もっくん 斎藤 道 三。 もってる!? モテるくん

「麒麟がくる」本木雅弘 斎藤道三の蝋人形と初対面「自分の分身のよう」「新たなエネルギーを」― スポニチ Sponichi Annex 芸能

もっくん 斎藤 道 三

概要 [ ] 「」()2006年春の号から同年秋の号まで3回シリーズで連載された後、「」(講談社)2007年2月号から2009年9月号まで連載された。 なお、同誌2009年5月号から同年8月号までは休載している。 その後「なかよしラブリー」2010年冬の号から2011年秋の号 「なかよしラブリー」最終号 まで連載された。 第1話は読切扱いだったが、その後増刊枠から本誌連載へと移行した。 2009年9月号をもって「なかよし」本誌での連載は終了、再び「なかよしラブリー」での連載に移行したが、その「なかよしラブリー」と命運を共にした。 基本的にはだが、気弱でを受けていたが、さらに嫌われ者である3人と出会うことで、彼らとともに自己実現を果たしていく物語でもある。 あらすじ [ ] 「の小川」ことは、たち(通称・極悪ツインテール軍団)によってパシリにされ、校内アンケート「パシられてる人」「ドジな人」「ヘタレな人」「逃げ足がはやい人」「いつもあやまってる人」「びくびくしてる人」「泣き虫な人」「友だちがいなさそうな人」の部門で1位になってしまった。 同じく「こわい人」部門で同率1位だった3人はいずれも斎藤姓で、「」と呼ばれている。 極悪ツインテール軍団の命令で小川は斎藤たちに絡んでしまったが、校内アンケート「友だちいなそうな人」同率1位の4人が揃ったのをきっかけに、協力して状況を改善しようということになる。 斎藤三人衆とチームを組んだことで小川への直接的ないじめは止んだが、こんどは陰口を言われるようになってしまう。 自分だけではなく斎藤たちまで侮辱されたとき、初めてツインテール軍団に反抗する小川。 「恐怖の斎藤三人衆」と呼ばれる3人と、パシリの小川が繰り広げる、ほのぼの友情系ストーリー。 登場人物 [ ] 主要人物 [ ] 小川 里央(おがわ りお)。 私立大江第一中学校の2年生。 身長145cm。 生まれ。 黒髪ので前髪を切り揃えていて、後ろ髪がウルフカット。 特徴的ながある。 ペット禁止のマンションに住んでいる。 小柄で可愛らしいがかなりので鈍感、普段は控えめでドジ。 実際は努力家で芯が強く、斎藤達の悪口を言った成田達を怒鳴り、大喜をバカにした中新田をはたくなど、しっかりした面も見せる。 料理が得意で斎藤達の弁当やおやつを作っていて、夢は自分の喫茶店を持つこと。 運動は苦手で普段も機敏な動きをするのは難しいようだが、一度保茂の薬で動きが速くなった事がある。 家族は両親と兄、病院嫌いな父方の祖父母がいて、全員にアホ毛がある。 祖父母の家にはジョルジュという凶暴な犬がいる。 ドラマ「道子」のファンで、ドラマの事を話し出したら一晩では足りないほど。 パシリを受けているときは気弱で泣き虫だったが、現在は自分の意見を主張できるようになった。 を無意識に発散する事があり、斎藤たちはこれに弱い。 大喜、仲良、保茂に想いを寄せられているが気付いていない。 大切な友達だと思っている。 度々暴走しがちな斎藤達を止めることの出来る数少ない人物であり、彼らの良き理解者でもある。 斎藤達によく告白されるが、なぜか告白の部分だけ聞こえていない為に気持ちは通じていない。 の存在を信じている。 初期設定では、外見での相違点は髪がストレートヘアで身長148cmだった。 初期プロットでは、名前が「 理央」で髪が。 恐怖の斎藤三人衆 [ ] 「こわい人」部門で同率1位の斎藤姓を持つ3人。 