キムタク 映画。 木村拓哉、オススメ映画ベスト5紹介「見終わった後のみなさんを想像して…」

木村拓哉『映画ドラえもん のび太の新恐竜』出演、キムタクゴリ押しに辟易? マクドナルド新CMに続き新たな活動発表も…

キムタク 映画

3月26日 10:00 昨年11月に公開されるや口コミで話題が拡がり、観客動員数120万人を超える大ヒットを記録した『映画 すみっコぐらし とびだす絵本とひみつのコ』。 現在も一部劇場でロングラン上映が続けられている本作が、本日3月26日よりA… 3月21日 11:30 新型コロナウイルスの感染状況ならびに予防対策のため、公開延期を発表していた『映画ドラえもん のび太の新恐竜』の新たな公開日が8月7日 金 に決定した。 またあわせて8月7日に公開を予定していた『STAND BY ME ドラ… 2月27日 19:40 新型コロナウイルス感染症の感染拡大を受けて、3月6日 金 より公開を予定していた『映画ドラえもん のび太の新恐竜』が、公開を延期することが27日、発表された。 映画の製作委員会および配給の東宝は、「新型コロナウイルスの… 2月3日 15:07 「映画ドラえもん」シリーズ40作目となる『映画ドラえもん のび太の新恐竜』 3月6日公開 の公開アフレコイベントが3日に東京都内で開催され、ゲスト声優を務める木村拓哉が出席。 初めての公開アフレコに挑み、駆けつけたドラえ… 1月29日 18:00 今年、誕生50周年を迎える「ドラえもん」の劇場版最新作『映画ドラえもん のび太の新恐竜』が3月6日 金 から公開される。 先日、ゲスト声優としての参加が発表され大きな話題を呼んだ木村拓哉に続き、渡辺直美がシリーズ初出演する… 1月26日 12:00 1月下旬までにかけて発表され、話題となったアニメ関連のニュースをファンの声と共におさらい。 木村拓哉の『映画ドラえもん』出演やNetflixオリジナル作品「虫籠 むしかご のカガステル」のキャスト情報など見逃していた人は要… 1月16日 08:57 今年で連載開始50年のメモリアルイヤーを迎える国民的キャラクター「ドラえもん」。 毎年春休みの定番作品として公開されてきた「映画ドラえもん」シリーズの40作品目となる最新作『映画ドラえもん のび太の新恐竜』が3月6日 金… 2月19日 17:30 木村拓哉と二宮和也が、互いの正義を懸けて対立する熱き検察官を演じ、話題となった映画『検察側の罪人』のBlu-ray&DVDが、2月20日 水 よりリリースされる。 メガホンをとったのは、『関ヶ原』 17 など、骨太な演出… 2月16日 16:40 人気作家の東野圭吾による「マスカレード」シリーズ第1作を、木村拓哉主演で実写映画化した『マスカレード・ホテル』の大ヒット御礼舞台挨拶FINALが、2月16日にTOHOシネマズ日比谷で開催され、木村、長澤まさみ、鈴木雅之監… 2月4日 18:46 1月19日に公開され、週末動員ランキングで2週連続No. 1を獲得。 公開からの17日間で観客動員207万人・興行収入26億円を突破する大ヒットを記録中の『マスカレード・ホテル』 公開中。 その大ヒット御礼舞台挨拶が4日に….

