項羽本紀 書き下し文。 彼取りて代はるべきなり・項羽と劉邦 現代語訳・書き下し文

緊急です!項羽本紀について!多分項羽本紀だと思うんですけど、項羽の若...

項羽本紀 書き下し文

項王の最期(項王自刎) (現代語訳・解説あり)項羽本紀第七 史記 漢文 項王の最期 -項羽本紀第七より- I think; therefore I am! 本文(白文・書き下し文) 於是項王乃欲東渡烏江。 烏江亭長、檥船待。 謂項王曰、 「江東雖小、地方千里、 衆数十万人、亦足王也。 願大王急渡。 今独臣有船。 漢軍至、無以渡。 」 項王笑曰、 「天之亡我、我何渡為。 且籍与江東子弟八千人、渡江而西。 今無一人還。 縦江東父兄憐而王我、 我何面目見之。 縦彼不言、籍独不愧於心乎。 」 乃謂亭長曰、 「吾知公長者。 吾騎此馬五歳、所当無敵。 嘗一日行千里。 不忍殺之。 以賜公。 」 乃令騎皆下馬歩行、持短兵接戦。 独籍所殺漢軍数百人。 項王身亦被十余創。 顧見漢騎司馬呂馬童。 曰、 「若非吾故人乎。 」 馬童面之、指王翳曰、 「此項王也。 」 項王乃曰、 「吾聞漢購我頭千金・邑万戸。 吾為若徳。 」 乃自刎而死。 是に於いて項王乃ち東のかた烏江を渡らんと欲す。 烏江の亭長、船を檥して待つ。 項王に謂ひて曰はく、 「江東小なりと雖も、地は方千里、 衆は数十万人、亦た王たるに足るなり。 願はくは大王急ぎ渡れ。 今独り臣のみ船有り。 漢軍至るも、以て渡る無し。 項王笑ひて曰はく、 「天の我を亡ぼすに、我何ぞ渡ることを為さん。 且つ籍江東の子弟八千人と、江を渡りて西す。 今一人の還るもの無し。 縦ひ江東の父兄憐れみて我を王とすとも、 我何の面目ありて之に見えん。 縦ひ彼言はずとも、籍独り心に愧ぢざらんや。 乃ち亭長に謂ひて曰はく、 「吾公の長者たるを知る。 吾此の馬に騎すること五歳、当たる所敵無し。 嘗て一日に行くこと千里なり。 之を殺すに忍びず。 以て公に賜はん。 乃ち騎をして皆馬を下りて歩行せしめ、短兵を持して接戦す。 独り籍の殺す所の漢軍、数百人なり。 項王の身も亦十余創を被る。 顧みるに漢の騎司馬呂馬童を見たり。 曰はく、 「若は吾が故人に非ずや。 馬童之に面し、王翳に指して曰はく、 「此れ項王なり。 項王乃ち曰はく、 「吾聞く、漢我が頭を千金・邑万戸に購ふ、と。 吾若の為に徳せしめん。 乃ち自刎して死す。 烏江の亭長は、船を出す用意をして待っていた。 項王にこう言った、 「江東は小さくはありますが、地は千里四方、人口は数十万人、 王となるには十分の大きさです。 大王は急いで渡られてください。 今はわたくし一人だけが船を持っています。 漢軍は、ここに至っても、渡ることができません。 」 項王は笑ってこう言った、 「天が私を滅ぼそうとしているのに、どうして渡河しようか、いやしまい。 しかも、私は江東の子弟8千人と渡河して西進し、 今一人の帰る者も無い。 たとえ江東の父兄が私を憐れんで王にしたとしても、 私は何の面目があって彼らに会えようか、いや、全く面目なく、会えない。 たとえ彼らが何も言わなかったとしても、 私が心に恥じないことがあろうか、いや恥じる。 」 そして、亭長にこう言った、 「私はあなたが高徳の人であることを知っている。 私はこの馬に5年間乗ってきたが、当たる所敵無しであった。 かつて、一日に千里走ったこともあった。 とても殺すには忍びない。 あなたに与えよう。 」 そして、配下の騎兵を下馬させ、白兵戦を挑んだ。 項王は一人で数百人の漢兵を殺した。 項王の身も十余創の傷を受けた。 項王が振り返ると、そこには漢の騎司馬呂馬童がいた。 項王は言った、 「お前は私の旧友ではないか。 」 呂馬童は顔を背け、王翳に指し示して言った、 「項王はここにいるぞ。 」 項王は言った、 「私は聞いている、漢は私の首に千金・一万個の邑を掛けていると。 