年賀状 いつまでに出す。 年賀状いつから出す?いつまでに出す?出し遅れたらこの方法がベスト

年賀状の返信の期限はいつまで?返事の書き方やマナー、文例

年賀状 いつまでに出す

引き受け開始日: 2019年12月15日(日)• 全国への元旦配達のための最終投函日: 2019年12月25日(水) となっています。 12月25日(水)までに出せば、全国どこへでも元旦に届けてもらえるわけですね。 年賀状は、郵便局に持って行くこともあれば、近くのポストに投函することもありますよね。 ここで注意しなければならないのは、年賀状を近くのポストに投函する場合です。 ポストに投函された年賀状は、集荷されてから配達されますが、 最終集荷時刻より後に投函されたものは、翌日集荷されることになります。 つまり、翌日に出したことになってしまうんですね。 年賀状を元旦に確実に届けるためには、 「2019年12月25日(水)最終集荷時刻より前」 に、年賀状を出せばいい、と言うことになります。 お近くのポストに出す場合、事前に最終投函時刻をチェックしておき、最終集荷時刻に間に合うように出しましょうね。 ちなみに郵便ポストの集荷時間が分かるこんな便利サイトもあります。 ただ必ずしも正確ではないようなので、ポストの時間は足を運んで確認しておくのが何よりですね。 12月25日以降でも、元旦につくことも 日本郵便では、年賀状の配達について、例年次のように発表しています。 一通でも多くの年賀状を元日にお届けするために、できるだけ 12月25日までに差出しをお願いします。 なお、12月26日以降12月28日までに差し出された年賀状も、できる限り元日にお届けできるよう取り組みます。 つまり、 12月26日以降28日までに出された年賀状は、「可能な限り」元日に届くようにしてもらえるんですね。 年賀状が遅れた場合はどうしたらいいの? 12月25日に年賀状の投函が間に合わなかった場合ですが、近い場所であれば元旦に届けてもらえることがあります。 でも、それ以外の場合、どうしたらいいんでしょう? 配送先の郵便局に出す 年賀状の宛先と同じ地域の郵便局の窓口、またはポストに、 12月30日までに出すという方法です。 郵便局の窓口に出す場合は、担当者にこの地域への配達であることを伝えておいてもいいですね。 ただし、配達する地域へ行く必要があるため、近いところへ出す場合に限定されます。 配達日指定で送る 郵便物が翌日に届く地域への年賀状なら、 12月30日までに、郵便局の窓口で 配達日指定の葉書として送れば、元日に届きます。 この方法の欠点としては、「配達日指定」であることが受取人にわかってしまうこと。 でも、「そこまでして元日に届けてくれたんだ」と、感激してもらえるかも知れませんね。 速達で出す 年賀状を「年賀扱い」ではなく 「速達」で出す方法です。 郵便物が翌日に届く地域なら、 12月31日に速達として出せば、元日に届きます。 遠距離の場合は、元日の午後には届くようです。 この場合も「速達」であることが、相手にわかってしまいます。 また、12月30日に出すと31日に届いてしまうこともあるので、注意が必要です。 最終手段は「郵頼」 「郵頼」とは、郵送で地域の記念押印を依頼することができる制度ですが、年賀状を元日に届けたいときにも利用することができます。 封筒に年賀状を入れて、 「元日に配達してほしい」との依頼状を添えて配達先の郵便局へ 速達で出します。 この方法なら、相手に特殊な手段(?)を使ったことはわかりません。 でも配達先の郵便局を調べ、郵便局へ出向いて速達で送る手間を考えると、素直に期間内に送った方が良さそうですね。 自分で郵便受けに持って行く すぐ近所なら、 「自分で郵便受けに入れる」と言う方法もありますね。 以前、近所の人がそう言っていたのを思い出しました。 年賀状は年明けのいつまでに送っていいの? 年内に年賀状を出せなかった場合だけでなく、年賀状を出さなかった人から、年賀状が届くこともありますよね。 年が明けてからは、年賀状はいつまで送っていいんでしょう? 一般的には「松の内」つまり 1月7日までは、年賀状を送っても良いとされます。 また郵便制度としても、1月7日投函までの公社製年賀はがきには消印がつきません。 1月8日以降は消印が付くところからも、年賀状のシーズンは 松の内までと言えるでしょう。 ただ小正月(1月15日)までは、いわゆる「正月」と言えるので、「あけまして」と言う言葉を使うことはできます。 そして 松の内を過ぎたら、年賀状ではなく「寒中見舞い」にしましょう。 寒中見舞いは、寒い時期に相手の健康などを気遣う便りです。 「お祝い」の意味は無いので、喪中に年賀状を受け取ってしまった場合にも出すことができます。 寒中見舞いは、2月4日の節分頃までに届くようにしましょう。 関連記事:• 元旦に届くように年賀状を出そう 元旦に届く年賀状は、相手の「気持ち」がいっそう伝わるようでうれしいものですね。 今は、パソコンで印刷したものが多いですが、それでもデザインを選んだり、ひと言添えてあったりと、それぞれの人柄がわかって楽しいものです。 せっかくの年賀状、どうせなら、 元旦に届くように送ってみませんか? 最近の正月(2017年以降)は、 1月2日の年賀状配達は中止されることになりましたので、なおさら元旦に届けられるようにしたいですね。 師走の忙しい時かもしれませんが、年賀状は受け取る相手のことも考えて、できるだけ早めに準備をしましょう!.

