ガイナックス 連続 殺人 事件。 エヴァで有名なガイナックス社長逮捕

ガイナックス

ガイナックス 連続 殺人 事件

2007年4月27日:プリンセスメーカー等で知られるガイナックスの 赤井孝美が失言で取締役辞任 なにやらネット上で騒ぎが起こっているようですね。 次のようなコメントがありました。 『ガイナックス事件にて赤井氏は「企画準備期間から数えて5年以上関わった作品の役職をこのような形で辞することは断腸の思い」だが、「今回の処置をもって、私たちが視聴者の皆様を大切に考えていることが僅かでも伝われば幸いです」としている。 頭悪いんで判らないんですが、何故このコメントで視聴者を大切に考えている事が判るんでしょうか?辞任したからでしょうか?それとも、ただの皮肉なのでしょうか?』 『』コメントより 最初見たとき、何の話だかよくわからんかったよ。 エントリー内容とも合致していないような感じだったし。 ガイナックス事件で調べても「」しか引っかからないし。 ちなみに18禁物らしい。 ですが、このたびニュースで取り上げるところも出てきましたね。 なんでも現在放映されているテレビアニメ「天元突破グレンラガン」に関するネット上の批判的意見に対し、ガイナックス社員と赤井孝美さんがmixi上で不適切な発言を行ったようです。 どのような不適切な発言だったのでしょうか? こういう発言をしたらしい。 『すごい時代になったでしょう。 でもそれが、グレンラガンなんだよね』 ……。 いや、ほら。 コメント書いた人が言いたかったのはこういうことかな、と。 久夛良木健と同じ心境ということでコメントしたんだろうし。 紛らわしいこと言わないでください。 信用する人がいたらどうするのですか!! 実際には次のようは発言をしたようです。 『「匿名だからって知ったかぶった論評やつまらん揚げ足取りを偉そうに書いちゃって。。。 必ず屁を吸ってしまいますぞ」 』 mixiコメント赤井孝美発言:J-CASTニュースより 取締役である赤井孝美さんの発言は品が無いですね…。 既に40歳中盤になっているのにこの手の品の無い発言をする赤井孝美ってどうよ、というツッコミがあるのも仕方ないな。 こういった発言をする人間が「プリンセスメーカー」を作ったというのも驚きだ。 ただ、別に言っていること自体は悪くないので、これで取締役辞任はどうかとも思うが。 それよりも、社員の方をクビにすべきだろ、これ。 しかも、「死ね」って発言しているしさ。 処分は厳重注意で終わったようですね。 「バーカバーカ」って…。 小学生かよ。 ちょ、ちょっと!何私を見つめてるのよ!! 自覚無しですか…。 こういう話が出てくるとアニメ業界のレベルの低さが窺い知れてなんか嫌だよね。 まじめに取り組んでいる方も多いと思いますので、なおさら残念です。 こんな素敵な社員とプロデューサーが関わった「天元突破グレンラガン」のDVD第1巻は7月25日発売なので、興味が出た人は見てくれたまえ。 真琴さんは見るのですか? うーん、一応ロボットアニメらしいんだよね、これ。 スパロボに出るようなら見ざるを得ないかなぁ、と。 そうでなければ、あんまり見たいとは思わんけど。 さようで…。 話題の提案、誤字脱字等の指摘、ご連絡はよりお寄せください。 2007年4月27日 23:25.

