さかい 内科 クリニック。 さかた内科クリニック 六甲アイランド

院長ご挨拶|さかい内科クリニック|新潟市西区小新の内科・循環器内科

さかい 内科 クリニック

頭痛 めまい 手足のふるえ 認知症 てんかん 脳梗塞・脳出血の予防 パーキンソン病等の神経難病など クリニックからのお知らせ 【新型コロナウィルス感染症の抗体検査、発熱がある方、慢性疾患で状態が安定している方の受診、予防接種、風疹抗体検査、睡眠時無呼吸症候群、筋電図・末梢神経伝導検査、脳波検査、頸動脈超音波検査、めまい検査、ボトックス治療、禁煙外来のお知らせ】 新型コロナ感染症(COVID-19 に過去にかかったことがあるかを調べる抗体検査を実施しております。 自費検査となり、費用は5500円(税込)です。 ご希望の方は電話でお問い合わせください。 発熱・せき・息切れ、強いだるさ(倦怠感)、味覚や嗅覚の異常などの症状がある方は、まずは電話でご相談下さい。 発熱やだるさ、咳がみられる方は、すぐに受診せずに市販薬などで自宅で安静をとり様子をみて頂き、高熱、強い倦怠感や呼吸困難が続く場合など、新型コロナウィルス感染症が心配な方は、直接来院されても当院ではPCR検査はできませんので、東京都新型コロナ受診相談窓口 03-5320-4592か江戸川区帰国者・接触者電話相談センター 03-5661-1124にご連絡の上、帰国者・接触者外来がある指定病院か、発熱外来や呼吸器内科のある総合病院等にご相談ください。 症状がつらい場合には電話診療にて症状に対しての処方をすることはできます。 新型コロナウィルス感染症が蔓延していることから、慢性疾患で当院に定期的に通院しており状態が安定している患者さんについては、体調に変わり無ければ、ご本人や家族の方が処方せんのみ受け取りに来院されることも可能です。 その際、処方は最長1か月分となります。 肺炎球菌、風疹、帯状疱疹、麻疹など各種の予防接種を実施しています。 事前にご予約ください。 風疹の抗体検査を実施しています。 直接来院して頂くか。 事前にご予約ください。 日中の眠気や脳梗塞につながる睡眠時無呼吸症候群の検査を実施しております。 筋電図や末梢神経伝導検査を実施しています。 手足のしびれや筋力の低下の状態を詳細に調べることができます。 脳波検査が実施しています。 てんかん、脳炎・脳症、意識障害、片頭痛、認知症などの診断や治療に役立ちます。 頸動脈超音波検査を実施しています。 脳梗塞の危険性や動脈硬化の状態を正確に調べることができます。 めまいの検査(重心動揺検査)を実施しています。 脳や脊髄、末梢神経からのめまいやふらつきを詳しく評価することができます。 眼瞼や顔面のけいれん、斜頸、脳卒中後遺症などによる手足のこわばりをやわらげるボトックス治療を行っています。 事前にご予約ください。 健康保険適用の内服薬を用いた禁煙治療を実施しています。 ご希望の方は受診してください。 一般内科や脳神経内科に関する事、その他どんな事でもご相談ください。 予約なしで直接に来院して頂いて結構ですが、予約の方を優先させて頂いております。 電話でも予約ができます。 こんな症状ありませんか? 大きな病院で長い時間待って診察を受けるのは大変です。 先ずは当クリニックでどんなことでもご相談ください。 必要に応じて専門医療機関にご紹介いたします。 かぜ、アレルギー、高血圧、高脂血症、糖尿病などの一般内科の症状を診療します。 その他• 頭痛がする• めまいがする• 手足がふるえる• 物忘れがひどくなった• 物が二重に見える• まぶたが下がる• まぶたや顔がぴくつく• 話し方がおかしい ろれつが回らない 言葉が出にくい• 歩き方がおかしい• 意識を失う• 手足がけいれんする• 手足に力が入らない• パーキンソン病、アルツハイマー病、脳卒中が心配である• 脳卒中の後遺症がある• 高血圧、高脂血症、糖尿病、不整脈など内科疾患を指摘された どんなことでも当クリニックへご相談ください。 提携医療機関 当クリニックは、近隣の専門医療機関と緊密に診療連携しておりますので、入院や精密な検査が必要な際にはご紹介致します。

