胃痛 対処 法 即効 性。 胃食道逆流症(逆流性食道炎)の激しい痛みの原因と対処法

胃もたれの解消法!即効で『すぐ治す』3つの自宅ケア

胃痛 対処 法 即効 性

私たちが薬局・薬店で購入できる 一般用医薬品では、 胃と腸の薬をひとまとめにして「胃腸薬」といいますが、胃は酸性、腸はアルカリ性と性質が全く異なります。 ですから、一般に市販の胃腸薬には、酸性の場所で働く成分とアルカリ性の場所で働く成分を混ぜてあるのです。 本当ならば胃の薬と腸の薬とは別物のはずなのになぜこうしているかというと、お腹の具合が悪いときに、その原因が胃なのか腸なのかという区別が消費者自身でできないことが多いからです。 つまり、「腹具合が悪いとき」は、原因が胃か腸にあることがほとんどなので、胃腸薬をすすめるということなのです。 大切なのは、自分が なぜ腹具合が悪いのか、その原因が何であるかをよく考えて薬を選ぶということです。 「H2ブロッカー」という胃の薬があります。 10数年前から医師が処方する医療用医薬品を市販薬にスイッチ<転用>して発売されている、薬剤師がいないと購入できない第1類医薬品です。 胃酸の分泌を遮断(ブロック)する従来とは異った作用をもつ薬で、このH2ブロッカーは胃酸が関係する症状に効く薬のため、腸には効きません。 ですから今後は、胃腸薬を選ぶ場合、患者さんは胃が悪いのか腸が悪いのかを判断して薬を使い分けると良いでしょう。 「激しい痛みが続く」「症状が長く続く」「吐き気が繰り返される」「便に血が混じる」「便が黒くなる」などの症状があるときには、単なる胃腸のトラブルだけでなくもっと重い病気や他の病気が関係していることも考えられるので、病院・医院に行って検査をした方が良いでしょう。 お母さんが子供の腹痛を見るときには必ず便が出ているか、出ていないかということに注意してください。 便通がない場合は、浣腸をしてあげると、たいてい痛みは取れます(ただお腹が強く張っているときや、右下腹部が強く痛むときは、腸が詰まったり虫垂炎のことがあるので、浣腸せずにお医者さんに行ってください)。 それでも痛みが続いたり、サッパリ元気がない、さらに何回も吐く、また、嘔吐をともなう下痢などの場合は早めにお医者さんに連れていきましょう。

