネを示していると結論したと同様である(1991年 p. 247)。 フランス人のとは、主として「不滅の恋人書簡」とそれ以前の14(15)通の恋文との比較を基にヨゼフィーネを「不滅の恋人」であると同定した(1955年)。 「『不滅の恋人』への手紙は(中略)使われている語彙が類似しているだけでなく、彼がただ1人愛した人物への長きにわたる忠誠が強調されてもいる。 」これに加え、ベートーヴェンの作品への影響について「マッサン夫妻が論じるのは(中略)ベートーヴェンの暮らしにヨゼフィーネが存在したことが彼の作品に跡を残しているということである。 (中略)音楽理論の観点からは、その関連は明確に頷かれるものである。 」 マッサン夫妻(1955年)、ゴルトシュミット(1980年)に続いてテレンバッハがヨゼフィーネの可能性について大々的な議論を行った(1983年、1987年、1988年、1999年)。 この際に根拠となったのは主として新しく発見された資料であり、テレーゼの後年の日記のメモ書きのようなものである。 一例を挙げるならば「ベートーヴェンが書いた3通の手紙」に関する内容であり「それらは彼が情熱的に愛情を注いだヨゼフィーネに送られたに違いない。 」という。 「ベートーヴェン!彼が我が家の友人、親友であったなんて夢のようだ - 素晴らしい人 - どうして未亡人であった妹のヨゼフィーネは彼を婿としなかったのか?ヨゼフィーネの心からの友人!彼らはお互いのために生まれてきた。 彼女はシュタッケルベルクより彼と一緒になった方が幸せだっただろう。 母の愛が決めてしまったのだ - - 彼女が自らの幸福を断念することを。 」テレーゼはベートーヴェンについてこうも書いている。 「このような知的才能を持つことがいかに不幸なことか。 同時にヨゼフィーネも不幸だった!『Le mieux est l'ennemi du bien(最善は善の敵)』 - 一緒に居られたら2人とも幸せだっただろう(おそらく)。 彼が必要としたのは伴侶、それは確かである。 」「私はこれほど長年にわたってベートーヴェンと親しく、理知的に交流を深めることができて幸運だった!ヨゼフィーネの親しく - 心からの友人!2人は互いのために生まれ、もしまだ生きていたのなら、2人は一緒になっていたことだろう。 」ゴルトシュミットの「ヨゼフィーネ仮説」への評価はこうである。 「反例となる決定的証拠なしに、『不滅の恋人』が『唯一の恋人』以外の人物ではないという正当性が高まりつつある仮説を手放そうとする者はもはやいないはずだ。 」 は主にマッサン(1955年、1970年)、ゴルトシュミット(1980年)、テレンバッハ(1983年)に対して、ヨゼフィーネを「不滅の恋人」の候補とすることに異を唱えている(1988年)。 アントニー・ブレンターノとその他人物(1955年-2011年) [ ] 、1808年、画 、フランスの学者であるジャンとブリジット・マッサンはが当時のプラハとに居たと指摘し、彼女が「不滅の恋人」の候補となり得るのではないかとの説を唱えた。 「(『不滅の恋人』が)アントニー・ブレンターノであったという仮説は魅力的であり、同時に滑稽でもある。 」彼らは次のように続ける。 仮説が魅力的といえる理由は• ベートーヴェンとブレンターノは彼女がウィーンに帰って以来「親しい仲」であったこと• 1812年の夏季、ベートーヴェンはブレンターノと同じフランツェンスバードのホテルで過ごしたこと• 同年、ブレンターノの娘のマクセに1楽章のピアノ三重奏曲()が捧げられていること 仮説が滑稽である理由は• ベートーヴェンとアントニーの夫であるフランツの友情が続いていたこと• ベートーヴェンが彼から借金をしたこと• 「彼がアントニーに書いた多くの手紙が示すのは、2人の間に純粋で深くありながらも - 互いに抑制し合うことによって - 儀礼的な友情があったに過ぎないということ、そしてベートーヴェンが常にフランツ、アントニーと彼らの子どもを分かちがたい共同体であると認識していたらしいことである。 」 その4年後に日本人の作家もアントニーを「発見した」と主張している(Aoki 1959年、1968年)。 しかし、これは日本国外では注目されず、彼女はドイツ語で刊行した近著で再び自身の発見を発表した(Aoki 2008)。 メイナード・ソロモンは再度、より詳細にアントニー・ブレンターノが「不滅の恋人」であったとする説を提唱した(1972年、1998年)。 彼の説は大きく2つの仮説(もしくは必要条件)の上に成り立つ。 この人物が(ベートーヴェンと同じく)問題の時期にプラハとカルロヴィ・ヴァリに居たはずだということ• この出来事の直前に、彼女がベートーヴェンをよく知って(少なくとも親しい仲で)いなければならないということ 補1. アントニーは夫、子ども、使用人らとの困難な旅路の末、1812年7月3日にプラハへ到着、記帳を行い、翌朝に出発している。 「その夜のどこに彼女がベートーヴェンと逢引きしている時間があったのだろうか。 」ソロモンも次のように認めている。 「ベートーヴェンとアントニーがプラハで会ったという証拠はない。 」またカルロヴィ・ヴァリについては「手紙が生まれたのは(中略)ベートーヴェンに対して自分はカルロヴィ・ヴァリに発つので伝えた意志を実行に移せない、と伝えた女性と会ったからだという可能性がある。 