次の

年賀状はいつまで出せば元旦に届くの?今年の年賀状は残りに注意!

年賀状 いつまでに出す

年賀状はいつまでに出せば元日に届くのか? まず、結論から言うと、12月25日までに郵便ポストに投函するか、郵便局の窓口に持って行けば、確実に元旦に届くと考えられます。 これは、日本郵便のホームページに、年賀状の配達に関して以下のように記述されているからです。 12月25日までの差出しにご協力をお願いします。 一通でも多くの年賀状を元日にお届けするためには、できるだけ12月25日までに差し出していただきますようお願いします。 12月26日以降28日までに差し出していただいた年賀状も、できる限り元旦にお届けできるよう取り組んでまいります。 なお、年末押し迫っての差出しが集中した場合、地域によっては元旦にお届けできない場合がありますので、ご了承ください。 post. japanpost. html つまり、年賀状を配達する会社が、25日までに出すよう促しているわけですから、確実に元旦に届けるための期限は、12月25日と考えておくべきです。 仮に、12月25日までに年賀状を投函できなかった場合は、時間との勝負になるので、近くの郵便局の窓口にすぐに持っていくか、回収前の郵便ポストに投函するしかありません。 ちなみに、私は、小学生の頃、12月27日に年賀状を郵便ポストに投函したことがありましたが、宛先の友人に確認すると、きちんと元旦に届いていたことがあります。 ただし、これは宛先が隣の県であったため、すぐに配達できたものと考えられます。 そのため、離れた地域、特に離島など配達に比較的時間がかかる地域に向けて年賀状を出す場合は、12月25日までと言わず、年賀状の受付が開始されたら、できる限り早く出しておいた方が無難でしょう。 では、12月28日を過ぎてしまった場合で、どうしても元旦に届けたい場合は、どうすれば良いのでしょうか? sponsored link 速達で出す 先に説明したように、日本郵便の努力限界である28日を過ぎてしまうと、元旦に届けてもらうのは非常に困難だと考えられます。 このような場合で、どうしても元旦に届けたい場合は、最終手段として速達で出すという方法があります。 郵便局の窓口で、事情を説明し、特殊取扱郵便として年賀状を出せば、28日を過ぎても元旦に届けてもらうことはできます。 ただし、速達にしたことは、受取人にもわかるので、年賀状を出すのが遅れたことが相手に伝わってしまうという欠点はあります。 では、そもそも年賀状はいつまでに相手に届けば、失礼にあたらないのでしょうか? 年賀状はいつまでに届くのがマナーなのか? まず、年賀状は「松の内」にあたる1月7日までに相手に届けば、失礼にはあたらないとされています。 「松の内」は、お正月の松飾りを立てておく期間であり、地域によっては1月15日が松の内とされているところもあります。 つまり、自分が年賀状を出していない人から元旦にハガキが届いた場合、すぐに年賀状を作成し、1月7日までに間に合うように出せば問題ありません。 ただし、サラリーマンの方は注意が必要であり、仕事でお世話になっている人に年賀状を出す場合、仕事始めとなる1月4日や1月5日に相手に年賀状が届いていなければ、明らかに失礼にあたります。 仕事が始まり、正月気分も徐々に抜け始めた1月6日や1月7日頃に、仕事関係の人から年賀状が届いて、嬉しい人などいないでしょう。 そのため、サラリーマンが仕事関係者に年賀状出す場合は、あらかじめ年賀状リストなどを作成し、できる限り出し忘れがないように注意が必要です。 では、松の内にも間に合わなかった場合、年賀状は出すべきなのでしょうか? sponsored link 松の内を過ぎたら寒中見舞い 松の内を過ぎた1月8日以降に年賀状が届くのは、マナー違反であり、ハガキを余らせないために、年賀状を送っていると捉える人もいるので、絶対に避けるべきです。 これは、あなたのお住まいの地域において、松の内が1月15日だったとしても、1月8日以降に年賀状で新年の挨拶をするのはオススメできません。 松の内を過ぎた場合は、「寒中見舞い」として、通常のはがきで相手の健康や体調を気遣うお便りを出します。 「寒中見舞い」を出す場合は、新年のあいさつが遅れてしまったことをお詫びする言葉を添えるとともに、寒い時期なので相手をいたわるような文章にします。 寒中見舞いは、遅くとも節分までには相手に届くようにし、できる限り早く出しましょう。 sponsored link.