次の

酒井内科・神経内科クリニック

さかい 内科 クリニック

糖尿病専門医、 糖尿病 療養指導士 東京 糖尿病療養指導士 含む である 管理栄養士、 臨床検査技師、 看護師、薬剤師による継続的なチームアプローチを実施し、 糖尿病の病態把握から治療 までを行います。 皆様に糖尿病の正しい知識を身につけていただき、 糖尿病合併症を予防し、当院のシンボルマークであるカメになぞらえ、 健康長寿を実現することが 当クリニック開設の意義です。 また血糖だけよくなっても他が悪くては意味がありません。 関連の病院と協力し患者さんを トータルでケアーしていきます。 地域の皆様のホームドクターとして、 一般内科、健康診断、予防接種も対応しております。 どうぞお気軽にご来院ください。 2020年5月14日に認可された 抗原検査 ではありません。 抗体検査です。 8 %・特異度 94. 7 % が入荷しました。 おおよそ 10分 で結果が出ます。 感度 とは陽性の人をちゃんと陽性と診断できる確率、 特異度 とは陰性の人をちゃんと陰性と診断できる確率のことです。 ご希望の方は 自費診療 にて 10,000円 税込 にて検査を行います。 自費診療ため 保険診療との同日診察はできません。 また結果が出るまでに時間がかかっても良い方には ロシュ社 の抗体検査も承っております。 こちらは静脈採血後、検査センターに検査を依頼しますので、 4-5日 結果が出るまでにかかります。 金額は 6,000円 税込 にて承っております。 ただ抗体がある人は再感染することはあるが、重症化はしないという報告はあります。 一方5月14日に認可された コロナウイルス 抗原検査 は PCR検査と同様に 今コロナウイルスを排菌しています 感染性がある ということがわかる検査ですが、 PCRよりは精度が落ちる とされています。 噂の話ですが、この抗原検査は最初に帰国者接触者外来とPCRセンターに配置して、一般の病院や診療所で自由に使えるようになるのは6月以降になると言われています。 当院は 高齢者 肺炎球菌 予防接種 実施医療機関 となっております。 基本的にはご予約をお願いしていますが、 ワクチンの予備がある際には当日でもお受けできます。 対象者: 23 区にお住まいで、 年度中に 65,70,75,80,85,90,95,100 歳になる方 過去に 23価 肺炎球菌ワクチンの接種を受けていない方 接種方法:北区及び他の 22 区から発行した 予診表 で接種 費用: 自己負担 4,000 円 また 対象年齢でない方 も 自由診療 にて肺炎球菌ワクチンを受け付けております。 この場合はワクチンの種類によって 8800円 ニューモバックス もしくは 9500円 プレベナー になります。

