過分なるご厚情。 後日に伝えるお悔やみの言葉はどうする?手段ごとの文例も紹介!|終活ねっと

ビジネスお礼状【お中元・お歳暮】文例とポイント|1枚〜即日印刷プリントメイト

過分なるご厚情

香典返しの挨拶状には普段聞き慣れない言葉が使われています。 例文と共にその言葉の意味を理解すれば、挨拶状や礼状を自作する際にも役立ちます。 それぞれの言葉の意味 謹啓 (きんけい) 手紙の始めに書くあいさつ語。 つつしんで申しあげますの意。 敬白 (けいはく) 手紙などの末尾に用いる語。 謹啓と対。 過日 (かじつ) 過ぎた日。 先日の意。 過分 (かぶん) 分に過ぎた扱いを受けることやその様子。 謙遜して感謝を表す語。 愈々 (いよ-いよ) ますます、より一層。 尊家・御尊家 (そんか・ご-そんか) 相手を敬ってその家・家族をいう語。 -尊宅。 貴家 清祥・御清祥 (せいしょう・ご-せいしょう) 手紙文で、相手が健康で幸せに暮らしていることを喜ぶあいさつの語。 弔慰・御弔慰 (ちょうい・ご-ちょうい) 人の死を悼む気持ちや遺族を慰めること 厚志・御厚志 (こうし・ご-こうし) 情の厚い心。 手厚い心遣い。 相手の好意などに対していう。 懇篤・御懇篤 (こんとく・ご-こんとく) 心がこもっていること。 手厚いこと。 厚情・御厚情 (こうじょう・ご-こうじょう) 人情が厚いこと。 厚い情。 相手の気配りや思いやりの心を敬って言う場合などに用いられる。 拝眉 (はいび) 人に会うことを、その人を敬っていう謙譲語。 -拝顔。 それでは実際の例文をご覧ください。 謹啓 御尊家御一同様愈々御清祥のこととお慶び申し上げます 過日 亡父 次郎儀死去の際は御懇篤なる御弔慰と過分なる 御厚志を賜わり御厚情の程誠に有難く厚く御礼申し上げます おかげをもちまして忌明けの法要を滞りなく相営みました 早速拝眉の上親しく御礼申し上げるのが本意でございますが 書中をもって御礼かたがた御挨拶申し上げます 敬白 訳してみると以下のような内容になるでしょうか。 皆様方におかれましては、ますますお健やかにお過ごしのこととお喜びいたします。 先日の亡き父次郎の葬儀の際には、お心のこもったお悔やみと、十分すぎるほどのお香典をいただき、手厚いお心遣いに深く感謝いたします。 おかげさまで、忌明けの法要も無事に営むことができました。 すぐにでも直接出向いてお礼を申し上げるのが本当ではございますが、 この書面にて忌明けのご報告・お礼とかえさせていただきます。 香典返しの挨拶状には、手紙を書き慣れているという方でも普段使わないような言葉がたくさん使われています。 また、句読点(、や。 )を使わないのも特徴です。 句読点は本来、文字を読みやすくするため子供向けに使われ始めたとされており、正式な手紙(書面)で使用するのは失礼にあたるとされています。 高額の香典に対してお礼状を書く際にもこちらの内容で問題はありません。 というのも、相手によって内容を書き換えるのは大勢に対してお香典返しをするにあたり大変な負担になることもありますし、一般的な挨拶状の文章でその内容についても十分に満たされているからです。 もし、特別にお礼を述べたいということであれば、一言追伸としてオリジナルの内容を書き足してもいいでしょう。 また、お香典返しの時でなくとも、落ち着いてからお歳暮やお中元など別の機会でも感謝の気持ちを伝えることはできます。 最近は香典返しを購入するお店で無料で挨拶状を作成してくれるところもたくさんありますので、自分で文章を考えることは少ないかもしれませんが、その他の手紙などにも使える言葉もありますので覚えておくと便利です。 以下にご紹介するお店は利用状況に沿った内容で規定の文面以外にも対応してくれるお店ですので「少しこちらの思う文章とはニュアンスが違うんだけどな・・」というモヤッとしたところを解消してくれるのでおすすめです。 gifcon2 日本には様々な行事があり、そのすべてに"マナー"が存在していることはお気づきでしょうか? 誰が決めたとも分からない、この暗黙のルールのようなマナーについて、2005年から約10年間ギフト業界で企画・販売などを経験し、現在はその知識を元に主に冠婚葬祭の贈答マナーについてアドバイザーとして活動しております。 当ブログでは、特に振る舞いなどに配慮が必要な「弔事」における今さら聞けない一般常識をケース別にご紹介しています。 決してマナーに囚われすぎるのではなく、突然の出来事にも臨機応変に「大人の対応」ができる常識人を一緒に目指していきましょう。 com.

