新生児 うんち 水っぽい。 新生児のうんちは何故「水っぽい」のか?

赤ちゃんのうんちから酸っぱい匂いが!これって病気なの?

新生児 うんち 水っぽい

健康なうんちの特徴• 黄色に近い黄土色 胆汁に含まれている成分によって黄色っぽくなります。 水っぽく柔らかいペースト状 ミルクや母乳を飲んでいるうちは柔らかいうんちをします。 臭いは無臭~少し酸っぱい 腸内のビフィズス菌の影響で臭いはほぼ無臭です。 白いカスやつぶつぶは、余分な脂肪やカルシウム。 健康には問題ありません。 正常なうんちは 黄色に近い黄土色をしています。 これは、胆汁に含まれているビリルビンという成分の影響を受けているから。 ビリルビンには黄色色素が含まれるので、黄色っぽいうんちになるんですよ。 健康なうんちの状態は? 母乳やミルクを飲んでいる赤ちゃんは 柔らかく水っぽいうんちをします。 状態は、柔らかいペースト状。 かぼちゃペーストのようなうんちですね。 初めて見るママは下痢なの?と心配になるような柔らかさですが、問題ありません。 離乳食が始まるまでは柔らかく水っぽいようなうんちが続きますよ。 母乳の方がミルクよりもややゆるく、やや黄色っぽいです。 健康なうんちの臭いは? 生まれたばかりの赤ちゃんのうんちは ほぼ無臭です。 これは、腸内のビフィズス菌の働きによるものです。 生まれたばかりの頃は、腸内をビフィズス菌が9割を占めているため赤ちゃんのうんちは無臭か少し酸っぱいような臭いなんです。 離乳食が始まるとだんだん臭うようになっていきます。 しかし、ミルクや母乳しか飲んでいないのに 腐敗臭がする場合は 腸内の菌のバランスが崩れている可能性があります。 赤ちゃんの機嫌が悪かったり熱があれば、早めに病院に行きましょう。 白いカスやつぶつぶは? 母乳やミルクのころに白いカスや白いつぶつぶが混じることもあります。 これは、 脂肪やカルシウムなどが消化されずに出てきたものです。 まったく心配はありませんので、安心してくださいね。 緑色のうんちは? 黄色っぽいうんちの他に見かける頻度の高い色が 緑色です。 緑色のうんちってびっくりしますが、赤ちゃんの 健康にはまったく問題ありません!安心してくださいね。 赤ちゃんが便秘気味でうんちがお腹の中に長くとどまると、ビリルビンが酸化して緑色になります。 他にも腸内の 細菌の変化やpHの違いなどで緑色になることもあります。 また、黄色いうんちとしてでても、外の空気で酸化して緑色になることもありますよ。 白、黒、赤のうんちは? 赤ちゃんのうんちの色で体調や健康状態を確認できます。 黄色っぽい黄土色や緑色のうんちのときは心配する必要はありません。 ただし、 白や黒、赤いうんちは病気や危険な症状の可能性があります。 ポイント 白、黒、赤のうんちが出た時は早急に対応が必要です。 白っぽいうんち ロタウイルスなどの細菌感染の可能性があります。 胆道閉鎖や胆道狭窄などの先天的な病気の可能性も。 黒いうんち 胃や十二指腸から出血している可能性があります。 胃炎や十二指腸潰瘍の可能性も。 赤いうんち 胃腸炎やサルモネラ菌などの細菌に感染している可能性があります。 腸重積症の危険も。 白、黒、赤のうんちが出た時は速やかに病院で判断を仰ぎましょう。 白っぽいうんち 白いうんちがでたときは、注意が必要です。 黄色いうんちが白っぽいときには問題ありませんが、クリーム色に近いような白さのときには ロタウイルスなどの細菌に感染している可能性があります。 ウィルスに感染している場合、うんちから 酸っぱいような臭いがします。 