大 下 容子 実家。 大下容子の『家族』~結婚はまだ?実家は病院?兄は医者だった!

大下容子のカップや美脚の画像!かわいい衣装のブランドはどこの?

大 下 容子 実家

【 第3回 】大下容子君 テレビ朝日・アナウンサー 大下 容子 1970年 広島市生まれ 1989年 広島大学附属高等学校卒業 1993年 慶應義塾大学法学部法律学科卒業 同年 テレビ朝日入社 1994年~1996年 『Jリーグ A GOGO!! 』レポーター 1998年10月~現在『ワイド! スクランブル』メインキャスター 2002年1月~現在 『SmaSTATION!! 』サブ司会 平日お昼は『ワイド! スクランブル』、土曜の夜は『スマステ』と週6日生番組出演という民放キー局アナウンサーとしては異例のハードスケジュールをこなす名実ともにテレビ朝日の看板アナウンサー。 【テレビ朝日・女性アナウンサー一覧サイト】 生い立ち 「私は、広島生まれの広島育ち。 中学・高校時代はバレーボール部に所属していました。 とにかく元気いっぱいのスポーツ少女でした 笑。 」 「たまに広島に帰った時は、やっぱりお好み焼きとか食べますね。 実家は広島で内科医院をやっておりまして、今は兄が跡を継いでいるんですけど。 」 「その実家のお向かいに『すーちゃん』という小さなお好み焼き屋さんがあって。 それこそ地元のおばちゃんが一人でやっているような。 そこがまたほんとに美味しいんですよ。 だから、私にとってのザ・お好み焼きは 『すーちゃん』なんです 笑。 」 学生時代は? テニスサークル『フォーエバー』の合宿で 「学生時代は22時門限という女子学生会館に住んでいましたので、意外とまじめな学生生活を送っていました。 やっぱり思い出と言えばテニスですね。 」 「『フォーエバー』というテニスサークルに入っていました。 当時はもう本当にテニスに夢中でしたね。 とにかくスポーツが好きだったので。 4年生まで続けましたから。 サークルのみんなと 神宮球場に慶早戦の応援にも行ったりもしましたよ。 」 テニスに熱中していた頃 卒業アルバムより 「宮島ゼミは思い出深いですね。 いまだに何人かの女子とは連絡取り合ったり、たまに会ったりしていますし。 本当にいい仲間に恵まれましたね。 」 「そういえば、法律学科のゼミナール委員会にも入っていました。 私は総務担当で実はあんまり何もやってなかったんですけど 笑。 みなさん元気かな?」 卒業アルバムより 「実は最初は、アナウンサー一直線という訳でもなかったんです。 アナウンサー養成所とかにも通っていませんでしたしね。 だから、金融とかメーカーとか業種を問わずOB・OG訪問したりしていました。 」 「実際、少し早めに始まっていたテレビ朝日のアナウンサープレ採用では最終選考まで進んだものの、結局一度落ちちゃってるんです。 」 「そのプレ採用の過程で仲良くなっていた(後に同期入社となる)丸川珠代(参議院議員、東京オリンピック競技大会・東京パラリンピック競技 大会担当国務大臣)さんは先に受かってて。 」 「そうこうしているうちにだんだん本気でアナウンサーを目指してみようかなという気持ちが強まってきて。 それから自分なりにちゃんとアナウンサー採用試験の準備に取り組んでみようと思ったんです。 」 卒業アルバムより 「で、幸運なことに何とかテレビ朝日のアナウンサー採用試験に合格することができたんです。 」 「1993年入社組としては、丸川珠代さんの他に、坪井直樹君、角澤照治君がいて。 坪井君、角澤君は同じ慶應出身ですよね。 新人4人中3人が慶應の同期なんて珍しいかも。 たまたまなんでしょうけどね 笑。 」 卒業後は? 「テレビ朝日にアナウンサーとして入社してすぐの新人研修で広島訛りを指摘されまして。 自分としては大学時代の4年間を東京で暮らしていたので、すっかり標準語が板についていると思っていたんですけど。 」 「1分間のフリートークで20箇所もアクセントの間違いを指摘されたりとか。 