ブレーク アウト ルーム 事前 割り当て。 ブレイクアウト (Breakout)

Zoom(ズーム)のブレイクアウトルームとは?やり方と活用方法

ブレーク アウト ルーム 事前 割り当て

以前、んですが、「手動割当ってホストめっちゃ大変やーん」と思い、「事前割当」機能を試してみました。 参加者が十数人を越えてくると、MTG開始後にホストが手動でブレイクアウトルームへの割当をしていくのが現実的ではない(めんどくさい・・)ですよね。。 この機能はMTGの開始前に参加者をブレイクアウトルームに割り当てておくことができるので、中・大規模なMTGやセミナーの場合には便利かなーと思いました。 ちなみに、事前割当を行うには参 加者のZoomログイン時に登録しているメールアドレスが必要になるので、予め参加者に確認しておく必要があります〜。 事前設定:「事前割当」機能の有効化 事前割当を行うには、 から、下記設定を確認しておく必要がありました。 左メニュー>個人>設定>ミーティングにて(詳細) ・「ブレイクアウトルーム」が有効になっていること ・「スケジューリング時にホストが参加者をブレイクアウトルームに割り当てることを許可する」の チェックボックスにレ点がついていること この設定が有効でないと、後述のMTG設定時に「ブレークアウトルーム事前割り当て」のチェックボックスがでてこないです。 事前設定:MTG設定時の「事前割当」 事前割当したいMTGをスケジュールする際、「ミーティングオプション」エリアの「ブレークアウトルーム事前割り当て」にチェックを入れます。 すると、「ルームを作成」「CSVからのインポート」がメニューとして出てきます。 「ルームを作成」でも事前割当できるのですが、参加人数が多いとこの手作業がもはや面倒なので笑、「CSV取り込み」を使いました。 CSV取り込み機能は、 予めRoomごとに参加者のメールアドレス(Zoomログイン時に使っているもの)を一覧にしておき、取り込むことが可能です。 テンプレートがダウンロード可能なので、落として上書きしました。 これで一発取り込み!めっちゃ楽でした〜。 MTG開始後:ブレイクアウトルームの確認 MTG開始後、ブレイクアウトルームの設定を見てみると設定したブレイクアウトルームの部屋数や部屋名は反映されているものの、参加者は反映されていませんでした。 一瞬「なにっ」と思ったのですが、参加者が誰もいない状態だとこうなるみたいです。 参加者全員がMTGに入ってきてくれてから「再作成」を押下すると、事前設定が有効になりました。 急遽参加者が追加になった場合でも、「未割り当て」の部分にリストされるので、この方たちだけMTG中に手動でブレイクアウトルームを割振りすることができました。 おわりに 今回も最後までお読みいただきありがとうございました〜。 ブレイクアウトルームの割振はホストでコントロールしたい(=手動割当)の場合、事前に参加者のメールアドレスがわかるのであれば、「事前割当」はめっちゃ楽ちんでした。 個人的には、ある参加者だけブレイクアウトルーム設定しておいて、残りは全部自動で割り振ってくれーいと思うことがある(自動割当と手動割当のハイブリット的な)のですが、そういった機能はまだないようです。 今後に期待。