私はお前に恩恵を施してやろう。 」 そうして、項王は自ら首をはねて死んだ。 烏江亭長、檥船待。 ここにおいてかうわうすなはちひがしのかたうかうをわたらんとほつす。 うかうのていちやう、ふねをぎしてまつ。 項羽は""の垓下から漢軍の包囲を突破して南方へ逃げてきていた。 「亭」は"宿場"であり、秦代には警備の役も担った。 「檥」は"船を出す用意をする"。 かうわうにいひていはく、「かうとうせうなりといへども、ちははうせんり、しゆうはすうじふまんにん、またわうたるにたるなり。 「江東」は江南に同じ。 今独臣有船。 漢軍至、無以渡。 」 ねがはくはだいわういそぎわたれ。 いまひとりしんのみふねあり。 かんぐんいたるも、もつてわたるなし。 「独」は「のみ」と呼応する。 且籍与江東子弟八千人、渡江而西。 今無一人還。 かうわうわらひていはく、「てんのわれをほろぼすに、われなんぞわたることをなさん。 かつせきかうとうのしていはつせんにんと、かうをわたりてにしす。 いまひとりのかへるものなし。 「且」は"そのうえ・また"。 縦彼不言、籍独不愧於心乎。 」 たとひかうとうのふけいあはれみてわれをわうとすとも、われなんのめんぼくありてこれにまみえん。 たとひかれいはずとも、せきひとりこころにはぢざらんや。 「縦 たと-ヒ 」は"たとえ〜であっても"。 「見 まみ-ユ 」は"会う・お目にかかる"。 ここにおける「独」は反語を表す。 「愧」は"恥じる"。 「籍」は項羽の名前である。 「羽」は字。 吾騎此馬五歳、所当無敵。 すなはちていちやうにいひていはく、「われこうのちやうしやたるをしる。 われこのうまにきすることごさい、あたるところてきなし。 「公」は尊敬をこめた呼びかけの語で"あなた"のような意味。 「長者 ちょうしゃ 」は"徳の高い人"。 「歳」は「年」に通じる。 不忍殺之。 以賜公。 」 かつていちにちにゆくことせんりなり。 これをころすにしのびず。 もつてこうにたまはん。 「不忍」は"耐えられない・我慢できない・見逃せない"。 「賜」は"お与えになる"、尊敬表現である。 従ってここは、自尊表現になっている。 独籍所殺漢軍数百人。 項王身亦被十余創。 すなはちきをしてみなうまをくだりてほかうせしめ、たいぺいをじしてせつせんす。 ひとりせきのころすところのかんぐん、すうひやくにんなり。 かうわうのみもまたじふよさうをかうむる。 「令」は使役。 「兵」は戦争関連の事柄を表すが、ここでは"武器"の意である。 「創」は傷を表す。 曰、「若非吾故人乎。 」馬童面之、指王翳曰、「此項王也。 」 かへりみるにかんのきしばりよばどうをみたり。 いはく、「なんぢはわがこじんにあらずや。 ばどうこれにめんし、わうえいにしめしていはく、「これかうわうなり。 「騎司馬」は"騎兵隊長"。 「若 なんぢ 」は"おまえ"。 「故人」は"旧友"、死んだ人ではない。 「非〜」は"〜でない"。 「面」は"顔を背ける"。 吾為若徳。 」乃自刎而死。 かうわうすなはちいはく、「われきく、かんわがかうべをせんきん・いふばんこにあがなふ、と。 われなんぢのためにとくせしめん。 乃ち自刎して死す。 「購」は"懸賞を掛けて求める"。 「邑」は城壁で囲まれた町を表す。 中国古代の町はほとんどこれだった。 ちなみに城壁の外を「郊」という。 「徳」は"恩恵を施す・手柄を立てさせてやる"。 「自刎」は"自殺"。 総括 から漢の大群を少数精鋭で破りながら烏江まで逃げてきた項羽だったが、 やはり故郷に至り、ともに出発した8千人が皆死んでしまったことに思うところがあったのだろう。 ここで項羽は逃亡をあきらめた。 もともと項羽は敗れたことがなかった。 劉邦が何度も敗れ、逃亡してはまた復活を繰り返したのとは対照的である。

