きっと うまく いく。 『きっと、うまくいく』レビュー|全ての日本人に観てほしい!これがインド映画だ!!!!

【きっと、うまくいく】映画の感想|笑いと感動が交互に押し寄せる。傑作インド映画。|一目でわかるVOD比較サイト

きっと うまく いく

僕は殆ど映画を見なかったのですが、さすがに映画に関わるに関わっていて、しかも(名ばかりですが)広報の代表をしているにも関わらず「映画は見ない」はマズイということで、最近時間を作って映画を見るようにしています。 せっかくなので、今まで書いてきた本や歌詞の考察に加えて、映画の考察もシリーズで書いていくことにしました。 というわけで第一弾は知り合いに紹介してもらって、非常に印象に残ったこの作品「きっと、うまくいく。 」です。 インドの工科大学の寮でのドタバタ劇を描いたこの作品の主人公は、ランチョーという大学時代の友人が現在何をしているかを探すという構成で物語が始まります。 大学時代にランチョーを含め3馬鹿と呼ばれていた主人公の友人たちは、かすかな手掛かりを頼りに、ランチョーを探します。 その感にいろいろな想い出を振り返るという形で学生時代の彼らの生活が明らかになる。 主人公のランチョーは、非常に頭の良い人物で、いつも物事の本質を突くような発言をします。 大学に入学した当初から、学内にあった上下関係や学長の過度な競争主義に懐疑的で、いつもぶつかっていました。 初めこそ、そんな「問題児」であるランチョーのことを周りの人たちは問題児としてみていますが、一本筋の通ったランチョーの行動を見て、周囲は次第に変わっていきます。 最後はランチョーを目の敵にしていた学長までも認めるようになる。 (細かなスリーを話してしまうとネタバレになってしまうので、ざっくりとしたあらすじだけ…) 常に周りを巻き込み、周りを変えて行くランチョーの口癖はAll is izz well. (正式にはizzですが、ここではisと表記します) 窮地に陥るたび、こころの中でこの言葉を自分に言い聞かせ、いつも困難を乗り越えます。 [All is well. ]と「きっと、うまくいく。 」という邦題 映画を貫く主人公の考え方All is wellは、「きっと、うまくいく。 」という和訳で、邦題にも使われています。 オシャレな訳で、邦題としてはぴったりだと思うのですが、この作品が言いたいことをより的確に表すには、この和訳には少し違和感がありました。 「きっと、うまくいく。 」だと、将来のことを祈る言葉のように聞こえてしまう気がしたのです。 僕は、ランチョーが言う[All is well]は、自分の選択を行程し背中を押すことばであると感じました。 だから、もっとこう、自分の選択を受け入れるニュアンスがある言葉ではないかなあと思うのです。 そんな風に思っていたときに僕がぴったりな和訳だと思う言葉を漫画家の先生が言っているのも見つけました。 それが「これでいいのだ」という言葉。 の口癖であるこの言葉こそ、ランチョーが言わんとすることを、最も的確に表しているように思うのです。 と「きっと、うまくいく。 」の共通項 =================================== あなたの考えはすべての出来事、存在をあるがままに前向きに肯定し、受け入れることです。 それによって人間は、重苦しい陰の世界から解放され、軽やかになり、また、時間は前後関係を断ち放たれて、その時、その場が異様に明るく感じられます。 この考えをあなたは見事に一言で言い表しています。 すなわち、「これでいいのだ」と。 =================================== さんはさんの弔辞で、赤塚さんの「これでいいのだ」という言葉に込められた哲学をこう表しています。 「きっと、うまくいく。 」の中でランチョーいうAll is wellは、まさにこうした意味ではないかと思うのです。 ランチョーは自分が疑問に思う状況に出くわすと、それを我慢して受け入れることはありません。 いったん自分の頭で考えて、それが違うと思うのであれば、しっかりとそれを主張します。 その主張をするときに勇気付ける言葉がAll is wellなのです。 ここには、「自分が出した結論ならば、あとの成り行きは受け入れよう」という意思が感じられます。 納得できない出来事に直面したら、Is all well? (これでいいのか?)と自問し、納得できる結論に到達したのなら、All is well(これでいいのだ)と自分に言い聞かせて前に進む。 主人公にとって、All is wellという言葉は、そんな意味を含んでいるように思うからこそ、さんのいう「これでいいのだ」が最も適した和訳だと思うのです。 「競争が全てなの?」10年代のコンテンツに表出するモチーフを先取りした作品 ヒットしたマンガやアニメには、必ず時代の空気感が投影されているというのが僕の持論です。 僕は後半から10代前半のコンテンツには、競争に対する問題提起がなされる場合が多々ありました。 「」や「」「」がその好例。 (この辺は以前のエントリで説明しています) バトルロワイヤルやなど、前半には、疲弊しながら競争に競り勝とうとする主人公が頻繁に描かれました。 それが、後半にかけては、「競争で勝つだけでいいの?」という思想を持つ主人公が頻繁に登場するようになります。 「試合終了した時どんなに相手より多く点を取っていても嬉しくなければそれは「勝利」じゃない・・・!」 『』で主人公の黒子がいうこの言葉には、そうしたメッセージが端的に示されていると思います。 「きっと、うまくいく。 」の中で、主人公は同じ問いを投げかけます。 舞台となるインドの工科大学は、学歴でいえばトップクラスの学校という設定です。 学長も生徒もそのことを誇りに思っていて、だからこそ学生の親たちは無理をしてでもそこに通わせ、わが子が将来成功することを望む。 一方その実績の裏には、勉強についていけず自殺する生徒や、自分のやりたいことを我慢して学問に打ち込む生徒たちがいます。 ランチョーはこうしたシステムに正面から疑問符を投げかける。 他にも感じたことはいくつもあるのですが、長くなったのでここまで(笑) 上映されてから少し時間が経過した映画ですが、まだまだメッセージとして古びない、素晴らしい映画だと思います。 はもちろんこれ!.

