国境 の 長い トンネル を 抜ける と 雪国 で あっ た。 雪国の世界(ウェブの文章編)

「国境の長いトンネルを抜けると雪国であった」。冒頭の「国境」、あなたはこれまでコッキョウ、クニザカイ、どちらの読みかたをしてきましたか?あくまで、どちらが正しいのか、ではなく。

国境 の 長い トンネル を 抜ける と 雪国 で あっ た

雪国 Narrator Publisher:• 夜の底が白くなった。 気がちがうわ。 雪にはじまり、炎におわる、薫りたつような一編。 うつろいゆく愛を描いた、すみずみまで美しくエロティックなこのノーベル文学賞受賞作を、俳優であり、また「『木を植えた人』を聴くプロジェクト」等で知られる朗読家である 榊原忠美が、じっくりとよみあげました。 Comments 24symbols is a digital reading service without limits. In exchange for a small monthly fee you can download and read all of the books offered in our catalogue on any device mobile, tablet, e-reader with web navigator or PC. Our catalogue includes more than 1 million books in several languages. This subscription can be terminated at any time in the section "Subscription". If you subscribed through your mobile operator and you no longer want to continue with your subscription, we will miss you but you can directly cancel your subscription or sending an SMS.

次の

【セルジュ ルタンス】クレールドゥムスク(透明なムスク)(クリストファー・シェルドレイク)

国境 の 長い トンネル を 抜ける と 雪国 で あっ た

雪国 Narrator Publisher:• 夜の底が白くなった。 気がちがうわ。 雪にはじまり、炎におわる、薫りたつような一編。 うつろいゆく愛を描いた、すみずみまで美しくエロティックなこのノーベル文学賞受賞作を、俳優であり、また「『木を植えた人』を聴くプロジェクト」等で知られる朗読家である 榊原忠美が、じっくりとよみあげました。 Comments 24symbols is a digital reading service without limits. In exchange for a small monthly fee you can download and read all of the books offered in our catalogue on any device mobile, tablet, e-reader with web navigator or PC. Our catalogue includes more than 1 million books in several languages. This subscription can be terminated at any time in the section "Subscription". If you subscribed through your mobile operator and you no longer want to continue with your subscription, we will miss you but you can directly cancel your subscription or sending an SMS.

次の

川端康成『雪国』冒頭「国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった」と町屋良平「夜のした」という表現の意図を比べる

国境 の 長い トンネル を 抜ける と 雪国 で あっ た

「こっきょう」は 国と国の境目であって、日本国内で使う場合は「 くにざかい」 が正しいのではないか、という意見があります。 一方で、この小説の舞台となる場所である「上越国境」は「 じょうえつこっきょう」と読むのが普通だ、という意見もあります。 当の川端康成はどう思っていたのか? というのは、「こっきょう」だったらしいというのはありますが、決定打はないようです。 興味深いのは、出典は忘れましたが、川端康成の弟さんが、「あの美意識の高い兄が、 冒頭の一語に濁音を入れるわけがない」というのを書いてらしたのを見たことがあり、おおっと思いました。 なるほど、そういう見方をすると確かに「こっきょう」のほうが切れがいい感じです。 これは「国境」が「くにざかい」とも「こっきょう」とも読めるのが原因ですね。 ちなみに「くにざかい」というのは訓読み、「こっきょう」は音読み。 一般に「訓読み」は和語で、日本語本来の言葉を読む時の音です。 「音読み」は主に中国から入ってきた言葉を日本語に合うようにして読んだ音です。 このように漢字表記は同じなのに、訓読みなのか音読みなのかで 印象がまるで違ってくる言葉は結構あります。 「風車」は「かざぐるま(和語)」と「ふうしゃ(漢語)」で二通り読めますねドン・キホーテが「腕をぐるぐる回す怪物」と見立てて向かっていくのは「ふうしゃ」であって、「かざぐるま」ではないですね。 子供が遊ぶのはもちろん「かざぐるま」。

次の