ディズニーランド と ディズニー シー の 違い。 ディズニーランドとディズニーシーの比較・違い。オススメはどっち?|ディズニーハピエル

【TDR】ディズニーランドとシー4つの違い【どっちが楽しい?】

ディズニーランド と ディズニー シー の 違い

オリエンタルランドは23日、7月1日よりとの運営を再開すると発表した。 両園は新型コロナウイルスの感染拡大を受け、2月末から臨時休園が続き、約4ヶ月ぶりの再開となる。 当面の間、開園時間は午前8時から午後8時まで。 同社の公式サイトでは「東京ディズニーランドおよび東京ディズニーシーは、7月1日 水 から両パークを再開することを決定しましたのでお知らせいたします」と発表。 両パークの再開にあたっては、政府の「新型コロナウイルス感染症対策の基本的対処方針」を踏まえて作成された「遊園地・テーマパークにおける新型コロナウイルス感染拡大予防ガイドライン」に沿った対策を講じることに加え、行政機関からの指導のもと、ゲストとキャストの健康と安全の確保を最優先に運営していくとしている。 「運営再開にあたっては、入園者数の制限によるキャパシティコントロール、アトラクション、ショップ、レストラン等の各施設における利用人数の制限、定期的な拭き上げ、ソーシャルディスタンスを確保するための積極的な声かけ等、健康と安全のための対策を徹底し、慎重に運営してまいります」とした。 また、ゲストがチケットを購入する際、代表者の情報を入力することで、感染拡大の抑制にも努めていく。 パーク内の清掃・消毒を強化するとともに、来園者には検温や常時マスク着用などへの協力を呼びかけている。 tokyodisneyresort. jpl で販売を開始。 当面の間は、あらかじめオンラインにて日付指定のあるチケットを購入した人のみ、入園が可能となる。 エントランス周辺でのソーシャルディスタンスを確保するために、入園可能な時間が異なる3種類のチケット(午前8時以降、午前11時以降、午後2時以降)を販売する。 また、東京ディズニーランド大規模開発エリアの開業については、両パーク再開後の状況を見て決定し、開業日はあらためて発表される。 2020年度のイベント・プログラムは、一部変更となっている(詳細は東京ディズニーリゾート・公式サイトに掲載)。 外部サイト.

