転職理由 ランキング。 人気なのになぜ?総合商社を退職する人の理由5選

本音と建前は必須? 退職理由ランキングと好印象な伝え方・例文

転職理由 ランキング

本記事の内容• 特許事務所に転職して後悔する理由ランキング ここでは、特許事務所に転職して後悔する理由をランキング形式でご紹介します! (実際は、単一の理由というよりは、ここに挙げるような要因の複数が絡み合っている場合が多いですが。 ) なお、以下のランキングは、人から聞く頻度や悩みの深さに基づく私の独断と偏見ですので悪しからず・・・。 第5位:トレーニングの機会が無く、成長できない 特に知財業務の経験が浅い人に多い意見ですが、 明細書の書き方などについて適切な指導が受けられないことに不満を持つパターン。 その結果、仕事がうまく回らず、結局苦労した末に退職してしまうという話を耳にします。 たしかに、未経験者をがんばって育てるという風潮があまり無い業界ではありますが、経験が浅いことをわかって採用した以上はちゃんとしたトレーニングをしてほしいところですね・・・。 第4位:仕事(事務所)に将来性を感じられない 仕事や事務所の発展に将来性が感じられない、というのも転職後の後悔の理由としてよく聞く話です。 例えば、クライアントが特定の大企業に集中しており、クライアントが依頼件数が減ってきて事務所の経営が苦しくなっている(結果、給与が下げられる)というようなことです。 特に大手の特許事務所に行った人から聞かれる話ですね。 また、同じ分野の出願、中間処理をひたすらやり続けるため、ルーチンワークでモチベーションが上がらないという声も聞かれます。 たしかに、業界的に国内の出願件数が減って苦しくはなっていますが(詳しくは「」参照)、事務所に入る前にある程度見極めておきたいところです。 第3位:年収が伸びない 転職による後悔理由の第3位は 「年収が伸びない」です。 やはり、特許事務所に限らず、転職による後悔の理由として、お金の問題は大きいですね。 上で挙げたような、クライアント起因で給料が伸びないという場合もありますが、それ以上にあるのが、「仕事が評価されず年収が上がらない」という不満。 評価が所長の胸先三寸で決まるため、昇給の基準が不透明で、なんやかんや理由をつけられて昇給しない、という話を結構耳にします。 ただ、これは特許事務所の報酬体系の違いという側面もあるかもしれません。 一般的に、特許事務所における年収は成果連動(その人がどれだけ売上に貢献したかに応じて決まる)と言われていますが、中にはサラリーマンと同じく固定給を採っている事務所もあります。 その場合には収入は安定しますが、成果報酬の場合より金額が抑えられる傾向にあります。 第2位:仕事量が多くてしんどい 転職による後悔理由の第2位は 「仕事量が多くてしんどい」。 「仕事が多くて残業続き」とか「期限ものが片付かず休日も休めない・・・」といった不満は、体感的には一番多く聞かれますね。 (弁理士あるあるです。 ) ただ、どの特許事務所に行ってもある程度はそういう側面があるということで、第2位にランクイン。 やはり、特許事務所の仕事はチームワークというよりは個人に対して仕事が入ってくるので、仕事量が溢れそうなときも他の人に代わってもらうことができにくい環境であるのが大きな要因かなと。 特にできる人に仕事が集中する傾向があり、疲弊します。 また、知財の仕事は、クライアントの要望だったり庁期限があったりして、常に期限に追われることも多く、間に合わないときは土日出勤ということになります。 それに加えて、有給が取れる雰囲気ではないという事務所も結構あります。 中には、「有給を取ると給料を下げるぞ」と明言するような事務所も・・・。 仕事量に応じた報酬がもらえるならそれでいいと割り切れる人はいいですが、ワークライフバランスを優先したい人は、よくよく事務所を吟味する必要があります。 第1位:所内の人間関係が最悪・・・ 転職による後悔理由ランキングの栄えある(?)1位は、 「所内の人間関係が最悪・・・」! あまり人と接することがないと言われる特許事務所ですが、職場の人間関係で後悔するケースは意外と多いです。 よくあるのが、• 所長がワンマンでパワハラ気味• 管理職とそり合がわない• ベテラン事務員に目をつけられ嫌がらせを受ける• 所内のコミュニケーションが極端に少なく疲弊する といった話ですね。 そんな職場の人間関係に大きな影響を与える要因は、一にも二にも 所長のキャラクタ。 