次の

ミシシッピー殺人事件|ファミコン攻略|難解?アドベンチャーゲーム攻略法 第2回「ミシシッピー殺人事件」

ガイナックス 連続 殺人 事件

ガイナックスは、「新世紀エヴァンゲリオン」のテレビシリーズを担ったアニメ制作会社。 現在、続編は別のアニメ制作会社が制作を担当している。 によると、巻容疑者の逮捕容疑は、自らが経営するプロダグションと契約する10代後半の少女の裸の写真を、「芸能人として写真を撮られるための訓練」といって撮影したり、体を触ったりしたというもの。 容疑を否認しているという。 被害少女は代理人弁護士を通じ、以下のようにコメントをした。 「私は私なりの目標をもって芸能界に足を踏み入れることにしました。 容疑者の行為は芸能界のことを何もわからない私たちの気持ちを悪用する物凄く卑劣でひどい行為だと思います。 何より今後同じような悲しい思いをする人がでないことを心より願います」 また弁護士は事件事故の被害者などの個人情報が晒されることが相次いでいるとして、以下のような声明を発表。 同様の行為には法的措置を進めると明らかにしている。 社会の注目が集まる事件・事故が発生するたびに、容疑者のプロフィールや顔写真を紹介するといった触れ込みの記事が、大量に作り出されている。 検索エンジンで上位にランクインすることを狙い、広告収入を稼ぐ狙いがあるからだ。 一方、ブログの運営者や筆者の情報がきちんと公開されていることは少ない。 また、情報のソースも曖昧で、ネット上の噂が発端になっており、デマの拡散経路となることも少なくない。 今回の事件でもすでに「ガイナックス社長の自宅はどこ?被害者少女は誰?」「容疑者の顔画像や経歴! わいせつされた少女は? 」「被害者を特定」などといったサイトが複数存在しており、検索エンジンの上位にランクインしていることが確認できる。 こうしたトレンドブログは、川崎・登戸の殺傷事件や京アニ放火殺人事件でもデマを相次いで掲載。 京アニ事件に関しては、NHKが法的措置を表明している。 また、茨城県の常磐道であったあおり運転事件では、まったく無関係の女性が容疑者であるかのような記事を、一部のブログが拡散。 女性側は法的措置を検討していることを明らかにしている。 常磐道のケースでは、リツイートなど拡散者も法的措置の対象とされている。 不確実な情報をクリックすることはもちろんだが、拡散しないようにすることが大切だ。