3人とも抜け駆けは禁止という暗黙の了解があり、小川が他の男子に言い寄られたりすると斉藤達は烈火の如く怒り、引き離そうとする。 初期プロットでは「恐怖の斎藤三人衆」が「サタン斎藤3人衆」であった。 斎藤 大喜(さいとう だいき) 中学3年生。 身長164cm 体重54kg。 生まれ。 あだ名は「 おおよろこび」(名前の読み間違いから)。 ・ピアスでの。 金髪にしている理由は、彼が10歳の時に見ていたヒーローアニメ「平和戦士キンパツマン」の影響。 髪は毎朝セットに1時間費やし、セットしていないとやや幼く見える。 短気だが根は優しく律儀。 短気な性格が災いしてか幼少期から他人に信じてもらえず小川、保茂、仲良と出会うまで「自分の人生はこんなもの」と、あきらめていたが現在はそう思っていない。 だが素直に反省するところがあり、持ち前の明るさで場を盛り上げるでもある。 だがその自覚はない。 将来の夢はになることなのだが歌唱力は無い。 小川に好意を寄せている。 初期設定は外見にいくらか違いがあり、ピアスが両耳に3つずつ(現在は1つ)、身長は165cm。 また、今よりも無難な髪型をしており、作者の曰く「このまま描いていれば楽だったのに…」。 初期プロットの名前は「総太(そうた)」。 斎藤 仲良(さいとう なかよし) 中学2年生。 身長175cm 体重62kg。 生まれ。 小川と同じクラス。 あだ名はなく、そのまま「 なかよし」と呼ばれる。 常にジャージ姿で、大柄で怪力。 前髪がかなり長い。 感情を表に出さないが、笑うと怖がられる(大喜曰く「妖怪」みたい)。 怪力で缶を簡単に潰し、壁に大穴を開けるほどのもの。 常にローテンションで「……」のつく話し方。 運動会が好き過ぎて暴走してしまうため、参加は自粛している(その姿を想像した小川、大喜、保茂は地獄絵図を想像した)。 小川が成田の企みで急遽リレーの代走者となってしまい、成田たちに妨害され苦戦していた小川に代わり、成田たちに対する怒りからリレーに出て一人でトラック5周も走り、見事小川や斎藤達のいる白組を優勝へ導いた。 夢は父の後を継いで大工。 小川と同じクラスでそれを利用して小川と二人きりになろうとする。 父が大工の腕を試したいという事で中国への引っ越し話が持ち上がるが、小川と斉藤達への思いを父にぶつけ父も納得、仲良の引っ越しは回避される。 その直後に母や妹も仲良が行かないからと中国行きを拒否し、父1人だけ中国に行くことになる。 初期設定は微妙に表情があり、なぜか冷や汗を流していた。 身長170cm。 「ダサくてコワい男」というイメージでつくられていた。 初期プロットの名前は「寛次郎(かんじろう)」。 斎藤 保茂(さいとう やすしげ) 中学1年生。 身長158cm 体重50kg。 生まれ。 AB型。 あだ名は「 ほも」(名前の読み間違いから)、「メガネ」。 天才肌で常に白衣を着用し、怪しげな薬品を他人に使いたがる。 13歳らしからぬ地に足のついた言動と理性的な性格の為、学校では浮いた存在。 先輩にも敬語を使わず、大喜とケンカしつつも、お互いに助けあう。 将来は医学関係の道に進むらしく、アメリカのクリオネ博士から声がかかっている。 ジュースや飲み物を三角フラスコで飲んだりすることも。 卵焼きが好物で犬が苦手。 ネコ科は平気だったがサーカスのライオンに噛まれたことによりネコ科もダメになってしまった。 誰に対しても厳しいが、小川には多少甘い。 初期設定は現在よりもさらに13歳らしくない。 口癖は「人の目を見て話したらどうなんだ」で、科学部(発明部)ただ一人の部員。 初期プロットの名前は「壱(いち)」。 