ハイテク ac。 TRG1512 ACアダプタ

愛知ハイテクアスリートクラブ

ハイテク ac

製品名 TRG1512-A-24E13 ACアダプタ【DCジャック】 TRG1512-A-26E13 ACアダプタ【DCジャック】 TRG1512-A-62E13 ACアダプタ【先バラ】 商品コード 154-CN-015 154-CN-026 154-CN-019 入力 定格入力電圧 AC100~240V 入力電圧範囲 AC90~264V 入力周波数範囲 47~63Hz 入力電流 max. 5Arms(AC100V入力、最大負荷) 効率 typ. 0A リップル電圧 max. 120mVp-p max. 240mVp-p 立ち上がり時間 10ms(AC115V入力、最大負荷) 短絡保護 出力停止、短絡解除で自動復帰 過電圧保護 出力DC15. 型番 商品コード 製品名 備考 154-CN-015 TRG1512-A-24E13 ACアダプタ 154-CN-026 TRG1512-A-26E13 ACアダプタ 154-CN-019 TRG1512-A-62E13 ACアダプタ FAQ 一般的な製品導入前の検討方法はどのようなものですか。 製品導入前に、以下の手順でご検討されるお客様が多いです。 製品ページや、FAQで技術要件等を把握 に各製品カテゴリをクリックしてご覧いただけます。 製品ページの「カタログ・資料」タブより、 納入仕様書等の各種資料のダウンロードも可能です。 製品価格、納期等を確認 納期は、在庫状況により異なりますが、 通常2営業日~の出荷が可能です。 価格や納期詳細はお問い合わせください。 評価用の貸出機を利用して、実際の運用予定環境にて動作確認 ほぼすべての取扱製品について ご使用予定の環境で実際に運用可能かお試し頂くため、 最長2週間の無償お貸出を行っています。 機器設置に際して、サージプロテクタ(SPD)は必要ですか 雷サージなどの可能性が考えられる場合、耐障害性の観点からサージプロテクタを設置し、アースを接続して保護するべきと考えられます。 これはサージ保護デバイスのJIS規格においても、 各機器や保護デバイスが協調して動作することが重要である旨、再三にわたって強調されており耐環境性の製品といえども機器単体では十分な保護は難しい(サージプロテクタ無しで、信号線及び電源部からのサージは保護されない)からです。 一般的に通信用電子機器がサージ(ノイズを含む)の影響を受ける場合、通信断や機器の動作(一時)停止が発生し、最悪のケースでは故障に至ります。 弊社サポートにおいても、台風や大雨の後は、サージで故障した機器の修理依頼が顕著に増加します。 1 版 ————— 長期間評価用貸出機(デモ機)を借りることはできますか。 評価用貸出機の無償お貸出期間は 最長2週間となっております。 長期間のお貸出については別途有償レンタルとして対応しておりますので、弊社またはお買い上げの販売店にご相談ください。 機器修理期間中に代替の機器を借りることはできますか。 修理期間中の代替品や貸出機のご用意はいたしておりません。 別途、以下の有償サポート契約(先出しセンドバック保守)にて対応させていただいております。