次の

ZOOMのブレイクアウトルーム機能で自動/手動割振りをそれぞれやってみた|まりぺ

ブレーク アウト ルーム 事前 割り当て

こんにちは、コミニケーションサポーターの水野です。 よく講座開催などで、グループ分けしたワークセッションってありますよね。 「はい、ではここからはグループで話し合って、代表者1人を決めて発表してもらいましょう!」っていうアレです。 Zoomの機能「ブレイクルーム」がすごすぎる! ここからは、あえてZoomのホワイトボードを使っての、チープなイラストで説明したいと思います。 例えば、先ほどの例で言うと、講師(ホスト)と参加者さんが、一つの会議室(Zoom)に集まったとします。 ここで、ホストがZoomのブレイクルーム機能を使って、参加人数に応じてグループをパッと分けるわけです。 参加者さんは、画面に出てきたボタンをクリックするだけで、勝手にそのグループへ移動されます! 荷物持って席を動かなくてよし!(笑) するとグループ別に小部屋ができ、他のグループの画面や音声は聞こえなくなります。 ホストは、個別に選んだり、ランダムで分けたりすることも出来ます。 Aグループを5名、Bグループを3名…みたいに、人数も自由に決めることが出来ます。 犬派はAグループ、猫派はBグループへ…とか。 ワーク初参加の人はAグループで、2回目以降の人はBグループ…とか。 ホストの意見だけでなく、参加者がこっち!と思う方に、分ける事もできるので、かなり自由が効きます。 グループ分けした後は、ホストが好きなグループへ出入りする事もできるんですよ。 もちろん、グループ名を自由に変える事も出来ます。 今回は、SUNチーム3名、EARTHチーム2名、MOONチーム2名に分けました。 モザイクがかかっている所に、参加者さんのお名前が表示されます。 そして、あらかじめ10分ぐらいでーと時間を決めておき、ホストが終了ボタンを押すと、各グループにこんな表示が送られてきます。 残り1分のタイマー付き! リアルな場なら、なかなか終わってくれない話し合いも、これなら強制終了が可能(笑) ちなみに、ホストがブレイクルーム機能を使うのには、携帯やタブレットでは使用できませんが、WindowsやMacであれば使用可能です! ブレイクルーム機能を使えば、これまではオンライン上ではできなかったグループセッションも、簡単に開催する事ができます。

次の

Zoomのブレイクアウトルーム (グループ分け) 機能の使い方・オプション機能を徹底解説

ブレーク アウト ルーム 事前 割り当て

こんにちは、コミニケーションサポーターの水野です。 よく講座開催などで、グループ分けしたワークセッションってありますよね。 「はい、ではここからはグループで話し合って、代表者1人を決めて発表してもらいましょう!」っていうアレです。 Zoomの機能「ブレイクルーム」がすごすぎる! ここからは、あえてZoomのホワイトボードを使っての、チープなイラストで説明したいと思います。 例えば、先ほどの例で言うと、講師(ホスト)と参加者さんが、一つの会議室(Zoom)に集まったとします。 ここで、ホストがZoomのブレイクルーム機能を使って、参加人数に応じてグループをパッと分けるわけです。 参加者さんは、画面に出てきたボタンをクリックするだけで、勝手にそのグループへ移動されます! 荷物持って席を動かなくてよし!(笑) するとグループ別に小部屋ができ、他のグループの画面や音声は聞こえなくなります。 ホストは、個別に選んだり、ランダムで分けたりすることも出来ます。 Aグループを5名、Bグループを3名…みたいに、人数も自由に決めることが出来ます。 犬派はAグループ、猫派はBグループへ…とか。 ワーク初参加の人はAグループで、2回目以降の人はBグループ…とか。 ホストの意見だけでなく、参加者がこっち!と思う方に、分ける事もできるので、かなり自由が効きます。 グループ分けした後は、ホストが好きなグループへ出入りする事もできるんですよ。 もちろん、グループ名を自由に変える事も出来ます。 今回は、SUNチーム3名、EARTHチーム2名、MOONチーム2名に分けました。 モザイクがかかっている所に、参加者さんのお名前が表示されます。 そして、あらかじめ10分ぐらいでーと時間を決めておき、ホストが終了ボタンを押すと、各グループにこんな表示が送られてきます。 残り1分のタイマー付き! リアルな場なら、なかなか終わってくれない話し合いも、これなら強制終了が可能(笑) ちなみに、ホストがブレイクルーム機能を使うのには、携帯やタブレットでは使用できませんが、WindowsやMacであれば使用可能です! ブレイクルーム機能を使えば、これまではオンライン上ではできなかったグループセッションも、簡単に開催する事ができます。

次の