次の

【公式】名探偵コナン「資産家令嬢殺人事件(前編)」| シーズン1 第39話

ガイナックス 連続 殺人 事件

この項目では、1984年に創業したアニメ制作会社について説明しています。 2014年、福島に設立したアニメ制作スタジオおよび同スタジオが2016年東京に作った「スタジオガイナ(旧称・ガイナックススタジオ)」については「」をご覧ください。 株式会社ガイナックス GAINAX Co. , Ltd. 本社所在地 〒180-0005 1丁目4番20号 服部ビル202号室 : 設立 事業内容 アニメーションを主とした映像作品・コンピューターソフトウェアの企画、制作および販売 代表者 代表取締役社長 資本金 2億2千万円 関係する人物 取締役 取締役 取締役 外部リンク 株式会社ガイナックス(: GAINAX Co. , Ltd. )は、東京都武蔵野市御殿山に本社をおくの。 東京都下連雀時代のガイナックス入居ビル(-) 同社は、劇場用アニメ映画『』の制作を目的として設立された会社であり、『』や、『』『』などの制作でも知られている。 アニメーション制作に加え、末からのコンピュータゲーム制作では『』シリーズなどのヒット作品を残した。 テレビアニメーションを中心に制作の多くは共同制作名義で他社へ委託する形をとっていたが、開始のシリーズ『』で制作部門を立ち上げ、の『』(テレビシリーズ)にかけて自社単独名義による元請制作を手がけたほか、他社のテレビシリーズのも行っていた。 一方で、代表作のひとつであった『新世紀エヴァンゲリオン』のテレビシリーズと旧劇場版の版権が、元取締役で制作を手がけたが経営するアニメーション制作会社に移された。 両社はガイナックス時代の庵野作品の商品化について、その売り上げに応じガイナックスがカラーに使用料を払う契約を締結しており、にはガイナックスが滞納した使用料1億円の支払いを求めてカラーが提訴した。 また、2016年9月にアニメーション制作部門は関連会社のガイナに移籍したため 、ガイナックスとしてのアニメーション制作は2015年の『放課後のプレアデス』(テレビシリーズ版)を最後に行われていない。 社名はの東部、の西部の()で「大きい、凄い」という意味の「がいな」に未知を表す「X」をつけたもの。 なお「がいな」という方言自体は、の一部、またから海を隔てたの沿岸部でも使用される。 沿革 草創期 の「DAICON 3」のオープニングアニメーションに関わり、のの常連でもあった、、、、、ら関西の学生は、その後も「」として映像制作を行った。 このうち、DAICON 3後に大学を中退した岡田と武田は2月、 大阪環状線「桃谷駅」付近)にグッズショップ「」を開業した。 ゼネラルプロダクツはDAICON FILMと密接な関係を持ちながら活動。 経営が軌道に乗ったところで岡田に山賀が「プロになる」ことを持ちかけ、ゼネラルプロダクツが岡田と山賀に200万円の活動資金を提供する形を取って9月、向け長編アニメーション『王立宇宙軍』の企画を開始した。 自身の不倫問題発覚で1984年秋に上京したと、ゼネラルプロダクツおよびDAICON FILMメンバー、テレビアニメ『』プロデューサーのによって同年、『王立宇宙軍』の制作スタジオとしてガイナックスを設立した。 約4分の『王立宇宙軍』を制作し、4月に完成した。 岡田はこのパイロットフィルムと企画書を、DAICON FILM時代に自主製作映画販売でつながりのあったに持ち込んで出資を取り付け、劇場用映画『』として制作し、3月に公開した。 ガイナックスは『王立宇宙軍』が完成すると同時に解散する予定であったが、同作品の制作費が過大で予算超過分が同社の負債となったため、経営を継続することとなった。 作品『トップをねらえ! 』を制作し好評だったが、同作品も制作費が過大となって負債がさらに拡大した。 他社の下請けや孫請けも手がけ、経営を続けざるを得なくなった。 からにかけては、が「」に連載した漫画『ビートショット!! 』と『』のアニメーション制作に参加した。 ある時、赤井孝美は専門外だと思っていた向けコンピュータゲームのファンがアニメ・特撮のファンと通ずることがあることに気づき、自分たちの技能を生かしてコンピュータゲームを作りたいと岡田に提案する。 1989年7月15日、ガイナックスは脱衣ゲーム『電脳学園』でコンピュータゲーム業界でのデビューを果たす。 同作の大ヒットにより、『電脳学園』はシリーズ化された。 次に岡田たちは人気漫画『』をコンピュータゲーム化し、成功を収める。 また、パソコン雑誌『』編集部の柏原康雄が迎え入れられた。 そして、赤井が監督とキャラクターデザインを担当したの『プリンセスメーカー』シリーズは、ジャンルの先駆けとして大ヒットし、赤井は人気クリエイターの仲間入りを果たした。 ゲームの制作もアニメと同様の体制で行われており、10人ほどのチームの中にグラフィック班とプログラム班に分かれていた。 ディレクターはローテーション制であり、グラフィックを作品ごとに分けるということはなかった。 