次の

ストレスからくる胃痛の症状と自分でできる5つの対処法 | 女性の美学

胃痛 対処 法 即効 性

胃痛の効果的な治し方、知りたくないですか? 胃はストレスや環境の変化に敏感で、ちょっとしたことですぐに痛くなってしまいます。 空腹になると痛くなったり、食後に痛くなったり・・・その時や人によって症状に違いはありますが、どれもつらくて一刻も早く解消したい悩みですよね。 そこで、今回は胃痛についてまとめてみました。 ・胃痛の対策や治し方って? ・胃痛の時にオススメの食事は? ・胃痛に効果のある薬 と、胃痛に悩んでいる時に気になる3つの内容をご紹介します! 胃痛は外から見えないため人にはわかりませんが、とても痛く不快な症状ですよね。 この記事を読んで胃痛の対処法を知り、いちばん効果的で自分に合った対策をして胃痛のない生活を送ってください! 目次 クリックするとスクロールします)• 胃痛の対策や治し方は? 胃痛が起こったときは、ひとまずゆっくり横になり休んでください。 特に、食べ過ぎやストレスによる自律神経の乱れが原因での胃痛は、身体を休めることをいちばんに考えてください。 ですが、仕事をしていたり家事や育児で忙しい時、ゆっくり横になるなんてできない!ということもありますよね。 そんな時、胃痛に対して何かできることはあるのでしょうか? すぐにできる対処法として、まずお伝えしたいのが「ツボ」のマッサージです。 ツボは、私たちの身体に300以上存在するといわれています。 実は、そのたくさんのツボの中に胃痛に効果のある場所があるのです!ではその場所をご紹介します。 ・「合谷 ごうこく 」・・・手のひらの、親指からの直線と人差し指からの直線が交わる点を合谷と言います。 この合谷を無理のない程度に強めの力で押しましょう。 ・「内関 ないかん 」・・・手首の付け根、手のひらのいちばん下の横ジワのある場所から指3本分の場所にあります。 親指で少し強めの力で押してください。 痛いときはあまり無理しないでくださいね。 ・「中かん ちゅうかん 」・・・みぞおちとへそのちょうど中間にあるツボです。 弱めの力で押したり、カイロや蒸しタオルなどで温めても効果的です。 私のオススメはペットボトル温灸です。 ホット用のボトルに50度暗いのお湯を入れ、ツボに当てて「熱っ!」となる寸前に離します。 これを何回か繰り返してください。 他にも、状況的にできるなら湯船につかって身体を温めるのも効果があります。 胃痛は内臓の冷えが原因になっていることもあるので白湯を飲むなど優しく温めると和らぎますよ。 他にも、胃痛の時にオススメの食事もありますので次の章でお伝えします! スポンサーリンク 胃痛の時にオススメの食事は? 胃痛の時は、何か食べないとと思っていても食べて良いのかわからなかったり、食べて良い物や食べた方が良い物はあるのかなど色々考えてしまうものですね。 ここでは胃痛の時に食べたい物と食べてはいけない物をまとめました。 胃痛の状態や考えられる原因などを考慮しながら、胃をいたわり無理のない程度に食事してくださいね。 胃痛の時に食べたい物 胃痛の時、食べたいものは胃に優しいものや胃痛を緩和してくれるような物です。 特に、栄養満点な卵や胃の粘膜を保護してくれるはたらきのある牛乳です。 卵はいちばん胃に優しい半熟で、牛乳は温めて飲むのがオススメです。 また、胃痛の時には良質なたんぱく質が欠かせません。 良質なたんぱく質は脂肪分の少ない肉類、大豆製品、多く含まれています。 豆乳や豆腐、きな粉、鶏のささみや牛ヒレ肉が良いですね。 しかも、身体に必要なアミノ酸を補うのに植物性たんぱく質と動物性たんぱく質を一緒に摂ると効果的です。 胃腸に優しく食べられるように柔らかく煮込んでくださいね。 胃痛の時に食べてはいけないもの 胃痛の時は、胃酸が多く分泌するようなものは避けましょう。 胃酸は食べたものを消化するのに欠かせませんが、分泌量が多くなりすぎると胃の粘膜を傷つけ炎症を起こします。 そうなると、胃痛がなかなか治らないどころかもっと悪化してしまいます。 例えば、唐辛子や香辛料などの辛い物、酢やレモン・梅干しなどの酸っぱい物、コーヒーも避けてください。 他にも食物繊維をたくさん含む野菜や脂肪分の多い物、生もの、たこやいかなど消化に悪い物もやめておきましょう。 また、胃痛の時にする人はいないと思いますが、お腹いっぱいで苦しくなるほどたくさん食べるのはやめましょう。 ほとんど噛まずに飲み込んでしまうような早食いも胃に負担がかかるので、よく噛んでゆっくり食べてくださいね。 スポンサーリンク 効果ある薬は? ここでは胃痛に効果のある市販薬をご紹介します。 「効き方」タイプに分けておきましたので、薬選びの時にぜひ参考にしてください! 胃酸の分泌を抑えるタイプ 食べ過ぎ・飲み過ぎやストレスなどで胃酸の分泌が多くなってしまっているタイプです。 効果のある薬は以下の通りです。 ・興和 コーワ 「アルタットA」 ・第一三共ヘルスケア「ガスター10」 ・大正製薬「大正胃腸薬Z」 ・ロート製薬「パンシロンキュア」 出過ぎた胃酸を中和するタイプ こちらも、食べ過ぎや飲み過ぎなどで胃酸が分泌しすぎている胃酸に効果のあるタイプです。 効果のある薬は以下の通りです。 ・ロート製薬「パンシロンAZ」 ・エーザイ「サクロンS」 胃の粘膜を保護するタイプ 胃酸が出過ぎて胃の粘膜を傷つけてしまっている胃痛に効果のある薬です。 効果のある薬は以下の通りです。 ・エーザイ「セルベール」 ・ライオン「スクラート胃腸薬」 ・第一三共ヘルスケア「新センロック錠」 足りない胃酸を助けるタイプ 消化不良を起こしているタイプの胃痛に効くタイプです。 効果のある薬は以下の通りです。 ・太田胃酸「太田胃酸A錠剤」 ・三共ヘルスケア「第一三共胃腸薬プラス細粒」 胃の痙攣を和らげるタイプ ストレスや生活習慣の乱れにより起こる胃痛に効果のあるタイプです。 効果のある薬は以下の通りです。 ・エスエス製薬「ブスコパンA錠」 ・大正製薬「ストパン」 胃痛の原因がわからない人にオススメ 自分の胃痛の原因が何かわからない、または複数の原因がありそうな時は総合胃腸薬がオススメです。 ここまでご紹介したお薬を総合したタイプが総合胃腸薬です。 総合胃腸薬は以下の通りです。 ・興和 コーワ 「キャベジンコーワa」 ・太田胃酸「太田胃酸」.

次の

胃痛の治し方は?効果ある薬は?

胃痛 対処 法 即効 性

胃食道逆流症で一番多くて特徴的な症状は、 胸焼けです。 他には、胃酸が上がってくる 呑酸も多いです。 胃もたれや吐き気・のどが不快でせきが続くなどを訴える人もいます。 胸焼けは、みぞおちの上が焼けるように痛くなる症状のことを言います。 胃食道逆流症では、軽症でも重症でも、胸焼けの強さは変わらないと言われていて、非常につらい症状が起こるとされています。 実は、胸の辺りに痛みを覚え、「心臓に異常が起こっているかもしれない」と感じて救急要請をする患者さんの中には、心臓の異常が原因ではない 「非心臓性胸痛」が原因だったという人も多くいます。 非心臓性胸痛はさまざまな原因で起こりますが、中でも胃食道逆流症が一番多いとされています。 胃食道逆流症は、 「下部食道括約筋のゆるみ」「胃酸過多」「食道の知覚過敏」のいずれかがあると起こりやすいとされています。 下部食道括約筋は、食道と胃の境目にある筋肉で、その筋肉があるおかげで食べ物や酸が逆流しないようになっています。 つまり、下部食道括約筋がゆるむと逆流しやすくなります。 ゆるむ原因は、食べ過ぎや脂肪のとり過ぎです。 ゲップが出やすくなり、胃酸が上がりやすくなるためです。 それから、 肥満などで腹圧が上がると胃を圧迫するため、下部食道括約筋が押し広げられることで、より逆流しやすくなります。 そして胃酸が増えると、下部食道括約筋がゆるんだときに上がってくる胃酸の量も多くなります。 たんぱく質は胃酸の分泌を刺激するため、肉をよく食べる生活をしていると胃酸の分泌量が増えます。 一方、胃酸が多く上がっていなくても症状を感じてしまう人がいます。 それを「食道の知覚過敏」と言っています。 食道の知覚過敏は ストレスと関係していることが分かっています。 そのため、ストレスが多い人も胃食道逆流症になりやすいと考えられています。

次の