」は「短期滞在の場合、居住者は(外来者と異なり)報告義務の例外であった」ことを示している。 アントニーに宛てた、もしくは彼女が書いた恋文、及びその他ベートーヴェンとの恋愛関係の可能性を補強する資料はない。 唯一、アントニーが義理の兄弟であるクレメンスに送った手紙の中で、ベートーヴェンを「敬愛」していると表明しているに過ぎない。 「いつの時点でこの崇敬の念が愛情に変化したのかはいまだ知られていない。 私の見込みでは(中略)1811年の秋である。 (中略)情事は同年暮れまで続いた。 」ソロモンは自らの主張を裏付ける証拠として歌曲『恋人に寄す』(WoO 140)を引用する(1998年 p. 229)。 この作品の自筆譜にはアントニーが手書きで「1812年3月2日、作者より賜る」と書き込んでいる。 この背景には次の記述もある。 「1811年11月、ベートーヴェンがバイエルンの宮廷歌手のレジーナ・ラングのアルバムに入れるため、『恋人に寄す』と題した新作の歌曲を作曲していることがわかる。 (中略)手帳に書きつけたようないかにも素人の詩。 不器用な著者による(中略)素人丸出しの三文作家ヨーゼフ・ルートヴィヒ・シュトールによる。 」ソロモン(1972年 p. 572)はベートーヴェンがその2年前に「唯一の恋人」であるヨゼフィーネの再婚により彼女との別離に至っていたからといって、アントニーが「不滅の恋人」である可能性を排除できないと主張する。 「5年後に瞬間的に恋愛関係が再燃しなかった確証はない。 (中略)まだ合理的な疑いの余地が残っている。 」ソロモンの仮説に対しては多くの研究者が反論を行っている。 ゴルトシュミットは次のように要約する。 「アントニー仮説(中略)はその他すべてを除外できるほど完全な説得力を持つものではない。 」また「事実関係に内在的矛盾をはらむアントニー仮説で決着をつけるのであれば、提示された他の仮説を論破する必要がある。 」 アルトマンによって「テレンバッハが行ったのと同様に示されたのは、アントニーの支持者の主張の根拠の多くに歪曲、推測、意見、さらに単純な誤謬が含まれるということである。 」しかしながら、アルトマンが提示する「不滅の恋人」がであるという可能性はクーパー(1996年)により「あり得ない」と示されている。 ルンド(1988年)はアントニーの息子のカールが、ベートーヴェンと会ったとされる時期からちょうど8か月目に生まれていることから、彼はベートーヴェンの息子であろうと唱えた。 これにはソロモンさえも「『扇情主義』である」と考えて与しなかった。 ベアーズ(1993年 p. 183 f. )はヨゼフィーネを支持する。 「実のところ彼に(中略)内なる者の心理的抑制によってでなく、悲痛な外的要因に阻まれて結婚することが叶わなかった、ある特定の愛する人物に向けられた深い永久の情熱が存在したのだろうか。 (中略)マリー・エルデーディ、ドロテア・フォン・エルトマン、テレーゼ・マルファッティ、アントニー・ブレンターノといった愛された者たちへの本当の愛を示すものでさえ、一体どこにあるというのだろうか。 これら全員がベートーヴェンの知られざる不滅の恋人として挙げられているが、その評価は記録や既知の書簡に裏付けられたのもではない。 誰もがベートーヴェンの親しい友人であった、それは正しい、だが愛となるとどうか。 しかしながら1人、わずかに1人だけ現実にベートーヴェンが心の内より熱烈な永遠の愛の宣言を打ち明けた人物がおり、その言葉づかいは不滅の恋人に対する苦悶の手紙と極めて類似している(中略)その人物が彼の『愛する、ただ1人のJ』 - ヨゼフィーネなのである。 」 プルカート(2000年)が唱えた、ベートーヴェンが知りもしなかったアルメリー・エステルハージの説には、(2001年)が反論を行っている。 メレディス(2000年 p. 47)による総括には次のようにある。 「アルメリーとベートーヴェンを繋ぐ証拠がない(中略)繰り返さねばならないのは、アントニーとベートーヴェンの間に情熱的な恋愛関係があったという証拠もなく、ただの親密な友人関係が示されるに過ぎないということである。 ヨゼフィーネについては(中略)少なくとも1805年から1807年の間は実際に彼が熱烈に恋焦がれていたということがわかっている。 」 (2001年)はこう述べる。 「価値ある努力の結果(中略)アントニーが『不滅の恋人』ではあり得ないことが明らかにされた。 彼女は幸福な妻であり母であった(中略)彼女を候補に加えるにはカルロヴィ・ヴァリでのという蓋然性の低い筋書きを盛り込むことになり、心理学的に意味をなさない。 」 ヴァルデン(2011年 p. 5)は、彼女に宛てられたベートーヴェンの手紙とされる2通の偽書のうちひとつが真筆であるとの仮定に基づき、が『不滅の恋人』であるとの説を展開する。 「そのベッティーナ宛の手紙が本物であるならば、ベッティーナが『不滅の恋人』であるとの決定的な証明が果たされることになろうが、原本が現存せず、今日ではその信頼性に強い疑問が呈されている。 (中略)彼女の信頼性と真実性には、今日暗雲が垂れ込めている。 」メレディス(2011年 p. xxii)は自著のはしがきにおいて、主要な候補に関する議論を再度吟味した上で「ヴァルデンの提案は公平に考慮するに値する」と考えた。 