てんかん と 痙攣 の 違い。 症候性てんかんとはどんなてんかんか知りたい|ハテナース

熱性けいれんとは?対処方法やてんかんとの違い、危険なけいれん状態などについて詳しく解説します【LITALICO発達ナビ】

てんかん と 痙攣 の 違い

痙攣の原因とメカニズム 1、大脳の器質的な異常による痙攣 大脳皮質から異常な電気的興奮が生じ、それが筋肉に伝わることで、不随運動である痙攣が起きる。 てんかんや脳腫瘍、脳血管障害、脳炎、髄膜炎、頭部外傷によって起こりうる。 2、末梢神経、筋肉の異常による痙攣 電解質異常や神経障害、心因性の要因など、脳以外の異常でも、二次的な脳障害を引き起こし、痙攣を生じる。 原因は、代謝・中毒・末梢神経障害まで多様であり、次のようなものが原因として上げられる。 電解質異常(低・高Na血症、低Ca血症、低Mg血症)• 副甲状線機能低下(血中Ca濃度に関与している)• 腎不全(電解質異常により生じる)• 肝不全(解毒作用の低下により、中枢神経の異常を引き起こす)• 薬の副作用• アルコール・薬物の離脱症状• 低酸素• 熱性けいれん(副交感神経興奮による)• 過換気症候群(アルカローシスにより、脳血流の減少)• ヒステリー 痙攣の種類 全身性痙攣 強直性痙攣 きょうちょくせい 筋肉の持続的な収縮により、ピーンと背中が反り返り、体感・四肢を伸ばし硬直させる。 間代性痙攣 かんだいせい) 筋肉の収縮と弛緩の繰り返しにより、ガクガクと四肢を震わせる。 強直間代性痙攣 突然の意識消失後、10~20秒の硬直性痙攣が起こり 強直期 、次第に間代性痙攣に移行し、30~60秒続く 間代期。 いったん痙攣が収まると、昏睡状態に入る。 てんかん発作で見られる。 局所性痙攣 顔面や眼瞼、上肢、下肢など限局して痙攣が生じるもの。 大脳の運動野に限局性に、異常な電気的興奮が発生することにより、その支配下の筋肉のみで痙攣が発生する。 そのほか、限局性に痙攣が現れるものとして、以下のものがある。 有痛性筋痙攣 特定の筋の痛みを伴う持続的な筋収縮 テタニー 末梢神経の興奮によって引き起こされる局所性の強直性痙攣。 痺れや痛みを伴う。 低Ca血症、低Mg血症で起こる。 チック 瞬きや首ふり、発声など同じ動作を繰り返すもの。 心因性要因によるものが多い。 羽ばたき振顫 高アンモニア血症でみられる、手首や指先が不規則またはリズミカルに速く揺れる動きで、羽ばたいているように見える。 痙攣重積とは? 痙攣が30分以上続くか、短時間に痙攣を繰り返し、その間意識が回復しないものを言う。 痙攣重積では、脳の酸素消費量が増大する一方で、呼吸が抑制され、低酸素血症から脳障害、死亡に至るケースもあるため、早急な処置が必要となる。 臨床的には、5分以上続く痙攣であれば、重積発作として治療に当たる。 痙攣時の観察 焦らず痙攣の状態を観察する 痙攣を発見したら、最初は誰でも焦ってしまうが、患者から離れず、よく観察することが大切となる。 痙攣の「持続時間」や「痙攣の状態」は、診断や治療を行う上でとても重要となるので、いつから始まったのか、強直性痙攣か間代性痙攣か、痙攣の様子や時間経過を観察し、医師へ報告できるようにしておく。 痙攣以外の随伴症状も確認する 突然の痙攣発作により、転倒・転落による外傷を負うことも多い。 骨折や頭部外傷、打撲等の有無や、舌を噛んでいないか、尿失禁や便失禁をしていないか確認する。 呼吸状態の確認 痙攣発作により、呼吸抑制が起きる他、意識消失により、唾液や吐物による窒息や誤嚥を引き起こす危険性があるため、呼吸状態、SPO2の値を確認する。 末梢循環の確認 不整脈による循環不全でも痙攣は起こりうるため、モニタリングし、心電図波形、血圧、脈拍を確認する。 痙攣時の対応 応援を呼ぶ スタッフや医師を呼び、救急カートやモニターなど救急物品を用意する。 気道確保と酸素投与 痙攣発作時は、気道確保と100%酸素投与を行う。 嘔吐により、窒息を予防するために、気管吸引の準備をしておく。 すでに嘔吐している場合には、顔や体ごと横向きにして、窒息を防ぎ、気管吸引をする。 100%酸素で酸素化が不十分な時には、BVMでの補助換気、それでも酸素化が不十分なときには、気管挿管を考慮する。 静脈路を確保 痙攣時に静脈路を取ることはなかなか難しい手技ではあるが、周りのスタッフに協力を仰ぎ、できるかぎり太い針 20G以上 で、末梢を確保する。 外傷を予防するため、周囲の環境整備をする。 不随意の運動により、ベッド柵や患者が身に着けている貴金属により外傷を負う危険性があるため、それらを除去する。 廊下やロビーで倒れることも少なくないため、安全確保とプライバシーの面でもベッドやストレッチャーへ移動し、処置できる部屋にへ移動する。 痙攣発作の治療薬とその特徴 ジアゼパム ホリゾン、セルシン 適応:痙攣発作時の第一選択薬。 作用:GABAと呼ばれる抑制性の神経伝達物質の受容体と結合することで、神経細胞のの興奮を抑制する。 投与方法:10㎎を単独で ゆっくり静脈注射する。 筋肉注射も可。 特徴:ジアゼパムは有効時間が短く、ほとんどの場合で再発がみられる。 フェニトイン アレビアチン 適応:ジアゼパムで痙攣が治まらない場合や、再発予防に投与される。 作用:Naチャネル阻害薬で、神経細胞内へのNa流入を抑制して、神経細胞の興奮を抑制する。 投与方法:125㎎~250㎎を1分間に50㎎超えない速度でゆっくり静脈注射する。