次の

【公式】東京ディズニーランド / 東京ディズニーシー再開日および今後のパーク運営方法について

ディズニーランド と ディズニー シー の 違い

ランドとシーの違いを比較・まとめてみました 「夢と魔法の王国」東京ディズニーランド ディズニーランドのキャッチコピーは 「夢と魔法の王国」です。 ウォルト・ディズニーが描く、夢と魔法で作られるファンタジーの世界を、最も忠実に反映したテーマパークだと言えます。 パークのシンボルは、 アニメーション作品「シンデレラ」に登場する「シンデレラ城」です。 ディズニー映画の冒頭クレジットで流れるお馴染みのお城ですね。 また、ディズニーランドには「イッツ・ア・スモールワールド」や「スプラッシュマウンテン」、ミッキー達の住む街「トゥーンタウン」などがあり、 ディズニーパークお馴染みのアトラクションや可愛らしい景色、装飾が魅力です。 2020年4月15日からは新エリア「 ニューファンタジーランド」がオープンし、人気作品である「美女と野獣」や「ベイマックス」をテーマにした新アトラクションが登場します。 ますます魅力に磨きがかかりますね! そんな ディズニーランドは、ディズニーシーに比べて 「老若男女、多くの人が楽しめるテーマパーク」だと言えます。 理由は以下の通りです。 ・ディズニー要素の強い、お馴染みのアトラクションが多い ・パレードを多くの人が観覧できるよう工夫されている ・ショーに子供向けや分かりやすい内容のものが多い ・各レストランに定番メニューが多く用意されている ・キャラクターの野良グリーティング 道端で会えること が多い ・道が平坦で、移動が楽 子供も大人もディズニーに詳しくない方でも、 多くの方が楽しめるパークの構成であることが分かりますよね。 また、家族連れや友人グループなど、大人数で楽しみやすいのもディズニーランドの特徴だと言えるでしょう。 「冒険とイマジネーションの海」東京ディズニーシー ディズニーシーのキャッチコピーは 「冒険とイマジネーションの海」です。 実在する海や、海に関連する物語をモチーフとした7つのエリア テーマポート から構成されており、各テーマポートで起こる冒険、旅立ち、出会いの数々が、ゲストをワクワクさせてくれます。 パークのシンボルは、 ディズニーシーの中央にそびえ立つ「プロメテウス火山」です。 定期的に大噴火を起こし、パーク内が轟音と熱気に包まれます。 上述の通り、ディズニーシーは7つのテーマポートから構成されています。 ヨーロッパの港町をイメージした「メディテレーニアン・ハーバー」、沿岸部に佇む密林の秘境をイメージした「ロストリバーデルタ」など、 それぞれ異なるコンセプトの海となっており、異国情緒あふれる美しい情景が魅力です。 そんな ディズニーシーは、ディズニーランドよりも 「楽しみ方にコツがいるテーマパーク」であると言えます。 理由は以下の通りです。 ランドとシーのアトラクションの違いを比較 ランドには、ディズニー感が強いアトラクションが多い ディズニーランドには、ディズニーシーよりも ディズニー感の強いアトラクションが多いです。 「イッツ・ア・スモールワールド」や「ミッキーのフィルハーマジック」を筆頭に、お馴染みのディズニーキャラクターが多数登場するアトラクションが多く、 ディズニーをより身近に感じることができるでしょう。 また、 内容が分かりやすく、小さなお子様でも乗れるアトラクションが多いのも特徴です。 家族連れを含む、多くの方が楽しめるよう工夫されたアトラクションが多いと言えます。 ディズニーランドでお馴染みの3大マウンテン ビッグサンダー、スペース、スプラッシュ も、全国的に見て かなりマイルドなジェットコースターだと思います。 絶叫マシンが苦手でも、ランドのアトラクションなら乗れるという方は比較的多いです。 「タワー・オブ・テラー」や「センター・オブ・ジ・アース」など、 東京ディズニーリゾート屈指の絶叫マシンがシーには揃っています。 ランドの3大マウンテンと違い、浮遊感や恐怖感などのスリルを感じやすいアトラクションなので、スタンバイの際は注意してください。 このように絶叫マシンが多いディズニーシーですが、「トイストーリー・マニア!」や「シーライダー」など、 お子様から大人まで楽しめる人気アトラクションも多数あります。 