私立大江第一中学校 [ ] 生徒 [ ] 成田 むつみ(なりた むつみ) 中学2年生。 身長155cm。 生まれ。 通称「成田チャン」。 斎藤達からは「 極悪」。 小川をパシリに扱うツインテール軍団のリーダー的存在(軍団の命名も成田の髪型に由来する)だったが、「なかよし」連載分からは単独行動が多くなる。 性格はとことん最悪かつわがままな。 ナルシストと思われる場面もある。 だがスカートの上にはぜい肉が乗っている。 ドラマ「道子」のオーディションでぜい肉があったせいで落とされて、レンナが通ったためレンナを嫌っているが、ドラマ「道子」は見ている。 また経営をK,Aと書き、壊れた石像の代わりに小川と斉藤達が身代わりになっていても気付かない、小川でさえ100点が取れた英語のリスニングテストで5点を取る等、頭は良くない。 小さい頃、トイレに一晩中閉じ込められた事がある為、かなりの。 新聞部所属。 副部長だが最近サボり気味。 新聞部部長の藤克之と手を組んで小川と斎藤たちを引き離そうとしているが、逆に斎藤達にやられて悲惨な目に遭っている。 かなり惚れっぽい性格で、優作くんや九太郎といった男子に惚れるが、いずれも振られている。 男といつも一緒にいるレンナや小川のことを嫌っており、小川をに使う。 だが、風邪をひいた小川にコートを渡す優しい一面を持つ。 藤 克之(ふじ かつゆき) 中学3年生。 身長165cm。 生まれ。 成田の所属する新聞部の部長。 納豆が嫌いな関西人(ただし関西弁でなく、標準語で喋る)で、斎藤たちには「 納豆部長」と呼ばれている。 成田同様、性格は最悪。 最初は斎藤達を学校から追い出す為に成田と行動していたが、現在は小川も巻き込んでいる。 普通の生徒には知られていない生徒会長の悪行も知っており、手に入れた情報に上乗せして改悪記事を載せることもある。 成田に幽霊マンションの取材に行かせる無茶ブリをしたり、都合が悪くなったら、成田を切り捨てるなど人望は薄い。 宰東 レンナ(さいとう レンナ) 中学3年生。 身長161cm。 生まれ。 通称「レンナさん」。 ドラマに映画、CMとマルチに活躍する超人気。 性格は強気だが少し打たれ弱い面もある。 小川の唯一の女友達。 ある騒動で小川に励まされたことをきっかけに自分のドラマのDVDをプレゼントしたり、小川を頼っているなど彼女のことを信頼している。 ある時は仕事が入っていたにもかかわらず自分は仕事を休み、代わりに小川に代役をさせ仕事に出させたことがある。 ドラマではデビュードラマにして「道子」という主役を演じており、最近では『プールサイド…。 』の主役を務めているが、ホラー映画の方を聞いた小川がショックを受ける。 サングラスに学ラン姿の厳ついがいる。 神奈 光央(かんな みつお) 中学3年生。 身長167cm。 生まれ。 AB型。 ロン毛、タレ目、決めポーズ、決め台詞などが特徴の絵に描いたような生粋の。 大江第一中学校の生徒会長。 通称「生徒会長」。 斎藤達からは「 キモナルシスト」と呼ばれている。 学校の人気者でモテモテ。 しかし実際は他人の手柄や名誉を横取りし、嘘によって現在の地位を手に入れた。 世間体を気にする性質で1票でも支持率が下がると激しく取り乱す。 小川を陥れ自分の支持率を上げようとしたが、斉藤三人衆に殴られて顔面が腫れてしまい誰だかわからなくなった。 書記である林を道具のように扱っていたが、林がしっかりした性格になった為、前ほど勝手が出来なくなった様子。 林 結城(はやし ゆうき) 中学2年生。 身長154cm。 生まれ。 大江第一中学校生徒会書記。 気弱な性格で引っ込み思案だが、根はしっかりしている。 