副 鼻腔 炎 市販 薬 すぐ 効く。 【医師監修】副鼻腔炎は市販薬で治せる?症状緩和のためにできる対策とは?

【医師監修】副鼻腔炎は市販薬で治せる?症状緩和のためにできる対策とは?

副 鼻腔 炎 市販 薬 すぐ 効く

年末年始で病院に行く暇などないのでマツキヨで買った小林製薬のチクナインを1箱飲みきった。 10箱も飲めば治るかもしれんな。 」そんな悠長なこと言っていられるか! 薬剤師の妹にチクナインの事を聞いてみた。 「急性副鼻腔炎(蓄膿症)は市販薬じゃなかなか治らないよ。 」 そんなもんだろうな〜。 「チクナインは漢方薬の辛夷清肺湯(シンイセイハイトウ)の名を変えただけだよ!このくらいならどの薬局にでも在庫があるよ。 」 漢方と言えばツムラ! ワシが愛用しているツムラの医療用漢方製剤という手帳で調べると104番にツムラの辛夷清肺湯がある。 しかし、小林製薬はこんなのが多い! その他にもナイシトール!(脂肪の分解・燃焼) 防風通聖散という有名な漢方薬である。 名を変えてCM出してるだけではないか!楽な商売だな。 こんなもんで痩せるのなら薬剤師のオヤジはみんな痩せているはずだ!そんな事は断じてない!気休めだな。 チクナイン(辛夷清肺湯)は酒飲みのワシには不向きである。 副作用:ツムラの医療用漢方製剤によると肝臓に負担がかかると明記されている。 GOT、GPT、ガンマGTPの高い人は気をつけたほう良い。 数値が上がるぞ! 風邪引いたぞ! 去年の暮れ位に風邪をひきました。 特にインフルエンザではなく、ただの風邪!ほっ! しばらくして、熱は収まり平熱に! その時から、鼻と喉の調子が・・。 まあいいか、もうすぐお正月だし今年は9連休!そんなもんほっておけば治るだろう! 1ヶ月以上、全然治らない! 正月も開けて、出勤!嫌だな〜。 しかし、まだ治らない。 鼻と喉! そして、今度は成人式の3連休!ヤッター!しかし、まだ治らない。 あれ、おかしいぞ!こんなに長いとは私に人生始まって以来のことである。 それからというもの、汚いですが青っぱなが止まらんのだ! それも、とんでもない量だ!未だかつてないぞ。 夜も寝てられにほど・・。 息ができない・・。 何度起きたのかはわからない。 その度に鼻をかんだのであった。 市販の風邪薬など1瓶飲んでも治らない。 どういうことだ?パブロン鼻炎カプセルなんぞもう飲み飽きたぞ。 ボーットして仕事にもならん!通勤も辛い!生き地獄だ。 おまけに味覚まで変になってきた。 なんか舌がピリピリする感じだ。 そんなことが1ヶ月も続き、クリニックに勤める奥さんに相談しました。 「早くお医者に医者にいけ!」それだけ。 そんな暇が無いから聞いてんのに・・。 今までは、駅でお姉さんが配っているティシュを当たり前のようにもらっていたがありがたく感じるようになった。 これはイイコトだな! 急性副鼻腔炎ですか〜。 奥さんが自分の務めるクリニックの先生に聞いてきてくれた。 「うちの主人、こんな調子なんですが・・。 」 私の症状を伝えると。 「そりゃあ、急性副鼻腔炎じゃないの?」 「診ていないからなんとも言えんがね。 この時期多いんだよ。 」 「やっぱり!」 何がやっぱりだ!わかっているなら早く言え! 先生が言うには、「抵抗力を上げるためによく寝たほうがいいよ!」だって。 寝て治せだと!一体どれだけ寝ればいいのだ。 2日か3日か、寝て治るなんて赤ん坊のかんの虫じゃあるまいし、ワシは原始人じゃないぞィ! もっとましなこと言えんのか!そんな事なら、ワシでも言える、医者なぞいらん! 副鼻腔の粘膜に細菌(肺炎球菌、インフルエンザ菌、ブドウ球菌など)やウイルスが感染する病気の事。 慢性化すると厄介です。 俗名は蓄膿症 疲れていて体に抵抗力がないとかかりやすく、風邪を引いた後になる場合も多い。 という事だ。 ワシのことを言ってるのだろうか! ワシも年末の仕事に追われ、クタクタだったのである。 そこで風邪を引き、急性副鼻腔炎になったのである。 そんなもんに感染してしまったのか!道理で長すぎると思っていた。 長引くと慢性化するという。 「なんかめんどくさそうだなぁ。 」と思っていたのだ!慢性化しないうちに早く治さんといかん! ということで、急いで治療せねば! しかし、正月明けで忙しいのだ!医者に行く暇などないぞ。 いいオヤジが鼻を垂らして会社に行くわけにはいかんからな!.