また、ゲーム版『』のように、社内アニメーターに原画を発注し、出来上がった原画をスキャナで取り込んで調整するというケースもあった。 『新世紀エヴァンゲリオン』(以下:『エヴァンゲリオン』)で大ヒットした後も、『』といった性的要素を含むゲームの開発が行われることもあった。 一方、『バトルスキンパニック』までのガイナックスの作品群はマンガのテンポに合わせて作られていたことから、プレイ時間が短いという指摘が会社に寄せられていた。 また、同社の作品に対する批評記事の中では、無意味に歩き回る場面が多かったという指摘が寄せられている。 『ふしぎの海のナディア』の大ヒット 4月放映開始のテレビアニメ『』(・世映動画共同制作)は、アニメ雑誌の表紙や巻頭特集を度々飾り、人気投票でも1位を取って同年最大の話題作となった。 翌発表のOVA『1982おたくのビデオ』『1985続・おたくのビデオ』は、末から前半のアニメブームを背景として活躍したDAICON FILM時代のガイナックスメンバー自身をセルフパロディした。 ゼネプロの合併、スタッフの独立(GONZO) 2月、ゼネラルプロダクツはの権利をに委譲しガイナックスと合併した。 同年9月には、、、らが退社し、を設立した。 岡田もこの年に代表取締役を辞任して退社し、が後任の代表取締役となった。 『新世紀エヴァンゲリオン』の大ヒット、粉飾決算事件 1992年の岡田退社以降、『王立宇宙軍』の続編をうたって山賀が中心となって企画された『』は制作作業序盤で中断を余儀なくされ、未完に終わった。 10月放映開始のテレビアニメ『』(共同制作)は、アニメーションの枠を乗り越えて社会現象を巻き起こし、ガイナックスは一躍脚光を浴びた。 しかしエヴァンゲリオン製作委員会への出資をしていなかったため、ガイナックスと庵野が受け取った収入は庵野の監督および脚本の印税だけだったがそれを制作スタッフへ分配した。 また、『エヴァンゲリオン』以降の仕事がなく、鶴巻和哉による新作アニメ(後の『フリクリ』)の企画も進まず、解散の危機を迎える中、庵野は『』のテレビアニメ化を企画し 、同作は1998年に放送された。 一方、エヴァンゲリオン製作委員会が関連商品の窓口を好意でガイナックスに移したことによりその版権収入が入ることになり、これ以降ガイナックスには企画や事業のコスト責任を問わない浪費体質が定着してしまったと庵野は指摘している。 、ガイナックスと代表取締役の澤村は、所得隠しにより5億8000万円を脱税したとしてから告発された。 澤村はに代表取締役を辞任し退社した。 庵野の独立 辞任した澤村に代わり、もう1人の代表取締役だったが社長を引き継いだ。 には『』(共同制作)、には『プリンセスメーカー』のアニメ化作品である『』(AIC共同制作)を発表するなど、他社との共同制作ながらもテレビアニメシリーズの元請実績を重ね、OVA『フリクリ』(-、プロダクションI. G共同制作)も話題作となった。 には本社を中町2丁目から本町6丁目に移転。 に伴い、には小金井市梶野町1丁目に設けた仮設社屋 に再移転した。 同時期、『』のアニメーション制作を担当予定することが発表されていたが、後に企画自体が凍結となり、制作から離脱した。 からにかけて、ガイナックス設立20周年記念作品として単独元請のOVAシリーズ『』を発表した。 一方で、創業時から作品制作の主軸を務めてきた庵野秀明が取締役に就任した後も放漫経営は続き、庵野が社内状況の記された書類を見てショックを受けることもあった。 庵野は取締役時代から給与体系や社内システムの改善を進言したもののまったく聞き入れてもらえず、また社内会議でも自身の意見は顧慮されなかったという。 このままでは次回作として温めていたオリジナル企画を同社でやっても『エヴァンゲリオン』の亜流にしかならないと考えた庵野は、その企画を凍結し、『エヴァンゲリオン』のリメイクをしたほうが良いという考えに至った。 庵野は、制作費を管理しスタッフにきちんと還元するには、自身の意思を経営に反映して責任が持てるようにする場が必要だと考えて、独立を決断する。 庵野は『トップをねらえ2! 』完結後の9月、アニメ制作スタジオ・を設立し、翌10月に取締役を辞任してガイナックスを退社した。 庵野に追随して、らもカラーへ移籍した。 2007年9月公開の『』以降の『新世紀エヴァンゲリオン』リメイクシリーズ()はカラーが制作し、版権も持つ形となり 、両社は、ガイナックス時代の庵野が手がけた作品の商品化でガイナックスが収入を得た場合、カラーに一定のロイヤリティー(使用料)を支払う契約を結んだ。 『天元突破グレンラガン』の大ヒット、制作チームの独立 2000年代後半、『エヴァンゲリオン』以来10年ぶりとなるロボット物のオリジナルテレビシリーズの企画が進行しており、当時は全く別のタイトルでテレビシリーズと劇場版を同時に制作する予定だった。 その後、仕切り直しとなり、劇作家のが脚本担当として起用されたことから、若手スタッフの一人であるが監督に立候補した。 当時、主力のスタッフは『トップをねらえ2! 』を制作していたため、テレビシリーズの制作は若手スタッフが中心となって行った。 