マイデザイン 増やし方。 元ドット職人が教える『あつまれ どうぶつの森』マイデザインお役立ちテクニック!描き方の初歩から独特な「なめらか補正」まで幅広く解説

あつ森マイデザイン上限を増やす方法は?アップデートで増える可能性は?【あつまれどうぶつの森】|たつログからの呟き

マイデザイン 増やし方

Nintendo Switch「あつまれ どうぶつの森」(以下「あつ森」)の世界的なブームはどこまで広がっていくのだろうか。 5月2日、アメリカのニューヨークにあるメトロポリタン美術館がというニュースが駆け巡った。 この参入によって、同美術館収蔵の約40万点の作品を「あつ森」で公式に取り込めるようになった。 つまり、を待たずして、世界の名だたる美術品が「あつ森」で鑑賞できるというわけだ。 しかし、これらを最大限楽しむにはちょっとコツがいる。 スマホ連動機能「タヌポータル」を含めた「マイデザイン」を最大限駆使しないといけないし、メトロポリタン美術館のサイトから何をどのように検索し、どうやって「あつ森」用にセッティングするのかもある程度知識が必要だ。 そこで本稿では、このメトロポリタン美術館参入を記念した「メトロポリタン美術館作品を100%楽しむためのガイド」をお届けしたい。 「あつ森」を始めたばかりの人にもわかるよう、その手順をいちから解説していく。 ステップ1:「あつ森」と「タヌポータル」を連動させる メトロポリタン美術館のシェアボタンを使うためには、「あつ森」の「マイデザイン」機能が必要になる。 「マイデザイン」そのものはゲーム内の最序盤から利用できるが、ポイントは「タヌポータル」が利用できるかどうかだ。 「タヌポータル」は、スマートフォンアプリ「Nintendo Switch Online」内にあるゲーム連携サービスで、「あつ森」で手続きを完了させると使えるようになる()。 なお、機能を利用するためにはNintendo Switchのオンラインサービス「Nintendo Switch Online」への加入(有料)が必要になる。 手続きを終え、スマートフォンアプリ「Nintendo Switch Online」に「あつ森」の項目が登場して「タヌポータル」が起動できるようになったら、ついに準備完了だ。 「タヌポータル」でゴッホの「自画像」を取り込んだところ。 しっかり作品名も表記される 「タヌポータル」からの手順はとても簡単だ。 「タヌポータル」内で「マイデザイン」を開き、スマホのカメラ機能を使ってQRコードを読み取る。 データを取り込めたことを確認したら、今度はNintendo Switchの「あつ森」を開く。 「あつ森」内でスマホメニューを開き、さらに「マイデザイン」を開く。 「タヌポータル」と連動できていれば、この画面から+ボタンで「ダウンロード」ができる。 すると、先ほど「タヌポータル」に登録したデータが「あつ森」の中に取り込めるというわけだ。 取り込んだデータは書き換えこそできないが、他のマイデザインと同じ扱い。 イーゼルに飾ったり、壁にかけたりすることで、ついにメトロポリタン美術館作品を「あつ森」で堪能できるようになった。 思い切って「MET部屋」を作ってみる せっかくなので、メトロポリタン美術館(略称はMET)の作品を最大限活かした「MET部屋」をマイホームに作ってみたい。 40万点ある作品群の中には、「メトロポリタン美術館を訪れたら必見」クラスの名画が多くランナップされている。 中でも個人的なおすすめ作家は以下の通りだ。 ・ラファエロ(raffaello) ・ルーベンス(rubens) ・ベラスケス(velazquez) ・ダヴィッド(david) ・ルノワール(renoir) ・クールベ(courbet) ・シスレー(sisley) ・マネ(manet) ・ゴッホ(gogh) ・ゴーギャン(gauguin) ・モロー(moreau) ・ミレー(millet) ・ドガ(degas) ・セザンヌ(cezanne) ・クリムト(klimt) ・葛飾北斎(hokusai) ・写楽(sharaku) ざっとこんな感じだ。 検索は当然英語なので、作家名も英語で入力する必要がある。 上には英語名も併記したので、大いに役立てていただきたい。 作品の色合いによってはジェネレーター上でほぼモノクロに近い状態になってしまう場合もあるが、陰影はしっかりと再現されるので、「あつ森」に持ってくると意外に悪くなかったりする。 ルノワールが描く女性をアップにしてみたり、セザンヌの静物画は全体を取り込んでみたり。 作品に合わせてトリミングに気を遣いながら、「ここ」と思うポイントでQRコードの読み込みを行なう。 そして、検索とトリミングをどんどん繰り返し、今度は作品をマイホームの壁に飾っていく。 海岸でセザンヌを眺める風景 今回、メトロポリタン美術館の収蔵作品に何があるかを調べるところから作業をスタートさせたが、オープン化されていない作品も含め、西洋絵画の知識をかなり得た実感がある。 「メトロポリタン美術館で見ておくべき作品は?」と聞かれたらすでにある程度答えられるし、筆者の「MET部屋」を見てもらえれば、ある程度の予習にもなってしまう。 この、文化的な充足感が心地いい。 新型コロナウイルスの影響で、メトロポリタン美術館自体は休館となっている。 だからこその今回の施策だと思われるが、無事警戒期間を終え、大手を振って世界を歩けるようになった際は、「ぜひメトロポリタン美術館を訪れて本物を鑑賞したい」と思っている自分がいる。 その点で、メトロポリタン美術館の取り組みは大成功と言えるだろう。