ほとんどの特許事務所は所員が数十人程度と、組織の規模的には零細企業と変わらないわけで、トップの言動が職場環境にもろに反映されるのは、当然といえば当然。 所長が所員に対して威圧的だったり、マネジメントに無関心だったりすると、職場の人間関係が悪化するのは必然の結果です。 下で述べる情報収集をしっかりやって、極力リスクを減らすことが重要になってきます。 特許事務所の転職で後悔しないためには? 特許事務所の転職で後悔しないためには、どういったことに気をつければいいでしょうか? もちろん、実際に入るまでは本当のところは分からず、最終的には「エイヤー!」で事務所を決めなければならないのですが(転職とはそういうものです)、とは言えできる限りのことはしておきたいもの。 以下に特許事務所への転職で後悔しないためのヒントをまとめます。 どんな企業を代理しているかは必ずチェックしよう 転職先の候補となっている特許事務所が過去にどんなクライアントを代理したかは必ずチェックしましょう。 で代理人に代表弁理士の名前を入れて検索すれば簡単に調べられます。 (件数が多くて表示されない場合は、出願日が直近の数年以内のものに絞ります) 確認すべき点としては以下の3つです。 1.出願人が特定の企業に偏っていないか? 一番大事なのは、クライアントのバリエーションです。 理想なのは、その特許事務所が代理する出願人にいろんな業種のいろんな規模の企業がいて、バラエティー豊かであることですね。 一方で、出願のほとんどが特定の大企業に固まっていたら危険信号です。 2.外国の出願人がそこそこいるか? 一般的に外国企業の国内出願を代理する仕事(いわゆる外内業務)は、割が良いと言われていています。 その特許事務所が代理する出願人に、外国企業が一定比率いれば経営が安定する傾向にありますので、一応チェックしておきましょう。 (ただ、あまりに多すぎると外内業務しか仕事が無い可能性もあるので、それはそれで注意が必要) 3.出願件数が極端に減っていないか? これもマストではありませんが、過去に比べて出願件数が極端に減っていないかはチェックしておきましょう。 少々の増減は問題ありませんが、近年になって極端に出願件数が減っている場合は、経営がうまくいっていない可能性があります。 知り合いから情報収集 一番頼りになるのは、同じ知財業界の人からの口コミですね。 狭い業界ですので、あからさまなブラックな特許事務所の話は必ず耳に入ってくるはずです。 (企業に勤めている私ですら、色々と漏れ聞こえてきますからね(笑)) 日頃から交流会などに出て知財業務で知り合いを作っておくと、いざというときに役に立ちます。 Webで情報収集 転職活動で候補が出てきたら、最低でも特許事務所名や所長の名前などでWeb検索はしときましょう。 思わぬ情報が得られるかもしれません。 Googleで事務所名を入れると、「パワハラ」とか「ブラック」とかで検索補完されるような事務所がありますが、私が人から伝え聞く話でもその通りでした(笑) あと、昔の話ですが、大阪の特許事務所で所長や管理職がパワハラで書類送検された事例もありましたね・・・。 見えている地雷は避けましょう。 あと、企業の口コミを集めた というサービスがあります。 大手の特許事務所だと結構口コミが集まっていて、例えば、以下のような特許事務所の口コミがあります。 (口コミ数順)• 特許業務法人志賀国際特許事務所• 特許業務法人HARAKENZO WORLD PATENT&TRADEMARK• 特許業務法人深見特許事務所• 特許業務法人酒井国際特許事務所• 特許業務法人磯野国際特許商標事務所• 特許業務法人太陽国際特許事務所 転職を検討している特許事務所の口コミが無いか調べてみてはいかがでしょうか? \会員登録から48時間口コミが見放題!/ 転職エージェントを使う 転職活動の基本ですが、転職は転職エージェントを使ってやるべきです。 少なくとも、条件面の交渉は転職エージェントを立ててやったほうがやりやすいです。 あと、担当者がいい人であれば、自分のスタイルに合った事務所や危ない事務所を教えてくれることがあるかもしれません。 (まあ、彼らは転職させてお金をもらうのが仕事なのであまり期待はできないですが・・・) 特許事務所をメインに転職活動するのであれば、 がおすすめです。 弁理士や特許技術者の転職に特化しており、特許事務所の求人が豊富です。 登録は無料でできるので、特許事務所への転職を検討されている方は登録して良い求人がないか検討してみてはいかがでしょうか?! \日本最大級の士業求人サイト/.