現在に至るまでの議論の歴史を振り返ったメレディス(2011年)は、フランスのマッサンやドイツのゴルトシュミットらの著作物がこれまで英語に翻訳されておらず、米国を拠点とするベートーヴェン学者がこの研究分野で最も価値ある資料を手にすることができない現状を嘆いている。 「不運なことに、『不滅の恋人』に関して最も重要で議論の余地を残す研究には英語翻訳されたことがないものが複数あり、研究が与えうる影響は著しく制約を受けている。 」(p. xv)「テレンバッハも(中略)不幸なことに英訳として世に出たことはない。 」(p. 要点は次の2点に纏められる。 疎遠であったヨゼフィーネの夫のシュタッケルベルク男爵は、1812年7月の始め若しくは6月末から約2か月にわたり家を留守にしていたらしいことが、彼女の日誌に記されている。 「今日は私には困難な1日だった - 運命の手は私の上で不気味に止まっている - 私自身の悲しみに加え子どもたちの堕落を目にしてしまい、そして - ほとんど - すべての勇気が私を見捨てたのだ -!!! (中略)シュタッケルベルクは私を1人にさせたがっている。 彼は必要なものを請う声に無感覚だ。 」また、シュテープリンは「規則表」と題された資料と、クリストフ・フォン・シュタッケルベルクの肉筆による7月5日から11日の日付の道徳的分類一覧を発見した。 「こういうわけでこの文書全体は(中略)彼が(中略)自らの将来を熟考していた時期に書かれており、ヨゼフィーネが1812年の6月と7月に独りにされていたことを示すさらなる証拠であるのは間違いない。 ヨゼフィーネは1812年6月にプラハへ行きたいという明確な意思を示していた。 「私はプラハでリーベルトに会いたい。 決して私から子どもたちを連れ去らせはしない。 (中略)シュタッケルベルクのせいでやつれ、そして彼のせいで酷い苦痛と病に見舞われた。 」 「新たな視点で古い資料を見直すと、ヨゼフィーネがベートーヴェンのただ1人の『不滅の恋人』であったと確信させられる。 (中略)彼自身の様々な謎めいた評言を含め、ベートーヴェンの『不滅の恋人』との恋愛におけるパズルのような側面の全ては、彼が愛したと知られる人物 - ヨゼフィーネ - によって説明することができる。 自分の心をとらえた女性はただ1人しかいないという彼自身の言葉に、どうして疑問を唱えられようか。 物語はベートーヴェンの秘書で最初の伝記作家であるが、真の「不滅の恋人」を確かめようと奮闘する姿を描く。 シンドラーはベートーヴェンの激動の人生を調べると同時に、中を巡って候補として可能性があると思われる女性(、など)に話を聞いていく。 映画の最後では、シンドラーが真実の追及に失敗した後、ベートーヴェンが嫌っていた義理の妹のヨハンナが不滅の恋人であろうこと、そしてカールが2人の間の私生児であろうことが明かされる。 その他 [ ] 心理学者のは、素人の無責任さの勝手な空想と断ったうえで、の一節にある「自分は危うく自ら命を絶とうとしたことすらある。 ベートーヴェンはおそらく生まれた時からこの世で最も嫉妬深い女性、芸術の女神と同棲していた。 彼女はベートーヴェンと他の女性との恋が成就することをあらゆる手段を用いて妨害し、ついには彼女の囁き以外のものをベートーヴェンが聴くことができないようにさえしてしまった。 ベートーヴェンを自殺の淵から救ったのも、その淵に追い込んだのもともに彼女のしたことだった、との推論を述べている。 脚注 [ ] 注釈• 手紙には宛先の住所がなく、封筒も発見されていないことから送付はされなかったものとみられる。 手紙は「我が天使」宛であり「不滅の恋人」という表現は文中に一度現れるに過ぎないが、このベートーヴェン独特の言い回しが今日まで使われている。 ベートーヴェンは1801年から1802年にかけてしばらく彼女に夢中になっていたが(当時の彼女はベートーヴェンにピアノを習っており、ピアノソナタ第14番の献呈を受けている)、貴族の称号を持たない自分には伯爵令嬢との結婚が叶わないことを認識していた。 (Steblin, 2009)• テレーゼが日記で触れた「Louis」は(ベートーヴェンを指すのではなく)、実はルイス・ミガッツィ伯爵のことであった。 ゴルトシュミットによる再版がある(1980年)。 この偽書は当時の多くの学者を欺いた。 「『Die Musik』の編集者たちはこのベートーヴェンの原稿を多くの著名な専門家に提出し、その全員が真筆であると言明したのである。 ] Goldschmidt 1980 これに留まらず「ベッカーはその後、彼のベートーヴェン書簡が偽作であると公にしたのである。 (しかし)多くのベートーヴェン学者はこれを信じたがらず、多くの新聞や雑誌は(中略)この原稿が疑いなく価値ある真筆の資料であるという確信を表明した。 ] Goldschmidt 1980• ローランドはチェケと連絡を取っており、チェケはベートーヴェンとブルンスヴィック家の関係についてより多くのことを知る様子であった。 ゴルトシュミットは反論している。 Goldschmidt 1980• テレンバッハが反論している。 Tellenbach 1983• ドイツの主要紙上で、テレンバッハ(1983年)のレビューとしてダールハウスは次のように述べている。 「ベートーヴェンの有名な『不滅の恋人書簡』が(中略)ヨゼフィーネ・フォン・ブルンスヴィックに宛てられたものだということは、今や揺るぎない事実である。 an Josephine von Brunswick gerichtet war, steht inzwischen fest. 