次の

後日に伝えるお悔やみの言葉はどうする?手段ごとの文例も紹介!|終活ねっと

過分なるご厚情

「ご厚情」の読み方と意味 「ご厚情」の読み方は「ごこうじょう」 「ご厚情」は <ごこうじょう>と読みます。 「ご厚情」の意味は「あつい情け」「心からの親切」 「厚情」の意味は、「厚いなさけ」「心からの深い思いやりの気持ち」となります。 「ご厚情」は「厚情」に尊敬を表す接頭語「ご」を付けた表現です。 「ご厚情」は 「目上の相手が深いなさけや思いやりを持っていること」を表します。 「ご厚情」は、相手に大事にしてもらった、親切にしてもらったことを示しています。 「ご厚情」はビジネスで目上の人の思いやりに感謝して使う語 「ご厚情」という言葉は堅い表現なので、日常生活ではほとんど使わないですよね。 「ご厚情」は基本的にビジネスシーンで目上の人の思いやりに感謝するときに使う言葉です。 ビジネスシーンにおける歓送迎会、送別会、納会、宴会など行事や年賀状、暑中お見舞い状などの挨拶以外にも、結婚式や就任セレモニー、祝賀会、葬儀など式典で使うこともあります。 「ご厚情」の使い方と例文 ご厚情を賜(たまわ)る 「賜る」は「もらう」の謙譲語です。 「ご厚情賜る」といった場合は 「相手のなさけや思いやりを受ける」という意味になります。 「ご厚情を賜る」は日常会話ではそんなに使いませんが、手紙やスピーチなど改まった場面で使うことが多いです。 「ご厚情を賜る」は「日頃から格別のご厚情を賜り〜」といったように、年賀状やお礼状でよく使われます。 主に感謝の気持ちを述べるときに使います。 例文 ・昨年中は並々ならぬご厚情を賜り、心よりお礼申し上げます。 ・今後とも変わらぬご厚情を賜りますようお願い申し上げます。 ご厚情の賜物 「賜物(たまもの)」は、 ・恩恵や祝福として与えられたもの ・あることの結果として現れたよいもの を意味します。 よく「努力の賜物」というように、良い結果・良いものを表します。 「ご厚情の賜物」といった場合は、「相手の親切心のおかげで現れたもの」という意味になります。 例文 ・当店は今年で開店10周年を迎えることができました。 これも皆様のご支援ご厚情の賜物でございます。 感謝いたします。 ・今回のプロジェクトが成功したのは、皆様のご厚情の賜物でございます。 一方ならぬご厚情 「一方ならぬ」は <ひとかたならぬ>と読み、「普通ではない」「並ひととおりではない」ことを意味します。 「一方ならぬご厚情」といった場合は 「並ひととおりではないご厚情」という意味になります。 「一方ならぬご厚情」は年賀状やお礼状などで使うことが多いです。 また、退職の挨拶にも使うことがあります。 退職の挨拶は、主に在職中のお礼の言葉を伝えます。 「一方ならぬ」は古めかしく、少々堅い表現なので、改まったメールや手紙でしか使いません。 例文 ・日頃より一方ならぬご厚情を賜り、厚くお礼申し上げます。 ・この度は、退職に際してお心のこもったご祝詞を頂戴し、誠にありがとうございます。 在職中は、一方ならぬご厚情をいただき、感謝申し上げます。 ご厚情に痛み入る 「痛み入る」には ・相手の親切・好意に恐縮する ・相手の図々しい様子にあきれる という意味があります。 基本的に「相手の親切・好意に恐縮する」といった意味で使います。 「痛み入ります」は、他人からの好意や親切に感謝しつつも、自分には(その親切が)もったいないと思い、胸が痛くなるほど申し訳なくなるということを表しています。 