ツイッター 乗っ取り。 アカウントが乗っ取られた場合のヘルプ

ツイッターで大規模乗っ取り オバマ氏もベゾス氏も被害:朝日新聞デジタル

ツイッター 乗っ取り

[ロンドン/ニューヨーク 16日 ロイター] - 著名人のツイッターアカウント乗っ取り事件では、12万ドル相当の仮想通貨ビットコインを受け取ったハッカー集団が「デジタルフットプリント(デジタルの足跡)」を残したとみられ、捜査の手掛かりになる可能性がある。 ブロックチェーン(分散型台帳)分析会社3社がロイターに明らかにした。 身元不明のハッカー集団は15日、政治家といった著名人のアカウントを乗っ取り、それを通じてビットコインを一連のデジタルウォレットに送金するよう求めていた。 米Chainalysis社はロイターに対し、ビットコインを集約するために利用されるデジタルウォレットはこれまでのところMSP(マーチャントサービスプロバイダー)を含む暗号通貨関連企業とつながっており、捜査当局を支援する可能性がある手掛かりだと指摘した。 広報担当者のマディー・ケネディ氏は「彼らは顧客確認手続きを有するサービスプロバイダーとやり取りしており、捜査当局は背後にいる人物を探し出すのにこれらサービスプロバイダーと協力することが可能だ」と説明。 これ以上の詳細については明らかにしなかった。 ツイッターはコメントを避けた。 米連邦捜査局(FBI)からは今のところコメントを得られていない。 ビットコインではユーザーは個人の身元を明かすことなく資金の受け渡しが可能だ。 ただ、その行動はブロックチェーンに記録される。 違法なビットコインについて、取引所や身元確認が必要な暗号通貨決済会社をたどることで捜査当局は犯罪容疑者を突き止めることができる可能性がある。 英Elliptic社のトム・ロビンソン氏は「ビットコインでは、ブロックチェーンに何らかの手掛かりを残すことなく取引することは非常に難しい」と指摘。 今回のハッキングで使用されたウォレットの1つは過去に取引所と取引したことがあるという。 0 : 0• narrow-browser-and-phone• medium-browser-and-portrait-tablet• landscape-tablet• medium-wide-browser• wide-browser-and-larger• medium-browser-and-landscape-tablet• medium-wide-browser-and-larger• above-phone• portrait-tablet-and-above• above-portrait-tablet• landscape-tablet-and-above• landscape-tablet-and-medium-wide-browser• portrait-tablet-and-below• landscape-tablet-and-below.

次の

米ツイッター乗っ取り 政治家や富豪ら被害

ツイッター 乗っ取り

米短文投稿サイトのツイッターで15日、多数の米著名人のアカウントが乗っ取られる事件が発生した。 交流サイト(SNS)は利用者の増加にともないトラブルも増えており、総務省も注意を呼び掛けている。 ただ、今回は公式アカウントが悪用されており、利用者が偽の投稿を見抜くことは難しい。 事業者側のセキュリティー対策の強化が求められる一方で、利用者も常に危険が隣り合わせだという意識を持ち、投稿内容に不自然な点があれば関わらないといった自己防衛が重要だ。 今回のアカウント乗っ取りについてツイッターは、従業員の不注意などに付け込んで管理者情報を漏洩(ろうえい)させてシステムを乗っ取る手法がとられたと公表した。 サイバー攻撃に詳しいEGセキュアソリューションズ(東京都港区)の徳丸浩代表取締役は「乗っ取りの規模は前例がないほど大きいが、伝統的な攻撃だ」と分析する。 管理者の個人情報を盗んで、本人になりすましてシステムに侵入する手口は「ソーシャルエンジニアリング」と呼ばれる。 何らかの方法でパスワードを直接盗み見るといった手法も含まれる古典的な手口だ。 ただ、ツイッターのような巨大システムに侵入するのは容易ではなく、徳丸氏は「単純な攻撃でもない」と指摘する。 著名人や企業をかたる偽アカウントも存在するため注意が必要だ。 だが、今回のように著名人の公式アカウントが乗っ取られた場合、一般人が偽りの投稿を見抜くのは困難だ。 徳丸氏は「不自然な投稿には、まず深呼吸して、何もしないのが正解」と話す。 SNSをめぐっては、IDやパスワードなどの個人情報が抜き取られ、金銭をだまし取られるといった被害が後を絶たない。 各サービスでは、パスワードのほかに臨時の暗証番号を入力する「2段階認証」を導入するなど対策に追われているが、完全な防御策があるわけではない。 総務省サイバーセキュリティ統括官室の担当者も「友人に無差別に迷惑メールを送るアプリなどもある」と指摘。 信頼できる人からでも、怪しい内容を含む投稿には注意するよう呼びかけている。

