きらら ノンフィクション。 地下アイドル(きらら)は性同一性障害で借金も抱える【ザ・ノンフィクション】

ザ・ノンフィクションしっくりくる生き方、きらら(12月12日)をみました。

きらら ノンフィクション

芸能人の不倫が大きなスキャンダルとして取り上げられる昨今、「どうしたらそんな生活ができるの? 」「女同士の嫉妬はないの? 」「子供たちはどう思ってるの? 」…などなど、次々に疑問がわいてくるが、実際にその姿を見てきた番組スタッフは何を感じたのか。 日本語で「複数愛」と置き換えられ、男性1人&女性1人のカップルや夫婦が当たり前という考え方に対し、1人が複数の人を好きになることを肯定する人たちだ。 そういうことから、ポリアモリーの人たちに興味を持ちました」という榎本D 以下同。 まずは、東京にあるポリアモリーのサークルを調べていた中、「私の先輩が、今回取材したお父さんの西山嘉克さんを知っていて、つないでもらったのが事の発端です」と経緯を明かすが、さまざまなポリアモリーの人々をリサーチする中で、西山さんを取材対象に決めた理由は「次元の違い」だという。 「自分がポリアモリーであることをオープンにしていない人が多いんですね。 何度も伺ったんですが、お父さん1人、お母さん1人に子供がいるっていうのが幸せな形だと思われているけど、そうじゃなくても彼らが幸せなら、他人がとやかく言うことではないと思って。 それだけに、最初は「ゆかりさんが、今の状況を受け入れているというのが信じられないし、『絶対我慢しているはずだ』という先入観で西山家に行ったんです」というが、実際に対面して取材を始めると、「ゆかりさんは達観してるというか、そこの次元にいないんです」と感じたそう。 「『本当に嫉妬はないんですか? 』って何回も聞くと、『ないですよ』って言うんですけど、それが無理してる感じがしないんです。 今の形になるまで、話し合いやケンカはしたそうなんですけど、子供たちの存在が大きいんだと思います。 自宅出産で、お互いのお産を手伝っていることもあって、自分が迷ったり後悔したりしたら、好きな人の相手である裕子さんが生んだ命に対して失礼だという気持ちを持っているんです」 また、嘉克さんが裕子さんとまだ男女の関係にならず、好きになってしまった時点で、率直な気持ちをゆかりさんに打ち明けたことも大きかったようだ。 「ゆかりさんが『自分の気持ちを隠すよりも、言って相談してくれたほうが、自分の理想の夫婦の形』ということを言っていたんです。 予めご了承ください。

次の

アメトーーク「ザ・ノンフィクション芸人」で紹介していた神回をまとめてみた!