豪華客船で食べるコース料理「S. コロンビア ダイニングルーム」や、冒険家たちの隠れ家的な高級レストラン「マゼランズ」など、 料理や内装にこだわった、お洒落で落ち着いた雰囲気の高級レストランが多くあります。 また、 価格を比較的抑えたレストランでも、アラビアの街で食べるカレー屋さん「カスバフードコート」や港町の絶景と共に食べる地中海料理「カフェ・ポルトフィーノ」など、 雰囲気の良いお店がたくさんあります。 ディズニーシーがデートにおすすめだと言われるのは、これらの素敵なレストランが理由でもあるんですよね。 また、ディズニーシーでは お酒の提供がされていることも特徴です。 お酒に合うタパス 小皿料理 を専門とするバーレストランもあったりします。 ランドとシーのグリーティングの違いを比較 ランドでは、パレードやショーレストランでキャラクターを眺めよう! ディズニーランドは、 確定グリーティングのできる施設がディズニーシーに比べて少ないです。 現状ではミッキー、ドナルド、デイジーに専用の施設があり、エントランス付近でもミッキーとミニーのグリーティングができます。 グリーティングのできる機会が意外と少ないんですよね。 ただしランドは、 ショーやパレード、ショーレストランでキャラクター達を比較的近くで見ることができます!また、 ワールドバザールやファンタジーランドではラプンツェルや白雪姫などのプリンセスと会うことができるのも魅力ですね! また、2020年4月15日には新エリアのニューファンタジーランドに、 ミニーの確定グリ施設「 ミニーのスタイルスタジオ」がオープンします。 これでランドのグリーティング施設は4つとなり潤沢になりますね。 現状、ミッキー、ミニー、ドナルド、アリエル、ダッフィー、シェリーメイのグリ施設があり、エントランス付近ではミッキーかミニー、アラビアンコーストではスティッチとグリーティングすることができます。 総勢7キャラクターと確定グリーティングができるわけです。 また、 各エリアにまつわるキャラクターと会えるのも魅力的です。 アメリカンウォーターフロントでは101匹わんちゃんのヴィランズであるクルエラ、ロストリバーデルタではアトラクションがあるインディ・ジョーンズ、マーメイドラグーンではエリック王子、アラビアンコーストではアラジンやジャスミン、ジーニーなど。 そのエリアの景色にピッタリのキャラクター達と出会うことができますので、ぜひパークの雰囲気の中で、キャラクター達とのグリーティングを楽しんでみてください! ・季節イベントのパレード、ショー ・ドリーミング・アップ!などのアニバーサリーパレード ・ジャンボリミッキー! ・エレクトリカル・パレード いずれもフロートが観客の近くを通るため、 キャラクターをより近くに感じることができます。 イベントによってはキャラクターがフロートから降りてきて、かなり近くまで来てくれることもありますので、キャラクターを観たい方には最適ですね。 また、これらのパレードはシンデレラ城を中心にパーク内を周るため、 移動中に気軽に観覧エリアに立ち寄ることが可能です。 移動の合間にパレードを観ながら時間を潰すのも、パークの素敵な過ごし方ですね。 なお、ディズニーランドでは2019年10月から キッズ向けのダンスショー「 ジャンボリミッキー!」が開催中です! 好みに合わせてランドとシーを選ぶ!おすすめを解説! ディズニー要素をたっぷり楽しみたいならディズニーランドがおすすめ! ディズニー要素をたっぷり楽しみたいなら ディズニーランドがおすすめです! アトラクションや景色、レストランの内装、料理など、全てにディズニー要素が詰め込まれているディズニーランドは、 「 ディズニーに囲まれて過ごしたい!盛り上がりたい!」というプランの方にとっては最適なパークだと思います! ディズニーランドの象徴「シンデレラ城」や「イッツ・ア・スモールワールド」、ディズニー絶叫マシンの元祖「スプラッシュマウンテン」、ミッキーグリの本場「ミートミッキー」、夜のパークを彩る「エレクトリカルパレード」など、「ディズニーに来たな!」って感じがしますよね! 「ディズニーに囲まれて楽しみたい!盛り上がりたい!」という方は、ディズニーランドを選んでみてください! アトラクションやショーをガッツリ楽しみたいならディズニーシーがおすすめ アトラクションをガッツリ楽しみたいなら ディズニーシーがおすすめです。 