「この(ソロモンがアントニー説を擁護する)方法論の不備は、彼が自身の挙げる候補者のみが満たすとわかっている事柄を要求事項に設定したことである。 」 Walden 2011, p. 104• これは既にゴルトシュミット(1980年)がシュタイヒェン(1959年)に反論する形で示している。 しかし、クーパーが述べるのはウィーンの地形に関する基礎的な専門知識に関する限り、「からイェードレゼー()に到達するために ()を横切らねばならない」というのでは満足いかない点が多いということであった。 Walden 2002 も参照のこと。 ヴァルデンは1章を割いてその信頼性を担保する証拠を提示しているが、ベートーヴェンがベッティーナ宛に書いたとして彼女によって公開された3通の書簡のうちの2通は、彼女が公開したゲーテ筆の同種の手紙同様に偽書であるとみなされるのが一般的である。 ヴァルデンの著書は『ベートーヴェン・ジャーナル』(2011, 26, p. 34)でもパトリシア・ストローによって要約、論評されている。 ファクシミリ版はBrandenburg 2001 に掲載されている。 ドイツ語の書き起こし、英訳ならびに歴史的背景についてはBrandenburg 2001 を参照。 また、Brandenburg 1996 , Letter 582, Goldschmidt 1980 , pp. 21-23; facsimile p. 240 fにも掲載されている。 誤訳を含む初期の英訳はAnderson 1961 , Letter 373;より品質の向上した英訳はBeahrs 1990 を参照。 The letter's signature is "Mus. autogr. Beethoven 127. 42-50. La Mara 1920 ; Kaznelson 1954 ; Riezler 1962 ; Massin 1955, 1970 ; Goldschmidt 1980 ; Tellenbach 1983, 1987, 1988, 1999 ; Beahrs 1986, 1988, 1993 ; Dahlhaus 1991 ; Pichler 1994 ; Noering 1995 ; Steblin 2002, 2007, 2009a. Schindler 1840. 彼女の名前はユリー(Julie)であり、いつもそのように呼ばれていた Steblin 2009。 ベートーヴェンがにイタリア語で記した献辞ではジュリエッタ(Giulietta)とされている。 なんらかの理由により、それ以降この名前が定着している。 (彼女の年齢や結婚年月日が不正確であるのと同様、彼女にまつわる伝説のひとつである。 Steblin 2009, p. 145参照)• Tenger 1890 ; La Mara 1909. Altman 1996. Walden 2002, 2011. ファルハーゲン(Varagen)の1856年2月18日の日記には次のようにある。 「ベッティーナは(中略)ベートーヴェンが自分に惚れており、結婚を望んでいたと主張している!(中略)ただ夢に見ただけの幻想に過ぎない!」(Tellenbach 1983, p. 101) 1811年にと幸せな結婚をしているため、大抵の場合において彼女は「不滅の恋人」としての可能性の低い人物の1人であると考えられている。 主として以下の文献による。 Massin 1955, 1970 , Goldschmidt 1980 and Tellenbach 1983, p. 103 f. 以下に引用された書簡の出典はBrandenburg 1996. 2016年11月30日閲覧。 La Mara 1909 p. rev. Forbes, 1967• 2000, p. 416• 「1812年9月にアマーリエ・ゼーバルトに宛てられた手紙の調子は、「不滅の恋人」宛の手紙のそれとは相いれない。 」 Forbes 1967, p. 1090• Forbes 1967, pp. ;1088—1092• ベートーヴェンが手紙の中でエステルハージ公がテプリツェに居ると述べていることから、1812年であったに違いない。 Goldschmidt 1980• "… es war mir leid, lieber V. " Beethoven to Varnhagen, 14 July 1812, in Brandenburg 1996, 583. sei. " La Mara 1920, p. Goldschmidt 1980• これはゴルトシュミットの反駁を受けている。 (Goldschmidt 1980 , p. 325 f. ) 驚くべきことに、この本の独語訳の出版は1964年である。 その間には、明確にベートーヴェンの強い異性愛への意欲を示す「13通の手紙」(アンダーソン翻訳、1961年)も出版されていた。 ヨゼフィーネからベートーヴェンへ出されたものを含むその他の恋文も、シュミット=ゲルクにより出版されている(1969年)。 " Goldschmidt 1980, p. Steblin 2007 , p. 149. Meredith 2011 , p. Elaborated by Goldschmidt 1980. sie werden wohl an Josephine sein, die er leidenschaftlich geliebt hat. " (テレーゼの日記、1847年1月15日より Tellenbach 1983, p. これはシンドラー著の伝記(1840年)に応答し、彼が主張するジュリエッタ・グイチャルディを「不滅の恋人」とする仮説に反論するものでもある。 "Beethoven! nicht zu ihrem Gemahl als Witwe Deym? Josephines Herzensfreund! " Therese's Diary, 22 December 1846, in Goldschmidt 1980, p. 296. Josephinens Haus- und Herzensfreund! " Therese's Diary, March 1848, in Goldschmidt 1980, p. 296. " Goldschmidt 1980, p. 296. " Jean and Brigitte Massin 1955, p. 240. " Jean and Brigitte Massin 1955, p. 240. 彼はベートーヴェンとブレンターノの行方について、マレックが発見した2つの資料(1969年)を用いている。 Goldschmidt 1980 参照。 「『不滅の恋人』同定の必須条件は彼女が1812年7月6日の州にカルロヴィ・ヴァリに居たに違いないということである。 」 Solomon 1998, p. 219• 「必要となるのは(中略)、『不滅の恋人』が問題の時期にベートーヴェンと近しい知り合いであったということである。 」 Solomon 1998, p. 218• Steblin 2007, p. 148• 1972, p. 577• Solomon 1998, p. 219 f. "Von der Meldepflicht bei Kurzaufenthalten waren... " Goldschmidt 1980 , p. 235. " [ベートーヴェンの聖なる手(中略)私が深く敬愛する方、彼は人々の間を神々しく歩いており、彼の高尚なる偉業は下々の世界に相対する。 ] Antonie to Clemens, 26 January 1811, in Goldschmidt 1980, p. 524• Solomon 1998 , p. 238• … Die dilettantischen Verse haben ebenfalls Stammbuchcharakter. Als den linkischen Verfasser … von einem wirklichen Dilettanten, dem Kaffeehaus-Literaten Joseph Ludwig Stoll. 138 f. しかしながら、ゴルトシュミットのシュトール(1777年-1815年)への評価は非常に辛辣である。 シュトールは大きな成功を収めた劇作家で、1809年からはから名誉年金の支給を受けてさえいる。 Solomon 1998, p. 461, n. Goldschmidt 1980, p. 165 f. " Goldschmidt 1980, p. 166. Cooper 1996, p. 右記も参照のこと。 Meredith 2011, p. xxii. Meredith 2011, p. Steblin 2007, p. 148• "Ich habe heute einen schweren Tag. " Josephine's Diary, 8 June 1812, in Steblin 2007, p. 159. "Ich will Liebert in Prag prechen. ich will die Kinder nie von mir lassen. Ich habe Stackb zu liebe [mich] physisch zugrunde gerichtet indem ich... noch so viele Kummer und Krankheit durch ihn zugezogen habe. 162. Steblin 2007, p. 180• Lockwood 1997 参照。 「人間ベートーベン」『N響「第九」プログラム』(1985年12月)。 河合『対話する人間』(、1992年6月)所収 参考文献 [ ]• Albrecht, Theodore 1996, ed. University of Nebraska Press. 168—181. Altman, Gail S 1996 : Beethoven: A Man of His Word - Undisclosed Evidence for his Immortal Beloved. Anubian Press;. Anderson, Emily 1961, ed. : The Letters of Beethoven. London: Macmillan. 