ピーター ラピース ラブスカフニ。 ピーター・ラブスカフニの年収やwiki経歴!彼女や奥さん(妻、嫁)はいる?【ラグビー日本代表】

ラブスカフニ経歴wikiプロフィール!筋肉画像や彼女についても調べてみた!

ピーター ラピース ラブスカフニ

すべてを終えた後に、その人柄がにじんだ。 ラグビー日本代表のピーター・ラブスカフニが10月2日、都内で会見。 ワールドカップ日本大会に参加する現チームの状態などについて語った。 2016年に南アフリカのプレトリアから来日したラブスカフニは、身長189センチ、体重105キロの30歳。 運動量と防御力が魅力のオープンサイドフランカーで、前向きな言葉でチームを引っ張るリーダーでもある。 今年の夏に日本代表資格(連続居住3年以上)を取得するよりも前から、代表候補群の軸と見られてきた。 9月20日に始まったワールドカップ日本大会ではここまで2戦で通算34本ものタックルを放ち、失敗は3本のみ。 トライを決めている。 続く28日の第2戦(静岡・エコパスタジアム)へはゲームキャプテンとして臨み、鋭い飛び出しでのタックルやジャッカル(接点で相手のボールへ絡むプレー)を連発。 この日の会見では、5日のサモア代表との予選プールA・第3戦(愛知・豊田スタジアム)へ決意を新たにする。 さらに離席時は、普段から人格者と称される所以がにじんだ。 以下、共同取材時の一問一答の一部(編集箇所あり)。 どう対応していくか。 「大会によっては同じようなプレーをしてくるチームと各週対戦することもあるが、その中でもそれぞれの色がある。 (その意味では)ワールドカップも一緒。 いい準備ができている。 我々が何をするかも把握しているし、そのための準備もしてきました。 しっかりと自分たちに焦点を当ててプレーしています。 そして、自分たちがプレーすることによって、対戦相手がプレースタイルを崩していつもと違うような戦いをしてしまうよう追い込めればいい。 「大きな戦いに挑む前に見るのにふさわしいシーンだと思ったので、見せました。 その前には堀川(隆延)コーチ(候補合宿などで指導)に来ていただき、モチベーションが上がるスピーチをしていただいた。 「リーチは素晴らしいリーダーです。 このチームにはアタック、ディフェンスなどの(それぞれの領域を担当する)リーダーグループがあり、私はブレイクダウン(接点)のリーダーとして彼をサポートしています。 それらをリーチが、全体的に仕切っています。 周りに刺激を与えられる素晴らしい人物です。 宮崎、網走(事前合宿)と、負担がどんどんのしかかりましたが、それに対し、リーダーシップグループでサポートしています。 リーチは、自分たちがベストを尽くせるような働きかけに重きを置いています。 そして選手たちがしっかりとしたパフォーマンスを出すことで、国全体が誇れるような存在になりたいと、常日頃、言っています。 今回はいいパフォーマンスをして、あるいはいいチームであることによって、子どもたちにラグビーを始めたいという気持ちになってもらう絶好の機会です。 そう全体を踏まえるとプレッシャーもありますが、リーチは優秀かつ刺激的なリーダーでもあるので、それに立ち向かっていけます。 「正直に言いますと、パシフィック・ネーションズカップ(夏の国際大会)もロシア代表戦もアイルランド代表戦も、同じような考え、意識で取り組んでいる。 あくまで自分たちにフォーカスを当て、準備がすべての鍵だと捉えています。 それはリーダーだけではなく、選手全員がそう思っています。 周りから見ると、リーダー陣にかかっているという風に思われそうですが、チーム全体としてファンの皆様たちが誇れるようなチームになりたいと思っている。 フィールド内外で、です。 日本代表のジャージィを着られること、誇らしく思っています。 こういう考えでリーダー陣として色々な取り組みをしている。 これで普段のミーティングがどんな雰囲気かは察していただけると思います。 あくまで次にフォーカスをしています。 サモア代表戦に向け、何が必要かに着目しています」 敬虔なクリスチャンでもある通称ラピース。 練習では具体的な声かけで仲間をリードする(自衛隊へ訪れて実施した歩行訓練では「まず、あそこの信号まで頑張ろう」)一方、インタビューでもファン対応でも笑顔を絶やさずない。 今回の会見後には、隣に座っていた通訳の佐藤秀典さんへも握手とグータッチをおこなう。 長らくチームに帯同して同種の業務をおこなう佐藤さんへ改めて謝意を示すあたりに、人柄がにじむ。

次の

ピーター・ラブスカフニの結婚した嫁(妻)や子供はいる?インスタ画像も気になる!