次の

【あつ森】和服、着物、浴衣のマイデザインIDまとめ【あつまれどうぶつの森】

マイデザイン 増やし方

「」に加入している• スマートフォンアプリの「」を使用できる• パソコンやタブレット、二台目のスマホ等の、インターネットを使用できる機器がある 美術品を取り込む手順 1. ゲティ美術館のサイトにアクセスする まず、ゲティ美術館のWebサイトにアクセスし、下にスクロールしていくとある「Build an Art Museum in Animal Crossing」をクリックし、トップ画像の下にあるリンクの「Animal Crossing Art Generator」をクリックするとアートジェネレーターにアクセスできます。 下記のリンクは直接アートジェネレーターにアクセスできます。 マイデザインに変換したい美術品を決める 出典: 「Select an artwork」で特定の美術品を検索か、その下にあるオススメから選べます。 出典: ゲティ美術館の収蔵品以外の美術品を変換したい場合は、「Use the art generator with other open-access IIIF images」でIIIFファイルのURLをコピー&ペーストすればできます。 QRコードの作成 出典: 変換したい美術品が決まったら「Select the crop for your artwork」でどの部分を切り抜くのかを決めます。 出典: 次に、「Import your artwork into Animal Crossing」でQRコードが作成されます。 そのQRコードは読み取り用のQRコードになります。 QRコードを読み込む スマホアプリの「」を起動し、あつ森のマイデザインから「QRコードを読み取る」をタップし、先ほどのQRコードを読み取ります。 複数取り込む場合上記の作業を繰り返す以外に方法はありません。 マイデザインを取り込む 「あつまれ どうぶつの森」内のスマホからマイデザインを選び、「+ボタン」を押しインターネットから先ほどのマイデザインをダウンロードします。 ダウンロード先を指定しダウンロードが完了すると取り込み完了です。 あとは、イーゼルで飾ったりして家の中や島を最高峰のギャラリーにしてみましょう。