7, pp. 8—21. Philharmony is the magazine of the NHK Symphony Orchestra. [Beethoven — The Decryption of the Riddle about the "Immortal Beloved". ] Munich: Iudicium. Beahrs, Virginia Oakley 1972 : "New Light on Beethoven's Immortal Beloved? " Michigan Quarterly Review, Vol. 177—185. Beahrs, Virginia 1986 : "The Immortal Beloved Revisited. 22—24. Beahrs, Virginia Oakley 1988 : "The Immortal Beloved Riddle Reconsidered. " Musical Times, Vol. 64—70. Beahrs, Virginia 1990 : "My Angel, My All, My Self": A Literal Translation of Beethoven's Letter to the Immortal Beloved. Beahrs, Virginia 1993 : "Beethoven's Only Beloved? New Perspectives on the Love Story of the Great Composer. " Music Review 54, no. 183—197. " [Anton Schindler's Fabricated Entries in the Conversation Books. ] Harry Goldschmidt ed. : Zu Beethoven. [On Beethoven. Essays and Annotations. ] Leipzig. Brandenburg, Sieghard 1996, ed. : Ludwig van Beethoven: Briefwechsel. Gesamtausgabe. [Ludwig van Beethoven: Letters. Complete Edition. ] 8 vols. Munich: Henle. Brandenburg, Sieghard 2001, ed. : Ludwig van Beethoven, Der Brief an die Unsterbliche Geliebte. Facsimile, transcription and commentary in German, English and Japanese, new edition. Bonn: Beethoven-Haus. Caeyers, Jan: Beethoven. Eine Biographie [Beethoven: The Lonely Revolutionary. A Biography]. Munich: Beck 2012. 18—24. Cooper, Barry 2000 : Beethoven. Oxford: University Press. Countess Therese Brunsvik's Diaries and Notes. Vol. Dahlhaus, Carl 1991 : Ludwig van Beethoven: Approaches to his Music. Oxford: University Press. Forbes, Elliot 1967, ed. 2 vols. 2nd ed. Princeton: University Press. Goldschmidt, Harry 1980 : Um die Unsterbliche Geliebte. Ein Beethoven-Buch. Eine Bestandsaufnahme". Paris: Champion. Another Schindler Forgery? ", The Musical Times Vol. 120, No. 1642, pp. 987—990. ", in: Harry Goldschmift ed. : Zu Beethoven. Berlin: Neue Musik 1984, pp. 163—171. Kaznelson, Siegmund 1954 : Beethovens Ferne und Unsterbliche Geliebte. Beethoven's Distant and Immortal Beloved. Kopitz, Klaus Martin 2001 : "Antonie Brentano in Wien 1809—1812. Neue Quellen zur Problematik 'Unsterbliche Geliebte'. " Antonie Brentano in Vienna 1809—1812. New Sources to the Difficulties with the "Immortal Beloved". Bonner Beethoven-Studien, vol. 2, pp. 115—146. La Mara 1909 Ida Marie Lipsius : Beethovens Unsterbliche Geliebte. La Mara 1920 Ida Marie Lipsius : Beethoven und die Brunsviks. Beethoven and the