次の

四面楚歌 時 利 あら ず 現代 語 訳

項羽本紀 書き下し文

項羽大いに怒る ・ 縦書き、全漢字に読み、ひらがな ・ (漢文記事一覧) ・ 下の画像クリックで次の画像に進む。 [ 語句・句法 ] ・ 行 … 道すがら〜する ・ 略定す … 攻略し平定する ・ 又 … そのうえ ・ 得ず … 〜できない ・ 使A〜 … 「使役形」で「Aヲシテ〜しム」 と読み「Aに〜させる」という意味 ・ 遂に … そのまま [ 原文 ] 楚軍行略定秦地、至函谷関。 有兵守関、不得入。 又聞沛公已破咸陽、項羽大怒、 使当陽君等撃関。 項羽遂入、至于戯西。 [ 語句・句法 ] ・ 相 … 動詞に付いて語勢や語調を整える ・ 見ゆる … お目にかかる ・ 左司馬 … 軍事関係の役職 ・ 相 … 宰相 [ 原文 ] 沛公軍霸上、未得与項羽相見。 沛公左司馬曹無傷使人言於項羽曰、 「沛公欲王関中、使子嬰為相、 珍宝尽有之。 」 [ 語句・句法 ] ・ 旦日 … 明日、明朝 ・ 饗す … 酒食でもてなす [ 原文 ] 項羽大怒曰、「旦日饗士卒。 為撃破沛公軍。 」 当是時、項羽兵四十万、在新豊鴻門。 沛公兵十万、在霸上。 [ 語句・句法 ] ・ 貪る … 飽きることなく欲しがる ・ 幸す … 寵愛する [ 原文 ] 范増説項羽曰、「沛公居山東時、 貪於財貨、好美姫。 今入関、財物無所取、婦女無所幸。 [ 語句・句法 ] ・ 令A〜 … 「使役形」で「Aヲシテ〜しム」 と読み「Aに〜させる」という意味 ・ 望む … はるか遠くから見る ・ 采 … 美しい色彩 ・ 勿かれ … 禁止 [ 原文 ] 此其志不在小。 吾令人望其気、皆為竜虎、成五采。 此天子気也。 急撃、勿失。 」 [ 現代語訳 ] 楚軍は前進しながら秦の領地を攻略し平定して、函谷関に到着した。 兵が関所を守っていて、中に入ることができなかった。 また沛公がすでに咸陽を破ったと聞いて、項羽は非常に怒り、当陽君らに関所を攻撃させた。 項羽はそのまま入り、戯西に到着した。 沛公は覇上に陣をしき、まだ項羽に会うことができなかった。 沛公の左司馬曹無傷が人をやって項羽に言わせるには、「沛公は関中で王となろうとして、子嬰を宰相にして珍しい財宝をすべて自分のものにしました。 項羽が非常に怒って言うには、「明朝兵士たちにごちそうをふるまえ。 沛公の軍を撃破しよう。 ちょうどこのとき、項羽の軍は四十万で、新豊の鴻門に陣をしいていた。 沛公の軍は十万で、覇上に陣をしいていた。 范増が項羽に説いて言うには、「沛公が山東にいたとき、財貨を飽きることなく手に入れ、美女を好んでいました。 今関中に入って、財物を取ることもなく、婦女を寵愛することもありません。 これはその志が小さくないということです。 わたしが人にその気を見させたところ、すべてが竜や虎を形成していて、五色に彩られていました。 これは天子の気です。 すぐに攻撃して、取り逃がしてはなりません。 [ 書き下し文 ] 楚軍行秦の地を略定し、函谷関に至る。 兵有り関を守り、入るを得ず。 又沛公已に咸陽を破ると聞き、項羽大いに怒り、当陽君等をして関を撃たしむ。 項羽遂に入りて、戯西に至る。 沛公霸上に軍し、未だ項羽と相見ゆるを得ず。 沛公の左司馬曹無傷人をして項羽に言はしめて曰はく、「沛公関中に王たらんと欲し、子嬰をして相たらしめ、珍宝尽く之を有す。 項羽大いに怒りて曰はく、「旦日士卒を饗せよ。 沛公の軍を撃破することを為さん。 是の時に当たり、項羽の兵は四十万、新豊の鴻門に在り。 沛公の兵は十万、霸上に在り。 范増項羽に説きて曰はく、「沛公山東に居りし時、財貨を貪り、美姫を好めり。 今関に入りて、財物取る所無く、婦女幸する所無し。 此れ其の志小に在らず。 吾人をして其の気を望ましむるに、皆竜虎を為し、五采を成す。 此れ天子の気なり。 急ぎ撃ちて、失すること勿かれ。 Copyright プロ家庭教師タカシ All Rights Reserved.

