マネー ショート。 映画『マネー・ショート』を見ていて混乱するのは、「空売り」を予習したせいだ。

現役投資家が解説する!どこよりも簡単な『マネー・ショート 華麗なる大逆転』

マネー ショート

監督は、主演はが務める。 本作はの『世紀の空売り 世界経済の破綻に賭けた男たち』(刊行)を原作としている。 概要 [ ] からにかけて、アメリカ合衆国では住宅価格が上昇し、住宅ローンの債権が高利回りのとして脚光を浴びていた。 多くの投資家たちがそうした金融商品を買いあさる中で、いち早くバブル崩壊の兆しを読み取った投資家もいた。 本作はそんな彼らがどのようにしての中で巨額の利益を上げたのかを描き出す。 原題「The Big Short」の「ショート」はのこと。 () - ()• ベン・リカート(モデルはベン・ホケット) - ()• チャーリー・ゲラー(モデルはチャーリー・レドリー) - ()()• ジェイミー・シプリー(モデルはジェイミー・マイ) - ()• ジャレド・ベネット(モデルはグレッグ・リップマン) - ()• マーク・バウム(モデルは ()) - () 元米国防長官。 ダニー・モーゼス - ()• ヴィニー・ダニエル(ヴィンセント・ダニエル) - ()• ポーター・コリンズ - ()()• テッド・ジャン(モデルはユージーン・スー) - スタンリー・ワン• シンシア・バウム(モデルはヴァレリー・フェイゲン) - ()• チャウ(モデルはウィン・チャウ) -• ジョージア・ヘイル - ()• キャシー・タオ - ()• クリス - ジェフリー・グリフィン• ローレンス・フィールズ -• イーヴィ -• 住宅ローン・ブローカー -• 住宅ローン・ブローカー -• 本人役 - ()• 本人役 - (兼田奈緒子)• 本人役 -• 本人役 - 製作 [ ] 構想 [ ] 、はのノンフィクション『世紀の空売り 世界経済の破綻に賭けた男たち』の映画化権を取得し、が代表を務めるが製作を担当することになった。 3月24日、が本作のメガホンをとり、脚色も担当することになったと報じられた。 なお、脚本の初稿はが執筆した。 キャスティング [ ] 2015年1月13日、ブラッド・ピット、、の3人が本作に出演すると報じられた。 また、が本作のプロデューサーを務めることも決まった。 14日、が本作に出演すると報じられた。 4月21日、残りの主要キャストが公表された。 23日、の出演も決まった。 5月8日、が自身ので本作に出演することを明かした。 撮影 [ ] 2015年3月18日、本作のがで始まった。 5月20日、に移って撮影が続行された。 22日には ()のオフィスでのオフィスを再現した撮影が行われた。 このとき、金融サービス局の助役がエキストラの一人として撮影に参加した。 公開 [ ] 2015年9月22日、パラマウント映画は本作を賞レースに参戦させるべく、アメリカでの限定公開日を同年12月11日、拡大公開日を12月23日に設定した。 日本では、日本支社解散後、独自配給を行っていたパラマウント・ピクチャーズ・ジャパンが2016年1月31日で業務を終了したため、同年2月1日からは、パラマウントと劇場配給契約を締結したの新子会社「」に変更され、同年3月4日に公開された。 『』 - マイケル・ルイスのノンフィクション『』(刊行)を原作とした。 ブラッド・ピットが主演を務めた。 出典 [ ]• 2015年12月6日閲覧。 2017年9月13日閲覧。 『 2017年3月下旬号』p. 投資の教養、2018. 2016年4月27日閲覧。 hollywoodreporter. com. 2016年4月27日閲覧。 History vs Hollywood. 2016年4月27日閲覧。 Rhoades, Shirrel 2015年12月24日. Tropic Cinema. 2016年4月27日閲覧。 MoviePilot. com. 2016年4月27日閲覧。 Wired. com 2015年12月11日. 2016年4月26日閲覧。 2015年12月6日閲覧。 2015年12月6日閲覧。 2015年12月6日閲覧。 2015年12月6日閲覧。 2015年12月6日閲覧。 2015年12月6日閲覧。 2015年12月6日閲覧。 2015年12月6日閲覧。 2015年12月6日閲覧。 2015年12月6日閲覧。 2015年12月6日閲覧。 com 2015年12月7日. 2015年12月8日閲覧。 TFCA 2015年12月14日. 2015年12月17日閲覧。 com 2015年12月18日. 2015年12月18日閲覧。 2016年1月3日. 2016年1月6日閲覧。 com 2016年1月6日. 2016年1月8日閲覧。 com 2016年1月25日. 2016年1月25日閲覧。 com 2015年12月11日. 2015年12月11日閲覧。 com 2016年1月7日. 2016年1月8日閲覧。 com 2016年2月15日. 2016年2月16日閲覧。 シネマトゥデイ 2016年2月25日. 2016年2月25日閲覧。 com 2015年12月3日. 2015年12月8日閲覧。 シネマトゥデイ 2016年2月26日. 2016年2月26日閲覧。 シネマトゥデイ. 2016年2月29日閲覧。 シネマトゥデイ. 2016年3月25日. 2016年3月25日閲覧。 シネマトゥデイ 2016年1月7日. 2016年1月8日閲覧。 外部リンク [ ]• (英語)• (日本語)• - (英語).

