泉水 みちる。 【泉水みちる】代表作・出演作品は?所属事務所や大学などについても調査!

「声優の所感」泉水みちるの大学や事務所は?キャラ役や代表作は「ブレンダンとケルズの秘密」│デイリーローズ

泉水 みちる

前髪が目にぶっ刺さってるから切りたい。 「顔がいい」以外の感想はいらん。 — みちる Michiru sensuimichiru 安心感のような実家。 新年初入域にゃん🐈 — みちる Michiru sensuimichiru 声優をやめるのがもったいないくらいの美人ですね。 泉水みちるの年齢は? また、泉水みちるさんの年齢は、 上のプロフィール欄にありますように、 1996年10月2日生まれの、 現在24才です。 まだまだ全然若いので、 頑張り次第でいくらでもやり直しが効く年齢ですよ(おっさんの所感) 底辺声優の所感とは? 【ご報告】 わたくし、泉水みちるは2020年1月31日をもちまして、株式会社オブジェクトを退所致しました。 同時に芸能活動から離れることを決めました。 これまでの暖かいご声援、本当にありがとうございました! 歩く道は変わりますが今後は学問の道に邁進し、これからも自分らしく生きたいと思います。 — みちる Michiru sensuimichiru 泉水みちるさんは、 2020年1月31日をもって所属していた事務所を退所され、 ご自身のnoteに 「底辺声優の所感」と題する文章を公開して話題になっていますね。 一部を引用します。 声優を辞めた。 わたし、泉水みちるっていいます。 わたしのことを知っている人間はどれくらいいるだろうか。 たぶん、100人もいない。 ……いや、50人もいないかも。 声優になろうと決めて活動をはじめたのが当時高校生の2013年、デビューしたのは二十歳で2016年。 知っているだろうか。 日本の若者が夢をあきらめる平均年齢は24歳。 … 以下続く 引用: 長文のため割愛しますが、 声優の現実が切々と語られています。 興味のある方は是非直接リンク先へ。 スポンサーリンク ネット民の声 今回の件に関してネット民の声を一部集めてみました。 もし今追っている夢が叶わなかったとしても、そのためにやっていたことはまた違う道に進んだとしても絶対に無駄にはならない。 君たちは若いんだから、と大学教授に言われたのを思い出したな。 何かを成し遂げられる人っていうのは向き合って逃げ出さなかった結果です。 向き合えなかったらそこで試合終了。 厳しいけどそういう世界なので仕方ない。 逆にこう考えてください。 楽に誰でもなれるのだとしたらタレントって価値がないですよね。 — たかみゆきひさ takamiyukihisa 中には厳しい意見もあるようですが、 応援してくれている声も多いですね。 まとめ おらよ — みちる Michiru sensuimichiru 今回は泉水みちる せんすい みちる さんのwiki風プロフィール、 顔画像や年齢は? 底辺声優の所感とは? 等々について書いていきました。 声優を辞めて大学の教員を目指すそうですが、 是非こんどは夢をかなえてほしいですね。 最後までお読み頂きありがとうございました。

