アイヌ 刺繍 図案。 アイヌ文様刺繍のこころ (岩波ブックレット)

アイヌ文様の意味とは?

アイヌ 刺繍 図案

もくじ• アイヌ文様とは!? アイヌの人たちが身にまとう衣服に描かれていることで有名な模様のこ とです。 マキリ 小刀 など生活用具、儀式用具まで様々な道具に文様が描 かれています。 江戸時代後期に、最も古いアイヌ文様についての記録がありますが、い つごろからあったのかわからないほど古いものです。 そのルーツについて は様々な説がありますが、北海道の続縄文時代の土器の模様や、サハリン の民族の模様とも似ているとのことで、 発祥については不明です。 とはいえ代々文様は受け継がれてきました。 女性は小さい頃から針仕事 で文様を母親から教えられ、男性は日常用具へ文様を掘ったりしました。 好きな異性に対しては、女性から男性へは テクンペ 手甲 ・ホシ きゃはん を、男性から女性へは メノコマキリ 女性用小刀 をそれぞれ心をこめて作 りプレゼントしたそうですが、それらにも文様が描かれています。 マキリとは アイヌ文様を描く 衣服は、動物やサケの皮をつぎあわせたり、草木から作った糸が使われ たりしていますが、それに 「刺繍」したり、 「切伏」と呼ばれる別の布を 張りあわせたり、 「切抜」という布を切り抜いて左右対称の文様を描くも のまで様々な手法があります。 衣服の文様の基本は、 「モレウ ゆるやかな渦巻き 」と「アイウシ と げの形 」の2種類があります。 衣服においては以上の2種類が基本で、無数の文様がありますが、他に 「ラムラム」と呼ばれるうろこ状の文様もありますが、主に木を掘って描 く文様として使われます。 アイヌ文様の意味とは? アイヌ文様は地域によって違いがあります。 北海道アイヌと樺太アイヌ、 また、北海道内の各地域によっても特徴に微妙な違いがあります。 文様に は 「魔よけ」の意味があるという説があり、有力とされています。 たとえば、衣服で言うと、襟元や裾、背中などから悪い霊が入り込まな いようにという考えで、くもの巣からとられたような網目模様の文様がつ けられたそうです。 また、模様の隙間からも魔物が入らないようにと、オ ホヤンケと呼ばれる角突起も描きます。 しかし、特に意味がないという人 もいたりするようです。

次の

アイヌの文様の意味とは?アイヌ文様には魔除けの意味もある?

アイヌ 刺繍 図案

60ページほどにわたって手記のように書かれたこの本はアイヌ文様について学問的に書かれた本ではありません。 もしとても詳しくアイヌ文様について学びたいならば適切な本は他にあると思います。 この本は著者が若くして亡くなられた母の記憶からひもときながらアイヌ刺繍を生涯の仕事として習得することろから、その芸術を娘に引き継いでゆくまでのことが手記のように書かれています。 その過程で著者が体験し感じた様々な出来事が語られています。 私は子供の頃からアイヌ文様にこころをうばわれていたのですが、アイヌ文化には力強さ、気品の高さ、芸術性を感じます。 日本の中にこのような伝統的で美しい芸術があるのだと思い続けてきました。 アイヌ民族には文字が無かったのでこのような芸術は、手から手に、そして語り継がれることによって継承されてきました。 この本を読んだとき、継承されるものは単に技術だけではなくその心も継承されてゆくのだなと強く感じました。 アイヌ文化は着色がない生粋の文化ゆえ、色々な着色に惑わされている現代社会に馴染んでしまった人には感性が伝わりにくのかもしれない、そしてアイヌ文化は大きな誤解を受けていると私は思います。 この伝統的な素晴らしいアイヌ文化、この本は小さいながらもその扉を開いてくれるような本だと私は感じています。 「ギタリスト」さんのレビューが要を尽くしていると思うので、著者とアイヌ文様研究について若干。 チカップ美恵子さんは本名を伊賀美恵子といい、北海道釧路出身。 アイヌの家庭に生まれ、伯父の山本多助はアイヌ自身によるアイヌ研究、民族としての自立を唱える活動家として知られ、母の伊賀ふでは歌謡の伝承者である他に、アイヌ語と日本語の両方で詩を書き、それが近年になって『アイヌ・母 ハポ のうた』として出版されています。 研究者が少ないためかアイヌ文様についての学問的な解明は進んでいませんが、デザインの源泉として重要性は増しています。 チカップ美恵子さんは文様の解釈者としても創作家としても得難い人だったと思います。

次の

アイヌ文様とは?魔除の呪術だった?アイヌ民族の「刺繍」が紡ぐものを調査! | 和樂web 日本文化の入り口マガジン

アイヌ 刺繍 図案

本州と同じく縄文文化も存在していました。 本州では縄文文化の後に弥生時代がきますが、 北海道では縄文文化を受け継ぐ、続縄文文化の時代がありました。 その後には、東北地方の古墳文化の影響を受け、察文文化が広がりを見せたのです。 この頃、オホーツク海沿岸地方では、オホーツク文化が展開。 そのほかには、トビニタイ文化というものもあったようです。 周囲の影響を受けながら、アイヌ文化が完成したのは13~14世紀だとされています。 古代文化は諸説があり、現在でも研究が続いていますが、現在言われているアイヌの歴史の大まかな流れはこのような感じ。 自由な貿易をしていた アイヌの人たちは貿易も盛んにしていたことが分かっています。 津軽海峡に渡り、日本の本土とも自由に貿易をしていました。 しかし、1457年から様子が変わり始め、和人 アイヌからみたアイヌ以外の日本人 とアイヌの間で対立が生まれ、和人がアイヌを殺してしまったことで戦いが始まる。 16世紀に入りようやく戦いも終息するのですが、アイヌは貿易場所を制限されたり、貿易相手も松前藩だけと限定されてしまう これによって自由な貿易ができなくなるだけでなく、貿易貧の値段も下げれられてしまった。 このような不平等な条件に納得のいかないアイヌは、何度か反乱を起こすのですが、全て敗戦してしまいます。 そして、アイヌは過酷な条件で労働をさせられ、経済的な支配も更に強まるのです。 本土の和人はアイヌを見下していたのでしょうか・・・。 過酷な労働と不平等な貿易を考えると、そう考えてしまいます。 先住民族とは言え、あくまでも日本人として暮らしています。 私たちと何も変わらない生活を送り、衣服も普通のものです。 現代社会では、アイヌの伝統文化が消えてしまう可能性もあることから、近年、アイヌの文化を守って、伝えていこうという動きもみられます。 この保護法はアイヌに一定の農地を与えることを定めたものだったのですが、面積は和人の数分の一程度とわずかしか与えられませんでした。 さらには、管理能力不足を理由に土地の売買・譲渡なども禁止・・・所有権に制限あり・・・と。 当時の和人は、アイヌに対して野蛮であるとか、知力が低いとか勝手な考えがあったのでしょう。 そのお陰で、 アイヌはどこに行っても劣等部族として差別され、迫害を受けて厳しい生活を強いられてきたのです。 もちろん、こんな不平等で一方的な政策に反抗的なアイヌもいました。 悲しい事実。 しかも、それが現在でも残ってしまっているということも悲しいですよね。 アイヌが悪いわけではありません。 知力が低いわけでも、野蛮なわけでもありません。 昔、和人が勝手に決め付けたことから、迫害や差別が始まってしまったのです。 まとめ.

次の