次の

スタッフ

ハイテク ac

製品名 TRG1512-A-24E13 ACアダプタ【DCジャック】 TRG1512-A-26E13 ACアダプタ【DCジャック】 TRG1512-A-62E13 ACアダプタ【先バラ】 商品コード 154-CN-015 154-CN-026 154-CN-019 入力 定格入力電圧 AC100~240V 入力電圧範囲 AC90~264V 入力周波数範囲 47~63Hz 入力電流 max. 5Arms(AC100V入力、最大負荷) 効率 typ. 0A リップル電圧 max. 120mVp-p max. 240mVp-p 立ち上がり時間 10ms(AC115V入力、最大負荷) 短絡保護 出力停止、短絡解除で自動復帰 過電圧保護 出力DC15. 型番 商品コード 製品名 備考 154-CN-015 TRG1512-A-24E13 ACアダプタ 154-CN-026 TRG1512-A-26E13 ACアダプタ 154-CN-019 TRG1512-A-62E13 ACアダプタ FAQ 一般的な製品導入前の検討方法はどのようなものですか。 製品導入前に、以下の手順でご検討されるお客様が多いです。 製品ページや、FAQで技術要件等を把握 に各製品カテゴリをクリックしてご覧いただけます。 製品ページの「カタログ・資料」タブより、 納入仕様書等の各種資料のダウンロードも可能です。 製品価格、納期等を確認 納期は、在庫状況により異なりますが、 通常2営業日~の出荷が可能です。 価格や納期詳細はお問い合わせください。 評価用の貸出機を利用して、実際の運用予定環境にて動作確認 ほぼすべての取扱製品について ご使用予定の環境で実際に運用可能かお試し頂くため、 最長2週間の無償お貸出を行っています。 機器設置に際して、サージプロテクタ(SPD)は必要ですか 雷サージなどの可能性が考えられる場合、耐障害性の観点からサージプロテクタを設置し、アースを接続して保護するべきと考えられます。 これはサージ保護デバイスのJIS規格においても、 各機器や保護デバイスが協調して動作することが重要である旨、再三にわたって強調されており耐環境性の製品といえども機器単体では十分な保護は難しい(サージプロテクタ無しで、信号線及び電源部からのサージは保護されない)からです。 一般的に通信用電子機器がサージ(ノイズを含む)の影響を受ける場合、通信断や機器の動作(一時)停止が発生し、最悪のケースでは故障に至ります。 弊社サポートにおいても、台風や大雨の後は、サージで故障した機器の修理依頼が顕著に増加します。 1 版 ————— 長期間評価用貸出機(デモ機)を借りることはできますか。 評価用貸出機の無償お貸出期間は 最長2週間となっております。 長期間のお貸出については別途有償レンタルとして対応しておりますので、弊社またはお買い上げの販売店にご相談ください。 機器修理期間中に代替の機器を借りることはできますか。 修理期間中の代替品や貸出機のご用意はいたしておりません。 別途、以下の有償サポート契約(先出しセンドバック保守)にて対応させていただいております。