次の

史記 「大丈夫当如此也」 現代語訳

項羽本紀 書き下し文

項王の最期(項王自刎) (現代語訳・解説あり)項羽本紀第七 史記 漢文 項王の最期 -項羽本紀第七より- I think; therefore I am! 本文(白文・書き下し文) 於是項王乃欲東渡烏江。 烏江亭長、檥船待。 謂項王曰、 「江東雖小、地方千里、 衆数十万人、亦足王也。 願大王急渡。 今独臣有船。 漢軍至、無以渡。 」 項王笑曰、 「天之亡我、我何渡為。 且籍与江東子弟八千人、渡江而西。 今無一人還。 縦江東父兄憐而王我、 我何面目見之。 縦彼不言、籍独不愧於心乎。 」 乃謂亭長曰、 「吾知公長者。 吾騎此馬五歳、所当無敵。 嘗一日行千里。 不忍殺之。 以賜公。 」 乃令騎皆下馬歩行、持短兵接戦。 独籍所殺漢軍数百人。 項王身亦被十余創。 顧見漢騎司馬呂馬童。 曰、 「若非吾故人乎。 」 馬童面之、指王翳曰、 「此項王也。 」 項王乃曰、 「吾聞漢購我頭千金・邑万戸。 吾為若徳。 」 乃自刎而死。 是に於いて項王乃ち東のかた烏江を渡らんと欲す。 烏江の亭長、船を檥して待つ。 項王に謂ひて曰はく、 「江東小なりと雖も、地は方千里、 衆は数十万人、亦た王たるに足るなり。 願はくは大王急ぎ渡れ。 今独り臣のみ船有り。 漢軍至るも、以て渡る無し。 項王笑ひて曰はく、 「天の我を亡ぼすに、我何ぞ渡ることを為さん。 且つ籍江東の子弟八千人と、江を渡りて西す。 今一人の還るもの無し。 縦ひ江東の父兄憐れみて我を王とすとも、 我何の面目ありて之に見えん。 縦ひ彼言はずとも、籍独り心に愧ぢざらんや。 乃ち亭長に謂ひて曰はく、 「吾公の長者たるを知る。 吾此の馬に騎すること五歳、当たる所敵無し。 嘗て一日に行くこと千里なり。 之を殺すに忍びず。 以て公に賜はん。 乃ち騎をして皆馬を下りて歩行せしめ、短兵を持して接戦す。 独り籍の殺す所の漢軍、数百人なり。 項王の身も亦十余創を被る。 顧みるに漢の騎司馬呂馬童を見たり。 曰はく、 「若は吾が故人に非ずや。 馬童之に面し、王翳に指して曰はく、 「此れ項王なり。 項王乃ち曰はく、 「吾聞く、漢我が頭を千金・邑万戸に購ふ、と。 吾若の為に徳せしめん。 乃ち自刎して死す。 烏江の亭長は、船を出す用意をして待っていた。 項王にこう言った、 「江東は小さくはありますが、地は千里四方、人口は数十万人、 王となるには十分の大きさです。 大王は急いで渡られてください。 今はわたくし一人だけが船を持っています。 漢軍は、ここに至っても、渡ることができません。 」 項王は笑ってこう言った、 「天が私を滅ぼそうとしているのに、どうして渡河しようか、いやしまい。 しかも、私は江東の子弟8千人と渡河して西進し、 今一人の帰る者も無い。 たとえ江東の父兄が私を憐れんで王にしたとしても、 私は何の面目があって彼らに会えようか、いや、全く面目なく、会えない。 たとえ彼らが何も言わなかったとしても、 私が心に恥じないことがあろうか、いや恥じる。 」 そして、亭長にこう言った、 「私はあなたが高徳の人であることを知っている。 私はこの馬に5年間乗ってきたが、当たる所敵無しであった。 かつて、一日に千里走ったこともあった。 とても殺すには忍びない。 あなたに与えよう。 」 そして、配下の騎兵を下馬させ、白兵戦を挑んだ。 項王は一人で数百人の漢兵を殺した。 項王の身も十余創の傷を受けた。 項王が振り返ると、そこには漢の騎司馬呂馬童がいた。 項王は言った、 「お前は私の旧友ではないか。 」 呂馬童は顔を背け、王翳に指し示して言った、 「項王はここにいるぞ。 」 項王は言った、 「私は聞いている、漢は私の首に千金・一万個の邑を掛けていると。 私はお前に恩恵を施してやろう。 