上述の通り、 ディズニーシーはランドに比べて人気アトラクションが多いです。 不動の人気アトラク「トイストーリー・マニア」や魚になって海中を進む「シーライダー」、スリル満点「タワー・オブ・テラー」、夢とロマンの遊覧飛行「ソアリン」など、多種多様なアトラクションが存在し、ゲストを楽しませてくれます。 また、 ディズニーシーのショーは演出に趣向を凝らしたものが多いです。 幻想的で大迫力の夜の水上ショー「ファンタズミック」、生演奏と華麗なダンス「ビッグバンドビート」、アリエル達の海底コンサート「マーメイドラグーンシアター」、壮大で幻想的なミッキー達の大冒険「ソング・オブ・ミラージュ」など、素敵なショーがたくさん存在します。 アトラクションやショーを全力で楽しみたい方は、ディズニーシーをおすすめします! 絶叫マシンに乗れない人でも両パークOK!楽しみ方を工夫しよう! 個人的には、 絶叫マシンに乗れない人でも、ディズニーランド、ディズニーシー、両方楽しめると思っています!以下のように回り方を工夫することで楽しむことができるはずです。 ディズニーランドの場合 ディズニーランドはそもそも絶叫マシン自体が少ないので、 怖いアトラクションに乗れない方にも最適なパークだと言えます。 また、苦手な方でも乗れるマイルドなジェットコースターが多いので、アトラクションを中心に回っても楽しめる方も多いと思います!絶叫系以外のアトラクションやショー&パレードも観て回れば、あっという間に1日が経ってしまうはずです! ディズニーシーの場合 絶叫マシンが多いディズニーシーですが、魅力的なショーやグリーティング、雰囲気の良いレストランも多く、絶叫マシン以外でも様々な楽しみ方ができるパークだと思います。 アトラクションは絶叫マシン以外を乗り、ショーやグリーティング、レストランなども片っ端から楽しみましょう!こちらも絶対に1日じゃ足りないし、何度でも観たくなるショー、来たくなるグリーティング&レストランばかりだと思います! ランドとシーはどちらがおすすめ?プラン別に解説! お子様のディズニーデビュー!初めてのパークはディズニーランドがおすすめ! お子様の記念すべきディズニーデビューなら ディズニーランドがおすすめです! トゥーンタウンやファンタジーランド、トムソーヤ島など、ディズニー感が強くて、 子供たちが喜ぶエリアやアトラクションがたくさんあります。 レストランも子供が好きな可愛らしい定番メニューを扱うお店が多いですしね! また、シーに比べて、 小さなお子様でもパパやママの膝の上に座って乗れるアトラクションが多いです。 パレードやショーでも比較的近くまでミッキー達が来てくれるので、お子様でも楽しみやすいと思います。 赤ちゃんへの授乳やおむつ替えがしやすい「ベビーセンター」が2か所にあるのもおすすめな理由です。 シーには1か所しかありませんからね 一応、マーメイドラグーンに授乳室&おむつ替えルームのみの施設がもう1つありますが、常駐のキャストさんもおらず拠点にしにくいです。 道が平坦なのでお子様が転ぶ心配も少なく、ベビーカーでの移動がしやすいのも嬉しいですね。 そのため、 ディズニーをよく知らないご年配の方でも海外旅行のように楽しめると思います。 また、 ミッキー達と記念写真が撮れるグリーティング施設がたくさんあります。 ミッキー達と家族全員で写真を撮って、思い出を残すのにもピッタリだと思います! おじいちゃんとおばあちゃんは、ぜひお孫さんにダッフィーを買ってあげてください! 家族みんなの思い出の詰まった、一生の宝物になると思いますよ! カップルでディズニーデートなら、基本的にディズニーシーがおすすめ! カップルでディズニーデートをするなら、基本的には ディズニーシーがおすすめです! ディズニーシーはランドよりも、 静かで大人な雰囲気のレストランが多いです。 また、絶叫マシンや幻想的なショーも多く、 二人っきりの特別な時間を過ごすことができるでしょう。 グリーティングで思い出の写真を撮ったり、プレゼントにダッフィーを贈ったり、パークの夜景が一望できるS. コロンビア号の甲板で告白したりと、色んなデートプランが思い浮かびますね! ただし、パートナーが絶叫マシンが苦手だったり、もっとディズニー感の溢れる景色が好きだったりする場合は、ディズニーランドのデートも素敵だと思います。 2人の好みやプランに合わせて、選んでみてください!.

