子供 お年玉。 お年玉の由来と意味を、子供向けに簡単に説明しよう!

子どものお年玉、どう管理する?賢い活用術や使い道を教えます!

子供 お年玉

お年玉を貯金する派だった時 お年玉を貯金していた時の私の考え 子供が4歳頃までは、もらったお年玉を使って子供自身が何か買いたいと言うことはなかったです。 誕生日やクリスマスなどのイベントの時におもちゃを買ってあげて、子供もそれで喜んでいました。 だから、お年玉を使う必要はなく、子供が大きくなった時の為に役に立つかも、と貯金をしていました。 子供がいくつになったら渡そうとか考えてなくて、ただ漠然と銀行の普通預金にお金を預けていました。 お年玉貯金はどうなったか 銀行の普通預金に、いただいたわずかばかりのお年玉を預けていただけなので、残高は少しずつ増えていきました。 今年も貯金することが出来た、と私は満足でした。 お年玉をもらった当の本人はどうだったのか 子供は、4歳頃までは「ママがもってる」くらいで、お年玉については特に気にする様子はありませんでした。 「あのおもちゃが欲しい」と自分で考えて選ぶことができるようになると、お年玉を気にしだしました。 「そのおもちゃは似たようなの持ってるから買わない」と言えば、「ママが持っている私のお年玉で買う」と主張してきました。 おもちゃ売り場は危険地帯になってしまいました。 お年玉を使わせる派に路線変更した理由 娘がお年玉は自分のお金だと認識しだした 娘が欲しいものがあったとき、買うのを反対すると、お年玉で買うと言い出しました。 貯金していて今は手元にないと言っても、自分のお金だから持ってきてと頻繁に言うようになりました。 確かにそうだような。 お正月に楽しみにしていたお年玉をもらったんだから、自分の欲しい物を買うことに使いたいよな。 そこで、お年玉貯金派からお年玉使わせる派に路線変更することにしました。 お金を使う練習と経験をさせる 小学校の図工の授業で、図工に使うスパンコールやモールなどを100均で買って学校に持っていく機会があります。 100均で材料を年に2、3回ほど買いに行きます。 あれも欲しい、これも欲しいと7、8個くらい買います。 100均は物が充実しているから、いっぱい欲しくなるんですよね。 しかし私としては、学校の図工でなんでそんにお金をかける必要があるのか、と勿体なくて参ってしまします。 欲望のままに物を買うと、お金はすぐに無くなっちゃうんだよ、と教えようと考えました。 お年玉を自分で使ってみた結果 欲しいものが自分のお金で買えてうれしい 娘は、もらったお年玉で買うものを色々考えていました。 文房具が欲しかったようで、早速、イオンに買い物に行って自分の欲しいものをゲットしてました。 たくさん買えて楽しかった~ 欲しいものが買えて涙が出そう と充実した顔をしていました。 計画的にお金を使う発想が芽生えてた やはり自分のお金が一度に無くなってしまうのは嫌なようで、今日はいくら持って行ってこれを買うと、娘自身で決めていました。 でも、時々魔が差してしまい、無駄に使おうとします。 そんな時は私の出番で 「それいらんっちゃない?」 と声をかけてあげれば、一旦考えて買うのをやめるときもあります。 自分のお金を使って買うから、冷静に判断が出来るんですね。 いい事です。 お年玉を自分で使わせてみた結果 欲しいままに買うとお金が無くなることを分かってもらえた 親はなぜ自分が欲しいものを全て買ってくれないのか? 子供は不思議に思っているかもしれない。 お金は使えば無くなってしまう。 必要な物だけ買えばよく、なんとなく欲しい、せっかくイオンに来たんだから何か買ってもらわなきゃ、は無駄にお金を使っているだけ。 何度も娘に説明するけど理解できない。 でも、自分のお金で買い物するようになってから、お金は使えば無くなってしまうことを理解してもらえました。 イオンのおもちゃ売り場で、人目を気にしながら「買ってvsダメ」のバトルをしなくて良くなってホッとしています。 買い物した後の満足度がアップした よっぽど変な物を選ばない限り、お年玉を使っての買い物の時は自由にさせようと決めてました。 私に口出しされることなく、娘は自分の欲しいものをじっくり吟味し、自分のお金で買い物します。 その時のワクワクはたまらないらしく、すごく楽しそうです。 そんな娘を見ると、私も癒されます。 一緒に買い物に行くことが、幸せに感じます。 締めるばかりじゃダメなんですね。 そもそもお年玉を貯金して何するの? なんとなくお年玉を貯金してました。 お年玉は合計して1万円くらい。 これって、年齢が上がれば、あっという間に使ってしまう金額。 毎年なんとなく貯金していたお年玉を、大人になった娘に渡して数回の飲み会で使い果たしたら・・・。 それだったら、お年玉をくれた親戚も、今の年齢にふさわしい物を買って喜んでいる娘を見るほうが、あげた甲斐があるのでは? なんて妄想をしてしまいました。 いや、現実になるかも。 お年玉を使いたい娘を差し置いて、使用目的も決まっていないお年玉貯金をすることは、もはや不毛な事に思えました。 子供のもらったお年玉について結論 自分がもらったお年玉だから好きに使っていいよ、と言ったものの不安はありました。 でも、意外としっかりと計画を立てて使っていたので感心しました。 だから、お年玉は娘がもらったものだから、私が勝手に貯金するのはやめて、今後は使わせようという結論にいたりました。 散財しないように、アドバイスをしつつ、また一緒にイオンに買い物に行こうと思います。