それからしばらくは、アクセント辞典を肌身離さず訛りの矯正に必死でした 笑。 」 「私は、スポーツが大好きだったので、入社当初からスポーツ番組のレポーターを志望していました。 私たちが入社した1993年と言えばちょうど『Jリーグ』が開幕した年でしたしね。 」 「スポーツ番組を担当したいと言い続けていたら、翌年1994年4月から始まった『Jリーグ A GOGO!! 』という番組でレポーター役を担当させていただけることになったんです。 98年にはサッカー・ワールドカップのフランス大会、2000年にはシドニー・オリンピックにも現地レポーターとして行かせてもらいましたし。 本当に幸運でした。 」 「そんな中、1998年に平日の情報・ワイドショー生番組『ワイド! スクランブル』の司会を仰せ付かることになりまして。 それから気付いたら19年間ずっと担当させていただいております。 結構長いですよね。 」 「2002年1月からは土曜夜の生放送番組『SmaSTATION!! 』(スマステーション!! 、通称:スマステ)も担当させていただくようになりました。 当時すでに平日お昼の生番組を担当していましたので、私もびっくりだったんですけど。 この番組も気付いたら16年間、メイン司会の香取慎吾さんの横で楽しく続けさせていただいております。 」 「基本毎朝4:30に起きています。 6:00前には出社して、一応新聞全紙に目を通したり、朝の番組を見たり、メールをチェックしたりとか。 で、一度朝7:00に会社近くのスポーツクラブに行ってストレッチとかで身体を整えたりしています。 」 「で、会社に戻って8:30から番組の打ち合わせをして、いよいよ11:25から13:45までが『ワイド! スクランブル』の生放送です。 放送終了後に反省会をして、14:30頃にお仕事終了って感じですね。 」 「毎日22時には寝るように心がけていますので、平日の午後はあまり出歩くこともせず。 プライベートで時間が取れるとしたら、唯一金曜日のお仕事が終わってから土曜日の『SmaSTATION!! 』までが少し余裕があるくらいでしょうか。 お休みは日曜日1日だけなので、自宅でゆっくりするようにしています。 」 これからは? 「これからは、ワークライフバランスも大事にしていきたいですね。 どんな仕事でも同じだと思いますが、アナウンサーとしてはとにかく健康管理を大事にしています。 気力も体力もなるべく一定に保つこと。 帯番組では毎日同じテンション、スタイル、顔つきで視聴者の皆様の前に出られるよう気をつけています。 そのためには心身ともに健康でいることが大切ですからね。 」 93同期のみなさんへ 「卒業してあっという間に25年が経ちましたね。 みなさんそれぞれに充実した時を過ごして来られたと思います。 各方面でのみなさんの活躍が私の励みにもなっています。 」 「慶應義塾には素敵な同期の仲間がたくさんいて本当にありがたいです。 あらゆる分野で活躍している同期が助け合って、ますます充実した時を過ごして行けたらと思っております。 みなさん今後ともどうぞよろしくお願い致します。 」 【 編集後記 】 『ワイド! スクランブル』の生放送を終えた後の貴重な時間を割いて頂いた。 彼女は、局アナとしては異例とも言える週6日生番組を長年続けている。 それには並外れた自己管理能力が必要だろうし、きっと自分に厳しい人であるに違いない。 しかし、話している間ずっと私を含め同席したメンバー一人ひとりに気を配ってくれている彼女の仕草や気品が印象深かった。 おそらく仕事現場でも周囲の関係者すべてに自然とそうしているのだろう。 彼女は、テレビ番組で見る大下容子とまったく変わらない気配りと気品に満ちた大人の女性であった。 整備されたデータは改めて慶應義塾に戻され、今後の三田会の活動に役立てられますので、今すぐ名簿システムにログインして塾員情報を更新ください。 ご協力お願い致します。