次の

【医師監修】漢方薬は副鼻腔炎に効くの?どんな薬がある?

副 鼻腔 炎 市販 薬 すぐ 効く

鼻づまりは医学的には鼻閉 びへい とも呼ばれ、鼻がつまり鼻呼吸がしにくくなった状態のことをいいます。 鼻粘膜の腫れや骨の変形、異物・腫瘍によって空気の通り道が塞がれることで起こります。 具体的な原因としては次のようなものが考えられます。 アレルギー性鼻炎 ハウスダストやダニ、花粉などの影響で起こるアレルギー反応によって生じる鼻炎をアレルギー性鼻炎といいます。 鼻づまりの原因として多くの割合を占めます。 鼻には花粉などの特定の物質を異物と認識すると、粘膜を腫れさせて異物の侵入を防いだり、鼻水を出して排出したりする働きがあります。 そのため、アレルギー性鼻炎になると、鼻の粘膜が腫れて鼻がつまりやすくなります。 アレルギー性鼻炎の鼻水はサラサラとしているのが特徴です。 風邪による鼻炎 風邪をひくと鼻炎の症状が現れることも。 人には細菌やウイルスが体内に入ると、細菌やウイルスを異物とみなして侵入を防いだり排出したりする働きがあります。 アレルギー性鼻炎と同様に、細菌やウイルスなどの異物が体内に入らないように鼻の粘膜を腫れさせたり、鼻水を出したりといった症状が現れ、鼻がつまりやすくなるのです。 副鼻腔炎 顔にある副鼻腔に膿がたまる状態を副鼻腔炎といいます。 鼻の粘膜に生じた炎症が副鼻腔に広がることで生じます。 副鼻腔炎になると、粘度が高く色の濃い鼻水が出たり、目や頰のあたりに痛みが生じたりします。 また、鼻水がのどにまわって咳が出ることもあります。 副鼻腔炎のときに出る鼻水は粘度が高いため、鼻づまりの原因になります。 鼻づまりの治療法は原因によって異なります。 アレルギー性鼻炎や風邪による鼻づまりの場合は、主に抗アレルギー薬を用いて治療します。 アレルギー性鼻炎は、セルフケアで改善が見込めることがあるので、市販薬などを使うことも有効です。 副鼻腔炎の場合は、抗生物質の飲み薬や点鼻薬・鼻洗浄などといった治療の選択肢があり、市販薬で改善することがあります。 鼻中隔弯曲症(びちゅうかくわんきょくしょう)などの骨の変形が原因で鼻づまりが生じる時は、手術で鼻中隔の骨を矯正することで治療しましょう。 こんなときは病院へ 下記に該当する場合は病院を受診してください。 ・黄色・緑色のネバネバとした鼻水が出るときや口呼吸になってしまうことが多いとき 原因が鼻炎以外の病気であるおそれがあるため ・発熱や倦怠感など、複数の症状があるとき 別の病気が原因となっているおそれがあるため ・アレルギー性鼻炎などで市販薬を7日間程度使用しても症状が改善しないとき 他に原因があるおそれがあるため 鼻づまりに使用する市販薬を分類するとき、大きく2つに分けることができます。 ひとつは薬の形状である「剤形」、もうひとつは「成分」です。 剤形 鼻づまりに使用する市販薬の剤形には、主に点鼻薬・飲み薬の2種類があります。 点鼻薬は鼻に噴霧するタイプの薬で、主に鼻炎によって起こる鼻水や鼻づまりといった鼻の症状がつらいときに使います。 飲み薬は主に錠剤タイプの薬です。 成分 成分を大別すると「抗ヒスタミン薬」「ステロイド」「血管収縮薬」の3つに分けられます。 抗ヒスタミン薬には第一世代と第二世代があります。 第一世代は速効性にすぐれている一方で、眠気の副作用が比較的強いです。 第二世代は第一世代より効果が現れるまでに少し時間がかかりますが、眠気の副作用が少ないという特徴があります。 1 ステロイドは主に点鼻薬で使用される成分で、副作用が比較的少なく効果が高いのが特徴です。 2 血管収縮薬は鼻づまりに対する効果は高いのですが、2週間以上の使用ができない上に、他の成分に比べて副作用のリスクが高いといった特徴があります。 1 2 点鼻薬と飲み薬の使い分け方 基本的に、鼻づまりの症状がある場合はステロイドの点鼻薬を使用することをおすすめします。 