次の

Twitter(ツイッター)アカウントの乗っ取りとは。確認方法と原因、対処法まで徹底解説

ツイッター 乗っ取り

youtube〜〜〜)が送られてくる というものです。 見知らぬユーザーから送られてくるのではなく、 フォロワーのアカウントから送られてくるケースが多いようです。 しかも、フォロワーが自分の意思で送っているのではなく、そのフォロワーが被害にあって 「勝手に」送られているのがやっかいですね。 DMへの対処法• メッセージを開かない• URLを開かない このふたつの対応を徹底してください。 とにかく何も開かない! 削除しようともしなくて良いです。 もうメッセージがきていることにはかわりないのでそのままにしてください。 これをすることで、 被害の拡大を防げるのでぜひとも行ってほしいなと思います。 とりあえず乗っ取り対処法 ? ・アプリケーションソフトの方でTwitterする 写真の赤線の手順にそってする。 (1)まず『設定とプライバシー』をタップ (2)『アカウント』をタップ (3)『アプリとセッション』をタップ (4)見覚えのないログインを確認 『アプリとセッション』のページの下方に、このアカウントにログインした履歴がのっています。 青い線の部分は、現在の端末なので削除しないでください。 その次、つまり 2つ目以降のログインを確認してください。 見覚えのないログインを見つけたら、それをクリックします。 (5)『表示された端末からログアウト』をタップ 見覚えのないログインをタップすると以下の画面になりますので、『表示された端末からログアウト』をタップします。 (6)ログアウトする ログアウトしてください。 これで完了です。 見覚えのないものは 全部ログアウトしましょう。 【乗っ取り対処】 今回の「ONLY FOR YOU」に限らず、 意図しないツイートなどが勝手にされている場合、 ほとんどが「アプリ連携」の問題です。 もし、DMが勝手に送られている方は、 画像の方法で解決できると思います。 画像1枚目 :PCブラウザからの方法 画像2・3枚目:スマホからの方法 — 残念系ネガティ部@DMみない zannenknegative その方のツイートを参考に、アプリの連携を削除してください。 わからないという人は、 実際にやってみたので参考にしてください。 (1)まず『設定とプライバシー』をタップ (2)『アカウント』をタップ (3)『アプリとセッション』をタップ (4)アプリ連携を確認 『アプリとセッション』のページ上方に、この アカウントと連携されているアプリが表示されます。 この 連携されているアプリを削除します。 このアプリ連携によって乗っ取りDMが送られてきている可能性があり、他人にDMを送ってしまう可能性もあります。 どうしても連携を削除したくないというものがあれば別ですが、 特にこだわりがなければ全て削除してください。 その場合、削除したいアプリをタップします。 (5)『アクセス権を取り消す』をクリック 削除したいアプリをタップすると以下の画面になります。 『アクセス権を取り消す』をタップします。 (6)取り消されたことを確認 『アクセス権の取り消しを元に戻す』という赤文字が出てくれば、 正しく解除できていますのでこれで終了です。 「 英語でわからない」という方、この画像をよく覚えるか観ながらやれば、 同じようにページが進んでいくので正しくできると思います。 (1)パスワードの変更 (2)メールアドレスを一時的に削除 (3)電話番号を一時的に削除 この3つのうち、 (1)のパスワードの変更は必ずしたほうがよいです。 削除して 数日間様子をみて、勝手にツイートされる、知らない人をフォローしているなどの 不審な動きがないことを確認できたら、再度、電話番号とメールアドレスを設定すると良いと思います。 まとめ ツイッター上での乗っ取り被害は、あっという間に広がってしまいます。 乗っ取られることで個人情報が盗まれるという心配もありますので、冷静に対応して被害の拡散を最小限にくいとめましょう。

次の