次の

てんかんの特徴・症状・治療 [脳・神経の病気] All About

てんかん と 痙攣 の 違い

アスクドクターズ監修医師 この記事の目安時間は6分です てんかんには、大きくわけて、原因で2種類、脳の異常の起きる部分で2種類に分けられ、それぞれの掛け合わせで、4種類にわかれます。 記事を読むうえで、注意をお願いいたします。 詳しくは、で解説しています。 「てんかん」によるものは、脳由来の「けいれん発作」を起こすことになります。 てんかんでは、「強直間代発作(大発作)」「強直発作」「間代発作」などという記述が、全身性のけいれん発作を詳しく表現する時に使われています。 「てんかんの発作」と「けいれん発作」の関係は、さまざまな「てんかんの発作」の中の1つに筋肉の収縮や硬直といった「けいれん発作」があるということです。 てんかんに関する用語において、歴史的にも「けいれん発作」は、代表的な症状であったために、「けいれん性」という言葉は今でもよく使われます。 実際に、てんかん発作が重積する時に、「けいれん性かどうか」を区別することが、よく行われています。 実際には「運動性かどうか」、つまり体の動きがあるどうかの区別なのですが、慣習的にも「けいれん」という用語が用いられるのが現状です。 てんかんの発作、痙攣発作は見分けられる? 「てんかんが原因であるけいれん発作」と、「てんかんによらない他のけいれん発作」を見分けることは、簡単ではありません。 特に、ともに脳に由来する場合などは「けいれん」自体に差はないことになります。 例えば、脳のある部位を焦点とする、てんかんによるけいれん発作と、同部位の脳外傷の受傷時におこるけいれん発作を、症状を見て区別することは不可能です。 てんかんによるけいれんを見分けるためには、脳波検査によって、てんかん波形を同定することが必要になります。 小児の例を挙げますと、熱性けいれん(高熱などが原因)によるけいれん発作は、てんかんの「強直間代発作(大発作)」と同じような型ですが、両社を区別することはできません。 脳波検査によって、2つのけいれん発作は見分けられることになります。 高齢者のてんかんの特徴と認知症の違い 見分けられる? 高齢者のてんかんは、特徴のはっきりしない症状(専門的には「非特異的症状」といいます)も多いといわれます。 また、高齢者に頻度の高いてんかんは、側頭葉てんかんによる複雑部分発作であることが知られています。 しかし、 高齢者では、発作の前兆もないことが多く、発作後に意識がもうろうとした状態が数時間から数日間に及ぶほど長く継続する(非けいれん性てんかん重積)点で、成人の複雑部分発作とは、かなり異なった病状となります。 さらに、二次性全般発作(脳の異常部分が広がる発作)をきたすことも少ないため、てんかんであることを、疑わず、見逃してしまうことがしばしば起こります。 高齢者の複雑部分発作の症状に、よく使われる表現としては、「ボーとした状態」、「不注意」、「もうろう」、「無反応」、「健忘」、「奇異な行動」などであって、「てんかんらしくない」症状が並びます。 したがって、 成人の特徴的な複雑部分発作の症状と異なるために、「てんかん」と診断されず、「認知症」と誤診されてしまうことも多くなっています。 認知症と考えられている患者さんでも、全く正常な状態に戻るときがある場合は、てんかんを疑ってみる必要があります。 逆に、認知症の側から「てんかん」を見てみましょう。 認知症の患者さんのてんかん発症のリスクは、一般の方の5倍から10倍高いです。 さらに認知症の1種類であるアルツハイマー病の患者さんの10%から22%が経過中にてんかん発作を合併し、認知症の発症から、てんかん発作があらわれるまでの期間は、平均で6年といわれています。 認知症患者さんの発作型を見てみると、複雑部分発作(72%)、強直間代発作(大発作、38%)、単純部分発作(13%)、ミオクロニー発作(8%)などとなっています。 認知症患者さんの発作型も、ほとんどが複雑部分発作であるわけですから、高齢者のてんかんと認知症を見分けることは、かなり難しいと言えるでしょう。 しかし、高齢者のてんかんは、抗てんかん薬に対する反応が良好であり、低用量で発作を抑制でき、治療の継続率も良いとされているので、医師にとっては診断が重要になります。 【てんかん関連の他の記事】 【定義、原因、予防、疑問】 【発作症状】 【発作以外の症状】 【診断、治療】 てんかんと痙攣・認知症の関係、見分け方についてご紹介しました。 自身や近いが「てんかんかもしれない」と不安を感じている方や、疑問が解決されない場合は、医師に気軽に相談してみませんか?「病院に行くまでもない」と考えるような、ささいなことでも結構ですので、活用してください。