次の

転職したい、理由ランキング、40代・50代で見直すべき3つの視点とは

転職理由 ランキング

仕事の人間関係相談ホットラインの【中澤健次(なかざわけんじ)】です。 今の仕事・働き方に不満・不安を持ち、人間関係をどうしたら良いか分からないあなたが、 職場の悩みを解消して、本当にやりたいことを発見し、 それができるようになる方法をお伝えするワークショップを提供しています。 今回のブログは、 転職したい40代・50代の方に向けて書いています。 「やってられないよ」 「こんな会社、やめてしまいたい」 仕事でイヤなことがあって、転職したいと思ったことは誰にでもあるでしょう。 転職の理由。 例えば、不本意な人事異動、未経験の仕事への配転、あるいは、リストラ予備軍。 ところが、転職をするとなると、どんな仕事を探したらよいかわからないことも。 今までつちかった技術力や専門知識などのキャリアを生かせたらとか、転職サービスを通じて転職希望者に対するキャリアアドバイスを受けたりなどと、迷われることも多いでしょうね。 そんなときに役立つのが、転職理由によるランキング調査です。 「転職なら、求人情報・転職サイトDODA」の「転職理由ランキング」 2016年4月~9月に転職活動を行った約3万人の転職理由ランキングトップ3は、 2012年上半期(2012年4〜9月)から8回連続で 「ほかにやりたい仕事がある」(13. 次いでランキング2位が 「会社の将来性が不安」(9. それでは、転職理由の背景と、それに基づいてどのような選択をしたらよいかを考えていきましょう。 1.視点1:会社を辞めたい理由を問い直す 2.視点2:雇われる自分を、外の視点で見つめ直す 3.視点3:悔いのない人生をすごすために 特に、40代・50代にとっては大きな転機になるかもしれません。 この3つの視点によって、ホントに悔いのない選択をしていきましょう。 1.視点1:会社を辞めたい理由を問い直す: 時代背景、競争社会、承認 転職理由ランキング第1位「ほかにやりたい仕事がある」の背景にあるもの。 それは、雇用環境が改善して、求人数が増加し、 「もっとよい仕事を選びたい」という思いが増えているということもあるようです。 「もっとよい仕事」とは、自分の専門知識や技術力などの様々な知識・キャリアを磨き上げて、 自分を成長させてくれる転職先を見つけたいという思いなのかもしれません。 しかし、その一方で、「今の仕事が不満である」 「もう少しやりがいのある仕事を探してみたい」と思って、 仕事を探し始める人も増えているのでしょう。 「自分に合う仕事がよくわからない。 」 「よくわからない」から、転職サービスを通じてそれを知りたいという気持ちもあるかもしれませんね。 実際に、転職サービスサイトでは、コミュニケーション力や性格診断などの「転職診断」によって、転職希望者の技術力や知識を調べるツールがたくさんあります。 ですから、 「自分に合う仕事」を明確に持っている人は、案外少ないという事実が浮かび上がります。 では、「自分に合う仕事」は、何なのか? 会社を辞めたいと思う機会に、そのことを真剣に考えることが、実は最も大切だといえるでしょう。 なぜなら、今いる会社だって入社するときには、最もよい選択として自ら選んだのでしょうから。 もし、また深く考えないで転職してしまったら、同じことの繰り返しをすることになるかもしれませんね。 まして、転職すればするほど、採用条件が悪くなる傾向があるのですから。 このさい、「自分に合う仕事」を深く考えてみましょう。 次に、転職理由ランキング第2位「会社の将来性が不安」の背景について考察しましょう。 1990年代のバブル経済崩壊以来、日本経済は縮小の道をたどってきています。 しかも、少子高齢化による人口の減少とともに、経済のパイは縮小傾向。 