次の

子どものお年玉の相場はいくら? 学年別の平均額 [学費・教育費] All About

子供 お年玉

お正月のを楽しみにしている子どもたちも少なくないでしょう。 しかし、ネット上には、子どもたちが貰ったお年玉を親が預かり、「生活費」や「学費」「衣服代」などにあてているという声がみられます。 子育て情報サイト「ママスタ」の掲示板には、「旦那が消費者金融からお金を借りてました」と題したスレッドがあり、「旦那が子どものお年玉をパチンコに使った」という投稿が寄せられています。 子どもたちにとっては、お年玉は「自分のお金」。 親が何に使ったかが分かれば、悲しむのではないかという意見もありました。 このように、親が子どものお年玉を預かり、「生活費」などにあてることは法的に問題があるのでしょうか。 浮田美穂弁護士に聞きました。 一方で、親は子の財産を管理する権限があります(民法824条)。 ですから、親は子どものお年玉を預かり、管理することはできます。 ただし、ここにいう『管理』には、『勝手に使ってもよい』という意味が含まれているわけではありません。 親が、子どものお年玉を自分の生活費や遊興費に使用することは、財産管理権の濫用、親権の濫用にあたります。 ただ、養育費は親が負担すべきもので、子どもが負担するものではありません。 ですから、学費や子どもの食費をお年玉から出すのは、不適切です。 中には、貯めたお年玉を、大学進学費用の一部にあてるご家庭もあるでしょう。 家庭の経済状況によっては、財産管理権の濫用とは言えないと思います」 【取材協力弁護士】 2002年、弁護士登録。 2010年度金沢弁護士会副会長。 著書に 「ママ弁護士の子どもを守る相談室」 2013年、一万年堂出版。