細菌に感染している場合、 脱水症状や 嘔吐、 高熱などの症状を引き起こしやすいので早めに病院で受診しましょう。 新生児期の真っ白なうんちの場合は 胆道閉鎖や 胆道狭窄の可能性があります。 これは胆管が塞がっていたり、狭かったりする先天的な病気です。 真っ白なうんちが続くときはすぐに病院に行きましょう。 黒いうんち 黒いタール状のうんちがでたときには、 胃や 十二指腸などで 出血している可能性があります。 肛門近くでうんちに混ざる血は赤いですが、 体の上の方の消化器官で出血すると胃酸と反応して黒くなることがあります。 それがうんちと混ざることで黒いうんちが出ます。 赤ちゃんが鼻血を飲み込んだときや、ママの乳首が切れて出た血を飲み込んだときなどにも黒いうんちがでることがあります。 この場合は一回のみ黒くなることが多く、心配はありません。 しかし、黒いうんちが何度も続くときは 胃潰瘍や 十二指腸潰瘍などの症状が疑われます。 速やかに医師に相談しましょう。 赤いうんち トマトを潰したような赤いうんちや いちごジャムのようなうんちが出た時には注意が必要です。 胃腸炎や サルモネラ菌などの細菌によって腸の中が傷つけられて 出血している可能性があります。 また、腸が腸に入り込んでしまう 腸重積症という病気の可能性もあります。 腸重積症はほっておくと入り込んだ腸が腐ってしまうことがあるので、早急に小児科で診断してもらいましょう。 うんちの色は黄色っぽいけれど、赤い血がポツポツと混ざっていることもあります。 これは、肛門近くが傷ついて出血しているためと考えられます。 便秘気味だったり、 水分が少ないとうんちが固くなり、排出時に肛門を傷つけてしまうのです。 その場合は、心配しなくても大丈夫。 ただし、 何度も繰り返し血が混ざる時には別の原因も考えられますので、医師に相談してくださいね。 うんちの色が心配なときは病院へ ポイント• 病院へ行くときはうんちのついたオムツを持参しましょう。 持参するのが難しい場合は、スマホやカメラで撮影しておきましょう。 ウンチの色と合わせて赤ちゃんの状態をチェックしましょう。 機嫌はよいか? 熱はないか? 食欲が普段と変わりないか? ぐったりしていないか? 自己判断せず、心配な場合はお医者さんで相談しましょう。 赤ちゃんのうんちの色で白や赤や黒が続くときには、 うんちのついたオムツを持って病院に行きましょう。 ビニール袋に入れて口をしっかり縛っておけば、臭いも気になりません。 病院に行くまでに時間がかかったりして、すぐに持参できないこともありますよね。 その場合は、 スマホやデジカメなどで写真を撮って病院で相談するとよいでしょう。 赤ちゃんの状態もよく観察しましょう うんちの色によって健康状態をチェックできますが、それだけでは判断できないこともあります。 ですので、うんちの色とともに普段の赤ちゃんの状態もよく観察しましょう。 機嫌はよいか? 熱はないか? 食欲が普段と変わりないか? ぐったりしていないか? うんちの色が健康でも、 赤ちゃんの機嫌が悪くぐずっていたり、ミルクや母乳の飲みが悪いなど普段と違う場合は別の病気も考えられます。 様子がいつもと違うと感じたら、お医者さんに相談しましょう。 うんちの色をよく観察しましょう 赤ちゃんのうんちの色はミルクや母乳、腸内細菌などでさまざまに変化します。 緑色のうんちなんて病気?!と思ってしまいますが健康なので心配いりません。 うんちの色にも個人差があるので赤ちゃんの元気なときのうんちの色をチェックしておくとよいでしょう。 ただし、白、黒、赤いうんちは病気の可能性があるので早急に対応してくださいね。