次の

振戦とてんかんと痙攣の違いを教えてください。

てんかん と 痙攣 の 違い

もっと見る てんかんは、脳の病気のひとつで、脳神経が異常に興奮することで発作を起こします。 発作の種類もさまざまあり、原因不明であることも少なくありません。 しかし、患者さん個々により傾向があるので、それぞれに合った対処をすることが大切です。 この記事では、てんかん発作の前兆や症状、対処法について解説します。 てんかん発作の症状と原因 1.てんかんとは? てんかんは、脳の病気のひとつです。 年齢や性別などに関係なく発病するもので、脳の慢性的な疾患だとされています。 WHO(世界保健機関)では、「脳の神経細胞に突然発生する激しい電気的な興奮により繰り返す発作」を特徴とし、「それにさまざまな臨床症状や検査の異常が伴う」と定義されています。 2.てんかん発作って、どんな症状? 発作は「てんかん発作」といわれ、大脳の興奮が発生する場所によって、発作の起こる場所が変わります。 自分の意思とは関係なく、手足がリズムを刻むように曲がったり伸びたりを繰り返したり、体が突っ張って硬くなったりします。 突然失神したり、全身がピクピク痙攣したりする発作もあります。 身体に出る発作だけでなく、感覚や感情が大きく変化するような精神面における発作もあるとされています。 様々な発作がありますが、患者さんごとに起こる発作はほとんど同じであることが特徴です。 てんかんの脳波について てんかんの検査の中でも、最も重要なのが脳波の検査です。 発作時には 脳波がとがった波になり、異常な波形を示します。 3.てんかんの原因は? てんかんの原因は様々で人によって違います。 原因不明のもの 検査をしても特別な異常が見つからず、原因不明です。 遺伝はしないと考えられているため、原因の詳細はわかっていません。 脳が何らかの原因によって傷ついた 一方で脳に何らかの障害が起きたり、脳が何らかの出来事によって傷ついたりするとてんかんが起こるとされています。 脳が傷つくのは、出生時の異常(胎児仮死や分娩外傷)や低酸素、先天奇形、頭部外傷、腫瘍、脳炎、髄膜炎、脳血管障害など様々な場面で考えられます。 てんかんの発作の前兆について 人によって前兆が現れる人と、そうでない人がいます。 1.頭痛や吐き気 前兆の種類は様々で、脳の異常な興奮によって「てんかん」が起こることから、前兆の多くに頭痛や吐き気を訴える人がいます。 しかしこの頭痛には頭痛薬は効果がなく、抗てんかん薬でなければなりません。 2.視覚や聴覚に異常を感じる 他にも、視覚に異常を訴えることもあります。 これは普段は見えない、本来ないはずの色やものが見えたりするもので、日常で得られる視覚からの情報に問題が生じます。 また、聴覚に異常が現れることがあります。 幻聴によって、本来聞こえないはずの音が聞こえるようになりますが、多くは片方の耳のみで聞こえることが多い傾向があります。 その他、体が動かしにくいなどの前兆も 他にも、体が動かしにくくなったり、痛みや反射が鈍くなったりする前兆を感じる人もいます。 てんかん発作の種類 1.てんかん発作は大きく二つに分けられる てんかんは、 脳の一部が興奮して起こる部分発作と、脳の大半や 全体が興奮して起こる全般発作の二つに分けられます。 2.部分発作 部分発作の中にも、 意識があるかないかによって、二つに分けられます。 単純部分発作• 意識がはっきりしている。 手足や顔がつっぱって動かしにくい。 