当然ですね。 人数が減れば、食べる量も必要なものも減って当たり前。 そのような限られた市場をねらって、同業他社同士の競争が激化しています。 さらには、同業を超え、インターネットの普及により、楽天やアマゾンなのどネット通販が成長しています。 もちろん、世界レベルでみても、競争は激しくなっています。 そんななかで、シャープやサンヨーなどの例のように、家電業界の大企業といえども倒産する時代です。 このようか熾烈な環境のなかで、 各企業は生き残りのために、合併・吸収・身売り、あるいは従業員のリストラを断行することも、当たり前になってしまいました。 しかも、希望退職制度、役職定年制など、40代・50代をターゲットにした制度は、企業全体の約半数において施行されています。 厚生労働省の「平成27年度雇用動向調査の概況」を見ると・・・。 転職理由 40代 50代 1位 職場の人間関係が悪い 11. 転職の理由が本人の意志であるよりも、5人から6人にひとりは、会社都合・契約上の理由で転職しているということです。 このような環境の中では、変化に対応できる会社だけが生き残るのでしょう。 時代が大きく変化しているなかでは、安定よりも、時代の変化の波にのる方が安全だからです。 会社は航海する船のようなもの。 船が泥船だったら、すぐに沈んでしまいます。 しかも、 船の舵取りを自分でできないということが、もっと危険だといえるのかもしれません。 ですから、自ら舵取りをするつもりで、次の選択を考えましょう。 そして、その環境の変化に敏感に反応するから、 「会社の将来性が不安」が転職理由ランキングの第2位だということも、うなずけますよね。 最後に、転職理由ランキング第3位「給与に不満がある」 給与は少ないより、多い方が良いに決まっていますよね。 同じ働くならいっぱい給与をもらって、安定した生活をおくりたいのは当然のこと。 しかし、現在社会問題にもなっている経済格差。 1990年代のバブル経済崩壊以降、就職氷河期とも呼ばれ、多数の失業者が生まれた背景を打開するために 小泉政権のもとで、非正規雇用制度を制定したことも、その要因のひとつでしょう。 2007年には、「ハケンの品格」というテレビドラマも話題になりました。 実際に、年収が150万円程度では、一人で生活することも大変でしょう。 では、 給与の額は何によって決まるのでしょうか。 給与が高い会社とはどんな会社なのでしょうか。 例えば、転職する際のの初任給が高い会社に見られる傾向。 初任給が高い会社ほど離職率が高いという傾向があります。 離職率が高いということは、仕事そのものがキツかったり、労働条件が劣悪だったり。 逆に、働きやすい職場の場合なら、初任給を高くする必要がありませんよね。 ですから、 給与が高いという意味をよく考える必要があります。 まとめると、転職理由ランキングからわかることは以下のとおりでしょう。 転職するにしても「自分に合う仕事」をわかっている人は意外に少なく、「とにかく今の仕事がイヤだという」現実からの逃避の傾向があること。 環境の変化が激しい中で、自分の会社が大丈夫かという不安や、リストラなどの会社都合で転職せざるをえないという事情。 そして、給与に対する不満。 いずれにしても、上位にランキングされた転職理由の背景にあるものは、変化の激しい環境のなかで、 生活に不安を抱え、仕事に対するやりがいが見いだせないということなのでしょう。 2.視点2:雇われる自分を、外の視点で見つめ直す 今まで転職したい理由について考えてきました。 結局、会社という組織の枠にとらわれていると、自分の可能性が有限であるということに気づきます。 それでは、転職理由ランキングから読み取れる 転職希望者のホントの願いとはどんなことなのでしょうか? 