次の

赤ちゃんの下痢|GOO.N(グ~ン)

新生児 うんち 水っぽい

便の色が黄色や緑色だったとしても、基本的には問題ありません。 でも、中にはなんらかのトラブルが原因で下痢を起こしている場合があります。 新生児の下痢の見分け方と受診のポイント、下痢のときの母乳とミルクの与え方のコツなどを「かたおか小児科クリニック」院長 片岡正先生に教えていただきました。 色は?においは? 新生児の「ウンチの変化」を知っておこう 生後48時間以内に出すウンチを「胎便(たいべん)」と言います。 赤ちゃんが胎内にいたときや生まれるときに飲み込んだ羊水や腸管の分泌物、胆汁(たんじゅう)色素、脂肪、コレステロールなどが主な成分です。 粘りけがあって無臭で、緑がかった黒色をしています。 生後2~4日目ごろ 母乳やミルクによる黄色いウンチと黒緑色の胎便の入り混ざったウンチが出て、しだいに黄色みが強くなっていきます。 これを「移行便(いこうべん)」と言います。 胎便がすべて排出され、母乳やミルクを十分に飲むようになると、黄色から茶色の便の中に白いツブツブが混ざった「顆粒便(かりゅうべん)になります。 白いツブツブは母乳やミルクの脂肪が腸の中でカルシウムなどのアルカリ成分と結合して固まったもので、この時期の正常なウンチです。 生後5日以後 母乳の場合はやまぶき色のような黄色、ミルクの場合は薄めの黄色になっていきます。 ときどき緑色のウンチが出ることがありますが、これは胆汁色素が腸内で酸化したためで、赤ちゃんの機嫌がよく、食欲があれば心配いりません。 排便の回数 新生児期のウンチは水のように緩く、1回に出る量も少量です。 1日に10回以上排便することもありますが、個人差が大きく1~2日に1回程度の赤ちゃんもいます。 生後1ヶ月くらいになると、腸内の環境が少し整ってきて排便の回数が減ってきます。 と言ってもまだまだウンチは緩くて水っぽく、量も少なめです。 回数も個人差があります。 母乳とミルクのウンチの違い 母乳はミルクに比べて乳糖が多く含まれているため、腸内のビフィズス菌が活性化されて排便が促されます。 そのため緩いウンチになりやすく、回数も多くなる傾向があります。 ミルク育児の赤ちゃんのウンチは母乳育児の赤ちゃんに比べてややかためで粘りけがあり、回数も少なめの傾向があります。 混合の場合は、母乳とミルクの中間のウンチになります。 水のようなウンチは下痢? 見分け方のポイントはここ! もともと水っぽく回数も多めの新生児のウンチ。 下痢になっているかどうかは、以下のポイントをチェックして見分けましょう。 ポイント1:ウンチの回数と形状を確認 1日に何回くらい排便があるか、便の状態はどうかなど、回数と状態を確認します。 普段よりさらに水っぽくて回数も増えていて、うんちの色やにおいがいつもと違っている、粘液や血液を含んでいるような場合は下痢の可能性があります。 トラブルに早く気づくことができるように、日ごろから赤ちゃんのウンチの回数と状態をチェックしましょう。 ポイント2:機嫌や食欲など全身状態をよくチェック ウンチだけでなく、赤ちゃんの機嫌はどうか、元気があるかないかなど、全身状態も併せてチェックします。 新生児のころは表情の変化がまだ少なく、手足の動きも活発ではないため、判断が難しい場合もあるでしょう。 その場合、母乳やミルクの飲みが悪くなっていないかが一つの目安になります。 飲みが悪く、おしっこの量が少なくなっているなどの場合は早めの受診が必要です。 ポイント3:体温を測る ウイルスや細菌が原因の下痢の場合は発熱が一つの目安になります。 わきのしたの汗をふいて体温を測り、発熱していないかチェックしましょう。 ただし、赤ちゃんは体温調節機能が未熟で体温の変動が大きく、平熱も35~37度前後と幅があります。 また、体温は朝より午後のほうが高めで、母乳やミルクを飲んだあとも体温が上がります。 とくに新生児は衣服の着せすぎや部屋の温度などの環境の影響も受けやすいものです。 普段から平熱がどれくらいかを確認しておくようにしましょう。 ポイント4:吐くことがあるときは状況や頻度を確認 下痢だけでなく嘔吐を伴うこともあります。 吐くことがある場合は、「授乳のあとに噴水のように吐く」「突然吐く」など、どのような状況でどのくらいの頻度で吐くのか観察します。 危ないサインを見逃さないで!「受診の目安&タイミング」 下痢のときは体の水分が多く失われます。 