梶原 上沼。 上沼恵美子、寵愛したキンコン梶原が番組を降りるまでの騒動

梶原雄太、番組“卒業”の裏でMC上沼恵美子が“梶原はつまらない”公開示唆

梶原 上沼

上沼恵美子 キングコングの梶原雄太が、レギュラー出演していた『快傑えみちゃんねる』(関西テレビ)と『上沼恵美子のこころ晴天』(ABCラジオ)の2番組を降板。 7月2日発売の「女性セブン」(小学館)によると、問題のパワハラ行為が勃発したのは6月26日放送回の収録時のこと。 2カ月ぶりにスタジオ収録に参加した梶原に対し、上沼が「義理を欠いている」などとブチギレ。 梶原は笑いに変えようとしたものの、上沼は「ほんまに怒ってんねんで」「イラツいてんねん、君に!」と追い打ちをかけた。 このシーンはオンエアには乗らなかったという。 「上沼さんがキレた裏には、構成作家として入っている次男の働きかけもあったようです。 つまり、梶原さんのことをよく思っていないスタッフがいたということ。 本番中のパワハラは問題ですが、そうなった理由もあったということでしょう」(テレビ局関係者) そもそも梶原は長年にわたって上沼からの寵愛を受けており、だからこそ2つの番組でレギュラーとなっていた。 「梶原さんの仕事が激減した時に、目をかけてもらっていたのが上沼さん。 レギュラーとなったのも、上沼さんのおかげです。 でも、梶原さんがYouTuberとして成功したことで、状況が変わったんでしょうね。 つまり、梶原さんは上沼さんからの寵愛を受ける必要がなくなってしまった。 自分1人で大丈夫というような態度がにじみ出ていて、上沼さんに対する感謝がちょっと足りなかったのかもしれません」(お笑い業界関係者) 梶原の人間性については、こんな話もある。 「ちょっと人を見て態度を変える部分があるのは事実。 上沼さんには媚びへつらうけど、そのほかのスタッフや後輩芸人には冷たくするようなこともあった。 上沼さんの次男も、梶原さんに嫌な態度を取られていたのかなという勘ぐりはできます。 それに、本人は無意識だったと思いますが、YouTuberとして人気ものになってからは、テレビを軽視するような言動があったとも聞く。 そのあたりを面白くないと思うスタッフもいたのでしょう」(同) それにしても、本番中のブチギレとは穏やかではない。 梶原に多少なりとも非があったとしても、大問題になっておかしくない話だ。 「上沼さんは完全な関西の女帝。 逆らえる人などおらず、本番中にパワハラがあったとしても誰も止めることなどできません。 とはいえ、降板に追い詰められるほど、ブチギレする必要はなかったような気はしますが……」(前出・テレビ局関係者) 女帝の逆鱗に触れたということで、関西のテレビ界では仕事ができなくなりそうな梶原。 完全にテレビを捨てて、YouTuberとして生きていくしかない?.

次の

上沼恵美子がキンコン梶原問題を完全スルーした胸中…暴言芸人と同じ扱いか

梶原 上沼

『快傑えみちゃんねる』(関西テレビ)の公式サイトより キングコングの 梶原雄太さんが、レギュラー出演していた『快傑えみちゃんねる』(関西テレビ)と『 上沼恵美子のこころ晴天』(ABCラジオ)を6月いっぱいで降板した。 「女性セブン」によれば、この番組の約1時間の放送中、2カ月ぶりにスタジオに登場した梶原さんが話をしたのはたった70秒だったが、実はお蔵入りになったやり取りがあるようだ。 上沼さんは「義理を欠いている」と梶原さんを責め、さらに「イラついてんねん。 キミに!」と言い放ったらしい。 そう言われて梶原さんは明らかに動揺した様子で、笑いも消え、涙目になり、「なんでこんなに嫌われたんやろ」と絞り出すように話したという。 この答えを見つけるのは難しい。 何しろ上沼さんは梶原さんを息子のようにかわいがり、『快傑~』のレギュラーに抜擢したのも上沼さん自身らしい。 梶原さんも上沼さんを恩人と慕っていたようなので、一体なぜ歯車が狂ったのかと首をかしげたくなる。 「かわいさ余って憎さ百倍」ということわざ通りのことが起きているようだが、そのきっかけになるのは、たいてい些細なことだ。 「女性セブン」では、『快傑~』の構成作家を務める上沼さんの次男が、あまりに母親が梶原さんを評価することに嫉妬して梶原さんに関する悪評を広めたというテレビ局関係者の証言が紹介されているが、どこまで事実なのか、わからない。 上沼さんの関西での人気は絶大だし、ちゃんと人を見て的を射たことを言う能力に敬意を表している。 ただ、今回「女性セブン」の取材に対して上沼さんが「本番中にきついこと言うのは愛です。 ただ、梶原くんの返しがものすごく下手だったの。 とりあえず、もう少し力をつけるべきでしたね」と答えたことに疑問を抱かずにはいられない。 たとえば、部下の人格を否定するような言葉を投げつけながら、「これは君の成長のためだ。 愛からやっている」と正当化する上司はどこにでもいるだろう。 また、「梶原くんの返しがものすごく下手だったの」と相手のせいにして責任転嫁するのも、パワハラ加害者がよく使う手だ。 部下が「できないから」「力がないから」厳しい対応をしているのだと正当化すれば、罪悪感も自責の念も抱かずにすむからである。