次の

子供に渡すお年玉の相場とは!?赤ちゃんから大学生まで年齢別の相場

子供 お年玉

明けまして、おめでとうございます。 今年も、引き続き、よろしくお願いします。 今年も、皆様にとって、少しでもお役に立つ情報を提供させてください。 昨年度は、相続税や贈与税について、税制の大改正がありましたが、今年は、12月の税制改正の案を見ても、相続税や贈与税に関する改正で、大きく制度が変わるものは、見当たりませんでした。 そのため、税制改正の話ではなく、お正月になるとよく聞かれる、 「お年玉には、贈与税がかかるのか」 という質問を考えたいと思います。 私もそうでしたが、中学生ぐらいまでは、祖父母や親戚の人から、お年玉をもらっていました。 小学生のころは、お金のありがたみも分からず、1000円もらえば、うれしかったのですが、中学生にもなるとお金の価値が分かります。 祖父母や親戚から、お正月になると、それぞれ、1万円ぐらい、お年玉をもらったことを覚えています。 現在も、お年玉の平均を見ると、中学生から高校生に対しては、5000円から、1万円が多いようです。 しかも、その4月から、中学や高校へ入学するときには、お正月に、入学祝いのお金も、一緒にもらうこともありました。 祝い金になると、平均は1万円から、2万円のようです。 これが1人からであれば、よいのですが、親戚が多い場合には、10人ぐらいから祝い金を含めて、お年玉をもらうこともあります。 そうすると、お年玉だけでも10万円、それに祝い金を合わせると、かなりの金額になることも、想定されます。 それで、毎年、この時期になると、 「中学生の子供に、毎年、110万円を贈与して、そのお金で、生命保険料を支払わせています。 10年以上先になりますが、満期になれば、子供にお金が戻ってきます。 毎年、110万円以下であれば、贈与税がかからないはずですが、このお金に、子供がもらったお年玉や祝い金を加えると、どうしても、110万円を超えてしまいます。 生命保険料は、110万円を支払わなくていけないので、子供のお年玉も、この生命保険料に充てないと、いけないのでしょうか? 子供からは、お年玉を貯めておいて、将来、欲しいものを、自由に買いたいと、主張されています。 」 という、ご質問を受けます。 確かに、子供としては、もらったお年玉が、10年後に戻ってくると言われても、うれしくないはずです。 私も、小学生の高学年から高校1年生までお年玉を何年間も貯めて、高額なレコードプレイヤーを買ったのを覚えています。 では、実際に、お年玉に、贈与税がかかることはあるのでしょうか? 結論から言いますと、社会通念上で妥当な金額であれば、お年玉や入学祝い金は、贈与税の対象にはなりません。 下記の国税庁のHPの「8」に該当します。 そもそも、扶養親族からもらう、生活費や教育費は、その都度、使い切るものであれば、贈与税がかかりません。 ただ、生活費や教育費であっても、使わずに貯金したものは、贈与税の対象となってしまいます。 一方、こちらのお年玉や祝い金は、使い切る必要がありません。 子供がお年玉を貯めておいても、親戚からもらった入学祝い金を、親が子供のために貯金しておいても、贈与税はかからないです。 だからと言って、「100万円のお年玉でもよい」という訳ではありません。 あくまで、社会通念上で妥当な金額です。 もちろん、祝い金などは、高額になることもあります。 結婚するときに妻に渡す、婚約指輪や結婚指輪、両親から、結婚する子供にあげる結納金などは、何十万円にもなりますが、贈与税はかかりません。 指輪や結納金で、1万円が、社会通念上で妥当とは考えられないからです。 さらに、少しテクニカルな話しになりますが、先ほどの国税庁のHPの「1」で、法人から贈与されたものは、贈与税がかからないと記載されています。 法律では、贈与税とは、個人間で贈与した場合だけかかることになっています。 そのため、法人が個人に贈与すると、もらった個人に、所得税がかかることになるのです。 注意すべきなのは、法人から個人に贈与できないという意味ではないことです。 贈与することはできても、贈与された個人に贈与税がかからないだけです。 このとき、もらった個人が、贈与した法人の役員や社員でなければ、一時所得として所得税がかかります。 ここで数式を見ると、50万円を控除してくれるので、その金額までは無税です。 ここでも注意することがあるのですが、それは、もらった個人が、贈与された法人の役員や社員の場合には、給料とみなされるということです。 話を戻しますが、これを利用して、毎年、父親から子供に、110万円を贈与して、かつ父親が所有する不動産管理法人があれば、そこから、50万円を子供に贈与すれば、子供には、税金がかかりません。 所得がゼロなので、確定申告を行う必要もありません。 もし、不動産管理会社にお金がない場合には、毎年、父親が、50万円を、不動産管理会社に贈与していけば、よいのです。 もし、子供が中学生で、給料などの他の収入がゼロがあれば、さらに、76万円をプラスして、126万円を贈与しても、無税となります。 この場合でも、所得がゼロとなるので、確定申告の必要もありません。 これで、110万円と合わせて、1年間で236万円、10年間続ければ、2360万円を1人の子共に無税で渡せることになります。 子供や孫など、人数が多ければ、かなりの金額を無税で贈与できます。 相続税の対策は、早めにやって、損はありません。 今まで以上に、贈与できないか、もう一度、考えてみてはいかがでしょうか。 大変勉強になりました。 贈与と相続の事は今のうちに的確にやっておかなければ手遅れになることが良く分かりました。 あとで後悔しないように専門家に相談した方が賢明だと思いました。 本資料を拝読致しました。 細かな点まで親切に解説されており大変参考になりました。 贈与は事実認定が難しく、中途半端な知識ではリスクが高い。 特に複雑な贈与では、経験と知識の豊富な専門家にお願いすることが必須と思いました。 贈与の基礎知識大変勉強になりました。 住宅資金の贈与に関する税の知識を調べていたらこのサイトにたどり着き様々な本や情報、税務署に相談に行ったりしましたが一番わかりやすかったです。 今後相談させて頂くことがありましたら宜しくお願いします。 今まで疑問に思っていた年間110万円の贈与の仕方がわかりました。 と同時に、こういう場合はどうだろうか?これは贈与になるのだろうか?また新たな疑問がわいてきました。 自分で考えても解決できる問題ではないので是非専門家に相談しなくてはと思いました。 贈与税の基礎控除とは別の控除額とは何のために存在するのだろうとかねてから思っていましたが、なるほど計算を楽にするためのものだったのですね。 インターネットや雑誌で知識をかいつまんだだけでは、その制度の意味を本当には理解することができないなと思いました。 きちんと理解していないと、あとで勘違いして覚えてしまったり、自分でちょっと計算してみた場合、控除額を入れ忘れたりとか、間違えそうです。 今後、税制改革で多くの人が相続税対策が必要になるならば、一家に一冊あるといいですね。 市販本やインターネットからの情報だけを信用して贈与や相続の対策を行うことがいかに危険であるかが良くわかりました。 相続税対策の一環として、贈与税を使ってきましたが、それが有効であったことを確信できました。 それだけでなく、新しい手法も学べて、大変参考になりました。 ダウンロードさせていただいた資料を大変興味深く拝見しました。 実例が数字も含めて具体的かつ豊富にあげられている、贈与契約者のひな形もわかりやすく使いやすい、という2点において、まさに私の知りたいポイントにズバリ答えてくれました。 不動産以外にも、預金や株式の取扱いなど、もう少し深く知りたいトピックスがありますので、本資料も参考にして今後専門家の方に相談していきたいと思います。

次の