生徒会長の言いなりで、まるで道具のように扱われていたが斎藤達に励まされてからはしっかりした性格になり、頼もしい人物になった。 教師 [ ] 千葉 流助(ちば りゅうすけ) 30歳。 身長170cm。 生まれ。 既婚者。 大江第一中学校の生徒指導教師。 公平を心掛けており、偏見はない。 田嶋 正(たじま ただし) 50歳。 身長173cm。 生まれ。 ちょびひげがある。 大喜の担任をしており、斎藤達を何かと目の敵にしている。 趣味は骨董品収集。 100歳の父がいる。 また、この名前は単行本のおまけページのキャラ紹介コーナーに載せる為だけに考えられた。 の第2話から登場している。 大江 ひろかつ(おおえ ひろかつ) 年齢不明。 身長は小川より低い。 生まれ。 通称「理事長先生」。 大江第一中学校の理事長。 優しそうな小柄の老人だが、怒ると怖いらしい。 理事長の家の入り口から玄関まで、尋常ではない段数の階段があり、それを登った小川と斉藤達はグロッキー状態になる。 因みに理事長はエレベーターを使っている。 イベント好きでプレゼントや贈呈品に自分の髪の毛で作ったをあげたがっていたが、評判はよくなかった。 その他 [ ] 斎藤 はるこ(さいとう はるこ) 市立床宮中学校3年生。 身長150cm。 生まれ。 AB型。 長い髪をにしている。 生粋のキャラ。 友人からは「はるりん」、「はるちゃん」などと呼ばれている。 小学校で大喜と同じクラスだった。 その当時から大喜のことが好きで、色々な勘違いから両想いだと勝手に思い込んでいたが、大喜からは名前さえ覚えてもらえず、うっとうしいと思われている。 大喜から「はるか」「はるひ」などと名前を間違えられている。 書誌情報 [ ]• 茶匡『小川とゆかいな斎藤たち』講談社〈〉全9巻• 2007年12月28日発行、(収録『なかよし』2007年6月号 - 10月号掲載、番外編『小川's first days』)• 2008年4月28日発行、(収録『なかよしラブリー』2008年冬の号、『なかよし』2007年11月号 - 2008年2月号掲載)• 2008年8月6日発行、(収録『なかよし』2008年3月号 - 7月号掲載)• 2008年12月27日発行、(収録『なかよし』2008年9月号 - 12月号掲載、番外編『小川 in thewar? 2009年8月6日発行、(収録『なかよし』2009年1月号 - 4月号、『なかよしラブリー』2009年秋の号掲載)• 脚注 [ ].

次の

【楽天市場】手作り燻製:燻製工房 風の道 楽天市場店[トップページ]

もっくん 斎藤 道 三

2020年の大河ドラマ「麒麟がくる」でも見どころの一つとなった長良川の戦いは、 斎藤義龍(伊藤英明)が父・斎藤道三(本木雅弘)を討ち取った戦いです。 斎藤道三から今を生きる我々への強烈なメッセージ。 国、都道府県、市町村、会社、家庭、いろんなレベルに当てはまる、人間の在り方。 心が震える。 今回は、親子が戦うことになった長良川の戦いについてご紹介します。 歴史に興味を持ったり、大河ドラマを楽しむ参考にしてください。 麒麟がくるが読めばすぐわかる記事については、こちらです。 斎藤家おさらい 年代もまちまち、 位置関係も大雑把じゃが、 なんとなく美濃斎藤家の内情、 織田家との相関図を掴んでくだされな! あくまで参考程度に、、 — 長井道利 岐阜城盛り上げ隊 nagaimichitoshi 斎藤道三()は、もともと名前は長井新九郎規秀と名乗っていましたが・・・・ 守護代の斎藤家を名乗り乗っ取りました。 そのご、道三は土岐家を倒すため織田軍と手を結びます。 土岐家当主・頼芸(尾美としのり)は、織田軍と手を結んでいましたが道三が結んだので近江 の六角氏に逃げます。 