次の

【インド映画】きっと、うまくいくのフル動画を無料視聴【字幕/吹替】

きっと うまく いく

概要 [ ] 2009年の公開当時、インド映画歴代興行収入1位を記録した大ヒット映画。 インドの工科大学の寮を舞台にした青春劇であり、コメディ映画だがをテーマにしており、若者のの高さなども取り上げている。 2010年インドアカデミー賞では作品賞をはじめ史上最多16部門を受賞した。 このフレーズの由来はイギリス統治時代のインドで夜警が街を見回りながら口にしていた言葉であるという。 は「3回も観るほど大好きだ」と絶賛しており、本作のスポンサーであるはスピルバーグの経営する映画制作会社にも1000億円以上の出資をしている。 も「心震えた」とコメントしており、インド以外でも高い評価を受け、各国でリメイクが決定している。 日本では2013年5月18日に公開が開始され、「Yahoo!映画作品レビュー」5月19日付で1位、の調査による公開初週映画の満足度ランキングも1位となった。 第37回日本アカデミー賞では優秀外国作品賞を受賞。 主演のアーミル・カーンは若々しい大学生役を演じたが、実年齢は当時44歳である。 当初はもっと若い俳優を起用する予定だったが、カーンは「是非やりたい。 やらせてくれるなら若く見えるように体を絞る」と言い、撮影期間中は肌をフレッシュにするため水を1日4リットル飲んで臨んだという。 また、R・マドハヴァンも当時39歳、シャルマン・ジョシも30歳だった。 ストーリー [ ] 第1部 [ ] 9月5日。 大学時代親友同士だった ファルハーンと ラージューは、同窓の チャトルから母校へ呼び出される。 その日は10年前、ファルハーンらのもう1人の親友である ランチョーと、チャトルが「10年後の今日に母校へ戻り、どちらがより成功したかを見せ合う」という賭けをした日付だった。 しかしランチョーの姿はない。 ランチョーは大学卒業以来消息を絶っていた。 チャトルは、ランチョーがにいると告白。 3人は車へ乗り、シムラを目指す。 10年前、インド屈指の難関工科大学ICE(Imperial College of Engineering)。 カメラマンを夢見ながらもエンジニアになるよう強要され生きてきたファルハーン、恐怖心から祈りを欠かせないラージュー、探究心旺盛で強い信念を持つランチョー、3人はルームメイトとなる。 反骨心の強いランチョーは理不尽な上級生や、教師、学校を支配するヴィールー学長にすら与せず、自らの座右の銘「All is well. 」"うまーくいーく"と唱え、思うままに世間の常識に反抗した。 ある時、ランチョーと同類と目される4年生の ジョイ・ロボが首吊り自殺を果たした。 苛烈な競争を強いる大学の教育方針を苦に、その競争から降りたのだった。 ヴィールー学長が求めるのは、通知表に記される成績や、就職率、順位など、社会が成功と呼ぶものばかりだった。 「学問」ではなく「点の取り方」を教える教育へ、ランチョーは疑問を覚え、真向から対立する。 ファルハーンへとラージューはそんなランチョーに引き寄せられ何をするにも3人でいた。 対してヴィールーはファルハーンとラージューをランチョーと決別させるために策を講じるが、あえなく失敗し、3人の絆は確固たるものへ変化する。 ランチョーに引き寄せられるのは2人だけではなかった。 学内で雑務をこなす少年 マンモーハン、ヴィールーの娘で医者を志す ピアも、ランチョーの浮世離れした姿勢に触発される。 1年の成績が発表される。 ファルハーンとラージューはワースト1位と2位、対してランチョーはチャトルを抑えて1位を獲得した。 その後行われた集合写真撮影の途中、ランチョーとヴィールーは「ファルハーンかラージューが就職するか否か」を賭ける。 