次の

Wikipedia

泉水 みちる

泉水みちるさんが声優を諦めた理由 ブログには泉水みちるさんが声優を諦めた理由はいくつか書かれている。 まずそれを見ていきたい。 声優を目指すことに疲れた まずは声優を目指すことに疲れたということを「 消耗戦」という言葉を使って書いている。 オーディションのためにバイトを休まざるを得なかったり、演技以外でも特技を身につけるために色々な習い事をしたり、ということに疲弊したと語られている。 また 声優の「キャラクター化」にも触れて キャラ作りはタレントにとってよくあることであろう。 しかし、それによってタレント本人の人格や思想が抑圧されてはいないか?「こういうキャラで売っているから」と、本人が「キャラの奴隷」と化していることはないか? と声優のキャラ作りに対して警鐘を鳴らしている。 声優の場合はオタに好かれるキャラクターというのは大抵決まっていて、代表的なのはポンコツ、ぼっち、百合などだろう。 オタクと同じ属性を持っていることをアピールすることで親近感を感じてもらい、ファンを増やす営業手法である。 だけど最近は、花守ゆみりや藤田茜などの例が挙げられるが、声優の方からアイドル性を否定することも増えてきており、声優のキャラクター化に関して 一時期のような画一性や奴隷化はないように感じている。 最近はむしろ思ったことを素直に表現する声優の方が好まれているようにすら思う。 習い事に関しては門外漢の私が言うのもなんだが、本末転倒というか、それをして本当に意味があるのだろうか。 ただ泉水みちるさんの特技は文才だったのではないかと思った。 ブログの記事は読みやすいし、長い文章でも読ませる力があると感じた。 最近はコラムや小説を書く声優もいるので、アピールする場があれば武器になったような気もするのだが。 次の文章はすごく共感してしまった。 そして、もうWikipediaでいろんな声優を調べて「この人は〇歳でデビューしたから自分もまだ大丈夫だ」という確認作業をしなくてもいい。 あの作業はなんだったんだろう。 自分とその人たちは、生まれた年(社会情勢)も家庭環境も性格も所属事務所も得意な役柄も経験も能力もなにもかも違うのに、ただデビューした年齢や役をつかんだ年齢ばかりを気にしていた。 そんなことで、いちいち安心したり嫉妬したり不安になったり、本当に不毛な時間だったと思う。 でも、なにか確証がほしかったのだ。 「まだ大丈夫」という証拠、保険、担保が。 それがまったく無意味だとわかっていても、すがった。 精神衛生を保つために。 私も無駄な行為だと分かっていながら、似たようなことをついやってしまう。 自分に可能性がまだあると信じていたい気持ちがそうさせてしまうのだろう。 資金不足 他には 声優活動にはお金が必要だったことも挙げられている。 レッスンやワークショップやイベントのチケットノルマなど様々な出費があり経済的な不安があったと語られている。 また声優として売れたとしてもいつまで続けられるかの心配がつきまとっていたらしい。 ブログにも書かれているが、声優は金持ちの息子や娘の趣味のような側面は実際ある。 声優の自宅写真などを見ると、みんな金持ちだなあと思うし、声優には社長令嬢や著名人の子供も多い。 それはダメになる可能性が高いから、命綱がある人しか飛び込みにくいためだろう。 ただ声優に限らず、実力勝負の仕事はどれもその側面はある。 芸能に限らずスポーツ選手だって同じで、才能がなければそれまでの努力や投資が無駄になる。 ただその代わり、売れたときの稼ぎや名声は一般的なサラリーマンとは比べ物にならない。 ハイリスクハイリターンな職業を選んだのだから仕方がないとも言えなくはない。 ただ最近の養成所ビジネスなどは醜い。 声優としてデビューできる可能性が限りなく低いのに甘い言葉で誘うような養成所や専門学校も存在していて、声優志望の人にはちゃんと調べて進路を選んでほしいとつくづく思う。 金銭だけでなく、先日も声優の卵にいかがわしい行為を迫った社長が逮捕されていた。 泉水みちるさんの新たな夢 正直なところ、ここまでの内容であれば別にバズらなかったのではと思う。 話題になっているのは、実はこの先の方が大きいのかもしれない。 泉水みちるさんは、声優を辞める準備のために大学に通うことにした。 社会人入学を目指したが年齢が低すぎて、まず短大に入学し、その後四年生大学への編入を考えているらしい。 そして短大で勉強するにつれ、学問は楽しいと感じ、現在は研究者を目指しているようだ。 問題はここである。 私の意見を書こうと思うが、私の経歴も書かずに一方的に書くのもアンフェアだと思うので、ブログでははじめて書くけど、一応私もPh. を持っていて、今は(少し私の場合は特殊な立場なのだが)研究者の下っ端をしている。 私は理系なので、心理学専攻のことはそんなに詳しく知らない。 だけど研究者、ましてや文系の研究者は(たぶん声優よりも)圧倒的に厳しいと思う。 理系のアカデミックも厳しい。 ほとんどの人は途中で諦める。 ただそれでも、理系は私のような人間もまだ一応しがみつけているので、きっと文系に比べたらましな方なんだと思う。 文系の博士課程は破滅への道と言われる。 その上にアカデミックに残ろうと思ったら、並大抵の努力では無理だ。 「研究者になれたらいいなあ」くらいの考え方では路頭に迷う羽目になってもおかしくない。 また給料も少ない。 芸能界はハイリスクハイリターンと書いたが、 研究者はハイリスクローリターンだ。 本当に好きな人じゃないと残るべきじゃないと思う。 私も本気で雀の涙ほどのお金で糊口を凌いでいる。 アカデミックに残れても、声優を目指していた頃のように貧窮に悩まされると思う。 結婚に一切興味がないというのは研究者に向いているかもしれないが、率直に言って、一年勉強して楽しいなと思っただけで目指すには、あまりに高い山だと思う。 申し訳ないが、高尾山にハイキングした人がいつかはエベレストに単独登頂すると言っているような印象しか受けなかった。 もちろん研究者を絶対に目指すなというわけではないし、彼女には絶対無理だと言うつもりもない。 でも 声優を上記の理由で諦めた人が目指して大丈夫なのかなという気持ちが老婆心ながら湧いてきてしまった。 たぶん彼女も茨の道であることを認識しているとは思うので、ただのクソ意見かもしれないが、まあ私も「所感」ということで感想を書かせてもらった。 引用元は『』から.