次の

スタッフからご挨拶|北海道ハイテクアスリートクラブ

ハイテク ac

北海道ハイテクノロジー専門学校(ほっかいどうハイテクノロジーせんもんがっこう)は北海道恵庭市恵み野に所在する専門学校である。 運営は学校法人産業技術学園(滋慶学園グループ)。 1988年恵庭市の支援を受けてバイオテクノロジー学科を開校。 以後学科数は13を数え、数多くの卒業生を輩出。 ハイテクは、「IT・バイオ・公務員分野」「医療・福祉・保育分野」13学科で構成されているのが大きな特徴。 恵み野の中心に校舎が集中し、現在で8校舎あり、ハイテクアリーナ(インドア運動施設)を併設。 北海道の中でも大きい総合専門学校で、在校生数は1300名を誇る。 各学科では最先端技術を学ぶため海外実学研修 海外研修 を実施。 特に陸上では日本初の屋内陸上トラック(インドアスタジアム)を備え、北海道ハイテクアスリートクラブ(略称ハイテクAC)の福島千里選手や寺田明日香選手などが所属している。 このトラックは体育の授業等でも使用されており、また一般利用も可能になっているため、地域の方々の利用も多い。 社会人入学生も在校生数の18. 北海道ハイテクノロジー専門学校 学校長 塩野 寛 社会が要求しているのは、どの分野であっても、共働していける人材です。 ですから、本校の教育は、一緒に仕事をしていける人間性を育てるために、「あいさつができる」「人と素直に話ができる・聞ける」といった基本的な人間教育から始めています。 個々 人に即したキメ細かな職業教育を理念とし、講義と実習を組み合わせて実習が終わる度にフォローアップを行い、身になっているかを一つひとつ確かめながら指 導にあたります。 独自の多様な「教育プログラム」で、学生一人ひとりをサポートするシステムも充実させ、常に教員が目を配っています。 目標とする国家資格 などは、徹底した指導で高い合格率を誇っていますが、万が一失敗した場合には卒業後もサポートを継続します。 就職に関しても非常に高い実績を持ち、各業界 で多くの先輩が活躍していることは本校の強みです。 学生の夢に十分に応える職業教育のシステムとスタッフがそろう本校で、学生生活を思い切り楽しんでほしいと思います。 1987年 9月 学校法人産業技術学園設立、北海道ハイテクノロジー専門学校設置を北海道知事に申請 1987年 12月 北海道知事により認可 学事第702号 1988年 2月 第1校舎竣工 1988年 4月 開校 生命工学技術科・医用電子科・人工知能科・秘書科の4学科を開設 1989年 4月 薬業科を開設 1989年 6月 第2校舎竣工 ピラミッド型実習温室竣工 1990年 4月 園芸工学技術科・情報処理科開設 1991年 4月 視能訓練士学科 厚生大臣指定学科 開設 1992年 1月 第3校舎竣工 1992年 4月 看護学科 厚生大臣指定学科 、救急救命士学科 厚生大臣指定学科 開設 1993年 4月 情報処理にゲームクリエイターコース、医療秘書科に医療福祉コースを開設 1994年 3月 第4校舎竣工 1994年 4月 保育福祉科 近畿大学九州短期大学と併修 を開設 1995年 4月 土木工学技術科 建設大臣認定 開設、視能訓練士学科が近畿大学九州短期大学との併修を開始 1996年 4月 救急救命士学科の定員を40名から50名に変更 1997年 1月 第5校舎取得 1997年 4月 救急救命士学科を3年制へ、さらに定員を50名から80名に変更 1998年 4月 ペットビジネス科・臨床工学技士学科 厚生大臣指定学科 ・歯科衛生士学科 厚生大臣指定学科 の3学科を開設 2001年 4月 歯科衛生士学科を男女共学に変更 2001年 11月 エコ校舎、第6校舎竣工 2002年 4月 柔道整復師学科 厚生労働大臣指定学科 、鍼灸学科 厚生労働大臣指定学科 を開設 救急救命士学科の定員80名から100名に変更 臨床工学技士学科の定員30名から40名に変更 2003年 4月 北海道エコ・コミュニケーション専門学校を開校 ペットビジネス科を北海道エコ・コミュニケーション専門学校開校に伴い移管 柔道整復師学科 厚生労働大臣指定学科 、鍼灸学科 厚生労働大臣指定学科 夜間部を開設 保育福祉科 精神保健福祉士コース開講 視能訓練士学科定員を30名から40名に変更 2003年 9月 第7校舎竣工 2004年 4月 歯科衛生士学科を3年制へ 診療情報管理士専攻科を開設 2005年 4月 情報システム科3コースより5コースに変更 2006年 4月 第8校舎竣工 インドア・スタジアム竣工、同時に北海道ハイテク・アスリートクラブ結成 義肢装具士学科 厚生労働大臣指定学科 開設 鍼灸学科卒業生編入学開始 アウトドア学科を観光サービス学科へ改称 北海道エコ・コミュニケーション専門学校 ペットビジネス学科にペットビジネス専攻科を開設 北海道エコ・コミュニケーション専門学校 2007年 10月 学生レストランをラ・デュース恵み野 介護付有料老人ホーム 内に開設 2008年 4月 バイオテクノロジー科4年制を開設 日本語学科を開設 北海道エコ・コミュニケーション専門学校 2008年 8月 北海道ハイテク・アスリートクラブより福島千里が北京オリンピックに日本代表として出場 女子100M 2010年 12月 インドア・アリーナ竣工 2011年 4月 スポーツ学科を開設 キャリアデザイン・コミュニケーション学科を開設 ペット学科を開設 北海道エコ・コミュニケーション専門学校 動物看護師学科を開設 北海道エコ・コミュニケーション専門学校 動物自然学科を開設 北海道エコ・コミュニケーション専門学校 2012年4月 北海道エコ・コミュニケーション専門学校が北海道エコ・動物自然専門学校に改称 北海道エコ・コミュニケーション専門学校日本語学科を、北海道ハイテクノロジー専門学校に移管 2012年7月 北海道ハイテク・アスリートクラブより福島千里がロンドンオリンピックに日本代表として出場 2013年4月 北海道ハイテクノロジー専門学校スポーツ学科、柔道整復師学科、鍼灸学科の3学科が北海道メディカル・スポーツ専門学校として分離独立 2013年7月 バイオテクノロジー学科実習室をリニューアル 2014年3月 北海道ハイテクノロジー専門学校11学科が文部科学省より「職業実践専門課程」に認定 2014年4月 北海道ハイテクノロジー専門学校バイオテクノロジー学科(4年制)が動物科学科に改称 本校が指定管理者となり子育て支援施設「フーレめぐみの」開設.

次の