次の

映画「マネー・ショート華麗なる大逆転」のあらすじ!経済オンチの友達は映画館でチンプンカンプンだったので、ひたすらライアンのスーツ姿眺めてた。

マネー ショート

Contents• マネーショートってどんな映画 2008年に起きた「リーマンショック」を舞台に、50年に一度の大不況を事前に察知した4人が、莫大な資金で空売りをしかけ大金を稼ぎだす実話に基づいた話です。 最初に見た時の感想は、正直金融の専門用語が多くて良く理解出来なかったなという感想でした。 しかし、再び見たらめちゃくちゃ面白い。 リーマンショックが起こるまでの話 リーマンショックの前にサブプライムローン問題が起きたのは覚えているだろうか。 低所得の方や信用がない方でも簡単に住宅購入の為にお金を借りれたのがサブプライムローン。 サブプライムローンは高金利の証券となり、多くの銀行や投資家が買っていた。 この時のアメリカでは不動産価格は上がり続けるものと信じられていて、誰でも借金をして家を購入出来たのである。 映画の中では、比較的信用力の低いストリッパーがサブプライムローンを使って複数の住宅を購入しているという話があった。 ストリッパーでは支払い能力がいつかは切れることが、誰でもわかるようなものだが、バブルというのは恐ろしいもので、「住宅の価格は上がり続けるから、支払えなければ売ればいい、だから誰にでもお金を貸せます」というおかしな思考が当たり前となっていたのである。 トレーダーとして、この映画のおもしろいところ マイケルという証券会社のトレーダーが出てくる。 この男が最初にサブプライムローンの危険性に気づき動きだすのだが、とにかく自分の信念を曲げないのです。 サブプライムローンが破綻することに賭け、CDSという商品を怒涛の勢いで買い漁っていきます。 CDSとは超簡単に言うと、サブプライムローンが破綻すれば、大金が手に入るが、破綻しなければ毎月保証料を払い続けなけばならないという保険のようなもの。 価格が落ちれば利益となる空売りに似ていますよね。 住宅バブルに沸いていますから、CDSを買うことは誰もが馬鹿げた投資として嘲笑されるのです。 会社でも大馬鹿者呼ばわりで、社長に俺の金を返せと言われる始末。 でも、誰が何と言おうともマイケルはCDSの購入が正しいと貫きます。 しかし、ピンチが訪れます。 サブプライムローンの問題が表面化してきても、格付け会社は価値を下げないし、債券価格は落ちないのです。 会社の運用益は下がる一方。 この時の苦悩している状況が、とても理解出来る。 自分の考えがあっているはずなのに、市場は反応しない。 トレーダーなら何度も感じたことある経験です。 資金がどんどん減っていき、恐怖に押しつぶされそうになる、あの感じです。 しかし、ここを乗り越えた先に道が見えてくるのものなんですよね。 その後、実際にサブプライムローンの多くが債務不履行となり、その証券を大量に購入していたリーマンブラザーズは破綻しました。 そして、未曽有の大不況と突入していくのです。 結果、CDSを購入していた投資家に莫大な保険料が支払われました。 稼ぎ出したお金は4000憶円。 桁が違いますね。 今の当たり前を疑ってみよう 当たり前って、どう思います。 当たり前だから、何も感じないですかね。 例えば、 ・ビットコインが100万円越えている ・ニューヨークダウが数日過去最高値圏を推移している ・世界経済は発展し続けているから、株価は上がり続けるもの ・東京のタワーマンションは高いもの こういう状態がしばらく続くと、そういうものという認識が頭に植え付けらますよね。 何が正しいかなんてわからないけど、今の当たり前が崩れた時、過去を振り返って、あの時異常だったよね、ということになるかもしれません。 だから、「上がる上がる」と皆が言っているものには、大変注意した方がいいと思います。 だいたい、民衆に話が届いた時は天井ですから。 この「マネーショート」という映画は、バブルを知らない世代、バブル崩壊を忘れかけてしまっている世代、そして夢みるトレーダーや投資家に見て頂きたい作品です。