次の

梶原雄太が降板騒動、激怒の上沼恵美子にケンカ売る行為…芸能界を“干される”懸念

梶原 上沼

以下は放送されなかった、いや、できなかったお蔵入りシーンの話である。 「これまで何度もおごってきた自分に対しての義理を欠いている。 だから一度私にごちそうしなさい、と上沼さんが言ったのです。 ここまでは、いつも通りの愛のあるいじりでした。 しかし、『あんたこの番組に途中から来た子やんか。 最初からブッキングされた出演者ちゃうやん』と表情を変えて批判し始めたあたりから、空気が変わりました。 共演者が一度止めに入るも、それを制止して梶原さんへの口撃を強めていったのです。 彼が笑いに変えようとしても、思うようにいかない。 梶原さんは明らかに動揺し、笑いも消え、涙目になっているのが見て取れました。 それでもスタッフは上沼さんが怖くて途中で収録を止めることなんてできません」(前出・在阪テレビ局関係者) 1人10万円の高級料亭でスタッフ含め200万円ぶんをおごれと詰め寄る一幕も。 「『おごれ』と言ったと思ったら、『おごられたら次の日病気になるからいいわ』と言ったり、梶原さん抜きでスタッフ全員で食事会をしようと提案したり…。 現場のスタッフも共演者もいつもの空気と違うのは感じていました。 スタジオ内には盛り上げ用のスタッフの笑い声だけが響き、それが一層、雰囲気を恐ろしいものにしていた。 そんななか、梶原さんが『なんでこんなに嫌われたんやろ』って絞り出すように話したのが印象的でした」 それに対する上沼の返しで、ついに現場の空気が凍った。 「『ほんまに怒ってんねんで。 コロナでみんながイライラしてんねん。 バラエティーやから笑わそう思って、って思ってるやろ?』と聞いた後、少し間を置いて、憤怒の表情で梶原さんの方を向きながら一言、『ちゃうで』と言い放ち、『イラついてんねん。 キミに!』と続けたんです」(前出・在阪テレビ局関係者) 「ちゃうで」ではなく、「そやで」と言えば緩和だったが、スタジオに緊張を走らせ続ける上沼。 その間、ゲストは言葉を挟むことができず、ずっと苦笑いをするのみだったという。 「その後は、聞きたくもなく、耳をふさいでしまったのであまり覚えていませんが、コロナが終息した頃にいなくなる芸人の代表として梶原さんを名指ししたりしていました。 どう見てもパワハラです。 意地悪いのが、最後に『コロナうつだからごめんな。 ほんまはちゃうねん』と言っていたこと。 正面から受け取って傷つく方が馬鹿を見る空気感でしたね」(前出・在阪テレビ局関係者) その後、梶原は上沼とのラジオ収録もあったが、「急性胃腸炎」という理由で出演を取りやめた。 以下全文 コメント一覧• ,ぱぴぷぺななしさん 2020年07月03日 04:25:20 記事を書いたライターの信憑性を疑わないキチガイが大衆だからしょうがないね。 具体的な話が挙がってきたから信じるって脳容量少なすぎやろ。 関係者• ,ぱぴぷぺななしさん 2020年07月03日 14:15:57 つれぇわとかFF15をネタにしてるけどどうせエアプなんでしょ ロイヤルエディションとアーデンのDLC、アプデ充ててからやり直せ 最近のFFじゃ一番の出来だぞ• ,ぱぴぷぺななしさん 2020年07月03日 17:54:29 両方嫌いだから同士討ちで殺していいよ。 ,ぱぴぷぺななしさん 2020年07月03日 17:59:39 上沼は元からパワおばでしょ.

次の