ブール ド ネージュ。 スペインの伝統菓子、ポルボロンレシピ

ブールドネージュ(無印)とは?

ブール ド ネージュ

幸せを呼ぶクッキー、ポルボロン みなさん「ポルボロン」というお菓子を知っていますか? スペインのアンダルシア地方で生まれたお祝いのお菓子で、クリスマスやお正月によく食べられるそうです。 ほろほろと崩れる食感の素朴で優しい味わいのポルボロン。 口の中に入れて崩れないうちに「ポルボロン、ポルボロン、ポルボロン」と3回唱えることができたら幸せになる、願いが叶うという言い伝えがあります。 今回は、「ポルボロン」の魅力とご自宅で簡単に作れるレシピをご紹介します。 ポルボロンとスノーボールの違いは? 「ポルボロン」「ブール・ド・ネージュ」「スノーボール」。 どれも粉糖をまぶした、似たような見た目。 一体何が違うのかな?と思っている人も多いはず。 発祥と名称 「ポルボロン」 スペインで発祥した焼き菓子。 「ブール・ド・ネージュ」 「ポルボロン」がフランスに渡り、生まれる。 「ブール・ド・ネージュ」はフランス語で「雪の玉」。 「スノーボール」 「スノーボール」は英語で「雪の玉」。 「ブール・ド・ネージュ」と「スノーボール」はフランス語と英語の違いだけで、同じお菓子。 製法 「ポルボロン」 薄力粉をオーブンやフライパンで焼いてから使う。 グルテンがなくなり、ほろほろともろい食感が特徴。 「ブール・ド・ネージュ」「スノーボール」 薄力粉をそのまま使う。 ほろほろというよりは、サクサクとした食感が特徴。 「ポルボロン」と「ブール・ド・ネージュ」「スノーボール」の一番の違いは、薄力粉を焼いてあるかどうかです。 また、本場の「ポルボロン」はバターではなくラードを使うことも。 ラードを使うことで、さらに口溶けの良い食感になるようです。 ポルボロンの作り方 材料 約3cmの丸型で18個• 薄力粉…50g• アーモンドパウダー…50g• 無塩バター…50g *今回は作りやすいようにラードではなく、バターを使用しました。 粉糖…30g• 泣かない粉糖…適量 おすすめのアイテム 作り方• オーブンペーパーを敷いた天板の上に薄力粉を広げる。 *様子を見ながら温度と時間は調節してください。 常温に戻してやわらかくなったバターをゴムベラでクリーム状に練る。 粉糖を入れて混ぜる。 ローストした薄力粉とふるったアーモンドパウダーを加える。 生地がなじむまでゴムベラでよく混ぜる。 グルテンがなく卵も入れないため、ポロポロの生地になりますが、この程度になれば良いです。 ラップに包んでギュッとまとめ、冷蔵庫で2時間〜一晩休ませる。 めん棒を使って、休ませた生地を1cmの厚さに伸ばす。 *ルーラーなどを使用するときれいに伸ばせます。 3cmくらいの丸い型で生地を抜く。 余った生地はまとめて、もう一度1cmに伸ばして型で抜く。 *生地がだれてきてしまったら冷蔵庫で冷やしてください。 冷えた生地だと抜きやすいです。 オーブンシートかシルパットを敷いた天板の上に並べる。 焼き上がりはやわらかく、もろいため、そのまま天板の上で冷ます。 *温度と時間は調節してください。 茶こしなどで粉糖を振りかける。 *粉糖を入れたビニールの中に焼き上がったポルボロンを入れてまぶしても良いですが、非常にもろいので崩れないように優しく振ってください。 ほろほろの優しい口溶けのポルボロンの出来上がりです。 「ポルボロン」と3回唱えてもまだ口の中には残っていたのですが、かなり軽くほろっと崩れる食感に。 アレンジ ちょうどいい大きさの丸い型がない場合は、四角くカットするのもおすすめです。 1cmの厚さに伸ばしたら、2cm角くらいの大きさに包丁でカットします。 小さめの一口サイズで食べやすいです。 包み方 スペインでは、ポルボロンは一つずつキャンディー包みされているようです。 簡単にワックスペーパーで包んでみてもいいですね。 「スペインの伝統菓子・ポルボロン」の詳しいレシピページは。