次の

大下容子タン実録

大 下 容子 実家

大下容子 プロフィール 『大下容子ワイド!スクランブル』へ。 お昼の伝統番組が4月からタイトル変更 — 芸スポ魂 pegasus1008seiy 生年月日:1970年5月16日 年齢:48歳 血液型:A型 身長:160cm 趣味:旅行 出身:広島県広島市南区 高校:広島大学附属高等学校(偏差値75) 最終学歴:慶應義塾大学法学部法律学科(偏差値70) 大学卒業後の1993年4月1日にテレビ朝日に入社し、 アナウンス部に所属されます。 大下容子アナといえば以下2番組が真っ先に頭をよぎります。 』 特にスマスタでは香取慎吾さんと17年間番組を務め、 最終回での挨拶にはみなさま感動したはずです。 平成ニッポンのヒーローは誰か・・・ 大下容子アナはこう答えています。 「 SMAP です。 平成を代表する国民的グループだと思うからです」 ワイド! スクランブルは1998年から20年以上もの間、 司会を務めており、2018年10月からはメインMCに就任しています。 上京して26年経ちますが、地元広島県への想いは全く忘れていません。 好きな言葉は・・・最善を尽くす 大下容子の生い立ち 広島県広島市南区出身の大下容子さん。 父親は医師免許を持ち開業医でした。 父親の名前は 大下賢龍さん、母親は 大下美芽さんです。 病院名は、 『医療法人社団 大下医院』という病院です。 実の兄も医者である。 兄の名前は 大下祐一さんで、 スマステでは香取慎吾さんと英会話対決をされています。 大下容子さん自身は理系が苦手だったため医者になることは断念しています。 ご近所さんには、 吉田拓郎さん(ミュージシャン) 木村和司さん(元サッカー選手) 森島寛晃さん(元サッカー選手) の名前を挙げられています。 高級住宅街に住まわれていたことは間違い無いでしょう。 学生時代はバレーボールやらテニスなどをされていたそうです。 好きなTV番組は『ザ・ベストテン』 黒柳徹子さんのような司会者を夢見ていたのかもしれません。 ちなみに上京して広島弁が抜けず、 アナウンサーとしてはかなり苦労されたエピソードを持たれています。 あんなに美しいのになぜ?? 実は大下容子さんは、 長い間ほとんど休みなく働いております。 人気アナウンサーであるが故、致し方ないのかもしれません。 これまでの頑張りが世間でも評価されており、 2016年〜2018年まで3年連続で好きなアナウンサーランキングは10位以内にランクイン。 老若男女から愛され『女子アナ定年30歳説』を完全に崩壊させました。 本題に戻ります。 大下容子さんこれまでに、 男性との2ショット写真を撮られたことがありません。 2017年11月下旬に30代と思われる年下男性と六本木にある 高級焼肉店でデートされたという情報がありました。 しかし、 この情報はテレビ朝日関係者からの目撃情報ということで、 真意のほどは分かりません。