先ほどのまとめのように、「生活に不安を抱えている」を裏返せば、安心できる収入が欲しいということ。 そして、「仕事に対するやりがいが見いだせない」に対しては、自分に合うやりがいのある仕事を見つけたいということ。 つまり、 やりがいのある仕事、好きなこと、楽しいことををやって、収入も十分に得られるという願いなのでしょう。 しかし、現在のような社会の仕組のなかで、そんな夢のようなことが可能なのでしょうか? そんなことを考えるだけで行き詰まっていまうのでは? ところが、そのように考える背景にあるもの。 それは、私たち日本社会で育ってきた生活環境にその原因があるようです。 具体的には、私たちは幼い頃から、両親や学校の先生などから「いい大学に入れば」「いい会社に就職できれば」と言われて育ってきました。 確かに、1990年代にバブル経済が崩壊するまでは、「終身雇用制度」という日本独特の文化がありました。 ですから、「いい会社に就職できれば、一生安泰」というものの見方は一面正しかったのでしょう。 しかし、バブル経済の崩壊以降、日本経済は縮小の時代を迎え、それ以来現在まで、リストラという名のもとに従業員の解雇が当たり前のようにされてきました。 リストラは、大企業といえども例外ではありません。 むしろ、世界的な大企業までに成長した企業ほど、経営不振に陥っている時代です。 シャープ、サンヨー、東芝・・・と例を上げるまでもありません。 ですから、「いい会社に入れば」と思って就職したけれど、その会社に幻滅したら、「他にいい会社はないかな?」と転職を考えるのは当然のことでしょう。 逆に言えば、転職しか選択肢がないという考え方の限界が、そこにはあるということになります。 私たちのその思考の限界を突破するには、「会社を選ぶ」という枠から一歩出てみるしかないようですね。 では、会社という枠から一歩出てみるにはどうしたらよいでしょうか。 その前に、そうするためのポイントは、今の会社を安易にやめないことです。 会社を辞めてしまうと収入源がなくなります。 収入が途絶えると不安におそわれて、落ち着いて考えることもできなくなってしまいます。 ところが、「やめたい」という感情に押し流されてしまって、衝動的に退職する人もなかにはいらっしゃいます。 ですが、その場合には、たいていアルバイト生活が待っています。 ですから、苦しくても辛くても、今の会社を辞めることには慎重になりましょう。 では、会社の外に出てみるにはどうしたらよいか。 長年、自分の会社にいるとそれが当り前になってしまいます。 会社の取引先の方々は外部の人間ですが、自分の会社の中からその人たちを見ているので、外を見ているつもりでも、それを理解することはなかなかできないものです。 会社の外にでて「会社を辞めたいと思っている理由」を自ら問い直してみる。 会社以外の人たちも「辞めたい理由」を抱いているのか聞いてみる。 その人たちが「今の仕事をやっている理由」を質問してみる。 このように会社外の人からの視点で、もう一度「転職理由ランキング」を振り返ってみましょう。 ランキング第1位の「ほかにやりたい仕事がある」という「ほかの仕事」をやっている人たちに出会うでしょう。 「ほかの仕事」を実際にやっている人たちが、それをどのように受け止めているのか学んでみましょう。 すると、転職活動をするよりも、実際の生の声を聞くことができ、将来の自分を想定できるでしょう。 では、会社外に出るにはどうしたらよいでしょうか? 会社外に出て、外から自分を見つめるには、会社外のコミュニティに参加することをおすすめします。 例えば、ボランティア団体、セミナー、起業塾、異業種交流会・・・。 そのような場所には、さまざまな技術力、専門知識、キャリア、知識を持っている人たちがいます。 中には、転職サービスを受けている転職希望者もいたり。 