シムラのランチョーの家へ訪れた一行だったが、そこにいたのはランチョーと名乗る別の人物だった。 部屋に飾られた写真は紛れもなく10年前に撮影されたものだったが、ランチョーの位置にはその男が座っていた。 事実を秘密にするのを条件に、ランチョーがラダックにいると告白した。 4年生になった3人。 ランチョーは相変わらず学年首位を独走し、ファルハーンとラージューは万年最下位だった。 「どうして成績が上がらない?」そんな2人の問いに、ファルハーンは工学ではなく写真に魅せられながらもそれをひた隠しにしているから、ラージューは臆病から神頼みになり勉強に集中できないからだと笑って答える。 それに対して、ランチョーはピアへの恋心をひた隠し、ばれないよう臆病でいると言い返される。 ファルハーンとラージューは「ランチョーがピアへ愛を告白すれば、父親へ写真家になりたいと伝え、信仰の指輪を捨てて面接へ行く」と酩酊ながらに宣言する。 その直後、一行はヴィールー宅を訪れる。 ランチョーはピアの枕元で愛を告白する。 酔っ払った3人はヴィールーの魔手から逃れたものの、ラージューだけが顔を見られてしまう。 後日、ヴィールーに呼び出されたラージューは退学を言い渡され、それが嫌ならばランチョーを身代わりに差し出すよう命じられる。 八方塞がりに陥ったラージューは精一杯の抗議として、窓から飛び降り、一時的に全身が麻痺する危険な状態に陥る。 入院中、ランチョーとファルハーンは何とかラージューを復活させようと、退学処分の取り消しを伝えたり、パーティーを催し、果てには幸せな嘘をいくつも吐いた。 ついにラージューは回復する。 ファルハーンはある写真家から助手としてのスカウトを受ける。 ランチョーがファルハーンの写真をこっそり送り、それを気に入ったのだった。 しかし、その道を進むには父親を認めさせなければならない。 社会への体裁を気にしてファルハーンをエンジニアへ仕立てようとする父親に、ファルハーンは正面から向き合い、説得に成功する。 一方、車椅子での移動ができるまでになったラージューは、指輪を捨てて面接へ赴く。 成績の不振を尋ねられ、自らの恐怖心を、先の自殺未遂を交えて告白する。 会社側に迎合しようとせず、自らの言葉を放ったラージューは感銘を受けられ、その場で内定を得た。 ラージューへの復讐を目論むヴィールーは、彼を落第させるために難解な答案を作成する。 ピアを通じてそれを察知したランチョーとファルハーンは答案を盗み出すが、ラージュは自らの実力で合格してみせると意気込む。 しかし、盗みがヴィールーに露呈し、3人は即刻退学を言い渡される。 その夜、町は道路が浸水するほどの豪雨に見舞われる。 ピアの姉がそのタイミングで破水する。 病院へ搬送することはできず、大学の娯楽室で、多くの生徒を巻き込んでのお産を始める。 掃除機を用いた即席の吸引器を以て、出産に成功。 奇跡的な出来事の立役者となったランチョーはそっと場を去ろうとするが、ヴィールーに呼び止められ、退学の取り消しを言い伝えられる。 その後、3人は無事卒業する。 式の場で、ランチョーはそそくさと去っていった。 それから10年間、ファルハーンとラージューは、彼と連絡をとることすら叶わなかった。 そこは小学校で、生徒たちがあちこちで珍妙な発明品で遊んでいた。 一行はついにランチョーと再会する。 登場人物 [ ] この節のが望まれています。 好きなことを突き詰める人生を信じる自由奔放な青年。 モットーは「Aal Izz Well」(うまくいく)。 競争社会の制度に疑問を抱いていて、度々学長やチャトルと衝突する。 頻繁に授業を追い出されたりしているが、成績は首席。 