鯛 レシピ。 真鯛の下ごしらえ・料理レシピ!魚一尾を味わい尽くす [男の料理] All About

炊飯器に鯛を丸ごとはダメ!美味しい鯛飯を炊くコツ! レシピ・作り方 by nkkmarine|楽天レシピ

鯛 レシピ

和風、洋風、イタリアン、どの料理にも使える鯛はとても便利な魚介類。 そのまま刺身としてはもちろんのこと、煮ても焼いても主役級に使えるのでバリエーションが豊富です。 シンプルな味付けでも充分美味しいことが魅力のひとつ。 旬は春ですが、一年中とれる魚なので炊き込みご飯やカルパッチョといった定番料理、フライパンでソテーするだけでも簡単なおすすめの食材です。 高タンパク質で低脂肪、消化吸収に優れている白身魚は、アクアパッツァとして一点ものでも大活躍。 Kurashi-暮らし上手では、「今日の晩ごはん」として、料理家さんから教わった、家庭でもできる本格かつ簡単レシピを毎日配信中。 その中から、鯛を使ったレシピを一覧で集めました。 定番メニューから旨味を最大限に生かしたレシピ、時短で作れるレシピなどをたっぷりご紹介します。 鯛の豊かな旨味が存分に味わえるアクアパッツァ 「サフラン風味のアクアパッツァ」by星野奈々子さん 調理はシンプルながら、味わいは格別!サフランを加えて香り高く仕上げれば、おもてなしにもぴったりな一皿に。 鮮魚コーナーでうろこ、内臓、えらを除いてもらえば簡単。 手作りのハーブバターをのせて香り豊かに。

次の

「鯛」のレシピ一覧(11件)

鯛 レシピ

鯛の基本情報 鯛の特徴 「鯛」と名のつく魚は200種以上ありますが、本当のタイ科の魚は、「真鯛」「血鯛」「黒鯛」などの数種だけです。 一般に鯛といえば、「真鯛」を指し、鯛の中では、姿・味ともに最高。 祝い事にはつきものです。 尾びれの先の縁の部分が黒くなっているのが特徴で、ほかの鯛と区別ができます。 旬は、冬から春にかけて。 特に、「桜鯛」と呼ばれる産卵前の春の鯛がいちばんおいしいとされます。 産卵後、麦の色づく6月ごろのものは、味が落ち、「麦わら鯛」と呼ばれます。 刺し身、塩焼き、潮 うしお 汁、鍋の季節なら鯛ちりに。 洋風・中華風なら、揚げもの、蒸しもの、焼きもの、煮ものなどに合います。 天然、養殖、ともに出回ります。 養殖ものは、天然ものに比べると、脂っぽく、身がやわらかくなります。 鯛の選び方ガイド 切り身の場合は、血合いの赤色が鮮やかで、白身に透明感があるものを。 古くなると、身に張りがなく、透明感もなくなります。 一尾のものを選ぶときは、目が澄んでいて、えらが鮮やかな赤色をしているものを。 また、真鯛の場合、天然ものは、尾びれの傷が少なく、色も全体に鮮やかな赤色をしています。 養殖ものは、浅い生けすにいるため、表皮が日焼けして、全体に黒っぽい体色をしています。 尾びれが茶褐色だったり、尾の上下がすり切れているものも養殖です。

次の

「鯛」のレシピ一覧(11件)

鯛 レシピ

カロリー表示について 1人分の摂取カロリーが300Kcal未満のレシピを「低カロリーレシピ」として表示しています。 数値は、あくまで参考値としてご利用ください。 栄養素の値は自動計算処理の改善により更新されることがあります。 塩分表示について 1人分の塩分量が1. 5g未満のレシピを「塩分控えめレシピ」として表示しています。 数値は、あくまで参考値としてご利用ください。 栄養素の値は自動計算処理の改善により更新されることがあります。 1日の目標塩分量(食塩相当量) 男性: 8. 0g未満 女性: 7. カロリー表示、塩分表示の値についてのお問い合わせは、下のご意見ボックスよりお願いいたします。 低カロリーレシピ•

次の