そして、大切なことは、その人たちと日常的に関わるなかで、そこに居場所を作ることです。 会社内では得られない人間関係を知ることが出来るようになります。 すると、そのコミュニティから見た会社にいる自分を客観的にみることができるようになるでしょう。 会社にいる自分を一歩離れてみることができると、不思議なことに違う生き方、今まで気づかなかった世界に触れることができます。 そうすることで、これからの自分をもう一度見つめ直す機会になることでしょう。 3.視点3:悔いのない人生をすごすために アップルの共同創始者、スティーブジョブズの名言。 「もし今日が自分の人生最後の日だとしたら、今日やる予定を私は本当にやりたいだろうか?」 もし、今日が人生最後の日だとしたら・・・? あなたは、今日何をしますか? 愛する家族と過ごしますか? 友人と過ごしますか? やりたいことは何ですか? それでも、毎日いく会社での仕事ですか? この問いかけは、私たち自身が、何を大切にしているかという自分の価値に対する問いかけとなるでしょう。 この質問に対して、じっとこころの内側から沸き起こるものを待ってみましょう。 すると、自分自身が大切にすることがフッと沸き起こる瞬間があるかもしれません。 それが、悔いのない人生を生きるためのヒントを与えてくれることでしょう。 About 中澤健次 仕事の人間関係相談ホットラインの中澤健次と申します。 私は人間関係相談コーチとして、円滑な人間関係を創るお手伝いをしています。 職場の悩みを、上司や同僚に相談しても曖昧にされてしまう。 相談相手さえみつからない方をたくさん見てきました。 なので、自然に人間関係が築かれ、快適さの先にある豊かな人生を大切にしたい、いつもそんな風に思っています。 でも、聞き上手、話し上手になれとか、相手に合わせろとか、そんな難しいお話はできません。 私のメソッドはシンプルそのもの。 飲み会なんかで、友人等に教えていたのですが、皆元気になって円滑な人間関係を築くようになるんです。 そんな話をある知人にしたら、「それ、もっとたくさんの人に教えてあげたらいいのに。 社会貢献にもなるよ」と言われました。 で、試しに勉強会を開催したんです。 そうしたら・・・ 「これはすごい!」 「これなら変わるって、納得」 そんなことばかり言われるようになりました汗 私には難しいことはわかりません。 ですが、相談者さんは次々と安らぎを得ています。

次の

2020年最新転職理由ランキング|面接で失敗しない転職理由に伝え方|キャリズム

転職理由 ランキング

本記事の内容• 特許事務所に転職して後悔する理由ランキング ここでは、特許事務所に転職して後悔する理由をランキング形式でご紹介します! (実際は、単一の理由というよりは、ここに挙げるような要因の複数が絡み合っている場合が多いですが。 ) なお、以下のランキングは、人から聞く頻度や悩みの深さに基づく私の独断と偏見ですので悪しからず・・・。 第5位:トレーニングの機会が無く、成長できない 特に知財業務の経験が浅い人に多い意見ですが、 明細書の書き方などについて適切な指導が受けられないことに不満を持つパターン。 その結果、仕事がうまく回らず、結局苦労した末に退職してしまうという話を耳にします。 たしかに、未経験者をがんばって育てるという風潮があまり無い業界ではありますが、経験が浅いことをわかって採用した以上はちゃんとしたトレーニングをしてほしいところですね・・・。 第4位:仕事(事務所)に将来性を感じられない 仕事や事務所の発展に将来性が感じられない、というのも転職後の後悔の理由としてよく聞く話です。 例えば、クライアントが特定の大企業に集中しており、クライアントが依頼件数が減ってきて事務所の経営が苦しくなっている(結果、給与が下げられる)というようなことです。 