次の

【あつ森】DIYレシピの増やし方、入手方法7つ紹介【あつまれどうぶつの森】

マイデザイン 増やし方

『あつまれ どうぶつの森』では早い段階にマイデザイン作成機能が使えます。 過去作をプレイした方は早速ドット打ちに時間を溶かしているのではないでしょうか? 今作からプレイした方も「マイデザインで島を彩りたい! マイデザインでをリメイクに使いたい!」と思うはず! 夢は無限に広がりますが、いきなりドットでデザインを起こせと言われてもどうしたらいいかわからないですよね。 そこで「今から始めるドット打ちのテクニック」を、筆者なりの方法でお伝えできればと思います。 『あつ森』のマイデザインは、 ドットがなめらかになる仕様になっており、意図していない形になってしまうことがあります。 実際にドットを打ちながらどう対処したのかも言及していますので、ぜひ参考にしてください。 確かにうまい人の作品を見て自分もこうなりたいと思うのは大事なことですが、いきなりそこを目指すのではなく、小さい目標を立てていくことが大切です。 そこで初めてのマイデザインに提案するのはオリジナルの 「かべがみ」です。 なぜかべがみなのか、以下に理由を挙げます。 ・実際の壁紙を参考にできる。 ・シンプルなほうが映える。 ・小さい柄でもそれっぽくなる。 ・曲線を使わずに作ることができる。 では作るデザインをイメージしていきましょう。 色数は柄を考えて、最高3色くらいから始めると吉。 いきなり凝った色を使おうとするのではなく、既存の色を使いましょう。 「まとめてカラー変更」で使いたい色があるパレットを選んで、「すべて塗りつぶし」ツールで全体を塗りました。 色がつくだけでイイ感じになった気がしませんか? まず好きな色を塗って想像力を膨らませるとよいかも。 次に模様を入れていきます。 模様は地の色よりやや濃い色を選択し、同じ系統の色で全体の統一感を出します。 柄はいきなり大きいものを描こうとするのではなく、小さくてシンプルなものにしましょう。 四角を並べるだけとか、縦線を引くだけとか、それだけでOK。 最初は柄に凝らず、 修正しやすいものにするのがベスト。 ここでは四角を組み合わせて花柄を作っていきます。 さて、ここで出来上がりイメージを確認。 なめらかに見えるよう自動的に補正がかかるようになっているのです。 なめらか補正を意識しながら、四角の中央に黄色を入れて、花っぽくします。 これで完成です。 実際に壁に貼ってみました。 雰囲気が出たのではないでしょうか? 色を変えるだけでこんなにも部屋の雰囲気が変わります。 元のデザインを残しておきたい場合は、Yでコピーしておきましょうね。 色数もできれば少ないほうがGOOD。 色選びに手間取ると、そこで挫折しかねません。 では描くモチーフを考えます。 筆者は目の前にあった「どうぶつの森」ハンドタオルを参考に、「ベル袋」を書くことに決めました。 オブジェクトを描くときは空想で描くのではなく、 参考になるものを手元に置くとよいでしょう。 「ベル袋」を選んだ理由はいくつかあります。 ・暖色系の色でまとまっていて、色数が少ない。 ・そのためスポイトで色を拾いながら作業がしやすい ・曲線の勉強になる。 ・「円ツール」と「星スタンプ」を使って楽ができる。 ・いろんなところに貼ったら絶対楽しい。 今回は黄色・オレンジ・赤・茶色を使うので、それらが入ったパレットを選択。 もし全部の色がなくても個別に色を調整できるので大丈夫。 より多くの色があるパレットを探しましょう。 画面全体にベースの色を乗せます。 ベル袋は布を縛った部分、ベルが詰まった部分の2つの要素で構成されているので、「四角ツール」を使って青色で大まかなアタリをつけます。 いきなり形を描こうとするのではなく、 面でとらえると描きやすいです。 次に「円ツール」を使い、アタリに沿って楕円を描きます。 袋を縛った部分は「ペン」で描いていきます。 アタリはあくまでアタリなので、とらわれすぎに注意。 「L」+「R」のスポイトや、「-」のやり直しを駆使して形を作りましょう。 できたら「塗りつぶし」ツールで内側を塗ります。 青色のアタリを消して、形を整えます。 ベル袋は下に重心があるので、楕円の上側を少し削り下を増やしました。 左下のキャンバスを見ながら形を整えます。 オレンジ色を選択し影を入れます。 それっぽくなってきましたね! 袋を縛る赤い紐を描きます。 ここは1つ1つドットを打ちながら確認していきましょう。 さて、ここで出来上がりイメージを確認すると、 「なめらか補正」がかかっていることがわかります。 赤色同士がくっつきあってしまったのです。 そこでちょっと一工夫。 赤と赤の間に影で使ったオレンジ色を入れます。 こうすると、なめらか補正でくっついた赤色が離れて表示されるのです。 思ったような形にならないときは、 間に別の色を入れて出来上がりを確認するとよいでしょう。 詳しくはをご参照あれ! いよいよ後半戦。 縛った部分の影を入れて星マークを入れます。 星マークは「星スタンプ」を使って楽しちゃいましょう。 参考にした絵と見比べると星の色が明るすぎたので個別に色を補正します。 まだ使っていない色を選択し、星マークを塗りつぶします。 次にツールの「各カラー変更」を開き、「いろあい・あざやかさ・あかるさ」を調整します。 同じ要領で地面に影をつけます。 ものすごく細かいところですが、影が薄い場合と濃い場合で、赤丸で囲んだ部分の1ドットの見え方が異なります。 これも 「なめらか補正」による見え方の変化と言えるでしょう。 どちらがイメージに合っているか調整しつつ、仕上げていきます。 この段階でもし「全体的にあと数ドット左にずらしたい!」と思ってしまっても大丈夫。 本作から実装された 「全体シフト」を使って位置を調整できます。 最初から位置にこだわり過ぎずに気楽に描くとよいでしょう。 名前を付けて完成です! 試しにお部屋のゆかに貼ってみました。 出来たマイデザインを元に遊びましょう! コピーして背景の色を変えてかべとゆかに貼りました。 金の亡者部屋! 背景を透明にして、影の付き方を修正して…… タイルマットにしました!一つのマイデザインでいろんな遊び方ができます! 《みかめ》.

次の