次の

Wikipedia

泉水 みちる

Sponsored Links 泉水みちるが声優を引退した理由は? 泉水みちるさんは、20歳でデビューした 2016年から声優として活動していましたが 代表作などに恵まれないまま、 2020年1月31日をもって声優を引退しました。 話題となった には、 泉水みちるさんが引退を決意するまでの経緯や、厳しい声優業界の現状と心情が切々と書かれており、多くの人の胸を打ちました。 長文なので、お時間のある方は上記サイトをクリックしご覧ください。 「底辺声優の所感」に書かれている内容の概要は以下のようなものです。 「 諦めなければいつか売れるかもしれない」と頑張り続けていた泉水みちるさん。 しかし、声優が万一駄目だったときの「保険」として通い始めた「短大」で気持ちに変化が表れ 声優を辞めようと決意するに至りました。 声優が最優先事項であり、その目的のためなら 短大は最低卒業できればいいわけで、 成績は二の次でいいはずなのに いつしか短大での成績にこだわり 本業のはずの「声優の仕事」が、サブでやっているはずの「短大の勉学」を阻害している、と感じるようになってしまったという 自己矛盾に気づき、 「なにかがおかしくなってきている」と気づいたという泉水みちるさん。 その自己矛盾の違和感をきっかけに、「声優をやめよう」と決意した「 複合的な理由」について、以下のように述べています。 1.消耗戦となっていた現実に疲れた 2.経済的な問題 3.声優の「保険」であったはずの学歴が及ぼした思いがけない影響 これらをひとつずつ、みてみます。 1.声優は消耗戦 (声優にこだわりすり減らす毎日に)疲れた。 疲れた。 もう、疲れたのだ。 わたしは気づいたのだ。 もはや、消耗戦になっていることに。 「辞める」と決めたら、一気に気が楽になった。 「声優」を最優先にするために、生活の糧である アルバイトを、本業(声優)の急なオーディションや現場のために休まなければならない。 このために、バイト先に穴をあける事の申し訳なさを抱え続ける。 そしてまた 声優として売れるために求められる プラスアルファ(一芸や容姿など)を付け焼刃で身につけるために時間やお金を費やす不毛さ。 こうした日々の格闘を、泉水みちるさんは「 消耗戦」と表現しており 来るかもわからない「自分向きの仕事」 のために、周囲に不都合を生じ、自己を消耗し続ける不毛さに疲れたと言っています。 2.経済的な問題 声優をやるため、声優として売れるようになるため、芸を磨くために習い事にいくお金。 舞台やライブに出たらチケットノルマがあり、売れ残ったら自腹。 容姿の管理のためにもお金を使う。 そして、声優の仕事をするには東京に拠点を移す必要があり、 上記の出費に加えて、東京での生活費、家賃・・・と、半端でないお金がかかる。 これを、アルバイトのわずかな時給でまかない、賄いきれなければ、頼るのは実家、借金・・・ 声優がうまくいかなかったなら、その後、キャリアと学歴のない自分が収入を得られるのか・・・という不安。 こうした経済的不安が、常に頭にあったといいます。 泉水みちるさんは、幸い実家に恵まれこれまで声優業を続けられてきたようですが、実家に、いつ終わるとも知れない負担をかけ続ける事もずっと気になっていたようです。 3.声優の「保険」であ ったはずの 学歴が及ぼした思いがけない影響 「万一、声優として大成できなかったときの準備」として、大学に通う事を決めた泉水みちるさん。 「 社会人入試」なら、 小論文と面接のため、今からでも可能だと考えましたが 社会人入試は、 25歳以上が対象。 そうして、無事 短大に合格した泉水みちるさんですが 短大で新しい知識や視点を得る中で、自分の状況や社会について考えるようになり 「夢を追う時間は終わったのだな」 と気づいたと言います。 わたしはいつしか「夢を追う人」から「夢に追われる人」になっていた。 「声優」という「夢」が、いつか夢が現実になることを願ってがむしゃらに追い続けていたけど いつの間にか、声優という仕事以前のものをやりくりすることに追われ、埋もれてしまっていた。 そして、当の「声優業」は、結局どうにもできなかった、という現実に 勉学に励む中で客観視した結果、悟ったのですね。 泉水みちるさんは、ご自身の結果を「誰のせいでもなく、事務所にも感謝している」としつつ 水面下で頑張っている 下積み中の人々への社会の冷たさと不寛容さを指摘し、 「 誰もが自由に、理不尽な何かに苦しまず夢をめざせる社会であってほしい 」 と訴えています。 精いっぱい頑張り、向き合い続けたからこそ出る言葉であり、泉水みちるさんのnoteが多くの人の心に響いたのだと思います。 Sponsored Links 泉水みちる(声優)の通っている短大は? 泉水みちるさんは現在短大に通っているということですが noteには短大の大学名の記載はなく、不明でした。 今後は、大学へ編入予定で 声優に変わるあらたな目標として、ということです。 大学教授は、大学院の修了が前提ですので、大学卒業後は、大学院への進学も視野ということですね。 研究予定テーマはわからないのですが、ご自身の経験は教鞭をとる上で武器になると思いますし、元声優の「声のいい教授」、話題性としてもよいですね。 noteの文章からも、深く考え洞察する力もおありだとお見受けしました。 泉水みちるさんが将来教鞭をとられる日を願っております!.

次の