ウイング ガンダム スノー ホワイト プレリュード。 新機動戦記ガンダムW Frozen Teardrop

魂ネイション2019“プレビューナイト”に潜入!GFFMCウイングガンダムスノーホワイトプレリュードの紹介イベントに声優・緑川光さんが登場!

ウイング ガンダム スノー ホワイト プレリュード

クリエーターたちの深層に迫る「魂の骨格」。 今回は『新機動戦記ガンダムW』のヒイロ・ユイ役で知られる緑川光氏にインタビュー。 「 GUNDAM FIX FIGURATION METAL COMPOSITE ウイングガンダムスノーホワイトプレリュード」や『新機動戦記ガンダムW』について語ってもらいました。 また、緑川氏は先日の「TAMASHII NATION 2019」にてトークセッションに登壇。 イベントのお話もしてもらいました。 実際は微妙にグレーの濃淡など色分けもあって、単色ではない、非常に手が掛かっていると感じました。 緑川:昔のプラモデルなり、完成品なりと比べても、最近の立体のクオリティは、ハンパないじゃないですか? 元々、立体物は好きなだけに、最初のアニメから25年経って、その進化を手に取れるっていう幸せもあります。 いろいろ想像すると楽しいですよね。 緑川:出典となる『新機動戦記ガンダムW Frozen Teardrop』でも、まだ全貌が明らかになっていませんし。 これまでのマーキングも、かなり個性的ですが、スノーホワイトプレリュードは白メインだけに、入れ過ぎない程度にバランス調整されている印象を受けました。 それこそ「じらされてるのかな?」と思いつつ、「まだ楽しめるのかもしれない」と。 ゲームも好きなので、今回、立体としてスノーホワイトが、より具体的デザインがなったので、ゲームでも登場してくれるのかなと。 どんな戦闘シーンになるのか楽しみです。 緑川:スパロボよりも多分Gジェネが先かな? 新作「SDガンダム ジージェネレーション クロスレイズ」が発表されたばかりなので、当分先でしょうけど……。 それでも、デザインがなかったら、メディアミックスなり、ゲームの登場も決まらないので。 いつか実現するのかなと思うと楽しみです。 なので、今回のプレリュードの武装はもちろん、今後は「七つの矮星(ジーベンツバーク)」だって(ゲームに)反映されるかもしれない。 (ジーベンツバークの)属性別の7つの弾頭なんて、すごく面白い設定ですからね。 それもいつかCGなりで映像化されたら……と、夢がより具体的になってきました。 緑川:『新機動戦記ガンダムW Endless Waltz』の時の取材で、展開を聞かれて「ヒイロの出番が減ってもいいんで、ウイングガンダムが活躍しているところが見たい」と答えたくらいです。 OVAや劇場版はTV以上のクオリティでメカを動かしてくれる印象ですから。 「それが観たい!」と。 緑川:TVシリーズからOVAで一気にあがりました。 それに『GUNDAM EVOLVE.. 『新機動戦記ガンダムW』のキャラクターデザインを担当した村瀬修功さんが監督・演出を担当されていて。 実はあの時、初めて村瀬さんにお会いしたんですよ。 その時に「え、あの村瀬さん! あ、どうもお世話になりました」みたいな(笑)。 TVの時はずっとお会いしたことがなくて。 やはりオーラが違いますよね。 緑川:まさにライブなので、言っていい事といけない事のせめぎあい、バランスが難しいですよね(笑)。 「いや、お前、そこつっこまないんかい」ってファンならではの想いもわかりますから。 緑川:「お前を殺す」では、ちょっと物騒ですからね。 でも、『新機動戦記ガンダムW』好きの人に言わせれば、「お前を殺す」と言われると長生きできるとか(笑)。 リリーナも生きていますからね(笑)。 緑川:「お前、結局、殺してないだろ」みたいな(笑)。 海外イベントで「I Kill You」と言ったら、すごく盛り上がりましたよ。 スノーホワイト以外に気になる展示はいかがでしたか? 緑川:やはり自分がかつて観ていた作品のアイテムは気になりますね。 特に『戦闘メカ ザブングル』が好きでした。 緑川:学生の頃、弓道をしていたのですが、終わると夕方なんですよね。 急いで帰れば、観られるタイミングで。 すごいチャリンコを飛ばして帰る途中、砂利に滑って転んだ思い出があります。 どんだけ急いだんだよって(笑)。 よほど飛ばしたんでしょうけど、そうそう転ばないですから。 緑川:あのへんのサンライズ作品は大好きでした。 」も、かなり関心を持たれているようでした。 緑川:映画も観ましたからね。 『接触篇』と、『発動篇』。 やっぱり「登場人物すべて死ぬアニメってあるのか」っていう衝撃を。 緑川:まだ一から十まで全部とは言えないですが、ポイントポイントは。 字面を見ると凄く歳をとった印象を受けますよね。 緑川:そうなんですよ。 年齢設定だけで、わりと騒がれてたことを覚えています。 挿絵などで、その姿が描かれているわけではないので、あくまでも想像ですが、ちょうど渋い歳なのでいいんじゃないとも思えました。 緑川:たしか、連載がスタートした最初、カトキさんのお名前がなかったんですよね。 だけど、いつしかクレジットされていたので「えっ?ってことは描いてくれるの!? 」ってドキドキワクワクを。 でも、「休載か~」もあったりして。 月1は長いなぁ~みたいなのをもう何年も(笑)。 あの連載がない時のガッカリ感……相当じらされていますね。 緑川:何かいっぱいじらされてる(笑)。 まぁ、それだけワクワクさせてくれるってことですよね。 それに今回スノーホワイトプレリュードが出たら、当然ね、「お前もマント取れや」みたいな、ね(笑)。 すごい楽しみだなぁ。