次の

年賀状をいつまでに出せば元旦に届く?気になるタイムリミット 年賀状の豆知識

年賀状 いつまでに出す

お世話になっている人にお送りする 年賀状、基本的には年末までに書いてポストに出すのが一般的となっています。 送るならやはり1月1日の元旦にお届けしたいものですが、いったいどのくらいの期間のうちに出せば届くのか、とても知りたいことだと思います。 また、あらかじめ準備しておいたとしても、年賀状をもらったときに出していない相手がいることに気づくのもしばしばです。 ^^; そういうときっていつも元旦を過ぎているので、結構焦りますよね…。 今回はこのような 年賀状を出す期間の悩みに対して解決する内容を書いていきます。 うっかり出し忘れて期間を過ぎてしまっても、やはり返事があったほうが相手もうれしくなりますよ。 記事内容(項目をクリックすると飛べます)• 元旦に年賀状を届けるにはいつまでに出す? 基本的には 年賀状受け付けは12月15日~25日までとなっています。 この期間中に年賀状を出せば、高い確率で元旦に年賀状が届きます。 日本郵政の公式HPには以下の様な記述があります。 参考のため引用させていただきます。 12月25日 火 までの差出しにご協力をお願いします。 一通でも多くの年賀状を元日にお届けするためには、できるだけ12月25日(火)までに差し出していただきますようお願いします。 12月26日以降28日までに差し出していただいた年賀状も、できる限り元旦にお届けできるよう取り組んでまいります。 なお、年末押し迫っての差出しが集中した場合、地域によっては元旦にお届けできない場合がありますので、ご了承ください。 (引用:) ただ郵便屋さんも、お正月 にはたくさんの年賀状を届ける必要があるので、25日までに出せば必ずしも元旦に届くという約束ができるわけではないようです。 (ほとんど大丈夫だとは思うんですけどね…。 ) 元旦にほぼ確実に届ける!場合は12月25日まで、 できるだけ元旦に届けたい!と思うなら12月28日まで、という感じですね。 この時期は郵便屋さんも忙しいですので、 やはり年賀状は早めに準備しておくのが元旦にきちんと届けるための対策となりそうです。 元旦を過ぎてしまった場合の対処法 年賀状を届けるのに失礼のない期間 年賀状は、 松の内の1月7日までに相手の手元へ届くように送るのが良いそうです。 松の内の期間は関東が1月7日まで、関西が1月15日までと言われていますが、7日を過ぎると正月気分も抜けてしまいます。 なので、できれば1月7日の早い方に合わせるのがおすすめです。 スポンサーリンク 元旦に差し出した年賀状は相手にいつ届く? 年賀状を元旦に差し出した場合、日数というのはあまり明確ではありません。 しかし日本郵便のHPで見れる、通常のハガキのお届け日数目安よりも結構遅れてしまうようです。 