「痛み入ります」は目上の相手に対しての敬語として使われる言葉で、「謝罪」の気持ちではなく、あくまでも「感謝」の気持ちを表します。 「ご厚情に痛み入る」は相手のなさけに感謝しつつも、自分にはもったいないと感じ恐縮してしまうことを表します。 ・寛大なるご理解いただきました上に温かい励ましのお言葉まで頂戴し、ご厚情に痛み入ります。 ご厚情にお応えする 「お応えする」は「働きかけに対して、それに添うような反応を示すこと」を表します。 「要求に応える」「要望に応える」などと言いますよね。 「ご厚情にお応えする」といった場合は 「相手の親切心に応じる」という意味になります。 「ご厚情にお応えすることができるよう〜」「ご厚情にお応えすることができず〜」といったように使います。 相手の厚情に対して同意するか、もしくは断るときに使うことができる言い回しです。 例文 ・子猫の件ですが、すでに引き取り先が決まってしまったため、ご厚情にお応えすることができません。 大変申し訳ございませんでした。 ・わかりました。 ご厚情にお応えすることができるよう、精一杯頑張ります。 ご厚情に御礼/感謝/深謝 「ご厚情に感謝」といった場合は「相手の親切心に感謝する」という意味になります。 「深謝」は「深く感謝すること」を表していて、「お礼申し上げます」「感謝いたします」よりも丁寧な表現になります。 ただ「深謝」には「深くお詫びする」という意味でも使うので間違わないようにしましょう。 「ご厚情に感謝する〜」などは、何かいただいたことに関してのお礼としてよく使われます。 ・皆様のご厚情にお礼を申し上げたく、ささやかではありますが下記の通り宴会を催したく存じます。 ご厚情あふれるお言葉/ご祝辞/ご挨拶 「ご厚情あふれるお言葉」とは「相手の親切心がいっぱいに満ちた言葉」というニュアンスになり、相手からの言葉が励みになったときや元気付けてくれたときに使うことができます。 また結婚式やお祝いの席で「ご厚情」を用いられます。 「ご厚情」を使うことによって、相手への感謝の気持ちを示すことができます。 例文 ・この度はご厚情あふれる励ましのお言葉をいただき、深く感謝申し上げます。 ・この度は私どもの結婚に際して、お忙しい中ご出席をいただい上にご祝辞を賜り、ご厚情に感謝申し上げます。 「ご厚情」の使用上の注意点 上司には使うのが基本で、同僚・部下など同等・目下の者に使用するのは不自然 「ご厚情」の「ご」は尊敬を表す接頭語のため、基本的には目上の人に対して使います。 目下の人に対して「ご厚情」を使ってしまうと、改まりすぎてかえって失礼になってしまいます。 目上の人といっても、日頃からお世話になっている上司や取引先などへのメールや手紙で使いますが、日頃全くといって言いほどお付き合いのない人へのメールで使ってしまうと冷たい印象を与えてしまう可能性があります。 「ご厚情」を使う際には、相手によって使用しても良いか判断する必要があります。 「ご厚情」前後の言葉の意味が重複をしないように注意 「ご厚情」は、言葉自体に「思いやり」「親切心」「気持ち」という意味が含まれているため、同じ意味の言葉と使ってしまうと意味が重複することになってしまいます。 例えば、「ご厚情のお気持ち」「深いご厚情」「ご厚情心」「ご厚情な思いやり」といった使い方は全て誤りです。 