コロナ ウイルス スーパー 銭湯。 銭湯経営者に聞く 新型コロナウイルス感染予防対策 その2

新型コロナウイルスは、風呂で感染したりしないですか?55℃の湯で30分で死...

コロナ ウイルス スーパー 銭湯

1,サウナ・銭湯に行ってはいけない? 新型コロナウイルスの感染についてはまだまだわからないことが多数あるのが現状ですが、 「感染症学」から見ると『高温多湿下ではウイルスの感染力が弱まる』という情報もあります。 そこで疑問なのが、高温多湿である サウナ・銭湯については 感染リスクは高いのか?それとも低いのか?ということです。 日ごろサウナや銭湯でリフレッシュしている方、自宅にバスルームがなく銭湯を利用せざるを得ない方からすると、サウナ・銭湯を控えることは死活問題に近い状況ですよね。 結論、サウナ・銭湯には行ってはいけないかどうかについては、自己責任・自己判断に頼らざるを得ないこととなります。 サウナ・銭湯における新型コロナウイルスの感染リスクや危険性が不明確な状況ですので、現状わかりうる情報を本記事で提供できればと思います。 もちろん不要不急の外出は控えるべき状況であることを前提に、参考にして頂ければ幸いです。 2,サウナ・銭湯に関わるデマ 新型コロナウイルスの感染についてはまだまだわからないことが多数あるのが現状ですが、いきすぎた情報や「デマ」を流す人が一定数いるのも事実です。 ここからは、サウナ・温浴施設に関わるデマについて取り上げていきます。 感染の元となるものはあくまで飛沫感染であるため、その元である唾液・鼻水が原因であることがほとんど。 「感染症学」が専門の中原英臣医学博士も、汗からウイルスが出ることはないと仰っています。 汗が原因で感染するケースは確認されていないため、『汗でも感染するか?』という情報においてはデマであると言えます。 熱い風呂に入ればウイルスを殺せるという情報については、「ウイルスを殺すには、温度が60度以上(新型コロナウイルスに有効かは不明)」という前提条件があります。 60度のお風呂に入ったりなんかすれば、火傷するのは目に見えていますよね。 しかも、熱い風呂に入ることは体温を変えることにはならないため、これもデマであると言えます。 3,新型コロナウイルス対応ガイドライン 2020年3月8日、「公益社団法人日本サウナ・スパ協会」が、『サウナ・スパ関連施設における新型コロナウイルス対応ガイドライン』を発表しました。 国内のサウナ施設・銭湯施設の基準となるガイドラインとして掲示されており、業界に向けたガイドラインとなっています。 我々利用者としても知っておくべき情報もありますので、ここからは大事なポイントを抜粋してご紹介していきます。 感染の拡大・拡散を防ぐため、以下症状のある方はしばらくの間、施設の利用を控えるように記載されています。 4,サウナ・銭湯における感染対策 自己責任・自己判断のもとサウナ・銭湯などの温浴施設に行く場合、個人でできる感染対策は万全にしておきたいですよね。 ここからは、個人でできる感染対策について情報提供をしていきます。 定期的にサウナ内の空気を入れ替えている、かつ人との距離をとれる広いサウナスペースのある施設が理想的ではあります。 しょっちゅうサウナ内の空気を入れ替えてしまうと、せっかくのサウナ空間が壊れてしまうので難しい部分ではありますが、感染症の危険性がある期間においては各自が意識したいところです。 以前ご紹介したなどの温浴施設では、感染症における対策と利用者へのお願いをしっかりと載せてあります。 <サウナ・銭湯での注意点> 風呂や浴室は高温多湿でウイルスの感染力が弱まるが、問題は入浴後に共用スペースで過ごす時間が長いこと。 多くの客が集まる場所でごろ寝をしたり、食堂でのんびりするのは避けるべきです。 宿泊施設・食堂を兼ねた温浴施設では、入浴後リラックスしているスペースに人が集まってしまうため、そこでの感染リスクが高まってしまいます。 感染症の危険性がある期間においては、『サッと入ってサッと出る』を原則にサウナ・銭湯などの温浴を楽しむようにしましょう。 サウナ・銭湯に行けないけれど、あの爽快感と健康効果を味わいたい。 そんな方には、自宅でできる温冷交代浴がおすすめです。 まとめ 今回は、サウナ・銭湯における 『新型コロナウイルス』感染リスクと対策について、まとめて解説してきました。 不特定多数の人が生活し、感染ルートがわからない中で絶対に安全な場所などない状況の中、サウナや銭湯などの温浴施設も控えるべきなのでしょうか。 最終的には個人の自己責任・自己判断に委ねられることにはなりますが、今回ご紹介した情報を参考にしていただければと思います。 この記事が、あなたのサウナ・銭湯に行くべきかどうかの判断材料になれば幸いです。 以上、最後までお読みいただき有難うございました。