次の

「雪」はフランス語で...?neige(ネージュ)の意味と雪に関する単語

ブール ド ネージュ

もくじ• 「雪」はフランス語でneige(ネージュ) neige(ネージュ)はフランス語で「雪」を意味する女性名詞です。 会話中に使う場合は、la neige(ラ ネージュ)と定冠詞la(ラ)を伴います。 また、 neiger(ネジェ)は「雪が降る」という動詞です。 Il neige. (イル ネージュ) で、「雪が降っている」という意味になります。 このときのneigeは女性名詞ではなく、動詞neigerが活用して形を変えたものです。 neiger(ネジェ)という動詞は上記のようにil(イル)と一緒に使う場合がほとんどです。 雪に関するさまざまなフランス語の単語や表現 では、雪降る季節に使いそうなフランス語の単語や表現についていくつか見ていきましょう。 雪の結晶 「雪の結晶」、つまり「氷の結晶」をフランス語で、 cristal de glace(クリスタル ドゥ グラス) と言います。 六角形の形をした、あのきれいな結晶のことですね。 ちなみに、優しく降る「雪のひとかけら」のことをフランス語で、 flocon de neige(フロコン ドゥ ネージュ) とも言います。 英語のsnowflake(スノーフレーク)にあたりますね。 ブール・ド・ネージュ 「ブール・ド・ネージュ」という粉糖とアーモンドを使ったフランスのお菓子は有名ですね。 これはフランス語表記だと、 boule de neige(ブール ドゥ ネージュ) となります。 直訳すると「雪玉」という意味ですね。 スノードロップ 「雪の花」「待雪草」などの別名がある、冬の終わりに咲く花スノードロップ。 この白い見た目が特徴の花はフランス語で、 perce-neige(ペルスネージュ) と言います。 perce-neigeは男性名詞としても女性名詞としても使える珍しい単語です。 雪だるま 冬と言えば雪だるまですよね。 「雪だるま」はフランス語で、 bonhomme de neige(ボノム ドゥ ネージュ) と言います。 bonhomme(ボノム)は「いいやつ」「あいつ」など、特定の男性に対する愛称です。 この単語は複数形になると珍しいスペルの変化が起こる単語で、もし「雪だるま」が複数ある場合は、 bonshommes de neige(ボンゾム ドゥ ネージュ) となります。 前触れなくsが単語の途中に出現しました。 発音もスペルもイレギュラーな形なので印象的なのではないでしょうか。 雪に関するフランス語の語彙は少し難しめ 冬の厳しい寒さにつながるイメージのある雪ですが、フランス語の雪に関する表現は見慣れない単語も多く、覚えるのは少し難しそうですね。 日常会話で使いそうなものだけ覚えてしまってもよいかもしれませんね!.

次の

ブール ド ネージュ

ブール ド ネージュ

「あぷりのお茶会」へようこそ! 「ブールドネージュ」 以前、同じ「ブールドネージュ」の 無印良品のものを紹介しましたね。 こちらはミスターイトウの「ブールドネージュ」で 「黒ごまきな粉 香る黒糖」とあるようにかなり和風です。 二つの「ブールドネージュ」を比べると、う~ん、 全く別物という気もしないではありません。 「ブールドネージュ」とはフランス語で「白い雪の玉」 という意味だそうですが、これ白くないし……。 この写真では分かりにくいのですが、球体というよりは 厚めのコイン型のような形です。 無印良品の「ブールドネージュ」 「ブールドネージュ」というよりは「きな粉まぶし」? 無印良品の方は、確かに「ブールドネージュ」白い雪の玉と 呼ぶには相応しいのですが、ちょっと甘すぎました。 その点、こちらはきな粉で、甘さも抑えめで ちょうど良かったです。 きな粉の味が前面に出てきて、きな粉きな粉してはいますが。 やはり「ブールドネージュ」というよりは 「きな粉まぶし」といった感じでしょうか? スペインのアンダルシア地方のお祝いのお菓子 この「ブールドネージュ」(「ブール・ド・ネージュ」 と書くのが正しいのでしょうか)は、もともとは スペインのアンダルシア地方のお祝いのお菓子だそうです。 「ブールドネージュ」は口の中に入れると ほろほろと崩れしまいますが、「ブールドネージュ」が 崩れて溶けてしまうまでのあいだに 「ポルポロン」「ポルポロン」「ポルポロン」と 3回言えると良いことがあるのだと言われているようです。 「ポルポロン」とは「ブールドネージュ」の スペインでの名前です。 これって、流れ星を見た時に流れ星が消えない間に 願い事を3回言うと叶う、というのと似ていますね。 でも、流れ星よりこちらの「ブールドネージュ」の方が 難易度は下に思えますので、よいことある確立大かな? スペインでポルポロンと呼ばれていたこのお菓子は その後、フランスに渡り「ブールドネージュ」になりました。 後にイギリスやアメリカでは「スノーボール」と呼ばれますが これは「ブールドネージュ」と同じ意味ですよね。

次の