特に大手の特許事務所に行った人から聞かれる話ですね。 また、同じ分野の出願、中間処理をひたすらやり続けるため、ルーチンワークでモチベーションが上がらないという声も聞かれます。 たしかに、業界的に国内の出願件数が減って苦しくはなっていますが(詳しくは「」参照)、事務所に入る前にある程度見極めておきたいところです。 第3位:年収が伸びない 転職による後悔理由の第3位は 「年収が伸びない」です。 やはり、特許事務所に限らず、転職による後悔の理由として、お金の問題は大きいですね。 上で挙げたような、クライアント起因で給料が伸びないという場合もありますが、それ以上にあるのが、「仕事が評価されず年収が上がらない」という不満。 評価が所長の胸先三寸で決まるため、昇給の基準が不透明で、なんやかんや理由をつけられて昇給しない、という話を結構耳にします。 ただ、これは特許事務所の報酬体系の違いという側面もあるかもしれません。 一般的に、特許事務所における年収は成果連動(その人がどれだけ売上に貢献したかに応じて決まる)と言われていますが、中にはサラリーマンと同じく固定給を採っている事務所もあります。 その場合には収入は安定しますが、成果報酬の場合より金額が抑えられる傾向にあります。 第2位:仕事量が多くてしんどい 転職による後悔理由の第2位は 「仕事量が多くてしんどい」。 「仕事が多くて残業続き」とか「期限ものが片付かず休日も休めない・・・」といった不満は、体感的には一番多く聞かれますね。 (弁理士あるあるです。 ) ただ、どの特許事務所に行ってもある程度はそういう側面があるということで、第2位にランクイン。 やはり、特許事務所の仕事はチームワークというよりは個人に対して仕事が入ってくるので、仕事量が溢れそうなときも他の人に代わってもらうことができにくい環境であるのが大きな要因かなと。 特にできる人に仕事が集中する傾向があり、疲弊します。 また、知財の仕事は、クライアントの要望だったり庁期限があったりして、常に期限に追われることも多く、間に合わないときは土日出勤ということになります。 それに加えて、有給が取れる雰囲気ではないという事務所も結構あります。 中には、「有給を取ると給料を下げるぞ」と明言するような事務所も・・・。 仕事量に応じた報酬がもらえるならそれでいいと割り切れる人はいいですが、ワークライフバランスを優先したい人は、よくよく事務所を吟味する必要があります。 第1位:所内の人間関係が最悪・・・ 転職による後悔理由ランキングの栄えある(?)1位は、 「所内の人間関係が最悪・・・」! あまり人と接することがないと言われる特許事務所ですが、職場の人間関係で後悔するケースは意外と多いです。 よくあるのが、• 所長がワンマンでパワハラ気味• 管理職とそり合がわない• ベテラン事務員に目をつけられ嫌がらせを受ける• 所内のコミュニケーションが極端に少なく疲弊する といった話ですね。 そんな職場の人間関係に大きな影響を与える要因は、一にも二にも 所長のキャラクタ。 ほとんどの特許事務所は所員が数十人程度と、組織の規模的には零細企業と変わらないわけで、トップの言動が職場環境にもろに反映されるのは、当然といえば当然。 所長が所員に対して威圧的だったり、マネジメントに無関心だったりすると、職場の人間関係が悪化するのは必然の結果です。 下で述べる情報収集をしっかりやって、極力リスクを減らすことが重要になってきます。 特許事務所の転職で後悔しないためには? 特許事務所の転職で後悔しないためには、どういったことに気をつければいいでしょうか? もちろん、実際に入るまでは本当のところは分からず、最終的には「エイヤー!」で事務所を決めなければならないのですが(転職とはそういうものです)、とは言えできる限りのことはしておきたいもの。 