あかん やつ ら 歌詞。 赤田首里殿内:たるーの島唄まじめな研究

赤田首里殿内:たるーの島唄まじめな研究

あかん やつ ら 歌詞

お笑い芸人 エレクコミックのボケ担当として15年以上のキャリアを持ちながら、DJとして毎年MIX CDを発表 今年6月にも『Tropical Hour!! 』をリリース 、今年6月20日~21日の2日間に渡って渋谷地区の10会場で開催、約1万人の観客を動員し大盛況のうちに終了した音楽とお笑いの融合フェス 『YATSUI FESTIVAL! 2015』を主催するなど、その活躍が多岐に渡っている やついいちろう。 そんなやついのアーティストとしての原点ともいえる楽曲が、2011年にIMALUと結成したユニット・ SUSHI PIZZAの 『マイティDISCO』だ。 そのユニット名のとおり、この楽曲もキャッチーなメロディで誰にでも親しまれるような踊れるポップソングになっている。 特に親しみやすさを覚えるのはついつい一緒に口ずさみたくなる 「あかあかあか あかるいよ」というフレーズ。 この「あかるいよ」はもともと2004年~2005年にかけて放送されていた日本テレビ系のバラエティ番組 『メンB』内のコント 『マイティーやつい』に出てくる芸人の持ちギャグとして使われていたもの。 底抜けに明るいギャグで人気の芸人だからこそ持つ悲哀を描いていたこのコント。 その中で連発されていた 「あかるいよ!」というこのギャグが、東日本大震災が起こったときに 「「暗くない?」って振られたら元気に両手を顔の横に広げて 「明るいよ!」です」というTwitter上でのやついの発信から、悲しみに打ちひしがれていた日本の多くの人たちによって拡散されたことがあった。 落ち込んでどうしようもなく暗くなってしまっているときでも、この 「あかるいよ!」というフレーズを口にすれば 自然と笑顔になれる不思議なパワーがあるのだ。 そしてやついのDJスタイルは、クラブやDJイベントに行ったことがない、少し 敷居が高いと思っている人でも十分楽しめるように、盛り上がり方やフリをレクチャーしてくれるというもの。 そんなDJスタイルにも表れているやついのサービス精神は、 彼がお笑い芸人として培ってきたものに裏打ちされているのであろう。 そんな風に 「誰もが楽しめるもの、ハッピーになれるもの」を創り出せることがやついいちろうの最大の魅力。 そのハッピー感は、ひたすらバカをやって大笑いさせてくれるエレキコミックのコントだけではなく、この 『マイティDISCO』にも満ち溢れている。 だからこそ、凹んだとき、壁にぶち当たってしまったときにこの曲を聴けば元気が出てくるのではないだろうか。 この曲と一緒に 両手を顔の横に広げて「あかるいよ!」と口ずさんで、イヤなことも笑顔で吹き飛ばしてしまおう!! TEXT:Y. Fuku.

次の

凹んだときに「ハッピー注入」してくれるDJやついいちろうの魅力

あかん やつ ら 歌詞

お笑い芸人 エレクコミックのボケ担当として15年以上のキャリアを持ちながら、DJとして毎年MIX CDを発表 今年6月にも『Tropical Hour!! 』をリリース 、今年6月20日~21日の2日間に渡って渋谷地区の10会場で開催、約1万人の観客を動員し大盛況のうちに終了した音楽とお笑いの融合フェス 『YATSUI FESTIVAL! 2015』を主催するなど、その活躍が多岐に渡っている やついいちろう。 そんなやついのアーティストとしての原点ともいえる楽曲が、2011年にIMALUと結成したユニット・ SUSHI PIZZAの 『マイティDISCO』だ。 そのユニット名のとおり、この楽曲もキャッチーなメロディで誰にでも親しまれるような踊れるポップソングになっている。 特に親しみやすさを覚えるのはついつい一緒に口ずさみたくなる 「あかあかあか あかるいよ」というフレーズ。 この「あかるいよ」はもともと2004年~2005年にかけて放送されていた日本テレビ系のバラエティ番組 『メンB』内のコント 『マイティーやつい』に出てくる芸人の持ちギャグとして使われていたもの。 底抜けに明るいギャグで人気の芸人だからこそ持つ悲哀を描いていたこのコント。 その中で連発されていた 「あかるいよ!」というこのギャグが、東日本大震災が起こったときに 「「暗くない?」って振られたら元気に両手を顔の横に広げて 「明るいよ!」です」というTwitter上でのやついの発信から、悲しみに打ちひしがれていた日本の多くの人たちによって拡散されたことがあった。 落ち込んでどうしようもなく暗くなってしまっているときでも、この 「あかるいよ!」というフレーズを口にすれば 自然と笑顔になれる不思議なパワーがあるのだ。 そしてやついのDJスタイルは、クラブやDJイベントに行ったことがない、少し 敷居が高いと思っている人でも十分楽しめるように、盛り上がり方やフリをレクチャーしてくれるというもの。 そんなDJスタイルにも表れているやついのサービス精神は、 彼がお笑い芸人として培ってきたものに裏打ちされているのであろう。 そんな風に 「誰もが楽しめるもの、ハッピーになれるもの」を創り出せることがやついいちろうの最大の魅力。 そのハッピー感は、ひたすらバカをやって大笑いさせてくれるエレキコミックのコントだけではなく、この 『マイティDISCO』にも満ち溢れている。 だからこそ、凹んだとき、壁にぶち当たってしまったときにこの曲を聴けば元気が出てくるのではないだろうか。 この曲と一緒に 両手を顔の横に広げて「あかるいよ!」と口ずさんで、イヤなことも笑顔で吹き飛ばしてしまおう!! TEXT:Y. Fuku.

次の

かぐや姫 赤ちょうちん 歌詞

あかん やつ ら 歌詞

歌詞:『赤とんぼ』 夕焼小焼の 赤とんぼ 負われて見たのは いつの日か 山の畑の 桑の実を 小籠(こかご)に摘んだは まぼろしか 十五で姐や(ねえや)は 嫁に行き お里のたよりも 絶えはてた 夕焼小焼の 赤とんぼ とまっているよ 竿の先 歌詞の意味 『赤とんぼ』の歌詞は、作詞者・三木露風の故郷である兵庫県揖保郡龍野町(現:たつの市)で過ごした幼少期の情景に基づいている。 三木露風が5歳の時に両親が離婚。 母親とは生き別れとなり、祖父の元で子守り奉公の女中(姐や)に面倒を見てもらっていた。 女中の姐や(お姉さん)に背負われて「夕焼小焼の 赤とんぼ」を見た幼い頃。 その姐やもやがてお嫁に行き、姐やからの手紙(便り)も送られてこなくなってしまった。 歌詞の大意はこんなところだが、「お里のたより」については、誰から誰への手紙なのかについては解釈の余地がある。 姐やの故郷から姐やへの手紙なのか、お嫁にいった姐やから三木露風への手紙なのか、母親から三木露風への手紙なのか、様々に考えられる。 聴く人それぞれの解釈の余地を残しておいた方が作品に奥行き・厚みが出るので、これはこのまま結論を出さずにおいておくのが良いだろう。 関連ページ 夕焼け小焼けで日が暮れて 山のお寺の鐘がなる 『江戸の子守唄』や『五木の子守唄』など、昔の日本の子守奉公(こもりほうこう)や守子(もりこ)を題材とした日本の子守唄(子守歌)まとめ。 子供から大人まで親しまれる有名な童謡・唱歌、日本の四季を彩る春夏秋冬・季節の歌、わらべうた、地元の民謡・ご当地ソングなど.

次の