その後、『トップをねらえ2! 』の制作が終盤に差し掛かったことから、同作のスタッフがテレビシリーズの制作チームに参加した。 そして、、同作はガイナックス初の単独元請テレビシリーズ『』としてテレビ放映された。 同作の第4話放映終了後、通常の商業アニメ作品の方法論と比較する一部の視聴者から、批判的な意見が同アニメの公式などに相次いで書き込まれた。 程なく、これらの意見に反発するガイナックス女性社員が、の日記に視聴者に対しての批判的な意見を書き込んでいたことが発覚したため、批判していた視聴者に油を注ぐ形になった。 同時に、この日記内容に同調するコメントをつけたmixiユーザーの中に、取締役の赤井がいた事が判明したため、最終的に赤井が取締役を辞する事態へと発展した。 2010年、今石が監督を務めた『』(以下:『パンスト』)が放送された。 その翌年の2011年8月、今石とが退社し、アニメ制作スタジオ・を設立した。 これに追随する形で庵野退社後の制作の主力だった 、、、、、上村泰らが同年秋までに退社した。 大塚はエキサイトの小林美姫とのインタビューの中で、ガイナックスを退社した理由について、「『パンスト』のように、普通は通らないはずの企画まで通ってしまい、ここまで好き勝手やってもらってよいのか不安になった」と述べたほか、業界の変化も理由に挙げ、「ガイナックスのような有名スタジオだとブランドイメージもあるため、やや慎重になる。 だったら新しい会社を設立し、失敗しても試行錯誤と言い切れる身軽さを身に着けたい」とも話している。 経営悪化、カラーから貸付金1億円の支払い訴訟 1月、本社を小金井市梶野町から三鷹市下連雀の本社ビルに移転し、同年2月には富士重工業(現・)との共同アニメプロジェクトの「第1弾」をうたった『』(ウェブアニメ版)を配信。 また赤井の郷里である鳥取県に『ヨナゴフィルム』を開設し、同市主催の映画祭『米子映画事変』の事業を手がけはじめた。 2012年、ガイナックスの経営が再び悪化したことにより、カラーへのロイヤリティーの支払いが滞り始める。 このとき、社長の山賀と取締役のから分割払の申し入れを受けた庵野はそれを了解した。 しかし、返済が十分なされないまま、2014年に武田から「会社が持たない」と新規に1億円の借金を申し込まれる。 これに危機感を覚えた庵野は、『エヴァンゲリオン』の商品化窓口やロイヤリティーの分配業務の移譲を1年前倒しにすることで、この頼みをのんだ。 この時、庵野はガイナックスに気を遣うつもりで、カラーの主要スタッフとかかわりの大きい『トップをねらえ! 』『トップをねらえ2! 』『フリクリ』の原作権の買い取りも申し出たが実現せず、『フリクリFLCL』の版権原作権はが買い取った。 作品の権利や資料の散逸を懸念した庵野は、さらなる支払いの猶予や経営支援も視野に入れ、ガイナックスに経営状況の説明と返済計画の提示を何度か求めたが、「経営状況に問題はなく、予定通りに返済する」という回答しか得られなかった。 そして、庵野は資料散逸防止の観点からガイナックスの債権の仮差し押さえの申し立てを2016年8月1日に行い、8月26日に執行された。 それでも、ガイナックス側から返済計画の提示はなく、庵野は同年9月9日に貸金返還請求訴訟を起こす。 これに対し、ガイナックスは裁判で争う姿勢を示したため、全国の注目を集める結果となった。 2016年12月、庵野を代表取締役とするカラーが、ガイナックスに対して貸付金1億円の支払いを求めてに提訴した。 6月、カラーの訴え通り1億円を支払うよう命じる判決が下り、ガイナックスは控訴せず判決が確定した。 また、ガイナックスの年商は2016年7月期で約2億4000万円と5年前(2011年7月期)の10分の1に激減しており、この裁判の提訴時点で約1億円の状態にあることも明らかになった。 さらに、裁判を通じて、ガイナックスの過去作品に関する資料が福島ガイナックスに売却されていたことが判明したため、カラーがこれらを入手し、アニメ特撮アーカイブ機構の管理下に置いた。 からにかけて、ガイナックスの「支部」と称する新会社が、、、、に立て続けに設立されたが、12月、5社とガイナックスの間には資本関係が存在せず、経営上無関係であることを明らかにした。 それでも、『エヴァンゲリオン』とガイナックス(およびその「支部」)が結び付けられて報じられることがあり、そのたびに庵野はエヴァンゲリオンはガイナックスおよびその「支部」と称する会社とは無関係であると表明している。 2016年9月30日、ガイナックスのアニメーション制作部門のスタッフが全員解雇され、へ移籍した。 同年10月には、本社を三鷹市下連雀から武蔵野市御殿山にあるマンションの一室に移転した。 2018年8月20日、福島ガイナックスはの完全子会社となり、社名をガイナへと変更した。 また、同年9月7日には、『王立宇宙軍』の続編である『蒼きウル』を、ガイナックスに代わって制作することを明らかにした。 社長の不祥事、役員総入れ替え 2019年10月、アニメーション制作会社オオカゼノオコルサマなどの代表を兼任していた巻智博がガイナックスの社長の座についた。 