道三は、しばらくして家督を義龍()に譲りました。 孫四郎(長谷川純)と喜平次(犬飼直樹)をおびき出し倒すと、両社は、戦いに向けて準備 を始めます。 道三が、長良川の戦いで討ち死にすると義龍は范可と名乗ります。 范可は、中国で父親をやむを得なく殺したという意味です。 しかし、義龍は病気で亡くなります。 家督は、息子の龍興(たつおき)が付きましたが、すぐに大名として無くなってしまいます。 麒麟がくるでの斎藤道三の名言&名シーンをまとめました! 長良川の戦いとは 長良川の戦いは1556年に(本木雅弘)と(伊藤英明)が 争った戦いです。 【斎藤道三】「美濃の蝮」。 下克上の典型とされるが、油売りの話などの前半生は、父・新左衛門の事績とされる。 主君・土岐頼芸を追い出して美濃国を奪うと、対立する織田信秀と和睦し、娘・帰蝶を信長に嫁がせた。 最期は子・義龍に討たれた。 廃嫡される疑念から道三を討った。 義龍の母・深芳野は元々、道三が追い出した前主君・土岐頼芸の愛妾であった。 義龍は実は頼芸の子であったという説がある。 存命中は信長の美濃侵攻を許さなかった。 道三が伊勢へ送っていたのは、義龍を守るため。 義龍に怪我をさせたくなかったのです。 悪気はなかったのです。 しかし義龍は、それを父は自分を遠ざけようとしていると感じます。 義龍が成長し、道三は家督を譲りましたが、引退しませんでした。 道三は、(長谷川純)に名門家・一色家の家督を継がせました。 また、美濃の国を支配したり、守護代についたりしていました。 土岐頼芸()を追放して、尾張の国の大名・織田信秀() ・織田信長()と同盟を組んでいました。 さらに、嫡男・義龍に家督を譲ったもののまた孫四郎や喜平次(犬飼直樹)を跡継ぎに 押そうとしました。 そのことを知り義龍は、孫四郎や喜平次病気とうそをつきおびき出して殺してしまいます。 これらが原因で義龍と道三は戦うことになりました。 長良川の戦いが起こる前の道三と義龍の状況 斎藤道三の状況 道三は、義龍に家督を譲りますが息子の喜平次と孫四郎を殺され稲葉山城から大桑城 に向かいました。 さらに、明智の者や国衆・道三の近習を集めて鶴山に向かうと報告しました。 鶴山に向かい到着すると、軍を長良川の手前に出したといわれています。 そして、同盟者である尾張の国の当主・織田信長や帰蝶に援軍要請を送ったと最近の研究でわかって 来ています。 斎藤義龍の状況 義龍は、道三が稲葉山城から大桑城に移ったと聞き兵を集める準備を稲葉山城で行います。 また、味方を増やすため明智荘に味方に付くことを言いますが断られていました。 しかし、集まった軍は25000軍と言われています。 義龍は、国衆の大半を味方につけたのです。 道三と同じように義龍も、長良川に向かいました。 両者はこれから激突していくのです。 長良川の戦いの勝敗は?道三がなくなってからの斎藤家 25000の大軍の義龍と、2000弱の道三が激突したのは、長良川です。 明智光秀()は、斎藤義龍と戦うため道三の軍に加勢していました。 この時、は必死に戦っていましたが道三が討ち死にしたことを知り、 明智城に撤退していました。 竹中 重治…天文13年9月11日(1544年9月27日)誕生。 戦国時代から安土桃山時代にかけての武将。 初名は重虎、のちに重治。 通称は半兵衛(はんべえ)。 父は竹中重元、弟に重矩。 子に重門。 従弟に竹中重利(府内藩初代藩主)。 また、道三軍には信長の援軍が到着しようと尾張と美濃の境目まで来ていました。 道三軍は長良川の手前に出ますが、義龍の大軍を見て撤退します。 