「ご厚情」を使う際には、前後の言葉が意味が被っていないか確認してから使うようにしましょう。 「ご厚情」の類語とその例文 ご高配(ごこうはい) 「高配」は「他人への心配りや配慮」という意味です。 「ご高配」は 「他人の配慮の尊敬語」になります。 「ご高配」は主にビジネス文書や手紙などの挨拶文として用いることが多く、「ご高配賜りありがとうございます」といった形でよく使われます。 「平素は格別のご高配を賜り厚く御礼申し上げます」は挨拶の定型文として覚えておくと良いでしょう。 「ご高配」は「他人への心配り」を表しているので、自分のことに対しては使うことができません。 自分が相手へ心配りをしていることを伝えたい場合は、「最善を尽くす」や「鋭意努力する」と言い換えることができます。 「ご高配」は相手を敬う言い方なので、基本的に目上の相手や顧客に対して使う言葉で、自分よりも立場が下の相手には使いません。 例文 ・平素は格別のご高配をいただき、誠にありがとうございます。 資料をFAXにてお送りしますので、ご確認ください。 ・ここに謹んでご報告申し上げますとともに、これまでの皆さまのご支援ご高配に心より感謝申し上げます。 ご厚誼(ごこうぎ) 「ご厚誼」は「ごこうぎ」と読みます。 「厚誼」の意味は、 「心からの親しい付き合い」「手厚い親切」「深い親しみの気持ち」となります。 「ご厚誼」は、ビジネス文書やスピーチの際の挨拶や結びの言葉として使われることが多く、訃報や葬儀の際にも使うことができる表現です。 「ご厚誼」は目上の相手に対して使うことのできる言葉になります。 「ご厚誼」は、相手を敬い、日頃からお世話になっていることに対する感謝の気持ちを込めて目上の相手に対して使用する言葉です。 例文 ・皆様への日頃のご厚誼を謝しつつ、下記の通り忘年会を開催いたします。 ・どうか今後とも変わらぬご指導ご厚誼を賜りますようお願い申し上げます。 ご交誼(ごこうぎ) 「ご交誼」は「ごこうぎ」と読みます。 「交誼」の意味は、「交際のよしみ」「親しい交わり」「友人としての親しい付き合い」となります。 「ご交誼」は、年賀状や喪中ハガキの文中に使うことが多い言葉です。 「ご交誼」は親しくしてくれた感謝する場合、これからも親しい関係を続けることをお願いする場合に使う表現になります。 「ご交誼」は親しい間柄の相手や団体に向けて使うことができ、相手と友人関係である、上下関係がない場合に使うのが適切です。 「ご交誼」は親しい相手に使うのが一般的なので、目上の相手に使ってしまうと失礼に当たってしまいます。 例文 ・何卒末永きご交誼を賜りますようお願い申し上げます。 ・昨年中はひとかたならぬご交誼にあずかり、深く感謝申し上げます。 ご厚志(ごこうし) 「厚志」は「情の厚い心」「親切な気持ち」を意味します。 ビジネスシーンにおいて 「ご厚志」は、忘年会や新年会、歓迎会などで上司や主賓が幹事に渡すお金のことを指します。 このような場面では、主賓や上司が感謝や労いの気持ちを込めてお金を出してくれることがあります。 「ご厚志」はありがたく受け取り、幹事が会の挨拶で「ご厚志をいただいた」ということを報告するのが礼儀となっています。 例文 ・課長からご厚志をいただきました。 この場を借りてご報告させていただきます。 ご配慮(ごはいりょ) 「配慮」は「他人に対して心をくばること」という意味です。 「ご配慮」は 「相手の心遣いに対して感謝の気持ち」を表している言葉です。 