次の

現役投資家が解説する!どこよりも簡単な『マネー・ショート 華麗なる大逆転』

マネー ショート

の紹介:2015年アメリカ映画。 マイケルルイスが著した本「世紀の空売り、世界経済の破綻に賭けた男たち」を原作に映画化した作品。 リーマンショックが起きる前に経済破綻の危機に気付いた男たちの実話を、クリスチャン・ベイルやブラッド・ピットなど豪華キャストで描く社会派ドラマ。 サブプライムローンの危険性を察知した金融トレーダーらが、ウォール街を出し抜こうとする様子を描く。 今作では豪華な俳優陣が熱演を繰り広げ、アカデミー賞にノミネートされました。 監督:アダム・マッケイ 出演:クリスチャン・ベイル(マイケル・バーリ)、スティーヴ・カレル(マーク・バウム)、ライアン・ゴズリング(ジャレッド・ベネット)、ブラッド・ピット(ベン・リカート)ほか マネーショート 華麗なる大逆転のネタバレあらすじと結末:マイケルの提案 そしてさっそくこの考えで証券ディーラーと大手銀行を回り、彼らを説得しはじめました。 多くの会社は住宅市場が固定されているものと思い、彼の提案を受け入れます。 しかし、依頼人の何人かはマイケル(クリスチャン・ベイル)が彼らの投資を浪費しているのではないかと思い、怒りをぶつけ、逆にマイケルはその行いを拒絶してしまいます。 そして多くの投資家が怒りを彼にぶつけながらも、ついにマイケルが予測した時に合わせて市場は暴落してしまうのです。 その予測に乗っ取り、マイケルは489%もの利益をたたき出すのです。 マネーショート 華麗なる大逆転のネタバレあらすじと結末:トレーダー、ジャレッド 一方トレーダーのジャレッド(ライアン・ゴズリング)は、マイケル(クリスチャン・ベイル)の対応をした銀行マンからマイケルの行動を耳にし、マイケルの予測が真実であると理解します。 そして彼は彼自身の賭けをクレジットデフォルトスワップ(CDS)市場に置くこととしました。 マネーショート 華麗なる大逆転のネタバレあらすじと結末:ヘッジファンドマネージャー、マーク しかし、ヘッジファンドマネージャーであるマーク(スティーヴ・カレル)はジャレッドの計画に対して警戒するのです。 それでもマークはジャレッドの計画に加わるようです。 彼らは債務担保保険(CDS)の販売や、利害対立のために詐欺的な評価を与えられるローンのグループと格付け会社の不正により、切迫した市場崩壊がさらに恒久化されていることを知っていきました。 さて、マークがラスベガスでフォーラムに出席をする際、彼は不完全なローンの大規模な連鎖を作り、チャウ(バイロン・マン)というマネージャーと面談をします。 その際、マネージャーは恐怖に慄いたことで、マークはこの詐欺のスケールが完全な経済崩壊を引き起こすものであると分かります。 マークはこうして銀行の費用で利益を得ることができたのでした。 マネーショート 華麗なる大逆転のネタバレあらすじと結末:若い投資家たち また、熱心な若い投資家2人はマイケル(クリスチャン・ベイル)の市場に参入することとなり、彼らは引退した証券トレーダーのベン(ブラッド・ピット)に助けを請うのでした。 さっそく彼らもラスベガスに乗り込み、CDSによってとすぐさま利益を出すことができますが、やがてベンは様々な理由からこれらの行動に嫌悪感を示すこととなり、離脱しますが他の人は多くの利益を得ていきました。 しかし、それらは金融システムが崩壊していることに直面することでもあったのです。 以上、映画 マネーショート 華麗なる大逆転のネタバレあらすじと結末でした。 マネーショート 華麗なる大逆転の解説・用語説明 サブプライム・ローンとは? 低所得者向けの高金利の住宅ローンのこと。 アメリカでは家の資産価値は下がることはないと一般的に考えられているため、低所得者であっても購入する家そのものを担保にしてお金を借りることができた。 また、この時期は家の値段がどんどん上昇していくというバブル状態でもあり、返済能力の低い低所得者層向けの住宅ローンであっても焦げ付くとはあまり考えられていませんでした。 CDO(債務担保証券)とは? サブプライムローン債権やMBS(モーゲージ債)などを合体させて作った金融商品です。 リスクの異なる複数の債権を組み合わせているため、MBSより低リスクで、リターンも良いリスク分散した証券として売られていました。 CDS(債務不履行保険)とは? CDSはCDOが破綻したときの保険商品のようなもので、CDOなどの債権を持っていなくてもCDSだけ持つこともできました。 保険料を支払う必要はありますが、もしCDOが暴落や破綻するような損失が発生すればCDSによって保険金が下りるという性質の金融商品です。 劇中ではゴールドマン・サックスなどの投資銀行がこの商品を売っています。 つまりゴールドマン・サックスはサブプライムローンなどで儲かるという商品を売りながら、それが破綻するという商品も売っていたのです。

次の