首や腰など体の一部が痙攣したり、回転する(捻じれる)• 幻聴を自覚することも• てんかんの前兆の症状が続くことも 複雑部分発作• 意識障害がある• 意識があやふやになるが倒れることは少ない• 発作中の記憶もないことが多い• 同じことを繰り返す連続動作や、顔がボーっとなる(意識減損発作)などの症状が見られる。 二次性全般化発作 他にも、部分発作に始まり、その後全般発作となる二次性全般化発作がある。 3.全般発作 大脳の広い範囲が異常に興奮することで起こる発作。 ミオクロニー発作以外は 前兆がなく、意識消失をきたす。 欠伸(あくび)発作(小発作)• 痙攣を伴わず、意識が短時間(5ー10秒程度)消失する。 小児(特に5-15歳)に好発。 過呼吸で発作が誘発される。 ミオクロニー発作• 突然の瞬間的な筋収縮• 新生児から思春期に好発。 時に意識消失することもある。 光刺激のある認知作業(計算機、ゲームなど)により誘発されることが多い。 脱力発作(矢立発作)• 比較的稀な発作。 突然脱力して膝が折れるので、顔面や頭部などに傷を作りやすく危険な発作の一つ。 強直発作• 意識が消失し、筋肉が硬直する。 身体を捻じ曲げたり、叫んだり、失禁を伴うことがある。 眼球上転、瞳孔散大、呼吸が停止することもある。 間代発作 筋肉の収縮や弛緩を繰り返すことで、全身がガクンガクンと震える。 強直間代発作(大発作)• 強直発作に引き続き、間代発作が見られる。 多くは1分程度で終わる。 目を覚ますとそのまま日常生活に戻ることができるが、普通の睡眠と違い、目覚めた後もしばらく歩いた時にふらついたり、ものにぶつかったりする。 点頭発作• 乳児に好発する。 頭部の前屈、体幹の屈曲、上下肢の進展、屈曲などの症状が見られる。 4.てんかんの発作はどの位続く? てんかん発作の多くは、 通常数分以内に自然に終わります。 しかし発作が反復、もしくは持続すると「てんかん重責状態」になります。 発作が続く、反復する「てんかん重責発作」とは 発作がある程度の長さ以上に続く、または短い発作でも反復し、その間に意識状態の回復が見られない状態を、「てんかん重責状態」といいます。 強直間代発作が5分以上続けば、てんかん重責状態とみなし、治療を開始します。 てんかんの発作が起こったときの対処法 1.まずは安全な場所へ誘導して 周りにてんかんの患者がいて、突然倒れたりしても、できるだけ落ち着いて行動することが大切です。 もし危険な場所(道路や階段など)で倒れた場合は、 安全を確保します。 大勢は横にして、可能であれば周辺の危険物を避けます。 呼吸が止まることもあるので、呼吸しやすいように服のボタンを外したり、ベルトを緩めるなどの処置をします。 2.落ち着いてそのまま様子を見る 時計があれば発作が起こった 時刻を記録します。 てんかんの発作は、意識障害の有無に関わらず、体の一部にとどまることが多いので、そのまま全身に広がらない場合には様子を見るようにします。 全身に痙攣が起きた場合にも、数分で発作がおさまることがほとんどです。 3.すぐに治療が必要な発作とは? 数十分の間は様子を見て大丈夫です。 しかし、痙攣がまったく治らない時や、意識が戻っていないのに再び痙攣が起きたりする場合には、すぐに治療が必要になります。 まとめ てんかんは、脳の一部が異常に興奮しておこる発作です。 その症状は様々で、前兆を感じる人もいれば、そうでない人もいます。 一番大切なことは焦らず行動することです。 様子を見ながら適切に対処しましょう。

次の