発明の天才で、その場のありあわせで器用に道具を作り出す。 途中、実家が大金持ちらしいことが示唆されるが、素性は10年後まで明らかにされない。 10年後の彼を探す旅の中で、本名であるはずのランチョルダース・シャマルダース・チャンチャルは彼の名ではなく、彼の父が召使いをする家の子で、彼は勉強嫌いな本当のランチョーの替え玉としてICEに通っていたという事実が発覚する。 大学卒業後は、辺境の田舎町で、貧しい子供たちの為の小学校を作り、を改造した米の粉砕機や、自転車の力で動くバリカンなどと言った発明品を作りながら、子供たちに学問を教えていた。 ファルハーン・クレイシー 演 - ()、日本語吹替 - 眼鏡をかけた丸顔の青年。 本作のナレーションを務め、彼の視点でストーリーが進む。 実家は平凡な家庭で、産まれた瞬間からエンジニアにすると決められたが、本人は工学よりも動物の写真撮影の方が好き。 父親に頭が上がらない。 ラージュー・ラストーギー 演 - ()、日本語吹替 - 家が非常に貧しい苦学生で、家族の生活を背負っているため常にプレッシャーに苛まれ、お守りの指輪や信仰を手放せない。 工学を愛しているが、成績はギリギリで合格ライン。 ピア・サハスラブッデー 演 - ()、日本語吹替 - 本作のヒロインでヴァイラス学長の娘。 医学生。 兄がいたが、亡くなっている。 婚約しているが、ランチョーと出会い恋に落ちる。 ヴィールー・サハスラブッデー 演 - ()、日本語吹替 - ICE学長。 通称は本名を略したヴァイラス(を意味する)。 競争社会を支持する厳しい教育者で、ランチョー達を目の敵にしている。 チャトル・ラーマリンガム 演 - ()、日本語吹替 - 実家が裕福で嫌味な男。 通称 サイレンサー(を意味する)。 生まれでヒンディー語があまり得意ではない。 勉強熱心だが、何事も教科書通り記憶し、テストで点数を取るだけで他者に伝えるわかりやすさや物事の理由を突き詰めようとはしない。 ランチョーと対極のキャラクターであり、勉強ばかりしているのにランチョーに負けているため彼を敵視している。 10年後には大会社の副社長になっており、やに乗るほど経済的には成功しており、高名な発明家と契約を行う大事な取引を控えている。 モナ・サハスラブッデー 演 - ()、日本語吹替 - ピアの姉。 妊娠している。 スハース・タンドン オリヴァー・サンジェイ・ラフォント、日本語吹替 - ピアの婚約者。 ICE卒業後に経営学を学び、アメリカに就職する予定の銀行員の男性でかなりの金持ち。 しかし、あらゆるものをブランドと金でしか評価しない男で、ランチョーからは「値札人間」と評されている。 マンモーハン 演 - ()(少年期)、 ()(青年期) ランチョー達の友人。 学生ではなく大学内で荷物運びなどで働いている小柄な青年。 通称 ミリ坊主(もしくは ミリメーター)。 ジョイ・ロボ 演 - () ICE学生の青年でランチョー達の先輩。 田舎の村出身で、村で初めてのエンジニア候補。 大学で数少ないランチョーの同類で、競争ではなく発明に情熱を注ぐ。 しかし経済的に困窮している家庭の事情で時間がかかってしまい、卒業製作が間に合わなくなってしまう。 フンスク・ワングル 400以上の特許を持つ発明家。 10年後のチャトルが契約を取るために交渉中の相手。 スタッフ [ ] この節のが望まれています。 