牙狼 新台 噂。 パチンコパチスロ新台噂情報2020|新機種 6号機 導入日

【最新】2020年パチンコ新台導入日カレンダー | パチンコ スロット 新台情報サイト

牙狼 新台 噂

営業が再開されたホールを盛り上げているシリーズ機。 国民的パチンコ『海物語』を筆頭に、『北斗の拳』や『花の慶次』といった人気シリーズへの反響は変わらずに大きい。 シリーズで登場する絶狼を主役としたスピンオフ作品『P10カウントチャージ絶狼』が絶賛稼働中。 「初代牙狼を超える」と宣言した「最高峰の時間性能」へ大きな反響が寄せられている。 今後もサミーの『P真北斗無双3』を筆頭に、激アツの機種名がラインナップされている。 その中でも注目したいのは、新機能「遊タイム」搭載マシンだ。 平和の人気シリーズ最新作『 P戦国乙女6 暁の関ヶ原』は、一種二種混合タイプのライトスペックで登場。 時短を含む「666回転」消化で、電サポ「171回転」の「突RUSH」がスタートする仕様だ。 宣言通り「新時代のゲーム性」を実現している。 「最大の特徴は遊タイムですが、出玉性能も見逃せません。 RUSHの継続率は約80%、その間の1500発比率が75%とライトミドルとは思えぬ一撃に期待できます。 多彩な演出を可能とした新筐体で登場するなど、ファン必見の要素が満載です。 遊技できる日を心待ちにしている方は多いでしょう」(パチンコ記者) 平和が誇る『戦国乙女』と「遊タイム」の強力タッグが実現。 根強いファンがいるシリーズだけに、導入後は大きな反響が寄せられそうだ。 開発の噂が絶えなかった最新作に対し、「夏の商戦期に登場!? 」とも囁かれていたが…。

次の

【新台噂話】未確定の噂をまとめてみた!あのシリーズの最新作が出るかも?

牙狼 新台 噂

皆さんこんにちは! 今回はパチンコ・の新作の噂を集めてみました。 あくまで噂でまだ検定通過等の情報はないものばかりですが、火のないところに煙は立たないなんて言います。 もしかしたら出るのかも!?なんて期待を膨らませながらふわっとご覧ください。 パチンコ 根強い人気のの最新作が出るとか そりゃまぁ出るでしょう、ですしね! ただヘソの大きさを1. 5倍にしてみたりと最近は人気の低迷と迷走が見え隠れしているので持ち直せるかどうかは気になりますね。 2 初代がかなりの人気だったので当然続編も出て来るでしょう! ただ初代の人気は65%規制時代に保留を使った抜け道で実質継続率80%を実現していたという部分も大きいと思います。 言ってしまえばうまく時代に適応した機種なので、そのままのスペックでは2は当たらないんじゃないかな・・・ メーカーもそのあたりは分かってるはずなのでスペック発表が楽しみですね! 野生の王国 ニューギン版海物語ともいえる、動物をモチーフにした横回転型のシンプル機 甘デジ版は昔ちょこちょこ打っていましたが、なかなか良い出来をしていました。 勝ちやすくもないですが大負けもしないスペックでバラエティの一角を長い間抑えていた機種なので、新作が出るなら期待したいところ たま~に打ってみたくなるやつですね! 花火絶景 おそらく、以前から「6号機で大花火が出るらしいぞ」って噂されていた機種じゃないかなと思います。 4号機時代に大花火の後継機としてMAX711枚のAタイプで登場した花火百景がありましたが、その系譜になるのかな? 当時は15インチ全面液晶が非常に珍しく美しかったですが・・・今は当たり前になっているので、出るなら出るでどういった差別化をしてくるのか気になるところですね。 A もはやでは定番シリーズと言ってもいいシリーズ最新作 AということでまさかのAタイプか!?という予想もできはするんですが、初代の型式なんかが「A」だったのでAが付いているからといって必ずしもAタイプとは限らないかもしれません。 天翔る古の神々 のオリジナル?みたいです。 以外のオリジナルってなかなか良作なのになぜか評価されないパターンが多いので、今度こそって感じでしょうか。 挑戦状と言うと、なんとなく「やれるもんならやってみろよ」的な印象を受けるので自力感の強いゲーム性なのかな? 夢が膨らみますね! 4 まぁまぁ、そりゃ出てきますよねって感じの番長最新作! ではあるんですが・・・おそらくこれは近々検定通過するんじゃないかという話のあるサラリーマン番長2と噂が混じっているんじゃないかと思います。 当然番長4も開発は進んでいるはずですが、先にサラ番2が出て来るのでまだ噂が出るには早いですしね。 何とも言えませんがまだ信じない方がいいかもしれない! 熊酒場 よくわからないけど希望を感じる。 噂話を集めていると2丁目店ってワードが多いんですが、2丁目店は5号機でもう出ているやつなんですよね。 3丁目店との間違いなのか、それともマイナー機すぎて導入された今ですらまだ噂話として残っているのか・・・ 頼む、新作出てください! 誰もが知る製横スクロールアクションですね。 なんかと同じでシリーズみたいに出てくるのかな?って気もしますが・・・ファミスロはユニバ系、のスロ部門はエンターライズと別メーカーなんですよね。 ぐらいなら比較的ストーリー性やキャターバリエーションも多いのでAT機1つ作っちゃうのかもしれませんね。