Brunsviks. According to Family Documents from Therese Brunsvik's Estate. Leipzig: Siegel. Ley, Stephan 1957 : Aus Beethovens Erdentagen, chapter "Eine unsterbliche Geliebte Beethovens", pp. 78—85. Siegburg: Schmitt. Lockwood, Lewis 1997 : "Film Biography as Travesty: Immortal Beloved and Beethoven. " The Musical Quarterly, pp. 190—198. Marek, George R 1969 : Ludwig van Beethoven. Biography of a Genius. Biographie. Essai. 2nd ed. 1967. Paris: Fayard. 42—47. Meredith, William 2011 : "Introduction", in Walden 2011 , pp. ix-xxxiv. Newman, Ernest 1911 : "A Beethoven Hoax? 714—717. Newman, William S 1984 : "Yet Another Major Beethoven Forgery by Schindler? ", The Journal of Musicology Vol. 3, No. 4, pp. 397—422. Pichler, Ernst 1994 : Beethoven. Mythos und Wirklichkeit. Beethoven. Myth and Reality. Vienna: Amalthea. Pulkert, Oldrich 2000 : "Beethoven's Unsterbliche Geliebte. " [Beethoven's Immortal Beloved. 2—18. Riezler, Walter 1962 : Beethoven. First published in 1936 in German. Rolland, Romain 1928 : Beethoven the Creator. The Great Creative Epochs: I. From the Eroica to the Appassionata. [Beethoven. ] Transl. Ernest Newman. New York: Garden City. Schindler, Anton 1840 : Biographie von Ludwig van Beethoven. Biography of Ludwig van Beethoven. Brunsvik. Bonn: Beethoven-Haus. Also contains several letters by Josephine. " [New Documents about Beethoven and Josephine Countess Deym. 205—208. Bonn. " A Letter by Christoph Baron von Stackelberg to Josephine Brunsvik-Deym-Stackelberg. Bonner Beethoven-Studien, vol. 6, pp. 181—187. Solomon, Maynard 1972 : "New Light on Beethoven's Letter to an Unknown Woman. " The Musical Quarterly, Vol. 58, No. 4 Oct. , pp. 572—587. Solomon, Maynard 1988 : Beethoven Essays, chapter "Recherche de Josephine Deym". Cambridge, Mass. : Harvard University Press, pp. 157—165. Solomon, Maynard 1998 : Beethoven, 2nd ed. , New York: Schirmer 1st ed. 1977. Solomon, Maynard 2005, ed. : Beethovens Tagebuch 1812-1818. Beethoven's Diary 1812-1818. Bonn: Beethoven-Haus. Stadlen, Peter 1977 : "Schindler's Beethoven Forgeries", The Musical Times Vol. 118, No. 1613, pp. 549—552. Abstracts of Papers Read at the Meeting of the American Musicological Society, Sixty-Seventh Annual Meeting, 15—18 November, p. " Josephine Countess Brunsvik-Deym's Secret Revealed: New Results about her Relationship to Beethoven. 