とくに新生児の赤ちゃんは脱水症状になりやすいので、1日の下痢の回数が多い場合は注意が必要です。 下痢が疑われるときは、まず普段飲んでいる母乳やミルクを与えて、飲むかどうかを確認しましょう。 ウンチの回数が多くても、機嫌がよく母乳やミルクをよく飲むなら様子を見てもいいでしょう。 受診が必要なケースでも、急ぐ必要はなく診察時間内に受診すればいいケースと時間外でも緊急に受診したほうがいいケースとがあります。 それぞれの受診の目安は以下のとおりです。 病気によっては検査のためにウンチが必要な場合もあります。 デジタルカメラやスマホなどでウンチの写真を撮り、同時にウンチのついたおむつをビニール袋に入れて持って行くのがベストです。 まず写真を先生に見せ、実物が必要な場合はおむつを渡して診てもらいましょう。 また、以下の点についても伝えられるよう準備して受診するのがおすすめです。 でもそれは、はしか水ぼうそうなど、ママが免疫を持っている病気についてです。 ママがかかる以下のような感染症は、6ヶ月未満の赤ちゃんもかかる可能性が十分にあります。 細菌性腸炎(さいきんせいちょうえん) 主に細菌に汚染された食べ物から感染して起こる腸炎で、いわゆる「食中毒」。 とくに7~10月に発症率が高くなります。 食後に激しい下痢や嘔吐(おうと)、腹痛が起こったときや血便が出たときは、感染の可能性が高くなります。 原因となる細菌には「サルモネラ菌」「O-157」に代表される「腸管出血性大腸菌」など、たくさんの種類があります。 ウイルス性胃腸炎(ウイルスせいいちょうえん) 乳児下痢症(にゅうじげりしょう)ともいい、冬になると乳幼児を中心に流行がみられます。 「ロタウイルス」「ノロウイルス」「アデノウイルス」などが胃腸に感染して起こる病気です。 中でも多いのが「ロタウイルス」によるものです。 症状は嘔吐から始まり、しだいに下痢が見られ、発熱することもあります。 酸っぱいにおいがする米のとぎ汁のような白っぽい水のような便が、1日に何回も出るのが特徴です。 嘔吐と下痢のため体の水分が失われやすく、ひどくなるとぐったりして水分を受けつけなくなったり、尿の出が悪くなります。 ぐったりして水分を受けつけないときは、すぐに小児科を受診します。 原因の一つである「ロタウイルス」に対しては予防接種があります。 予防接種を受ければ高い確率で発症しない、または重症化を防ぐことができます。 生後6週から接種をはじめることができますが、初回接種は生後2か月にヒブ・小児用肺炎球菌ワクチンなどとの同時接種がおすすめです。 細菌性腸炎などの感染症の場合は、感染を予防することも大切です。 下のポイントを押さえてケアしましょう。 【母乳・ミルク】授乳はいつも通りに与えて大丈夫 下痢の場合は脱水症状を防ぐために水分補給をするのがケアの基本ですが、新生児の赤ちゃんは母乳やミルクで水分は十分にたりているので、ほかのものを与える必要はありません。 母乳やミルクはいつもどおりに与え、飲みたがらないときは徐々に回数を増やしてみましょう。 嘔吐を伴っている場合は一度にたくさん飲ませると吐いてしまうので、少量ずつ何度も与えましょう。 【おむつかぶれ予防】おしりをきれいに洗って清潔を保ちます 下痢便は肌への刺激が強く、頻繁に下痢をするとおむつかぶれを起こすことがあります。 おむつをしている場合はできるだけ刺激を取り除くために、下痢をしたらすぐに交換しましょう。 おしりを座浴やシャワーで洗ったり、お湯で絞ったガーゼできれいにふいておむつかぶれを予防します。 ワセリンなどで皮膚を保護してもいいでしょう。 【感染予防】便や嘔吐物が直接手につかないよう注意 新生児が細菌性腸炎などの感染症にかかるのは、家族の誰かから感染するケースがほとんどです。 ママは赤ちゃんと接する時間が長いので、ママを介して二次感染することも少なくありません。 家族の中に感染者が出た場合は赤ちゃんにうつらないよう、十分に注意しましょう。 もし赤ちゃんが感染してしまった場合、お世話の際には細菌を大量に含む嘔吐物や便が直接手に触れないように、使い捨てタイプの手袋をしましょう。 空気中に飛び散った細菌を吸い込まないようにマスクも忘れずに。 手袋とマスクは1回使ったら捨て、さらに必ず石けんで手指をよく洗ってください。 下痢をしたおむつや嘔吐物が付いた衣類やシーツにも細菌がたくさんいるので、すぐに処理します。 紙おむつや汚れをふいたティッシュなどもすぐにゴミ袋に入れて、袋の口を縛っておきましょう。 教えてドクター! 