次の

ディズニーアメリカ【カリフォルニア】と日本【東京】の違いまとめ

ディズニーランド と ディズニー シー の 違い

この記事の目次• 両パークの基本コンセプト いきなりですが、大前提として掲げておきます。 ディズニーランドこそがウォルト・ディズニーの世界観を表現したテーマパークです。 これが本当に重要。 シンデレラ城をパークの中心に置き、 ディズニーファンタジーの世界をエリア別に体現しています。 シンデレラ、白雪姫、オーロラ姫という正統派・伝統的プリンセスたちは ディズニーランドで生活しています。 「 夢と魔法の世界」を味わえるのがディズニーランドです。 一方のディズニーシーは、ディズニーランドで表現しきれなかった世界観を すくい取ったテーマパークと言えるでしょう。 パークの中心には、火山。 「 冒険と驚き」を体験できるのがディズニーシーなのかもしれません。 数字の面で見てみると、アトラクション、レストラン、ショーやパレード、 どれを取ってもディズニーランドの方が今なお大幅に上回っています。 最近ようやく、ディズニーシー側の集客も伸びてきました。 これは• タワー・オブ・テラー• レイジングスピリッツ• トイ・ストーリー・マニア といったアトラクションが新設され、楽しめるアトラクションが増えてきたおかげです。 今後はディズニーランドの大幅拡張に伴い、 ディズニーシー側に集客を傾けさせようとすることが予想されます。 その証拠に、2017年の春には 「 ファインディング・ニモ」と「 ファインディング・ドリー」の世界を舞台にした 新しいアトラクションがディズニーシーに導入される予定となっています。 さらに、2015年のディズニー・ハロウィンのように、 ディズニーシー側のイベントを強化していくことでしょう。 ちなみに、ディズニーランドで2015年から始まったイベント 「 アナとエルサのフローズンファンタジー」 は、ディズニーランドでの短期的な集客要因くらいにしか捉えていないように思います。 結局、どっちに行くのがオススメ? これは、誰と行くか、いつ行くかによって異なります。 様々なケースに基いて、どちらのパークがオススメかを考察します。 子供のディズニーデビューをするなら ディズニーの世界を最初に体験するならば、やっぱり ディズニーランドがオススメです。 小さな子供でも乗れるアトラクションは多いですし、歩いているだけでも何だか楽しい。 パレードも目の前を通っていくので、ちゃんと場所を確保すれば子供でも見やすいです。 ディズニーシーのショーは、海の上で行われるのが基本なので、 「遠くにキャラクターがいるなぁ」 というボンヤリした感じは否めません。 これは子供と一緒に行くようになって気付いたことです。 「海」というパークテーマは良いのですが、距離感は遠い。 あとは、何よりディズニーキャラクターの数。 お昼のパレード「 ハピネス・イズ・ヒア」や「 エレクトリカルパレード」を鑑賞すれば、 大部分のディズニーキャラクターを見ることができます。 これだけでも、子供は大興奮するはず。 ゆったりとパークを散策したいなら 1年間を通して平均的に空いているのがどちらかといえば、ディズニーシーです。 人の多さという物量的な面で、 ディズニーシーの方がゆったりと回れるのは間違いありません。 また、アトラクションやショー、パレードの数が少ないことからも ゆったりとできるのはディズニーシーだと思っています。 ディズニーランドだと、 「回っていないアトラクションがこんなに!」 という切迫感で、ゆったりとなんかしていられないことが多々あり。 パークでの1日が終わった時に 「見たいもの、全部見尽くしたな」 と得体の知れない満足感に包まれるのは、いつもディズニーシー。 なので、精神的にも肉体的にも、ゆったりしたいならば ディズニーシーがオススメです。 初ディズニーデートをするなら まず、言っておきます。 「初デート」をディズニーでするのは絶対にやめてください。 これは先人の知恵です。 ここでは、何度かのデートを経て、今付き合っている相手とディズニーに行く場合を言っています。 この場合ならばディズニーランド。 と言いたいところですが、 ランドはやめておきましょう。 今までのデートでうまくいっていたとしても、 経験したことのない数多くの 困難と 試練がディズニーランドでは待ち構えています。 その困難と試練とは• といった感じでしょうか。 空いている時期のディズニーランドならば良いのですが、そうでない時期には 絶対に避けましょう。 個人的には、初ディズニーデートは ディズニーシーがオススメです。 ゆったり回れますから、ケンカをせずに済みます。 アトラクションで絶叫したいなら 絶叫系のアトラクションというと、ディズニーランドには• スプラッシュ・マウンテン• ビッグサンダーマウンテン• スペースマウンテン• ガジェットのゴーコースター ディズニーシーには• センター・オブ・ジ・アース• タワー・オブ・テラー• レイジングスピリッツ• インディ・ジョーンズ・アドベンチャー があります。 絶叫系アトラクション数は同じなので、 悩ましいところですが、 オススメはディズニーシー。 フリーフォール系、ジェットコースター系と多様ですし、 絶叫系以外の若者が楽しめるアトラクションがそろっていますからね。 空いている日に、「センター・オブ・ジ・アース」と「タワー・オブ・テラー」を 繰り返すのはとても楽しかった思い出があります。 お酒を飲みたい or 大人デートを楽しみたいなら この場合は、断固ディズニーシーです。 というか、これしか選択肢はありません。 まず、お酒を飲めるのはディズニーシーだけですから。 ゆったりとパークを散策しつつ• で食事。 食事の後は「ビッグバンドビート」を鑑賞。 とどめに• でお酒をいただく。 そんなパーク滞在ができたら、大人ですね。 お金が相当必要ですが。 「ココぞ!」という時のデートにオススメです。 「これぞディズニー!」を満喫するなら• 大人になって、久しぶりにディズニーに行く方• 子供の頃、両親に連れて行ってもらったディズニーへ、今度は両親を連れて行ってあげようという方 いずれかに当てはまるならば、ディズニーランドが良いです。 やっぱり ディズニーランドこそが王道だと思います。 混みっぷりも、ショーも、アトラクションも、食事も、すべてが「ディズニー」です。 久しぶりにパークに行くならば、楽しみながら懐かしさも感じられるディズニーランドが良いでしょう。

次の