次の

映画『マスカレード・ホテル』公式サイト

キムタク 映画

『マスカレード・ホテル』は、『白夜行』、『ナミヤ雑貨店の奇蹟』『ラプラスの魔女』、『ガリレオシリーズ』、『加賀恭一郎シリーズ』などで知られる作家・東野圭吾さんの同名ミステリー小説の実写化で、原作の小説はシリーズ累計で355万部を突破している人気作品となっています。 木村拓哉さんを主演に起用した映画『マスカレード・ホテル』では、2007年・2015年公開の『HERO』、2011年公開の『プリンセス・トヨトミ』、2017年公開の『本能寺ホテル』などでも監督を務めたフジテレビのゼネラルディレクター・鈴木雅之さんがメガホンを取り、ヒロイン役を長澤まさみさんが演じ、その他に小日向文世さん、濱田岳さん、笹野高史さん、高嶋政宏さん、生瀬勝久さん、勝地涼さん、渡部篤郎さん、松たか子さん、菜々緒さん、前田敦子さんなど、豪華キャストが顔を揃えています。 なお、昨年8月に公開された木村拓哉さんと嵐・二宮和也さん初共演作 『検察側の罪人』は、全国335スクリーンで公開され、 初週末2日間の観客動員数は31万8000人、興行収入は約4億1600万円、公開初日から3日間の観客動員数は約44万7000人、興行収入は約5億8000万円を記録し、 最終興行収入は約29億円でした。 この他の木村拓哉さんが主演した映画の興行成績は、2017年5月公開の 『無限の住人』は全国331スクリーンで公開され、 初週末2日間の観客動員数が約14万5000人、興行収入は約1億8900万円、最終興行収入は約9億6500万円。 鈴木雅之さんが監督を務めた2015年7月公開の 『HERO』2作目は全国443スクリーンで公開され、 初週末2日間の観客動員数は54万963人、興行収入は7億3277万4900円、最終興行収入は約46億7000万円。 2010年12月公開の 『SPACE BATTLESHIP ヤマト』は全国440スクリーンで公開され、 初週末2日間の観客動員数は41万2129人、興行収入は5億2821万5150円、最終興行収入は約41億円。 2007年9月公開の 『HERO』1作目は全国475スクリーンで公開され、 初週末2日間の観客動員数が74万9807人、興行収入は10億947万3875円、最終興行収入は約81億5000円。 2006年12月公開の 『武士の一分』は 公開初日から3日間の観客動員数が約37万7000人、興行収入は約4億3660万円、最終興行収入は約41億1000万円。 このような結果になっており、『マスカレード・ホテル』はこのまま順調に成績を伸ばせば、『HERO』の2作目に近い数字を獲得できそうです。 そして、映画のレビューサイト『Yahoo映画』『映画. com』『Filmarks(フィルマークス)』で作品の評価を見てみると、23日時点での平均点数は 【3. 6~3. 7点/5点満点】とまずまずの好得点を獲得しており、映画を観た人の感想はというと、• あの原作を2時間ちょっとの尺に収めた脚色力、原作ファンを納得させるものがありました。 客達の一人一人のエピソードが人生の縮図という感じで、原作を読んだ時もかなり楽しめたけれど、映像となるとさらに面白い。 役者の布陣が豪華でそれだけでも見応えがある。 前作の『検察側の罪人』に続き、キムタクではないキムタクがスクリーンに居る。 サスペンス部分が俊逸だったのが大きく、様々な点でリアリティもきっちりあって、個人的にはかなり満足する事が出来ました。 秀作だと思います。 今年の邦画最高かも。 俳優、脚本、音楽、撮影、どれも素晴らしいです。 観た後に、スッキリした気持ちになれる映画です。 この映画は、登場人物がうまく構成されているなあと思いました。 新田さんと山岸さんのその後を観たいと思わせてくれる素敵な映画でした。 監督もキャストも『HERO』普通に面白い。 ただ、テレビで見てもいい。 キャストが豪華ですごく贅沢だった。 そのことを楽しむ作品。 素晴らしい、期待以上の出来。 様々な人のドラマをショートストーリーで織り込んでくスタイルも東野圭吾作品なんで、それが出来も良いもんで要所要所で都度浸って感動してしまい、一瞬事件のことなんてすっかり忘れてしまっていた。 飽きが来なかったから2時間以上観てた感が全然しない• 一緒にいく相手を選ばないエンタメ映画。 パッケージ的な魅力にも負けず、そこは原作の力とテンポやら構成に違和感もなかったので、綺麗に完成された映画!と感じました。 シリーズもののイメージが強かったのですが、キムタクのキャラすごく活きていて、長澤まさみホテルマンハマってるな~やっぱかわいくて綺麗~と、眼福な映画でもあり!• お金掛かってそうな豪華キャスト! でも長かったー。 途中ドラマの1話みたいにあまり関係ないエピソードが入ったり、重要なトリックかも!? と思われるキーワードが説明がさらーっと流されてしまったり。 深く深く入り込めるところはなかったな。 まあまあ。 キムタクは何を演じてもキムタクで、今回もやはりそうだけど、検察側の罪人の時よりもはるかに良い。 ホテルマンらしい短髪も新鮮だし、小ざっぱりしていて好感持てる。 ただし、作品的にはクレーム対応のいくつかのエピソードは若干くどい。 客の怒り方も大袈裟過ぎて萎える。 加えて、渡部篤郎の銭形警部並みの演技も臭くていけない。 その辺の演出がどうにも受け入れ難い。 そして何よりミステリーとしては少々どころか、まったく物足りない。 ツッコミどころは多々あるものの、まぁまぁ面白かった。 などのコメントが寄せられています。 厳しい評価も少なくありませんが、全体的にはまずまずの出来だったという評価の方が多いと感じられ、批判されることの多い木村拓哉さんの演技に関しても、想像していたよりも良かったという反応が多くみられます。 木村拓哉さんは正月放送の『ニンゲン観察!モニタリング』(TBS系)に出演した際に、役者として活動する中で世間から度々叩かれ、「何やったってキムタク」などと言われていることについて言及し話題になったのですが、ここ最近は少しずつアクが抜け、キムタクらしさを残しつつも良い演技を見せていると評価する声が上がり始めています。 それも『マスカレード・ホテル』の好評価に繋がっている様子で、今後どこまで興行成績を伸ばせるのか、最終興行収入は40億円を突破出来るのかどうかに注目したいですね。