23—31. Steblin, Rita 2002 : A History of Key Characteristics in the 18th and Early 19th Centuries. 2nd ed. 1st ed. 1983. University of Rochester Press. Steblin, Rita 2007 : "'Auf diese Art mit A geht alles zugrunde'. A New Look at Beethoven's Diary Entry and the 'Immortal Beloved. " Bonner Beethoven-Studien, vol. 6, pp. 147—180. Steblin, Rita 2009 : "'A dear, enchanting girl who loves me and whom I love': New Facts about Beethoven's Beloved Piano Pupil Julie Guicciardi". Bonner Beethoven-Studien, vol. 8, pp. 89—152. " Beethoven's "Immortal Beloved": the Riddle Solved. 4—17. Steichen, Dana 1959 : Beethoven's Beloved. New York: Doubleday. New York: Pantheon. In German as Ludwig van Beethoven und sein Neffe. Eine psychoanalytische Studie. Munich 1964. Swafford, Jan: Beethoven: Anguish and Triumph. Tellenbach, Marie-Elisabeth 1983 : Beethoven und seine 'Unsterbliche Geliebte' Josephine Brunswick. Tellenbach, Marie-Elisabeth 1987 : "Beethoven and the Countess Josephine Brunswick. 41—51. 253—263. 119—127. Tellenbach, Marie-Elisabeth 1998 : "Psychoanalyse und historisch-philologische Methode. Zu Maynard Solomons Beethoven- und Schubert-Deutungen. " [Psychoanalysis and Historiocritical Method. On Maynard Solomon's Interpretations of Beethoven and Schubert. 661—719. Ein Beitrag zu seiner Biographie. A Contribution to his Biography. ] Die Musikforschung 4. Tenger, Mariam 1890 : Beethoven's Unsterbliche Geliebte. [Beethoven's Immortal Beloved. ] Bonn: Nusser. [Beethoven's "Immortal Beloved", Amalie Sebald: The Solution to a Much-Disputed Problem. ] Halle: Hendel. Thomas-San-Galli, Wolfgang A 1910 : Beethoven und die unsterbliche Geliebte: Amalie Sebald, Goethe, Therese Brunswik und anderes; mit Benutzung unbekannten Materials. [Beethoven and the Immortal Beloved: Amalie Sebald, Goethe, Therese Brunsvik and Others; Using Unknown Documents. ] Munich: Wunderhorn. Unger, Max 1910 : Auf Spuren von Beethovens Unsterblicher Geliebten. [Traces of Beethoven's Immortal Beloved. ] Langensalza. Walden, Edward 2002 : "Beethoven's 'Immortal Beloved': Arguments in Support of the Candidacy of Bettina Brentano". The Beethoven Journal, vol. 17, no. 2: pp. 54—68. Solving the Mystery. Lanham, Maryland: Scarecrow. 外部リンク [ ]• (PDFファイル 61 kB)• (PDFファイル).

次の