監督 -• 製作 -• 脚本 - ラージクマール・ヒラーニ、 ヴィドゥ・ヴィノード・チョープラー、• 撮影 - C・K・ムラリーダラン• 音楽 - ジャンタヌ・モイトラ、アトゥル・ラニンガ、サンジャイ・ワンドレカール• 編集 - ランジート・バハドウル、ラージクマール・ヒラーニ• 日本語字幕監修 - 受賞 [ ]• 第57回• 作品賞• 音響賞(Anup Dev)• 作詞賞(Swanand Kirkire - Behti Hawa Sa Tha Wo)• 2010 国際インド映画アカデミー賞(IIFA Awards)• 作品賞• 監督賞(ラージクマール・ヒラーニ)• Best Story(ジット・ジョーシ、ラージクマール・ヒラーニ、ヴィドゥ・ヴィノード・チョープラー)• 助演男優賞(シャルマン・ジョーシー)• 主演女優賞(カリーナ・カプール)• 悪役賞(ボーマン・イラーニー)• 作詞賞(Swanand Kirkire)• 男性歌手賞(- Shaan - Behti Hawa Sa Tha Wo)• 撮影賞(- C. Muraleedharan, ISC)• 脚本賞(ジット・ジョーシ、ラージクマール・ヒラーニ、ヴィドゥ・ヴィノード・チョープラー)• 台詞賞(ラージクマール・ヒラーニ、ジット・ジョーシ)• 編集賞(ラージクマール・ヒラーニ)• 録音賞(Bishwadeep Chatterjee、Nihal Ranjan Samal)• 歌曲録音賞(Bishwadeep Chatterjee、Sachin K Sanghvi)• Best Sound Re-Recording(Anup Dev)• Best Background Score(Sanjay Wandrekar,Atul Raninga、Shantanu Moitra)• 2010• 作品賞• 監督賞(ラージクマール・ヒラーニ)• 助演男優賞(ボーマン・イラーニー)• 台詞賞(ラージクマール・ヒラーニ、ヴィドゥ・ヴィノード・チョープラー• Best Story(ジット・ジョーシ、ラージクマール・ヒラーニ)• 脚本賞(ラージクマール・ヒラーニ 、ヴィドゥ・ヴィノード・チョープラー)• 2010 Max Stardust Awards• ベスト・フィルム・オブ・ザ・イヤー賞• 最優秀女優賞(カリーナ・カプール)、• 2010• (ラージクマール・ヒラーニ)• 主演女優賞(カリーナ・カプール)• 悪役賞(ボーマン・イラーニー)• コメディアン賞(オーミー・ヴァイディア)• 脚本賞(ジット・ジョーシ、ラージクマール・ヒラーニ、ヴィドゥ・ヴィノード・チョープラー)• 台詞賞(ジット・ジョーシ、ラージクマール・ヒラーニ)• 編集賞(ラージクマール・ヒラーニ)• 振付賞(Bosco-Caesar - Zoobi Doobi)• 新人俳優賞(オーミー・ヴェイドヤー)• 優秀外国作品賞(2013年) リメイク [ ] 本作は Chetan Bhagat の2004年の小説 Five Point Someone — What not to do at IIT! が原作である。 同じ小説を原作としている他の映画、および本作のを以下にあげる。 監督は。 注釈 [ ] []• 「」2014年2月下旬決算特別号 212頁• 2015年現在は歴代4位。 2010年9月28日閲覧。 Glamsham. com 2010年5月10日. 2010年11月21日閲覧。 Bollywood Hungama News Network: In: bollywoodhungama. com. Hungama Digital Media Entertainment Pvt. Ltd, 31. Dezember 2009, abgerufen am 22. Februar 2013. 公式サイト. 2014年1月17日閲覧。 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]• - (英語)• - (英語)• - (英語)• - (英語)• - (英語).