新生児の下痢のここが不安!Q&A ママたちから寄せられた新生児の下痢に関する疑問・不安のなかから、とくに多かった悩みについて、片岡ドクターにお聞きしました。 Q・水状のウンチが授乳のたびに出る 生後18日のベビーのウンチのことで相談です。 新生児のウンチはゆるゆるだと聞いていますが、昨日くらいから水状のウンチが授乳のたびに出ています。 色は黄土色でいつもと変わらないのですが、いつもはあるツブツブがほとんどありません。 下痢なのか普通の便なのかわかりません。 早急に病院に行くべきですか? A・ ツブツブはおっぱい・ミルクがかたまったものなので、なくなることもよくあります。 現状では緊急性は感じられませんが、授乳のたびに水状のウンチが出る状態がずっと続いているのであれば、ウンチの写真を撮って、かかりつけの小児科医に診てもらうことをおすすめします。 ただし、赤ちゃんの機嫌がすごく悪い、おっぱい・ミルクを飲みたがらない、下痢だけではなく吐くなど、他の症状もある場合はすぐに受診しましょう。 Q・お腹からグルグルと音がする 生後15日になりました。 最近、母乳を与えるとお腹から「グルグル」「キュルキュル」と音がすることがあります。 ウンチも水っぽいです。 熱はないようですが、下痢でしょうか?それともほかに悪いところがあるのでしょうか? A・ 小さい赤ちゃんのお腹からグルグル音がすると、驚いてしまいますよね。 でも、赤ちゃんのお腹が鳴るのは珍しいことではありません。 お腹がすくと鳴るのと同じで、腸が収縮することによる音でしょう。 とくに下痢っぽく鳴っているときは、強い音になることがあります。 音だけならば問題はありませんが、ひどい下痢が続くなどの場合はすぐに受診しましょう。 Q・ウンチからチーズのような匂いが 生後3週間で母乳です。 数日前から、便が前よりも水っぽくおむつに染み込む感じになりました。 チーズのようなにおいがするのですが、下痢ですか? 同じころから授乳の1時間後くらいに吐くようになりました。 ほぼ毎回なので心配です。 すぐに受診したほうがいいでしょうか? A・ 緊急性はないと思いますが、チーズのようなすっぱい匂いがするということは、胃腸炎や乳糖不耐症などによる下痢症の可能性があります。 ただ、まだ生後3週間なので腸内細菌が確立していません。 便の色も匂いも、いろいろな状態に変わっていく時期でもあります。 いちばん大切なのは、おっぱい・ミルクをよく飲んでご機嫌であること。 もしそうならば、便が緩くて回数が多くてもあまり心配はありません。 逆の状態だったり嘔吐などがある場合は受診してください。 Q・水っぽく黄色のウンチになった 母乳です。 今まで黄色のウンチだったのが、今朝から、水っぽい黄緑に近い黄色のウンチになりました。 おならもいつもより多い気がします。 これは下痢でしょうか? 熱はなく、母乳もよく飲みます。 生後20日です。 緑色のウンチが出て驚く方は多いですね。 これは胆汁色素が腸内で酸化したために起こるもので、赤ちゃんの機嫌がよく食欲があるならば問題ありません。 お腹には腸内細菌がいっぱいいて、それは新生児の赤ちゃんでも同じです。 腸内細菌にはさまざまな種類がおり、その状態の変化で便の色が変わることがよくあります。 また、新生児期のおならは、授乳の時に空気も一緒に飲んでしまい、それがおならとして出ることがあります。 いずれにしても、お腹がポンポンに張ったりしていなければ問題はありません。 Q・ウンチが緩くてくさい 母乳とミルク混合です。 生後3週間になる息子のウンチが、今までは黄色く粘りけがありツブツブがたくさんあったのですが、突然ツブツブがほとんどなくなり、緩~くなりました。 かなりくさいにおいがします。 ミルクの種類は変えていません。 機嫌は悪くなく普通で排便の回数も変わらないのですが、下痢なのでしょうか? A・ 赤ちゃんの様子が変わらず、機嫌も良いのであれば心配はないでしょう。 もしこの状態が1ヶ月近く続くときは、体重がちゃんと増えているかチェックしてください。 体重の増えがよくないときは、一度受診してみることをおすすめします。 体重を計ってもらうために受診するのもいいでしょう。 その際には、便の写真を撮って見てもらうと診断に役立ちます。 新生児の赤ちゃんの体はとてもデリケートで、脱水症状になりやすい状態にあります。 元気があっても3~4日下痢が続くようであれば、かかりつけ医に相談すると安心です。 NPO法人「VPDを知って子どもを守ろうの会」理事。