きらら ノンフィクション

【2019年8月4日放送の感想】"62歳のシングル女性が築60年ほどのボロボロのアパートに暮らしながら、お金に困っている人達が住める格安のシェアハウスの経営をしました。 3年前まで彼女が区議会議員をしていた頃のお金をシェアハウスの経費として使っていましたが、議員って本当に儲かるのだなと、つくづく思いました。 貧困や行き場のない女性の味方だと全面に出していましたが、再度選挙に出ると決めたシーンでやけにしらけてしまいました。 意地悪なわたしは「再び選挙に出るためのパフォーマンスとしてシェアハウスを始めたのね」と冷ややかに観てしまいました。 女が1人で生きることは大変だと理解は出来ますが、長く生きていれば嫌な垢も付きますが、わたしは彼女の生き方に賛同出来ないと強く思いました。 正直不快でした。 "(女性40代) 【2019年8月11日放送の感想】いつも見終わった後気分が悪くなるのに、つい見てしまう。 親の犠牲になっている子供がかわいそうだ、本当に。 空回りしてしまう新しい父親は仕方ないと思う。 大家族を養うのも大変だし、血の繋がりのない大きくなってしまった子供との関わり方は難しいと思う。 ただすぐに怒鳴るのは間違っているが。。 それよりも離婚を繰り返し、子供を産むだけ産んで、高校の学費まで子供に負担をかけようとした母親。 父親の愛情を知らないんじゃなくて、母親がちゃんと母親の役割を果たせてない、愛情をかけてやってないと思う。 いい加減、自分のことをミナと言うのをやめて欲しい。 子供みたいにすぐに泣いて、ヒステリーになるのをやめて欲しい。 (女性40代) 【2019年10月13日放送の感想】好きな事だけして生きて行く。 誰もがそうでありたいと思って生きている。 でもそれが現実的ではなく理想としているから、どこかに属して嫌な事も我慢して仕事している。 シェアハウスを運営し自分の気の赴くままに生きている人がいて、それを知った同じ思想の若者達がまたそこに集まって暮らしている。 皆、仕事をせずにゲームやパソコン、料理とそれぞれバラバラの生活。 こんな事が成り立つ時代になってしまっている。 なんだか悲しくなった。 現実逃避にしか思えない。 運営者を慕う19歳の少年が全く同じ道を選択し、シェアハウスの経営者となっていた。 若さゆえなのか。 チャレンジ精神は良いと思うが、働きたくない。 とかそんな理由で社会から逃げて自分が楽しいと思う事だけをやって生きていて良いのか。 この少年の今後が心配になった。 (女性50代) 【2020年5月10日(日)放送の感想】獣医師さんもですが、ボランティア団体の方もすごい、私も犬猫は、飼い、昔は、妹が犬猫ウサギといろいろ拾ってきてかい育てましたので、気持ちは、わかります、特に猫の捨て猫は、うちにも猫がいるため、困ります、うちのには、避妊をしてありますが、野良猫同士で春になると困ります、そもそも最初にすてた人がいるからなのに、今堕胎猫の手術してますが、なぜ飼い猫なのに避妊しないのでしょうか、堕胎しようとしてたのに、生まれた猫、死んでるのもいた、どうするか画面でもみてられない、ボランティアのひとも、見られないでしょうね、飼い主の人いらないなら、なんでと腹たつ、新しい飼い主見つかるとよいですね、(女性50代).

次の

地下アイドル(きらら)は性同一性障害で借金も抱える【ザ・ノンフィクション】

きらら ノンフィクション

きらら 地下アイドル のプロフィール 年齢、出身、本名など それではまずはきららさんのプロフィールについて、簡単にご紹介したいと思います。 — ねたろう cQxPGoKcnpEOn4Y きらら(地下アイドル) 本名 大浦忠明 年齢 38歳 or 39歳 出身地 埼玉県 学歴 芝浦工業大学卒 きららさんは、2016年の7月にフジテレビで放送された、 「だから、アイドル。 ~TOKYO不思議の街の住人たち~」にも出演されており、当時大きな反響を呼んだそうで、今回のノンフィクションはその続編という事になるようです。 昨年の番組当時で年齢が38歳との事でしたので、現在は39歳になっているかも知れませんが、詳しい生年月日に関しての情報はありませんでした。 きららさんは厳しい両親の教育の元に育てられ、芝浦大学を卒業後、企業に就職され、技術者として働いていたそうです。 しかし20代前半には、自分の心は女性であり、 性同一障害である事に気付いたきららさんは、喉仏を切除したり、豊胸サプリメントを使用されるようになります。 厳しい両親はそんなきららさんを認めてはくれず、 勘当され、やがて職も失ったきららさんは自殺未遂をした事もあったそうです。 さらには借金450万円を抱え、食事もろくに取れない生活に。 そんな最中にきららさんが見つけた生きがいとなる場所が、 地下アイドルのステージでした。 きらら 地下アイドル の貧乏な理由 借金や食生活について きららさんは数年前までは解体業のアルバイトで、日当7000円を稼ぎながら生活していました。 お昼ごはんは周囲の目があるという理由で白米を詰めた弁当( しかし白米のみ!)、家ではなんと 鳥の餌であるくず米を主食にしていました。 人が良いきららさんは、知り合いに450万ほどを貸してしまい、結局その相手には逃げられ、現在もその借金を肩代わりして返済中との事なんです。 きらら 地下アイドル の生き方や現在 昨年放送された「だから、アイドル。 ~TOKYO不思議の街の住人たち~」では、ライブで 「大ケガをしたサンタクロース」を演じた2週間後、解体工事の現場で転落し、自らが大怪我を負ったというきららさん。 今回のノンフィクションでは、その後のきららさんの1年半の暮らしぶりが放送されるようです。 — ねたろう cQxPGoKcnpEOn4Y.

次の