次の

インド映画の名作『きっとうまくいく(3 idiot)』は最高に前向きになれる!【観るべき映画】

きっと うまく いく

ボリウッドとは、インドのムンバイで展開される映画産業の俗称。 ムンバイの旧称であるボンベイの「ボ」と、アメリカの映画産業の中心地である「ハリウッド」を組み合わせて作られた名前です。 シュリンガーラ 恋愛)、ハースヤ 笑い 、カルナ 悲しみ 、ラウドラ 怒り 、ヴィーラ 勇敢 、バヤナカ 恐怖 、ビーバッア 嫌悪 、アドゥブタ 驚き 、シャーンタ 平穏 の9つです。 もちろん全てを必ず入れなければならないというルールはありませんが、『きっと、うまくいく』の評価が高いのは、この9つの感情全てが詰まった作品だからと言えるでしょう。 ある日、飛行機で離陸寸前だったファルハーンの元に1本の電話が。 それは大学時代の親友で、行方がわからなくなっていたランチョーに会えるというもの。 急病人のフリをして飛行機を降りたファルハーンは同じく親友だったラージューを急いで迎えに行きます。 卒業校である、インドでも有名の超難関工科大学ICEに向かった2人を出迎えたのは、電話を寄越したチャトゥルでした。 ランチョー自身はそこにはおらず、10年前にしたランチョーとどちらが出世しているかという賭けのために呼び出したと言います。 怒る2人でしたが、チャトゥルはランチョーの居所を掴んでおり、大企業の副社長となった自分との差を思い知らせるために会いに行くと言うのです。 2人はランチョーの元へ向かい、同時に大学時代が思い起こされます。 ランチョーは破天荒で教育制度に疑問を持ちながらも優秀な生徒でした。 ランチョーと学生寮で同部屋だった2人は、学長と揉めたり、騒ぎを起こしながらも楽しく過ごしていました。 様々な学生時代の思い出と共にランチョーと再会しようとしますが、思いもよらない事態に直面。 2人も知らなったランチョーの秘密が明かされます。 フルネームはランチョルダース・シャマルダース・チャンチャル。 自由奔放で教育制度に反発しているため、学長やチャトゥルとはしばしば対立していました。 落ちこぼれだった親友2人とは違い、成績は首席。 しかしそれはあくまでもいい成績を取ろうとしたわけではなく、純粋に科学を学びたいという姿勢によるものでした。 大学時代には、彼の咄嗟の機転や発明品で多くの難題を解決していきます。 モットーは「Aal Izz Well うまくいく 」。 2人の親友はランチョーと再会できるのでしょうか。 ランチョーを演じたのは、1965年3月14日生まれのインド人俳優アミール・カーンです。 ボリウッドで絶大な人気を誇る彼は当時44歳でしたが、若々しい大学生役を演じるために肉体改造を行いました。 ネタバレを見る 物語の途中で、ファルハーンたちの知っているランチョーがランチョーではなかったことが明らかになります。 本物のランチョーは金持ちの子供で、彼らの知るランチョーはその家で働く庭師の息子でした。 勉強が好きだった彼に目を付け、学位を手に入れるためにランチョーとしてICEに入学させていたのでした。 そして卒業後は田舎で学校の先生をしていると知ったファルハーンたちは再び会おうとします。 チャトゥルは特許を山ほど持つフンスク・ワングルという人物と会う約束があると行くのを拒みますが、無理矢理抑えて彼らの知るランチョーの元へ向かいました。 やっとの思いで再会し喜ぶ彼らでしたが、チャトゥルは学校の先生をしていることを笑います。 ふとランチョーの本名が気になったファルハーンたちは名前を尋ねました。 実は彼こそが、チャトゥルがなんとしても契約を結ぼうとしていた高名な科学者、フンスク・ワングルだったのです。 「MCU」、「スター・ウォーズ」、「ハリポタ」などの大作洋画系が基本的守備範囲な30代編集者です。 学生時代は、サッカーに勤しみつつ、空いた時間に貪るように映画を鑑賞。 海外サイトをこまめにチェックして、日本に出回っていない映画情報をいち早くキャッチアップすることが密かな喜びに……。 近年は、ブリーフ一枚のニコラス・ケイジがトイレで暴れ回るシーンが拝める「マンディ」、女性主人公がランボーばりに自ら傷に治療を施すシーンが最高の「リベンジ」 etc 強烈な場面が1シーンある映画に強く惹かれてしまうようです。 近年最もハマった映画は全シーン名場面の『バーフバリ 王の凱旋』!バーフバリ!バーフバリ!バーフバリ!カッタッパ!!.

次の