それから間もない同年12月、巻がの疑いで逮捕された。 2019年2月6~23日にかけて、足立区の自宅マンションで、「芸能人として写真を撮られるための訓練」と称して、自分が役員を務める声優育成会社と契約した10代女性の上半身を裸にして写真撮影し、触った疑い。 容疑については、「お願いされて撮った」と否認している。 巻の逮捕を受け、2019年12月27日の臨時にて役員の総入れ替えが決まり、2020年2月18日に新しい取締役が発表された。 新しい役員は全員ガイナックス社外から選任されており、このうち代表取締役社長はカラーの版権管理会社のグラウンドワークスの代表である神村靖宏が兼任し、取締役には アニメ事業局アニメ制作部部長の髙石優子、 上席執行役員ライツ部の、トリガー 副社長のが就任した。 また、同発表の中で、ガイナックスは資料や知的財産権の散逸状況の確認をしていると説明した。 作品履歴 太字は元請制作作品。 再編集版 2008年 劇場版 紅蓮篇 再編集版 2009年 劇場版天元突破グレンラガン 螺巌篇 再編集版 OVA 発売年 タイトル 備考 1988年 制作協力: AIC・センテスタジオ - 1989年、制作協力: 1989年 ビートショット!! 動画、元請: 1990年 - 1991年 1991年 制作協力: スタジオ・ファンタジア 続・おたくのビデオ 制作協力: スタジオ・ファンタジア 制作協力: スタジオ・ファンタジア 1992年 制作協力、元請: 、 2000年 - 2001年、共同制作: プロダクション・アイジー 2003年 制作協力、元請: 2004年 共同制作: - 2006年 ウェブアニメ• ・(1987年、アニメーションパート、監督・)• DATA NO. 6・(1989年)• (2011年)• (キャラクターデザイン)• (オープニングムービー)• (オープニング・エンディングムービー)• ゲームの他にもCG集やデスクトップアクセサリー集なども発売。 他社からも版権作品が発売されている。 電脳学園シナリオI Ver2. 電脳学園II ハイウェイバスター!! 電脳学園III トップをねらえ! 電脳学園IV エイプハンターJ• (PC-8801 専売 1990年12月15日発売)• SUPERバトルスキンパニック(PC-9801 1991年2月8日発売)• MIGHTYバトルスキンパニック(MSX2 1993年2月5日発売)• バトルスキンパニック9821(PC-9821 1993年9月21日発売)• プリンセスメーカー2• プリンセスメーカー ゆめみる妖精• プリンセスメーカー4• プリンセスメーカー5• エヴァンゲリオン関連• シリーズ• (との共同開発、用ソフト)• タイピングガンバスター• ねとらぼ 2020年2月22日. 2020年2月22日閲覧。 庵野秀明 2019年12月30日. ダイヤモンド・オンライン. 2020年1月14日閲覧。 ダイヤモンド・オンライン. 2020年1月14日閲覧。 Movie Walker 2014年11月1日. 2020年2月11日閲覧。 竹熊健太郎編 『庵野秀明 パラノ・エヴァンゲリオン』 、太田出版 [ ]• 電ファミニコゲーマー 2018年3月1日. 2020年1月4日時点のよりアーカイブ。 2020年1月16日閲覧。 松田 2018年4月19日. 電脳世界のひみつ基地. 2020年2月11日閲覧。 ダイヤモンド・オンライン. 2020年1月14日閲覧。 Movie Walker 2014年11月1日. 2020年2月22日閲覧。 ダイヤモンド・オンライン. 2020年1月14日閲覧。 本社入居のビル跡地周辺はI-I街区(商業施設棟)となり、武蔵小金井店となった。 三鷹市下連雀移転後の跡地には小金井市立けやき保育園が立地• ファミ通. com 2019年5月24日. 2020年1月14日閲覧。 オリコン 2016年12月6日付• エキサイトニュース 2013年10月31日. 2020年2月21日閲覧。 ITMedia 2007年4月27日. 2019年1月15日閲覧。 エキサイトニュース. 2020年1月14日閲覧。 ダイヤモンド・オンライン. 2020年1月14日閲覧。 2015年9月1日• 共同通信2017年6月23日• 2016年12月2日. の2016年12月1日時点におけるアーカイブ。 2016年12月2日閲覧。 ハフポスト 2017年4月7日. 2020年2月22日閲覧。 HUFFPOST日本版 2019年12月6日. 2019年12月6日閲覧。 nikkansports. com. 2019年12月5日閲覧。 Buzzup 2016年12月2日. 2020年1月15日閲覧。 イード 2018年8月20日. 2019年1月15日閲覧。 イード 2018年9月7日. 2020年1月5日閲覧。 ねとらぼ. 2020年1月16日閲覧。 共同通信 2019年12月5日. 2019年12月5日閲覧。 [ ]• マイナビニュース 2012年2月23日.

次の