」 そうして、項王は自ら首をはねて死んだ。 烏江亭長、檥船待。 ここにおいてかうわうすなはちひがしのかたうかうをわたらんとほつす。 うかうのていちやう、ふねをぎしてまつ。 項羽は""の垓下から漢軍の包囲を突破して南方へ逃げてきていた。 「亭」は"宿場"であり、秦代には警備の役も担った。 「檥」は"船を出す用意をする"。 かうわうにいひていはく、「かうとうせうなりといへども、ちははうせんり、しゆうはすうじふまんにん、またわうたるにたるなり。 「江東」は江南に同じ。 今独臣有船。 漢軍至、無以渡。 」 ねがはくはだいわういそぎわたれ。 いまひとりしんのみふねあり。 かんぐんいたるも、もつてわたるなし。 「独」は「のみ」と呼応する。 且籍与江東子弟八千人、渡江而西。 今無一人還。 かうわうわらひていはく、「てんのわれをほろぼすに、われなんぞわたることをなさん。 かつせきかうとうのしていはつせんにんと、かうをわたりてにしす。 いまひとりのかへるものなし。 「且」は"そのうえ・また"。 縦彼不言、籍独不愧於心乎。 」 たとひかうとうのふけいあはれみてわれをわうとすとも、われなんのめんぼくありてこれにまみえん。 たとひかれいはずとも、せきひとりこころにはぢざらんや。 「縦 たと-ヒ 」は"たとえ〜であっても"。 「見 まみ-ユ 」は"会う・お目にかかる"。 ここにおける「独」は反語を表す。 「愧」は"恥じる"。 「籍」は項羽の名前である。 「羽」は字。 吾騎此馬五歳、所当無敵。 すなはちていちやうにいひていはく、「われこうのちやうしやたるをしる。 われこのうまにきすることごさい、あたるところてきなし。 「公」は尊敬をこめた呼びかけの語で"あなた"のような意味。 「長者 ちょうしゃ 」は"徳の高い人"。 「歳」は「年」に通じる。 不忍殺之。 以賜公。 」 かつていちにちにゆくことせんりなり。 これをころすにしのびず。 もつてこうにたまはん。 「不忍」は"耐えられない・我慢できない・見逃せない"。 「賜」は"お与えになる"、尊敬表現である。 従ってここは、自尊表現になっている。 独籍所殺漢軍数百人。 項王身亦被十余創。 すなはちきをしてみなうまをくだりてほかうせしめ、たいぺいをじしてせつせんす。 ひとりせきのころすところのかんぐん、すうひやくにんなり。 かうわうのみもまたじふよさうをかうむる。 「令」は使役。 「兵」は戦争関連の事柄を表すが、ここでは"武器"の意である。 「創」は傷を表す。 曰、「若非吾故人乎。 」馬童面之、指王翳曰、「此項王也。 」 かへりみるにかんのきしばりよばどうをみたり。 いはく、「なんぢはわがこじんにあらずや。 ばどうこれにめんし、わうえいにしめしていはく、「これかうわうなり。 「騎司馬」は"騎兵隊長"。 「若 なんぢ 」は"おまえ"。 「故人」は"旧友"、死んだ人ではない。 「非〜」は"〜でない"。 「面」は"顔を背ける"。 吾為若徳。 」乃自刎而死。 かうわうすなはちいはく、「われきく、かんわがかうべをせんきん・いふばんこにあがなふ、と。 われなんぢのためにとくせしめん。 乃ち自刎して死す。 「購」は"懸賞を掛けて求める"。 「邑」は城壁で囲まれた町を表す。 中国古代の町はほとんどこれだった。 ちなみに城壁の外を「郊」という。 「徳」は"恩恵を施す・手柄を立てさせてやる"。 「自刎」は"自殺"。 総括 から漢の大群を少数精鋭で破りながら烏江まで逃げてきた項羽だったが、 やはり故郷に至り、ともに出発した8千人が皆死んでしまったことに思うところがあったのだろう。 ここで項羽は逃亡をあきらめた。 もともと項羽は敗れたことがなかった。 劉邦が何度も敗れ、逃亡してはまた復活を繰り返したのとは対照的である。

次の