特に、鼻づまりの症状が重い場合は、ステロイドの点鼻薬を第一選択として使用することが推奨されます。 3 ただし、点鼻薬の中には年齢制限や使用期間が決まっているものがあるため注意が必要です。 飲み薬は内服するタイプの薬で、点鼻薬を使うのに抵抗がある方や市販の点鼻薬が使えない7歳未満の子供などにおすすめです。 3 点鼻薬と飲み薬の併用はできる? 点鼻薬と飲み薬を併用することができる市販薬も存在します。 ただし、薬の組み合わせによっては注意が必要な場合があるため、併用する場合は医師・薬剤師・登録販売者に相談してください。 鼻づまりの症状を改善するおすすめの市販薬を症状別に紹介します。 アレルギー性鼻炎による鼻づまり|点鼻薬 鼻づまりの症状がつらいときは基本的にステロイドの点鼻薬がおすすめです。 ステロイドの点鼻薬が年齢制限で使えなかったり、使っても効果がなかったりするような場合は別の点鼻薬を使用するのもひとつです。 スプレータイプの点鼻薬です。 有効成分のナファゾリン塩酸塩が鼻腔内の血管を収縮させて、炎症をおさえることで鼻の通りを改善します。 速効性があるため、15分程度で効果を発揮します。 ただし、長期で使用すると、薬剤が原因となって起こる鼻炎になるリスクがあるため、使用しても1〜2週間までを目安にしてください。 また、効果が続く時間は3〜4時間程度なので、長時間症状をおさえたい場合には向きません。 ステロイド点鼻薬が使えなかった場合に使用することをおすすめします。 なお、7歳未満は使えません。 アレルギー性鼻炎による鼻づまり|飲み薬 アレルギー性鼻炎で、鼻づまりの症状以外に鼻水やくしゃみなど、別のアレルギー症状がある場合は飲み薬がおすすめです。 アレルギー性鼻炎による鼻づまりの場合は、フェキソフェナジンやエピナスチンなどの第二世代の抗ヒスタミン薬が適しています。 【フェキソフェナジン】 抗ヒスタミン薬の多くは眠気の影響で車の運転が制限されますが、フェキソフェナジンは服用後に運転などの制限がありません。 試験などで集中力を切らしたくない方にもおすすめの薬です。 また、多くの抗ヒスタミン薬が授乳中に使用することができない一方、フェキソフェナジンは国立成育医療研究センター 4 の「授乳中に安全に使用できると考えられる薬」のリストに記載されています。 4 副鼻腔炎の症状を改善する飲み薬です。 9種類の生薬からなる漢方薬「辛夷清肺湯(シンイセイハイトウ)」の働きで、鼻の奥の炎症を鎮めながら膿を出して、呼吸を楽にします。 1日2回の服用です。 眠くなる成分を含んでいません。 鼻づまりに効く市販薬の中には年齢制限があり、子供が使用できないものがあります。 特に、2020年3月現在販売されている市販の点鼻薬は、7歳未満の子供は使用することができないので、基本的に7歳未満の場合は飲み薬がおすすめです。 ここでは子供が使える鼻づまりに効く飲み薬タイプの市販薬を紹介します。 子供の場合は、鼻づまりの原因が風邪の場合でもアレルギー性鼻炎の場合でも使える薬を紹介します。

次の

【薬剤師監修】蓄膿におすすめの薬人気ランキング7選【気になる鼻づまりに】

副 鼻腔 炎 市販 薬 すぐ 効く

登録販売者です。 まず漢方からですが、「ホノミビスキン」はバランスがいいと聴いております。 で、洋薬なのですが 手元に「コールタイジン点鼻薬a」というものがあります。 これはほかの点鼻と全く違い、ステロイドつまりプレドニゾロンを含有しています。 そういう意味で鼻の粘膜の炎症を抑えることには前衛的な薬かなとは思います。 が、専門医に言わせて曰く「副鼻腔炎は治らない」ってなもんですから 漢方で徐々に改善させていくほうがよい気がします。 私は蓄膿症重度から今は気にもならないほどに回復しております。 鼻閉のひどい時期にのみ点鼻を使いますが… 副鼻腔炎の漢方はひとつだけではありません。 漢方専門医か漢方専門の薬剤師さんに相談するとBESTです。 証という大前提が合ってないならお話にもなりません。 お大事に。

次の