次の

地元鎌倉出身のさかい内科・胃腸科クリニック/内科・消化器科/内視鏡検査/人間ドック/各種健康診断

さかい 内科 クリニック

2年前(2017年)から無農薬、無肥料、無水で固定種を育てる完全自然栽培に挑戦しています。 僕が完全自然栽培の野菜作りを始めたきっかけは、被災地で出会った人たちの生き方でした (インタビューより抜粋) 医者になり日々、診療をしながら当たり前だけど薬を処方し、 病気が悪くなるとまた薬を増やしてね。 どんどん薬が増えていく・・・ 食べる物が体になり健康の基本なのは分かっていても、 食事の時間もゆっくり取れず、ふと考えると自分で食べている物のことも全然知らないんだよね。 野菜の種や農薬の話を聞くと、大切なことなのに知らないことばかり 将来は、自分たちの食べる物は自分たちで作る小規模な介護施設を作ってね、 なるべく他の人の世話にならずに暮らしていきたいと思っています。 インタビュー全文はまたは写真をクリック 2019年1月23日 当院は、胃カメラや大腸カメラ検査などの消化器系の専門検査と内科一般の検査や診察がうけられるクリニックです。 消化器系の専門的な検査を希望される方から、慢性疾患やカゼなどで「かかりつけ医」を探している方まで、お気軽に相談ください。 負担の少ない鼻からする胃カメラは 鎌倉旧市街で最も早く導入し経験も豊富です。 鼻からするのはどうしても抵抗がある方は鎮静剤を用い、苦しくないようにして口から行うなど検査に不安のある方も一番自分に合った方法で検査を受ける事が可能です。 大腸カメラ検査は クリニックの特性をいかし、柔軟に検査数を調整しているため他の病院のように予約日がずっと先になってしまうという事はありません。 おかげさまで鼻からする胃カメラや経口胃カメラ、大腸カメラなどの内視鏡検査は、鎌倉、逗子、大船だけでなく藤沢、横須賀、横浜などにお住まいの方まで大勢の方にご来院いただいています。 胃内視鏡検査の混雑緩和のため毎朝8時30分からの胃内視鏡検査に加え、午後の胃内視鏡検査も始めました。 午後の検査は、朝食(軽食)を食べる事もできるため禁食時間も短く、体への負担が少ないという報告もあり、検査を受けたいと思っているけど、なかなか時間がとれないという方におすすめです。 最新式の経鼻内視鏡EG-530NW(富士フィルム社製)を2本設置し、1日の検査可能数も倍に増えました。 また同日、病変の早期診断に有用とされる内視鏡検査用の分光画像処理機能(FICE)も導入、全検査で使用しています。 今まで希望の日に検査が受けられずご迷惑をおかけしました。 当院では平日のみでなく土曜日も含め毎日検査が受けられます。 トピックス• 10月1日より今年度のインフルエンザ予防接種を開始します。 予約は必要ありません。 診療日の9時から11時30分、午後3時から5時30分にご来院下さい(土曜日は午前9時から11時30分のみ)。 終了しました。 6月23日から クリニック内にて待合室ギャラリー 田口弘勝作品展を開催中。 (注:一般公開はしていません)• 6月1日より鎌倉市特定健診、がん検診、肝炎検診実施予定(予約制・毎日実施)• スロープ利用者の増加に伴い、スロープに手すりを設置しました。 また尿検査用のトイレに検査用のコップ置きを設置しました• 午前に時間が取れない方のために午後の胃カメラ検査を始めました• 最新の経鼻内視鏡EF-530NWを2本設置、内視鏡用の分光画像処理機能(FICE)を導入• 保険診療による 禁煙指導 を始めました(予約制)• 2008年4月25日 地球温暖化防止のための国民運動「チームマイナス6%」に登録をしました(登録番号:PNB2149539) 記事掲載・寄稿• 2013年7月31日 exciteニュースに「銭湯コミュニケーションを目指すお医者さん」ということで記事を掲載していただきました。 タウンニュース鎌倉版2013年7月26日に「ALL鎌倉映画祭を発案した酒井太郎さん 「伝える」被災地の現実を」を掲載していただきました。 鎌倉生活2013年7月1日号「鎌倉を聞く」人物紹介で取り上げていただきました。 鎌倉朝日2012年7月1日 健康百科㊸ 「喉の違和感」は食道から? を寄稿• 日本医事新報2012年6月16日No. 4599 いまどきこだわり クリニック探訪 vol. 15 「待合室をギャラリーとして開放」 が掲載。 2011年9月3、4日母校の神奈川県立七里ガ浜高校にて、後輩と一緒に宮城県女川町支援の女川カレーの紹介と即売会をさせてもらいました。 神奈川県医師会報 2011年7月10日号「我が開業奮闘記」 に寄稿(僕の原点)。 鎌倉生活特別号10月25日号 に「喫煙は「ニコチン依存症」を寄稿。 鎌倉朝日2010年10月1日 健康百科㉔「喫煙は病気!?」 を寄稿。 鎌倉生活6月10日号 に取材記事「街のお医者さん」が掲載されました• 鎌倉市衛生協議会発行の 衛生時報9月15日号 に『食道と食生活のはなし』を寄稿。 鎌倉朝日7月1日号 に『他人事でない大腸がんの増加』を寄稿。 鎌倉市衛生協議会発行の 衛生時報4月15日号 に『胃と食生活のはなし』を寄稿。 <<2018年7月29日(日)第4回鎌倉バリアフリービーチ in 材木座>> 今年も1日だけ鎌倉材木座海岸をみんなでバリアフリーにして 車いすを使っている方達にも海水浴を楽しんでもらおうと思います。 下記よりお申し込み下さい。 鎌倉バリアフリービーチ実行委員会 委員長 酒井太郎 2017年1月14日(土)14:00開場 15:00開演 <<国際協力団体フェスタ映画「ポバティー・インク〜あなたの寄付の不都合な真実〜チャリティー鎌倉上映」 寄付をしたことのある人から集めたことのある人まで、一人でも多くの人に観てもらいたい映画ができました。 支援や寄付が身近になった日本でも、寄付したお金がどのように使われているか、支援したものがどのようになったかまで考えている人は、まだまだ多くないように感じます。 東北や熊本、ミャンマーでずっと感じてきた寄付や支援のあり方、この映画はとてもシンプルなメッセージを私たちに届けてくれます。 映画の趣旨に賛同する国際協力団体や企業、グループがブースを設け活動紹介をする「国際協力団体フェスタ」も同時開催。 イベントHP: 無事終了しました。 予約で満員になった場合、当日券はございません。 場所:さかい内科胃腸科クリニック (神奈川県鎌倉市雪ノ下3-1-32 鎌倉駅東口徒歩11分) 予約/お問合せ:黒テント03-5225-3634 btt tokyo. email. 決してこちらでは聞くことのできない現地の様子に、ぜひ耳を傾けていただければと思います。 東北を始め被災地を応援している全ての方に聞いてもらいたいお話です。 シンポジューム「震災を忘れない!阪神・淡路大震災20年を覚えて」 パネラー河村宗治郎(兵庫県被災者連絡会会長・被災者懇談会(24団体)世話人) 岩井健作 代表 当時・日本基督教団阪神・淡路大震災対策委員) 映画上映は、東日本大震災で津波の被害をうけながら、一日も休まず診療を続けた岩手県宮古市にある診療所のドキュメンタリー。 「みちのくの医師の信念」。 映画「灯り続けた街の明かり」 解説 水元 康嗣監督 酒井太郎(共同代表 さかい内科・胃腸科クリニック院長) stop the 無関心。 ぜひご参加下さい。 日時 2015年 1月12日 祭 開場 1時。 終了後に仕込み味噌の任意量 約 1kg を提供していただき、飯舘村仮設住宅での 催し、次の味噌を増やす活動に利用させていただきます。 残りはお持ち帰り下さい。 主催:鎌倉に震災銭湯をつくる会 共催:飯舘村「味噌の里親」プロジェクト 協力:未来・連福プロジェクト・鎌倉YMCA・横浜YMCA対人地雷をなくす会・映画「飯舘村の母ちゃんたち」制作支援の会 順不同 定員を超える申し込みをいただき、無事終了しました。 来年もまた、開催したいと思います。

次の