次の

【最新】パチンコ スロット新台カレンダー&噂 (7/14更新)|導入日&新台の噂まとめ 過去 動画 導入延期 コロナの影響

牙狼 新台 噂

さらに、右打ち中半分以上は9R大当りで800個近く出玉がゲットできるので出玉面にも期待できますね。 とはいえ、シンプルなゲーム性で遊べると思うのでオススメですね。 シリーズ4作目で、ライトミドルと甘デジで登場です。 通常でも時短50回転つくのでまったり遊ぶには良いかなと思います。 79ということで遊タイムでまずスルーするところがないのがポイントですね。 また、宵越しで遊タイムを狙える判別要素があるのも素晴らしいと思います。 ライトミドルタイプは連チャン消化スピードが遅めだったので、甘デジではどうなっているのか気になりますね。 AT中は バトルを勝ち進めて最終的に登場する「影のケンシロウ」を倒せば真・無想転生RUSHへ。 影のケンシロウを倒さずとも、バトルを数回勝つだけでもそこそこ出玉は増える印象です。 ボーナス(AT)当選のメイン契機はCZで、そのCZへは周期到達で突入します(最大155G)。 高確率中に周期到達すれば上位CZに期待でき、さらに夢ランプ点灯中にボーナス当選となればHooah!が必ず発生。 通常時は如何にウマいタイミングでCZ・ボーナスが引けるのかが重要です!ボーナスは純増約2. 9枚の差枚数管理型AT。 初回ボーナスを突破できれば、以降は51. ヒキ次第では簡単に有利区間完走する爆発力アリ! 世の男性の憧れ、壇蜜さんが3段階設定のノーマルタイプで登場します! 液晶非搭載ながら、どアップの唇があしらわれた7図柄やパネルにも大きく実写写真が配置されていて、壇蜜要素は十分。 6号機流行りの突破タイプですね。 ATはヘブンズラッシュスタート バトル経由の場合 となり、過去シリーズよりも特化ゾーンを体感しやすくなってます。 ハイエナ機として人気のあったスーパードラゴンの後継機的な位置づけですね。 一撃最大1999枚が狙える昇龍発生率はスーパードラゴンより高くなってる点は注目です。 人気を博した沖ドキ!シリーズの最新作が6号機で登場。 32G以内のボーナスループや1G連は健在で、通常時はよりシンプルになった印象です。 6月にはホールから去る初代に代わって投入される台なので、ホールでどのように扱われていくか気になる1台です。 こちらも後継機。 ビッグシオシリーズの第三弾ですね。 パイオニアの意欲作! 3月2日パチンコ導入 メーカー:三洋物産 メーカー:SANKYO メーカー:コナミアミューズメント メーカー:サンセイアールアンドディ メーカー:メーシー メーカー:アムテックス メーカー:サンスリー メーカー:高尾 メーカー:大一 メーカー:平和 3月16日パチンコ導入 メーカー:サミー メーカー:アムテックス メーカー:SANKYO メーカー:ニューギン 3月23日パチンコ導入 メーカー:ビスティ メーカー:アムテックス メーカー:ニューギン 3月2日パチスロ導入 メーカー:パオン・ディーピー メーカー:セブンリーグ メーカー:ベルコ メーカー:藤商事 メーカー:ビスティ メーカー:ニューギン メーカー:JPS 3月16日パチスロ導入 メーカー:サミー メーカー:バルテック メーカー:岡崎産業 3月23日パチスロ導入 メーカー:エンターライズ 12月2日パチンコ導入 メーカー:京楽産業. メーカー:西陣 メーカー:藤商事 メーカー:ニューギン メーカー:三洋物産 メーカー:三洋物産 メーカー:SANKYO 12月16日パチンコ導入 メーカー:ビスティ メーカー:メーシー メーカー:藤商事 メーカー:高尾 メーカー:アムテックス メーカー:コナミアミューズメント 12月2日パチスロ導入 メーカー:平和 メーカー:SANKYO メーカー:オーイズミ メーカー:コナミアミューズメント メーカー:セブンリーグ メーカー:JFJ 12月9日パチスロ導入 メーカー:サミー メーカー:サンセイアールアンドディ 12月23日パチスロ導入 メーカー:ジェイピーエス パチンコ・パチスロを深く知るほど、「検定」「認定」といったワードを耳にするようになりますよね? これらの正体を知らずともパチンコ・パチスロは楽しめるので気にする必要はありませんが、知っているとちょっとカッコいいかも。 ということで、サクッとにまとめました。 「検定」「認定」されたから設置されています 「検定」「認定」は簡単に言えば、パチンコ・パチスロをホールに設置するための制度です。 遊技機が完成してからホール設置までの流れをご覧いただくと理解しやすいです。 ホールで打てるようになるまで 1. 検定 各都道府県の公安委員会 ・型式試験に適合した機種の販売許可を得る ・検定が取れて初めてホールに設置出来るようになる ・検定は有効期限が決められている。 検定切れ、認定切れ ・もうホールに設置して遊技させちゃダメ! パチンコ・パチスロは、検定と認定を駆使しても最大『6年間』しかホールには設置出来ないってことですね。 その名のとおり「検定機or認定機とみなしている」遊技機のことです。 検定も認定も通っている実績・過去はあれども、検定も認定も切れていて、ホールに設置されている機種を『みなし機』と呼びます。 要は発売から6年以上経って設置されている、バラエティーコーナーのいぶし銀たちのことですね。 もっと知りたい人はコチラへ!.

次の