「ご配慮」は相手の心遣いの感謝だけではなく、自分が気を配る場合にも使うことができます。 特に自分に対して使うとき、「気をつけます」ではなんとなく軽い感じがしてしまうので「配慮します」と言い換えると良いでしょう。 相手に「気をつけてください」「上手に対応してください」と言うことを伝えたいときは、 ・ご配慮願います ・ご配慮いただけますようお願い申し上げます などと使います。 「ご配慮」は目上の相手や顧客だけではなく、同等にも使うことができる言葉です。 例文 ・大変勝手を申しまして恐縮ですが、ご配慮願えませんでしょうか。 ・このたびの開店に際しましては、ご祝電とお花を頂戴し誠にありがとうございました。 いつもながらの温かいご配慮に、心より感謝申し上げます。 ご厚意(ごこうい) 「厚意」は「思いやりのあるこころ」「厚情」を意味しています。 「ご厚意」は「相手の優しく思いやりのある気持ち」を指していて、他人が自分に示してくれた気持ちのことを言います。 「ご厚意」は相手の親切心や気遣いのことを表しているので、「ご厚意を賜り」「ご厚意に甘えて」といったように、感謝やお礼をするときに使用することができます。 また、断る場合に「ご厚意」を使う場合は「せっかくのご厚意〜」といった形で使います。 「せっかく」という言葉は、相手の厚意や行動を起こそうとしてくれたことを認めながらも何かを断る場合に使用します。 「せっかくのご厚意ですが」と使うことによって、残念に思っている気持ちや遺憾の気持ち伝えることができるので、相手に不快な思いにさせることなく、やんわりと断ることができます。 例文 ・社員の皆様のご厚意によって、新しいプロジェクトが完成しました。 ・せっかくのご厚意ですが、私にはもったいないのでお断りいたします。 お気持ちだけでもありがたく頂戴したいと存じます。 ご愛顧(ごあいこ) 「愛顧」は「あいこ」と読みます。 「愛顧」は「目をかけて引き立てること、ひいき」を意味します。 「ご愛顧」は 「相手から贔屓にされること」を意味しています。 「ご愛顧」は元々芸人や役者がひいきしてくれるお客さんに対して使う言葉でしたが、そこから転用させ現在ではビジネスシーンで全般的に使用されるようになりました。 企業や法人側がいつも贔屓してもらっている顧客などに対して使います。 例えば「ご愛顧いただき~」「ご愛顧のほど~」「ご愛顧を賜りますよう〜」などの形で使います。 「ご愛顧」は、ビジネスシーンでは企業や法人(目下の存在)が顧客や取引先(目上の存在)に対して使います。 企業側が主体となって「ご愛顧させていただく」などとは使いませんので注意しましょう。 例文 ・平素より格別のご愛顧を賜り、誠にありがとうございます。 敬語表現にするには、「温情」に尊敬を表す接頭語「ご」つけて「ご温情」とします。 「ご温情」は「目上の人から受けた親切や思いやり、気遣い」を意味しています。 「ご温情」は感情についての意味合いが強いので、ビジネスシーンではあまり使用することのない表現ですが、手紙やお礼状などで多く使用されます。 「ご温情」は目下の人に使う言葉で、目下の人や同等には使用しません。 例文 ・今回頂戴した身に余るほどのご温情に心よりお礼申し上げます。 ・この度は思いもかけぬ皆様のご温情に触れ、感激いたしました。 皆様の励ましのお言葉をしっかり胸に刻み、これからも精進してまいります。

