松任谷 由実 中央 フリーウェイ。 松任谷由実(荒井由実) 中央フリーウェイ 歌詞

中央フリーウェイ 松任谷由実(荒井由実) 歌詞情報

松任谷 由実 中央 フリーウェイ

Yumi Arai The Concert with old Friends 1996. 12 Release DVD TOBF-5114 1. あなただけのもの 2. 生まれた町で 3. 空と海の輝きに向けて 4. あの日にかえりたい 5. 中央フリーウェイ 6. ひこうき雲 7. 返事はいらない 8. タイムマシンにお願い 9. グッドラック・アンド・グッドバイ 10. 12月の雨 11. 雨のステイション 12. COBALT HOUR 13. まちぶせ 14. 14番目の月 15. 春よ、来い 配信リンク Official HP Twitter Instagram Facebook UNIVERSAL MUSIC JAPAN 松任谷由実:.

次の

中央フリーウェイとは (チュウオウフリーウェイとは) [単語記事]

松任谷 由実 中央 フリーウェイ

実際とは異なる場合があります。 中央フリーウェイとは、 の楽曲である。 概要 に発売された『14番の』の収録曲。 として発売されたわけではないが、の代表曲の一つとも言える。 では、等のにが多数されている。 はをから方面に走っている情が書かれ、 基地、、工場などのする施設が登場している。 のはにあるため、を頻繁に利用していたと思われる。 後年、の野代にされた。 基地 工場 工場 中央ブリーフ連盟 中ブ連 番組、での。 フリーウェイステークス 東京競馬場 で行われる競走「」の本曲としてから使用されている。 からを見ながら本入場の返しをみる。 これもまた至高である。 関連項目•

次の

中央フリーウェイとは (チュウオウフリーウェイとは) [単語記事]

松任谷 由実 中央 フリーウェイ

中央道を都心から八王子方面に向かって走っていて 頭をよぎったのは、やはりこの曲だった。 右手に競技場のようなものが見えたところで、ふとこの曲を思い出し、 ひょっとしてあれが競馬場だとすると、、 じゃあ左手に、、、この建物がビール工場? あ、SUNTORYって書いてある。 やっぱ間違いない。 ちょっといいもの見たような得した気分。 ところが助手席の奥様ときたら、 ああそういう歌詞なんだ、とそっけないご反応。 さよけ。 作詞・作曲 、編曲• 1976年(昭和51年)11月、アルバム「14番目の月」に収録• 歌詞はへ:• 曲にまつわる背景などはにくわしい: その直後に、事故渋滞の長い車列にさえゆき当たらなければ 時間帯はともかく歌詞通りだったのにな。 待っていた現実は、 この道は、まるで 無限に続く~ 東京脱出に1時間以上かかりましたとさ。 それはさておき、 この頃のことの曲は、 なぜこんなにもお洒落なのだろう。 『中央フリーウェイ』もそのうちのひとつ。 こぼれるような電子ピアノと、 自己主張しすぎない、軽やかなギター、ドラムス、ベース のに まるで人ごとのようにも感じる無感動な、不思議な声のボーカルが メロディーラインを紡いでいく。 このカラッとした人間臭さのない感じが お洒落さの源なのだろう。 しかし、まさか今に至っても一度たりとも この曲がシングルカットされていないとは思わなかった。 こんなにおしゃれに この音を使っている曲は聴いたことがない。 freeは「無料」の意味ではなく、「行先停車無用」の意。 現在は「」の呼称になっているので「ハイウェイ」や「ドライブウェイ」のほうがしっくりくるが、この曲の発表数年前の1972年までは「中央高速道路」という名称だったので、この英訳でもそれほど違和感なかったのだろう。 「調布基地」 現在の府中飛行場や、の本拠であるを含む周辺一帯にあった米軍基地の通称。 全面返還が1973年で、これも数年しかたっていない頃なので、この名称もさほど違和感なく受け止められたのだろう。 「山に向かっていけば」 東京を出発した中央道が一路目指すは高尾山だが、おそらくここから見えている山があるとすればや奥の峰々だろうか。 「右に見える競馬場」 のこと。 府中にあるので府中競馬場とも称される。 ポップ畑の人がこういう仕事をしているのが面白い。 「左にビール工場」 武蔵野ビール工場。 現在入手可能な収録CD/視聴可能.

次の