以下に特許事務所への転職で後悔しないためのヒントをまとめます。 どんな企業を代理しているかは必ずチェックしよう 転職先の候補となっている特許事務所が過去にどんなクライアントを代理したかは必ずチェックしましょう。 で代理人に代表弁理士の名前を入れて検索すれば簡単に調べられます。 (件数が多くて表示されない場合は、出願日が直近の数年以内のものに絞ります) 確認すべき点としては以下の3つです。 1.出願人が特定の企業に偏っていないか? 一番大事なのは、クライアントのバリエーションです。 理想なのは、その特許事務所が代理する出願人にいろんな業種のいろんな規模の企業がいて、バラエティー豊かであることですね。 一方で、出願のほとんどが特定の大企業に固まっていたら危険信号です。 2.外国の出願人がそこそこいるか? 一般的に外国企業の国内出願を代理する仕事(いわゆる外内業務)は、割が良いと言われていています。 その特許事務所が代理する出願人に、外国企業が一定比率いれば経営が安定する傾向にありますので、一応チェックしておきましょう。 (ただ、あまりに多すぎると外内業務しか仕事が無い可能性もあるので、それはそれで注意が必要) 3.出願件数が極端に減っていないか? これもマストではありませんが、過去に比べて出願件数が極端に減っていないかはチェックしておきましょう。 少々の増減は問題ありませんが、近年になって極端に出願件数が減っている場合は、経営がうまくいっていない可能性があります。 知り合いから情報収集 一番頼りになるのは、同じ知財業界の人からの口コミですね。 狭い業界ですので、あからさまなブラックな特許事務所の話は必ず耳に入ってくるはずです。 (企業に勤めている私ですら、色々と漏れ聞こえてきますからね(笑)) 日頃から交流会などに出て知財業務で知り合いを作っておくと、いざというときに役に立ちます。 Webで情報収集 転職活動で候補が出てきたら、最低でも特許事務所名や所長の名前などでWeb検索はしときましょう。 思わぬ情報が得られるかもしれません。 Googleで事務所名を入れると、「パワハラ」とか「ブラック」とかで検索補完されるような事務所がありますが、私が人から伝え聞く話でもその通りでした(笑) あと、昔の話ですが、大阪の特許事務所で所長や管理職がパワハラで書類送検された事例もありましたね・・・。 見えている地雷は避けましょう。 あと、企業の口コミを集めた というサービスがあります。 大手の特許事務所だと結構口コミが集まっていて、例えば、以下のような特許事務所の口コミがあります。 (口コミ数順)• 特許業務法人志賀国際特許事務所• 特許業務法人HARAKENZO WORLD PATENT&TRADEMARK• 特許業務法人深見特許事務所• 特許業務法人酒井国際特許事務所• 特許業務法人磯野国際特許商標事務所• 特許業務法人太陽国際特許事務所 転職を検討している特許事務所の口コミが無いか調べてみてはいかがでしょうか? \会員登録から48時間口コミが見放題!/ 転職エージェントを使う 転職活動の基本ですが、転職は転職エージェントを使ってやるべきです。 少なくとも、条件面の交渉は転職エージェントを立ててやったほうがやりやすいです。 あと、担当者がいい人であれば、自分のスタイルに合った事務所や危ない事務所を教えてくれることがあるかもしれません。 (まあ、彼らは転職させてお金をもらうのが仕事なのであまり期待はできないですが・・・) 特許事務所をメインに転職活動するのであれば、 がおすすめです。 弁理士や特許技術者の転職に特化しており、特許事務所の求人が豊富です。 登録は無料でできるので、特許事務所への転職を検討されている方は登録して良い求人がないか検討してみてはいかがでしょうか?! \日本最大級の士業求人サイト/.

次の