次の

「過分なお言葉」の意味と使い方は?類語や例文を教えて!

過分なるご厚情

スポンサーリンク 「過分なお言葉」の詳しい意味は? まず最初に 「過分なお言葉」の詳しい意味を見ていきましょう。 「過分なお言葉」は、「過分な」という形容詞で、「言葉」を丁寧にした「お言葉」を修飾した言い方です。 「過分」という熟語のうち、「過」という漢字は、しんにょうに「咼」という字から成り立っています。 しんにょうは形を表し、「咼」が音を示しています。 元来しんにょうは「行くこと」を表し、「咼」は不正なことを示します。 すなわち、行き方が正しい状態ではないことを示す字ということです。 これが転じて 「行きすぎる」、「やり過ぎる」という意味合いで使われるようになりました。 「過分」の「分」は「八」という字と「刀」から成り立っています。 もともと「八」は分けることを示しますので、この字は刀で何かを切り分けることを意味します。 ここから「区別」や「身分」、「分際」、「身の程」などを示すようになりました。 このことから「過分」は「身の程を過ぎた」という意味合いになります。 「自分の身分より、過ぎたことであり、釣り合わない」とか、 「身分不相応で、自分の立場や能力に適切な程度を越えている」といった表現です。 「態度そのものが不遜で、分をわきまえていない」、「僭越である」状態を示す場合もあります。 あるいは 「自分が思っているよりも、ものごとの量などが多い」といった際にも使用します。 「今回は過分なお手当をもらった」といった言い方です。 現在では、一般的に「過分」は、 「自分の本来の身の程に照らすと、分に過ぎた、良すぎる扱いを受けている」と、けんそんしながら、そうした行為をしてくれた相手に感謝する際に使う表現だといえます。 こうしたことから 「過分なお言葉」は、相手からほめられたり、ねぎらいの言葉などを受けた際に、 「自分には身に余ることです」と、へりくだって感謝を述べる言い方です。 スポンサーリンク 「過分なお言葉」の正しい使い方は? 次に 「過分なお言葉」の正しい使い方について見ていきましょう。 「過分なお言葉」は、前述のように、 相手から何かの良い、うれしい声かけなどをされた場合に、恐縮し、けんそんしながら感謝を述べる表現です。 やや文語的な言い方でもありますので、かなり立場や地位が上の相手や、顧客など敬うべき対象から、大変名誉な賞賛などをもらった際に、うやうやしく述べたり、使ったりするのが適切だといえます。 逆に言えば、気さくな関係での軽い感謝、ちょっとした気遣いに対するお礼などで使うのは、大仰すぎてふさわしくないので、使い分けには注意が必要です。 例えば旅行のお土産を渡した相手から、後日「おいしかったよ」とお礼を言われたときなどに、「過分なお言葉、」とは通常は返しません。 高い業績を挙げたことに対して表彰を受けたり、大きな契約などが完了して、顧客に大変喜んでもらえた場合など、ややかしこまった場面で用いる言い方だといえます。 また「過分」は「分を越えて良すぎること」を示しますので、反対に自分を貶めたり、さげすんだりされた場合に、相手を非難する場合の用例としては適切ではありません。 「過分なお言葉」の類語と例文を教えて? 最期に 「過分なお言葉」の類語と例文を見ていきましょう。 「過分なお言葉」の類語には次のようなものがあります。 身に余る(お言葉=以下、同)• 過大な• 過度な• 過多な• 存外な• 望外な• 大それた• 分外な 「過分なお言葉」の類語は以上のような言葉があります。 「過分なお言葉」の例文としては次のようなものが挙げられます。 このたびは過分なお言葉を頂戴し、誠に恐れ入ります。 さほどの事はしておりませんのに、過分なお言葉をいただき、この上ない喜びです。 そのように過分なお言葉を受け、身に余る光栄です。 「過分なお言葉」の例文をまとめておきました。 もし活用する場面が訪れたら是非、参考にしてみてください。 まとめ いかがでしたでしょうか? 「過分なお言葉」の 詳しい意味と正しい使い方、そして類語や例文について詳しくご紹介しました。 意味や正しい使い方を覚えて、相手にしっかりと伝わるように使いこなせるようになりたいものですね。 若い世代の人だとなかなか使う機会もないかもしれませんが、覚えておくといつか役に立つかもしれませんよ。

次の