ピーター ラピース ラブスカフニ

プロフィール [ ]• ポジションは。 身長 189cm、体重 107kg• ニックネームはラピース。 に選ばれたことがある。 (2019年10月現在) 略歴 [ ] フリーステート大学 、、を経て、、に加入。 同年に行われたジャパンラグビートップリーグ第1節の戦に途中出場で日本での公式戦初出場を果たす。 1月にはの2018年に追加招集されたが 、同年5月には派遣期間終了のため、チームを離脱した。 に行われた戦にて先発出場で日本代表初キャップを獲得した。 また同年8月、の日本代表に選出された。 ワールドカップでは日本の全5試合に出場し、第2戦アイルランド戦と第3戦サモア戦ではに代わりゲームキャプテンを務めた。 出典 [ ]• 中スポ(2019年9月10日). 2019年10月15日閲覧。 ラグビー共和国(2016年5月18日). 2018年1月13日閲覧。 ジャパンラグビートップリーグ公式サイト. 2018年1月13日閲覧。 ジャパンラグビートップリーグ公式サイト 2016年5月18日. 2017年12月29日閲覧。 ジャパンラグビートップリーグ公式サイト. 2018年1月13日閲覧。 サンウルブズ公式サイト(2018年1月26日). 2018年1月26日閲覧。 サンウルブズ公式サイト(2018年5月6日). 2018年7月2日閲覧。 日本ラグビーフットボール協会. 2019年8月11日閲覧。 日本ラグビーフットボール協会(2019年8月29日). 2019年9月8日閲覧。 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]• この項目は、に関連した です。 などしてくださる()。

次の

ラピース・ラブスカフニがイケメン!国籍や年齢に結婚や彼女がいるか気になる

ピーター ラピース ラブスカフニ

『ラグビーワールドカップ2019日本大会(W杯)』で日本がアイルランドを撃破。 前回大会の南アフリカ戦に続く大物食いで再び世界を震撼させた。 自分たちの努力と信念が報われた勝利に 稲垣啓太選手は涙。 その稲垣選手に優しく肩を貸して笑いかけたのは、ゲームキャプテンを務めた ピーター・ラピース・ラブスカフニ選手だった。 どんな時でも気配りと優しさを忘れない男 アイルランドのキックがタッチラインを割った瞬間、日本の選手たちがベンチから飛び出してグラウンドに駆け寄った。 世界ランク2位で優勝候補の呼び声も高かったアイルランドに勝利。 自分たちの演じた大番狂わせに 選手たちは喜びを爆発させる。 普段は感情を表に出さない稲垣選手も男泣き。 過酷な合宿とテストマッチを潜り抜けてきた成果が最高の形で結実した。 肩を貸しながら何ごとか笑顔でささやく。 その姿に「今大会でラピース選手のファンになりました!!」「ラピース選手、プレイはもちろん円陣での声かけでチームをまとめている姿が印象的でした」「ラピース、素晴らしいキャプテンシーでしたね」などの声が寄せられている。 ラブスカフニ選手が所属するクボタスピアーズも、公式ツイッターで 「ラピース選手はどんな時でもチームメイトに気を配り、声をかける優しさとリーダーシップに溢れた男です」とその人柄を絶賛した。 日本の蒸し暑さに不慣れなアイルランドに対し、キックでの展開を封印してフォワード(FW)戦に持ち込んだジェイミー・ジョセフHC(ヘッドコーチ)の戦略を、 体を張って実行し続けた。 そのことが大方の予想を裏切る試合展開に繋がった。 c Getty Images 日本が用意した対アイルランドの二刀流 エディ・ジョーンズ前HCの下で南アフリカを破った前回大会からの4年間で、日本代表は方針を大きく転換して別のチームを作り上げた。 前回大会の日本は自分たちがボールを保持し、相手に渡さないことで守勢に回る時間を減らすポゼッションのチームだった。 それに対してジョセフHCは 相手ディフェンスラインの裏にキックを蹴る戦術に取り組んだ。 これは 『ストラクチャーからアンストラクチャーへの転換』と言われる。 相手のディフェンスラインが準備万端で待ち構えているところを抜くのは難しい。 それならディフェンスラインの裏にキックを蹴り、意図的な混乱状態(アンストラクチャー)を作り出して、 前線の混沌を自分たちのチャンスに変えてしまおうというのが狙いだ。 この戦術で重要になってくるのは2点。 相手の人数が少なく逆に自分たちは人数をかけられる場所へ 正確にキックすること、キックするということはボールを手放すことなので 素速く奪い返せるか。 ボール奪取できなければ、ただただ相手に攻撃権を譲渡しただけで終わってしまうリスクもある。 c Getty Images 一方のアイルランドはストラクチャーの国だ。 4年前の日本とアイルランドの違いは、相手の攻撃時間を減らすためにポゼッションした日本に対して、フィジカルが強いアイルランドは オーソドックスなラグビーで相手を征圧して得点できてしまうことに尽きる。 そのため今大会の日本対アイルランド戦には、 アンストラクチャー対ストラクチャーの戦いを予想する声が多かった。 ところが実際の試合が始まると、 日本はあまりキックを使わない。 フィジカルに絶対的な強みがあるアイルランドと真っ向から組み合い、互角に渡り合って35分のスクラムでは勝ってしまう。 ここで恐らくアイルランドは用意してきたゲームプランの多くが破綻した。 日本が予想されたアンストラクチャーなスタイルで来ず、絶対的な自信を持つスクラムやモールでも圧倒できない。 日本は磨いてきたアンストラクチャーをチラつかせながら、 スペシャルプランとの二刀流でアイルランドを混乱させた。 このゲームプランは FW陣の奮戦あったればこそ実現可能だった。 アンストラクチャーラグビーのために繰り返してきたボール奪取の練習、世界一のフィットネスを目指して嘔吐するまで鍛え上げてきた肉体が大一番で最高の結果を生んだ。

次の