次の

コロナウイルスで自粛中に銭湯や温泉は大丈夫?サウナは危ない?!|ドドヨの腹ぺこ自由帳

コロナ ウイルス スーパー 銭湯

街の銭湯が市民ランナーに利用を呼びかける、その名も「ランナーズ銭湯」。 着替えや汗を流す場所が欲しいランナーと、廃業相次ぐ中で利用者を増やしたい銭湯。 互いの利益がぴたりと合い、全国に広がっている。 (松尾由紀) 銭湯初心者のランナーも歓迎 3月初めの午後6時過ぎ、大阪市阿倍野区の銭湯「いりふね温泉」に勤め帰りのランナーが続々とやって来た。 近くの長居公園で毎週7時過ぎからあるランニング会に参加する人たちだ。 大人450円の入浴料を払って脱衣場へ。 ランニングウェアに着替えると、フロントに戻り、ロッカーの鍵を預けて走りに行く。 ランニング後は大きな湯船で疲れを癒やす。 大阪府豊中市の会社員男性(43)は数年前からの常連。 「シャワーと違って大浴場で温まるし、くつろげます」。 ランニングを始めて1年になる大阪市の会社員女性(34)は「同じようにここから走る仲間が増えた。 入浴後のビールは最高の味」と話した。 自身もランニングが趣味の店主、前川優さん(66)が、銭湯の利用を呼びかけ始めたのは10年以上前。 口コミで人気となり、秋から冬のマラソンシーズンになると多い日には30人ほどが利用する。 利用料は入浴料のみ。 ただ、ロッカーを長時間使うため、ランナーは上段か下段を利用し、使いやすい中段は入浴客のために空けるルールだ。 新型コロナウイルスの感染拡大に伴う外出自粛の影響で、3月下旬からランナーだけでなく一般客も減り、時短営業や臨時休業を強いられる銭湯もあった。 いりふね温泉では、玄関と脱衣場にアルコール消毒液を置き、クーラー稼働中でも窓を開けて換気に注意し、5月22日から1カ月半ぶりに通常営業に戻した。 前川さんは「ランニングが縁で初めて銭湯に来た人や、普段から通うようになった人もいる。 大変な状況だが、ぜひまた来て欲しい」と心待ちにする。 加盟する大阪府公衆浴場組合では2015年から「ランナーズ銭湯」を打ち出す。 加盟346軒(5月1日現在)のうち約60軒が参加、組合ホームページでロッカー数やランニングコースなどを紹介している。

次の

銭湯経営者に聞く 新型コロナウイルス感染予防対策 その2

コロナ ウイルス スーパー 銭湯

スポーツセンターの銭湯に保菌者が行ったということで騒いでいますね。 ただ、それは、湯につかったからではなく、人の多い所に行ったから顰蹙を買っているのです。 20何度のお湯を飲めばかからないとかいうデマが飛び交いましたが、体内は常に36度程度です。 まして、37,5度以上の高熱を招く感染症がこの温度域で死滅もしくは不活性化するとは思えませんが。 思えませんが、するかしないかのデータがないんじゃないでしょうか。 科学者はデータがなければ発言しない。 飛沫感染ですから、普通はウイルスを含んだ唾や鼻水は2m以上離れたところに飛びません。 咳やくしゃみを大口空けて上に向かってしたらこの限りではありませんが。 ともかく、飛沫というものは空気中に浮遊するものではなく、落ちます。 落ちたら移動しません。 落ちたところに触れなければうつらない。 でも、プールだとか、風呂だとか、水の中なら浮遊して移動できます。 が、インフルエンザは高温高湿度環境では不活性化する(異説もあり)。 新型は?? これもまだ未確認。 インフルエンザもCOVID-19も、アルコールや洗剤で表皮(エンベロープ)が壊れるらしい。 つまり、銭湯で石鹸で消毒できる。 プールの消毒液で不活性化できる。 という可能性はある。 水の中をぷかぷか浮いているんだからすぐうつるという可能性もある。 スポーツセンターの事件が例証になりでもしない限り、いいも悪いも判断材料がないから、まっとうな医者も保健所も言及しないんだと思います。 すみません。 「まだ答えがないから」というのが答えです。

次の