途中で織田信長()が援軍に駆けつけますが、 道三が義龍軍に敗れたことを知り、 信長は撤退しました。 ですが、義龍はこれを撃破。 義龍は、道三軍についた明智光秀や叔父の光安()、 さらに明智秀満(左馬之助・)などを攻めていました。 歴史では光秀が、越前に逃れると初めて鉄砲を握ったといわれています。 亡くなると子の龍興(たつおき)が家督をつぎますが、龍興に不満を持つものが増え、 これを好機に思い、信長が西美濃三人衆を寝返りさせます。 そして龍興は、逃亡します。 この信長との戦いに龍興が負けてしまったので、 大名の斎藤家は滅亡しました。 しかし、龍興はあきらめないで将軍・足利義昭(滝藤賢一)を三好長慶・三好三人衆とともに 攻めていました。 (本圀寺の変) 本圀寺の変については、こちらで詳しく書いています。 さらに、1573年8月に龍興は朝倉義景が織田信長軍を攻めると聞き加勢して攻めました。 しかし、龍興は織田軍に討ちとられてしまいます。 斎藤龍興 斎藤道三・浅井亮政の孫。 信長により家臣を調略され美濃を奪われる。 稲葉山城陥落後は長島一向一揆や足利義昭暗殺を図り本圀寺の変に参加し、信長に敵対し続ける。 朝倉義景に仕官するが刀根坂の戦いで織田軍に討たれる。

次の

麒麟がくる キャスト・出演者一覧リスト【NHK大河ドラマ】随時更新

もっくん 斎藤 道 三

2020年の大河ドラマ「麒麟がくる」でも見どころの一つとなった長良川の戦いは、 斎藤義龍(伊藤英明)が父・斎藤道三(本木雅弘)を討ち取った戦いです。 斎藤道三から今を生きる我々への強烈なメッセージ。 国、都道府県、市町村、会社、家庭、いろんなレベルに当てはまる、人間の在り方。 心が震える。 今回は、親子が戦うことになった長良川の戦いについてご紹介します。 歴史に興味を持ったり、大河ドラマを楽しむ参考にしてください。 麒麟がくるが読めばすぐわかる記事については、こちらです。 斎藤家おさらい 年代もまちまち、 位置関係も大雑把じゃが、 なんとなく美濃斎藤家の内情、 織田家との相関図を掴んでくだされな! あくまで参考程度に、、 — 長井道利 岐阜城盛り上げ隊 nagaimichitoshi 斎藤道三()は、もともと名前は長井新九郎規秀と名乗っていましたが・・・・ 守護代の斎藤家を名乗り乗っ取りました。 そのご、道三は土岐家を倒すため織田軍と手を結びます。 土岐家当主・頼芸(尾美としのり)は、織田軍と手を結んでいましたが道三が結んだので近江 の六角氏に逃げます。 道三は、しばらくして家督を義龍()に譲りました。 孫四郎(長谷川純)と喜平次(犬飼直樹)をおびき出し倒すと、両社は、戦いに向けて準備 を始めます。 道三が、長良川の戦いで討ち死にすると義龍は范可と名乗ります。 范可は、中国で父親をやむを得なく殺したという意味です。 しかし、義龍は病気で亡くなります。 家督は、息子の龍興(たつおき)が付きましたが、すぐに大名として無くなってしまいます。 麒麟がくるでの斎藤道三の名言&名シーンをまとめました! 長良川の戦いとは 長良川の戦いは1556年に(本木雅弘)と(伊藤英明)が 争った戦いです。 【斎藤道三】「美濃の蝮」。 下克上の典型とされるが、油売りの話などの前半生は、父・新左衛門の事績とされる。 主君・土岐頼芸を追い出して美濃国を奪うと、対立する織田信秀と和睦し、娘・帰蝶を信長に嫁がせた。 最期は子・義龍に討たれた。 廃嫡される疑念から道三を討った。 義龍の母・深芳野は元々、道三が追い出した前主君・土岐頼芸の愛妾であった。 義龍は実は頼芸の子であったという説がある。 存命中は信長の美濃侵攻を許さなかった。 道三が伊勢へ送っていたのは、義龍を守るため。 