調べた所では、 1月1日に差し出した年賀状は1月4日~6日くらいに届くという情報もありますので、相手の手元に年賀状を届けるなら、できるだけ元旦には投函をしてしまいましょう。 ただ、年賀状に消印が押されるのは1月8日からとにもあるので、差し出しは遅くとも1月7日までに済ませれば過剰に失礼にはならないかな?とも思います。 年賀状を出す際の注意点 ポスト投函での注意点 ポストに投函する場合は注意点があります…それは、 最終集荷時間です。 どのポストでも、必ず中身を集荷するための時間が決まっています。 たとえば元旦に届けたい場合、今日は28日だからまだ間に合う!!と思って夜の10時に年賀状をポストにINしたとしましょう。 しかしそのポストの最終集荷時間が夕方5時であれば、集荷や受付は翌日となります。 そうなると年賀状は元旦には届かないことになっちゃいます。 ギリギリに出すとこのような予想外の事態が起こるので、年賀状は余裕を持って投函するようにしたいですね。 集荷の時間はそれぞれのポストに記載がありますので、近所のポストの時間はチェックしておきましょう。 近くを通った時に見ておくのが一番ですが、こちらの「」から集荷時間を検索することも出来ます。 (場所によっては載っていない所もあるみたいです。 ) ポイントは、 28日までに受付させたいなら、ポストの最終集荷時間に間に合わせて投函するようにすることです。 個人的には、郵便局の窓口が開いているときに直接差し出したほうが安心できる気がしますけどね。 … ただ速達になると普通の郵便と扱いが同じになってしまうので、消印が押されてしまいます。 年末であればヘタすると元旦になる前に届いてしまうこともあるそうなので…どうしても元旦に届けなければならない!といった理由がない限りは、年が明けた後でもいいので、年賀状として届けたほうがいいと言えるでしょう。 年賀状が出せる期間を過ぎてしまった場合 年賀状が出せる1月7日を過ぎてしまったけど、相手に返事を出したい!という場合もあるでしょう。 送る側としても、やはり返事はあったほうが嬉しくもなりますからね。 寒中見舞いとは?送る時の注意点 「寒中見舞い」は、一年の中でも最も寒さが厳しくなる時期に、相手の健康や体調を気遣って出すお便りのことです。 基本は松の内が過ぎた1月8日から、節分(立春)の前日である2月3日までに送るのが一般的となっています。 ただ、これだと年賀状が届く時期に対して結構遅くなってしまいますので、できるだけ寒中お見舞いで返事をするのがおすすめですね。 あまりにも疎遠になってしまった相手なら別かもしれませんが、たとえ元旦を過ぎていたとしても、交流がある相手には返事を出すようにしましょう。 年賀状ではなく、寒中見舞いになってしまっても、やはり返事があると嬉しいものですからね。

次の