次の

大下容子アナの学歴|出身大学高校や中学校の偏差値と学生時代

大 下 容子 実家

大下容子(テレビ朝日アナウンサー)は未だ独身!「ワイドスクランブル」の評判は? 大下容子(テレビ朝日アナウンサー)独身!理由はやっぱり多忙? 大下容子(テレビ朝日アナウンサー)は、1970年5月16日生まれの45歳。 1993年にテレビ朝日に入社以来、アナウンサーを続けています。 女性アナウンサーは30代前後でフリーアナウンサーに転向するか、結婚し引退する方も多いですが、大下容子は朝日テレビアナウンサー現役で、独身です。 過去にも熱愛報道らしいものはなく、不祥事もなし。 女性の好きなアナウンサーランキングにランクインするなど、安定した人気があります。 なぜ結婚しないのかについて、大下容子本人は語っていませんが、周囲の意見からは、やはり多忙なせいだろうとのこと。 アナウンサーの仕事は、ただ進行し、原稿を読むだけでなく、取材や準備のための勉強も欠かせません。 さらに、テレビ朝日のアナウンス部課長を務めていることもあり、部下の教育などにも時間もとられている様子。 仕事が楽しいと語っている大下容子は、自身の道を邁進しているようです。 大下容子(テレビ朝日アナウンサー)もうすぐ18年!「ワイドスクランブル」の評判 大下容子(テレビ朝日アナウンサー)がテレビ朝日に入社したのは、1993年。 初めてのレギュラー番組は、1993年から1996年にかけて放送されたスポーツ番組「Jリーグ A GOGO!!」。 その後1998年10月から「ワイド!スクランブル」のキャスターに就任しました。 「ワイド!スクランブル」は、1996年4月から放送されている、生放送のワイドショー番組。 水前寺清子と中村克洋が2年半司会を務めたのち、大和田獏と大下容子に交代しました。 2009年に、大和田獏からテレビ朝日アナウンサーの寺崎貴司に交代後、2014年4月からは、橋本大二郎と大下容子が司会を務めています。 20年も続く長寿番組となりましたが、「ワイド!スクランブル」は、少々感情的な報道が目立つという意見はありますが、長寿番組の安定感が光ります。 大下容子の評判もよく、大下容子が夏休みに入ると残念がる声も聞かれるなど、番組の顔として認識されています。 大下容子(テレビ朝日アナウンサー)が火事の被害に!実家や経歴は? 大下容子(テレビ朝日アナウンサー)ピンチ!火事被害は入浴中 大下容子(テレビ朝日アナウンサー)の住むアパートが火事となり、大下容子の部屋を含め、全焼するという事件が発生しました。 これは、「ステーションEYE」のスポーツを担当していた1996年のこと。 世田谷区を中心に、30件連続で、放火が原因による火災が発生した事件の被害者の1人となったのです。 事件当時、大下容子は入浴中。 玄関のドアをたたく音ともに「火事だ!」という言葉が聞こえ、大慌てで服を着て外に出るのがやっとだったとのこと。 幸い、大下容子にケガはありませんでした。 放火犯が逮捕されたときは、「ステーションEYE」に、蟹瀬誠一、岡田洋子と共に出演し、事件の概要などを、自身の感情をこめずに淡々と語った大下容子。 2012年4月6日放送の「徹子の部屋」に出演した際には、火事によって過去の写真もすべて失われてしまったことを明かしています。 大下容子(テレビ朝日アナウンサー)の実家は医者?納得の高学歴 大下容子(テレビ朝日アナウンサー)の実家は、広島市にある大下医院で、専門は内科。 大下容子の父と兄が経営しています。 本人が医師を目指さなかったのは、理系が苦手だったから。 大下容子の兄は医師ですが、英語が苦手な様子。 大下容子がサブ司会を務める「SmaSTATION!!」の企画で、広島と東京を中継で結び、香取慎吾と大下容子の兄が英語で対決した際は、英語が堪能な大下容子に助けられる場面もちらほら。 兄妹仲は悪くないようで、笑いを誘いつつ、和やかな空気で番組を終えました。 大下容子は、広島大学付属小学校から高校までを過ごし、慶應義塾大学に入学、法学部法律学科を卒業しました。 中、高とバレー部、大学ではテニスサークルに所属するなど、運動好きの一面もある大下容子。 さらには、尾崎豊の大ファンという音楽好きで、女子バンドを結成したり、料理研究家小林カツ代が結成した神楽坂女声合唱団のメンバーでもあります。 大下容子(テレビ朝日アナウンサー)「スマステ」共演香取慎吾を擁護発言の反響 大下容子(テレビ朝日アナウンサー)が、2016年8月15日放送の「ワイド!スクランブル」内で、香取慎吾を擁護するコメントをしました。 2002年から「SmaSTATION!!」で共演している2人。 大下容子と香取慎吾は戦友のようであり、SMAPにかける思いを知っている大下容子は、言葉を詰まらせる場面もありました。 SMAPの解散報道がされたのが、2016年1月。 チーフマネージャーの飯島三智の退社に端を発する騒動により、SMAPは解散、一部メンバーがジャニーズ事務所から独立するのではといわれ、日本中の注目を集めました。 ファンからの反響も大きく、結局はグループ活動を継続することになったSMAPですが、騒動により深まった溝が元に戻ることはなかったようです。 結局、2016年8月14日に、年内で解散することが正式に発表されました。 報道では、木村拓哉と特に不仲であり、解散が決まったのも香取慎吾が強く主張したから、とされています。 そんな状況の中、香取慎吾のSMAPに対する想いを代弁するかのような大下容子の言葉には、多くの香取慎吾ファンの感謝と支持が集まりました。 「香取さんがこの解散という結論を出されたことに、非常に不条理なものを感じます」という強い言葉のほか、「心が動かなくなってしまったのかな」と、香取慎吾の心情を察するコメントも。 SMAPが日本を代表するアイドルグループということもあり、不仲での解散がさまざまな憶測を呼び、過激な報道に拍車をかけてしまっている状況の中、大下容子のように、当事者を知る人間のコメントは貴重です。 当事者の胸の内は、本人たちにしか分かりません。 しかし、大下容子から香取慎吾へ慮った言葉からは、香取慎吾の人柄と今回の騒動への思いが伝わってきます。

次の