次の

スノーホワイトのプレバン・ウイングゼロ・プレリュードが話題

ウイング ガンダム スノー ホワイト プレリュード

とは、隅沢之の『 』に登場する、の1機種である。 はによる(が、全容はいまだになっていない)。 当初は通りから新造することを予定していたが、『 Wz』の後にのに関連するの一切合切が失われていたことに加え、それ自体がにも高度かつ精緻な設計に基づく品とも言うべき存在であったことから、その開発は困難を極めた。 作中に登場する本機は、版以前に勃発し、の闇に葬られた第面の後、ウィナー所有の資に解体された状態で保管されていたものを発見し、そこから再建造したものであり、一から新造されたわけではない。 開発系譜上は試作号機であると初期5機の中間に位置しており、試作機として位置付けられる。 特に本機はの前身機としての側面が強いが、も備えているため、乗りこなせるは限定される。 なお、機体を動かすための等はW(=)が独で開発した物を用いており、そのには歴で6年、換算で12年もの歳を要している。 外見上最大の特徴は、全身を全に覆う付きのを羽織っていること。 の以上に大掛かりな物となっているため、連載開始から3年近く経過しているにもかかわらずその姿はになっていない。 このは機体に性を付与する他、通常の()では行動に陥るような強磁性のの中での行動も可としている。 作中では基本的にからしたの乗機として運用されるが、一時的にWが搭乗していたこともある。 ベース機 本機のとなったのは、 である。 『FT』ではが登場し、ア・ の実 が搭乗する事となった。 その際、Jはと拡装備を「 と七つの」と呼んでいる。 これは、アの持つスナイプによっての射撃補整を向上させる狙いもあった。 その後はがJに拾われた際、である(ア・)に譲渡され、に搭乗する(本物の)と交戦。 その末にはJの元を機体ごと離れ、のはウィナーに回収され解体された。 その後他三機のと共に解体されたは、によって回収され用に再建造される。 よっては、自分のが乗っていた機体を修したものに乗っているという事になる。 お染みの大出。 のそれと同様、リッジ方式を採用しているが、こちらはを使いきったリッジが実弾のそれのように排莢される描写がある。 作中では1挺のみ携行しているが、8巻表ではの様に2挺のを携えた本機が描かれている。 やはりこちらもとほぼ同様の装備。 七つの(ジーク) 様々な効果を発揮する特殊弾頭を射出する装備。 地の文では矢として描写されているが、挿絵を見る限りではとは別の。 七種の弾頭はのテラミングを進める末に開発された様々なが転用されており、多種多様の弾を撃ち分ける事が出来る。 効果は以下の通りである。 ・《ロート》…高熱。 敵に着弾すると燃え上がる。 ・《ウ》…低温。 着弾点から四方に散開しに近い冷気を展開する。 ・《シュツ》…暴。 射線にいを発生させる。 ・《》…撃。 発射直後にし、広範囲に着弾後、に向かって撃を放つ。 ・《グリユーン》…。 に発射後となって広範囲に広がり、地に向かってを伸ばす。 ・《ズィル》…貫通。 合が使用されており、先端から状のを放ちコクを貫く。 ・《ゴルド》…強なP攻撃とを兼ねた切り札。 着弾部から広範囲に渡りディフェンサーをさせを効化する他、を含めた全電子機器を停止させる威を持つ。 ジークは気までは予測する事が出来ないに対しての装備となっており、多くのが登場するFTにいて切り札になり得る装備となる。 関連商品 関連コミュニティ 関連項目•

次の

「ガンダムW」幻の機体“白雪姫”、超合金として初フィギュア化! カトキハジメが続編小説イラストから全身描き起こし

ウイング ガンダム スノー ホワイト プレリュード

バックパック さて!! メインの改造箇所です 笑 現状はウイングパーツを無理やりくっつけているのみですが ココは小型化形状を整え、且つ稼働付きにて作成したいところですね。 さらにガンダムエース付属のドライツバーグを使い、それに翼的なディティールを追加して片翼ごとに3個追加していきます。 ココは複製の出番ですねぇ~ ドライツバーグは計2セット必要ですね。 130• 177• 252• 113• 653• 200• 165• 3 スポンサードリンク.

次の