義龍に怪我をさせたくなかったのです。 悪気はなかったのです。 しかし義龍は、それを父は自分を遠ざけようとしていると感じます。 義龍が成長し、道三は家督を譲りましたが、引退しませんでした。 道三は、(長谷川純)に名門家・一色家の家督を継がせました。 また、美濃の国を支配したり、守護代についたりしていました。 土岐頼芸()を追放して、尾張の国の大名・織田信秀() ・織田信長()と同盟を組んでいました。 さらに、嫡男・義龍に家督を譲ったもののまた孫四郎や喜平次(犬飼直樹)を跡継ぎに 押そうとしました。 そのことを知り義龍は、孫四郎や喜平次病気とうそをつきおびき出して殺してしまいます。 これらが原因で義龍と道三は戦うことになりました。 長良川の戦いが起こる前の道三と義龍の状況 斎藤道三の状況 道三は、義龍に家督を譲りますが息子の喜平次と孫四郎を殺され稲葉山城から大桑城 に向かいました。 さらに、明智の者や国衆・道三の近習を集めて鶴山に向かうと報告しました。 鶴山に向かい到着すると、軍を長良川の手前に出したといわれています。 そして、同盟者である尾張の国の当主・織田信長や帰蝶に援軍要請を送ったと最近の研究でわかって 来ています。 斎藤義龍の状況 義龍は、道三が稲葉山城から大桑城に移ったと聞き兵を集める準備を稲葉山城で行います。 また、味方を増やすため明智荘に味方に付くことを言いますが断られていました。 しかし、集まった軍は25000軍と言われています。 義龍は、国衆の大半を味方につけたのです。 道三と同じように義龍も、長良川に向かいました。 両者はこれから激突していくのです。 長良川の戦いの勝敗は?道三がなくなってからの斎藤家 25000の大軍の義龍と、2000弱の道三が激突したのは、長良川です。 明智光秀()は、斎藤義龍と戦うため道三の軍に加勢していました。 この時、は必死に戦っていましたが道三が討ち死にしたことを知り、 明智城に撤退していました。 竹中 重治…天文13年9月11日(1544年9月27日)誕生。 戦国時代から安土桃山時代にかけての武将。 初名は重虎、のちに重治。 通称は半兵衛(はんべえ)。 父は竹中重元、弟に重矩。 子に重門。 従弟に竹中重利(府内藩初代藩主)。 また、道三軍には信長の援軍が到着しようと尾張と美濃の境目まで来ていました。 道三軍は長良川の手前に出ますが、義龍の大軍を見て撤退します。 途中で織田信長()が援軍に駆けつけますが、 道三が義龍軍に敗れたことを知り、 信長は撤退しました。 ですが、義龍はこれを撃破。 義龍は、道三軍についた明智光秀や叔父の光安()、 さらに明智秀満(左馬之助・)などを攻めていました。 歴史では光秀が、越前に逃れると初めて鉄砲を握ったといわれています。 亡くなると子の龍興(たつおき)が家督をつぎますが、龍興に不満を持つものが増え、 これを好機に思い、信長が西美濃三人衆を寝返りさせます。 そして龍興は、逃亡します。 この信長との戦いに龍興が負けてしまったので、 大名の斎藤家は滅亡しました。 しかし、龍興はあきらめないで将軍・足利義昭(滝藤賢一)を三好長慶・三好三人衆とともに 攻めていました。 (本圀寺の変) 本圀寺の変については、こちらで詳しく書いています。 さらに、1573年8月に龍興は朝倉義景が織田信長軍を攻めると聞き加勢して攻めました。 しかし、龍興は織田軍に討ちとられてしまいます。 斎藤龍興 斎藤道三・浅井亮政の孫。 信長により家臣を調略され美濃を奪われる。 稲葉山城陥落後は長島一向一揆や足利義昭暗殺を図り本圀寺の変に参加し、信長に敵対し続ける。 朝倉義景に仕官するが刀根坂の戦いで織田軍に討たれる。

次の