次の

赤ちゃんのうんちが水っぽい!チェックすべき症状と3つの対処法

新生児 うんち 水っぽい

新生児のうんちの特徴 下痢かどうかを知るために、まずは赤ちゃんのうんちの特徴を知っておきましょう。 1.水っぽい 新生児・乳児の便は、基本的に水っぽい状態で排出されます。 その理由は、赤ちゃんの消化器官が未熟であることと、水分を吸収する大腸の働きを抑制してしまう「乳糖」が母乳に含まれているからです。 2.母乳と粉ミルクによる便の違い 最近の粉ミルクは、母乳の成分と非常に近くなっているため、基本的に便の色や状態に大きな差がなく見分けることはとても難しいです。 以前は、母乳で育てている赤ちゃんのうんちは、ミルクで育っている赤ちゃんのうんちと比べると、より水っぽくて色が薄いと言われていました。 また、臭いについては、母乳で育っている赤ちゃんのうんちの方が酸っぱくて強いにおいであると言われていました。 3.緑色のうんちが出る 新生児のうんちには緑色の便が混じることがあります。 これは肝臓の分泌物である胆汁に含まれている「ビリルビン」が酸化した色です。 うんちには、必ず「ビリルビン」が含まれていて、腸内の状態により、うんちの色が変化します。 新生児や乳児の便が緑になるのは、ミルクと一緒に飲み込んだ空気が腸に入り込み、「ビリルビン」を酸化させてしまうことがあるためです。 便秘で、腸内にうんちが長く滞留している場合にも、便が緑色になることがあります。 4.白いツブツブが混じる 白いツブツブは、腸で消化しきれなかったタンパク質や脂質のかたまりです。 離乳食が始まるまでは、よく見られます。 普通便と下痢の見分け方 新生児は、そもそも水っぽいうんちをするため、下痢と見分けがつかないことがあります。 そのため、普段の便と比較することで、下痢を判断します。 1.いつもより回数が多い 2.いつもより明らかに色が薄く、水そのものである 例えば、普段1日1~2回のうんちをする赤ちゃんが、急に10回もするようになった場合には下痢が疑われます。 ただし、新生児は、腸の機能が十分でないため、1日10回以上うんちをすることもあります。 気温の変化など、生活上の刺激でも便の回数が多くなることがあります。 一方、便がほとんど水に近い状態であれば、下痢と考えて間違いありません。 下痢の時のホームケア 下痢の症状が出た場合には、まずは医療機関を受診して、症状に合った自宅でのケアについて医師から指導を受けるようにしましょう。 以下では、代表的なホームケアについて紹介します。 1.脱水に注意 下痢の時は、脱水症状に注意しましょう。 母乳、ミルクはいつも通り飲ませ、もし、飲む量が少なければ、回数を増やします。 赤ちゃん用のイオン飲料を飲ませても構いません。 2.おむつかぶれに注意 下痢は、普通便よりも強い酸性であるため、おむつかぶれになりやすいです。 下痢のたびに、おむつを交換しましょう。 拭き残しがあると赤くただれるため肛門の周辺を丁寧に拭きましょう。 また、感染性胃腸炎が原因による下痢であれば、2次感染の危険があります。 ゴム手袋をしてオムツを交換し、交換後には入念に手洗いをしましょう。 また、下痢が付着した布は処分するか、ウィルスと菌を殺傷するスプレーを使って洗浄しましょう。 参考書籍 医学書院「新看護学・母子看護」 金原出版「小児看護学」 小学館「家庭の医学大辞典」 学研「赤ちゃんの病気全百科」 ベネッセ「赤ちゃんの病気新百科」.

次の