次の

木村拓哉『映画ドラえもん のび太の新恐竜』出演、キムタクゴリ押しに辟易? マクドナルド新CMに続き新たな活動発表も…

キムタク 映画

木村拓哉さんの映画が大コケ、なんて記事を目にすることがある昨今。 ですが、木村拓哉さんの映画出演はとどまるところを知りません。 二宮和也さんと出演する「検察側の罪人」は、2018年に公開予定。 そして2019年には、東野圭吾さん原作『マスカレード・ホテル』が公開されます。 スマップが解散、香取慎吾さん、稲垣吾郎さん、草彅剛さんがジャニーズ事務所から新しい事務所へ。 そして、中居正広さんもテレビのお仕事が順調。 キムタクはどうした!と書かれてしまうこともしばしばあるようです。 ですが、木村拓哉さんの映画はとっても順調にオファーが来ているようです。 2019年全国公開の映画『マスカレード・ホテル』は、どんな映画なのでしょう。 そして、原作の東野圭吾さんってどんな方なのでしょう。 木村拓哉さんの2017年公開映画『無限の住人』の興行収入は? 見ていきましょう。 2014年8月発売…文庫本『マスカレード・イブ』 2017年9月発売…単行本『マスカレード・ナイト』 マスカレードの販売数は、累計で265万部を超えるそうです。 マスカレードとは、仮装舞踏会、見せかけ、虚構、自己を偽る、変装するという意味。 映画公開は2019年。 それまでに、どんなストーリーなのか予習しておきたいですね。 作家・東野圭吾ってどんな人? 『東野圭吾』という名前を見て、『東野幸治』が浮かんできてしまうのは、私だけでしょうか。 全く違いますので、『東野圭吾(ひがしのけいご)』さんのプロフィールを見ていきましょう。 東野圭吾(ヒガシノケイゴ) 1958年大阪市生まれ。 大阪府立大学電気工学科卒業。 85年『放課後』で第31回江戸川乱歩賞、 99年『秘密』で第52回日本推理作家協会賞、 2006年『容疑者Xの献身』で第134回直木賞と第6回本格ミステリ大賞、 12年『ナミヤ雑貨店の奇蹟』で第7回中央公論文芸賞、 13年『夢幻花』で第26回柴田錬三郎賞、 14年『祈りの幕が下りる時』で第48回吉川英治文学賞を受賞 (本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです) 出典:楽天ブックス 東野圭吾さんは、59歳。 とてもたくさんの賞を受賞されていますね。 東野圭吾さんの作品 東野圭吾さんの作品は、たくさんありすぎて書ききれませんが、気になったものを書いていきます。 テレビドラマでは、福山雅治さん主演の『ガリレオ』、 二宮和也さん主演2008年『流星の絆』などなど。 映画では、広末涼子さん主演の1999年『秘密』や、 山田孝之さん主演の2006年『手紙』、 福山雅治さん主演2008年『容疑者Xの献身』、 堀北真希さん主演2011年『白夜行』、 二宮和也さん主演2013年『プラチナデータ』などがあります。 そして今後公開される映画では、 2018年公開予定・櫻井翔さん主演『ラプラスの魔女』、 そして、木村拓哉さん主演の2019年公開映画『マスカレード・ホテル』があります。 毎日どこかで、東野圭吾さんのドラマや映画、舞台が公開されているのかもしれません。 すごい作家さんです。 『マスカレード・ホテル』木村拓哉の新田刑事役は、賛成?反対? 大人気作家の東野圭吾さんの作品のマスカレード・ホテル。 東野圭吾ファンの方々の中には、その方々なりの新田刑事のイメージがあるようです。 木村拓哉さん演じる新田刑事に賛成派もいれば、イメージと違うと反対派の方も。 どんな意見があるのか、見ていきましょう。 木村拓哉の新田刑事役に、賛成派 まず賛成派の意見。 そもそも木村拓哉さんが大好き。 長澤まさみさんが大好き。 という方は、賛成のようです。 私も木村拓哉さん大好きなので、新田刑事に木村拓哉さん、賛成派。 木村拓哉の新田刑事役に、反対派 そして、新田刑事は木村拓哉じゃないやろ。 という意見も。 東野圭吾さんの『マスカレード・ホテル』。 原作をよく知っていらっしゃる方は、新田刑事は、20代のちょっととんがった長身の刑事、というイメージがあるようです。 確かに、木村拓哉さんは、長身とは言い切れないかも。 でも実際に目の前に木村拓哉さんがいたら絶対、「かっこいい!」って思ってしまうと思います。 いずれにしても、映画公開が楽しみです。 Sponsored Link キムタク映画はヒットするの?2017年公開『無限の住人』興行収入 木村拓哉さんの映画はここ最近、大コケだのと言われています。 2017年4月29日公開の『無限の住人』が期待したほどの収入を得られなかったとのこと。 ゴールデンウィーク中の4月29日30日の二日間の興行収入が、約1億8000万円。 そして、ランキング第5位。 第2週目の累計興行収入、約6億3000万円。 ランキング第8位。 そして第8週目の累計興行収入は、約9億5000万円。 10億円に届かない大コケと書かれてしまいました。 ですが、木村拓哉さんへの映画出演のオファーは、止まりません。 なんやかんや言っても、「キムタクは見たい!」が日本人の本音な気がします。 最後までお読みいただきまして、誠にありがとうございました。

次の