お金を借りる無職。 無職がお金を借りるには?ニートや失業中でもOKなカードローンを紹介

無職や低収入でもお金を借りる方法は複数あり。属性ごとに適した借入方法を解説

お金を借りる無職

Contents• 消費者金融、カードローンで借りる 結論から言いますが、 ダメです。 借りられません。 ネットで情報収集していると、「この消費者金融は審査甘いから無職でも借りれるよ!」なんていい加減なことが書いてあったりしますが、無理です。 中には「無職だけど審査通って借りれたぞ!」って人もいるようですが、たまたま運が良かっただけだと思います。 巧妙にバレない程度にウソをついたり、 収入証明書を偽造してまで借りてる人も一部いるようですが…。 かなり巧妙にやらないと無理でしょう。 お金は貸すよりも取り立てるほうが難しいですから、返済のアテがない人間に貸してしまうと商売あがったりです。 向こうも毎日数え切れないほどの人間の審査をしていますので、ウソをつく人間の傾向、どんなウソをついてくるかなんて大体把握しています。 いわば 人間を見抜くプロですので、滅多なことは考えないほうがよいでしょう。 WEBで借り入れ可能かどうかを判断できる消費者金融のサイトが多いですが、 職業を無職に選択すると問答無用で借り入れ不能と診断されます。 お手持ちのクレジットカードに、キャッシング枠がついていませんか? 利用明細にキャッシング枠の限度額が書いてありますよ。 ほとんどのクレジットカードは、セブンイレブンあたりのコンビニATMでキャッシングできるはずです。 ただ、 あまり高額な金額を一度に借りようとすると、収入証明書を求められるケースも中にはあるようです。 まあ、10万円未満なら大丈夫だとは思いますが。 自分はそうなったことはないですね。 icon-times-circle ただ、このページを見ているような方ですと既にキャッシング枠なんて使い切っているかもしれません。 その場合はこの手段は使えないですね…。 ていうか、 私も当時そういう状態だったのでわかります。 金なくなったら消費者金融とかカードローン検討する前に、馴染み深いクレジットカードのキャッシング枠使っちゃいますもん。 審査ないし。 クレジットのショッピング枠現金化で借りる キャッシング枠がなくなっても、ショッピング枠を現金化する手段が存在します。 私が実際に行ったのが、この方法です。 ショッピング枠を現金化できる業者を利用すれば、 申し込み額の凡そ8割ほどの金額を現金化できます。 ショッピング枠現金化は、業者から買い物をして、その金額の何%をキャッシュバック…という形になります。 一応景品表示法的には合法です。 ただ、 クレジットカードの会員規約では禁止されています。 犯罪ではありませんが、バレたらクレジットカード停止、一括返済を求められる可能性はあります。 あくまでも自己責任で行う必要がありますが、無職がお金を借りるとなるともうこれしかありません。 icon-exclamation-circle 注意点は、 キャッシュバック率が何%か?という部分です。 キャッシュバック率が80%の業者を利用した場合…。 8000円欲しければ、クレジットカードで一万円のショッピングをしたのと同じことになるわけです。 現金化業者から一万円分の買い物をしたことにして 一応何らかの商品が届きます 、一万円の80%、つまり8000円をキャッシュバックしてもらう。 そういう仕組みです。 グレーな方法なので積極的に利用する人なんていないと思いますが…。 定期収入がなく借り入れの審査基準を満たせない以上、こうでもするしかありません。 どうしようもないほどお金がないのであれば、こういう手段を使ってでもお金を手に入れ、生き延びるべきだと思います。 icon-times-circle ただ、 あくまでも急場を凌ぐための手段として、多用しないほうがよいでしょう。 今は定期収入がない状態ですから、切り詰めて一ヶ月~二ヶ月くらい生活できる金額を借りて、クレジットの返済はリボ払いにして出費を最低限に抑え、現金がある内に次の仕事を探しましょう。 働いてある程度まとまったお金が手に入ったら、できれば 一括で返済してしまったほうがいいです。 リボ払いだといつまでたっても返済が終わらないので…。 グレーな方法ですので、やるならば自己責任で行ってください 社会福祉協議会の生活福祉貸付制度で借りる このページの中のを見てみますと、貴方の場合は• 総合支援資金• 緊急小口資金 あたりが対象になりそうですね。 緊急小口資金ならすぐ借りられる…みたいなイメージがありますが、実際は 二週間~一ヶ月程度かかることもザラなようです。 その上、面接と審査もあります。 申し込むと 地域の民生委員の面接があり、• 他から借りられないのか• どうしても必要なのか• 働いて返済できる目処はあるのか など、根掘り葉掘り聞かれるようです。 まあ、生活保護を頼る前の本当に最後の手段的な感じですから、本気で生活に困っていてどうしようもない人しか対象にならないんだと思いますが…。 icon-times-circle この民生委員ってのが曲者で、その地区の一般人から選任されますから、 要は近所のオッサンやオバチャンです。 守秘義務はありますが、これはかなり人によります。 お喋りで意識が低い民生委員だと、「あの家は生活保護だから」とか「あそこは生活が苦しい」とかベラベラ言いふらします。 ちなみに、ウチの地区の民生委員はそんな感じです……良識も何もないですね。 でも、 本気でどうにもならないと思ったら、こういうところに頼るしかないと思います。 死ぬよりマシですからね…。 生活保護の相談もついでにできるでしょう。 本気でどうにもならないと思ったら一度地域の社会福祉協議会に相談に行くことをおすすめします。 まとめ 無職となると、お金を借りられるところも限られてきます。 銀行や消費者金融などは、普通の人に対しては「どんどんお金を借りてください!」と言います。 そのため広告もバンバン出します。 ですが、 返済の目処がない無職の方だったり、収入が極端に少ない人に対しては社会は厳しいです。 本当は、そういう人たちにこそ安い金利で貸すべきだと思うのですが…。 彼らは金利で儲けたいだけなので、我々貧乏人は相手にすらしません。 とはいえ、本気でお金がなく死にそうであれば、 もう生活保護を頼るレベルでいかないと厳しいと思います。 あのハリーポッターの作者も昔は生活保護を受けていたようですし、あんまり気にすることもないと思います。 ただ、かなり根気強くやらないと受給できないかもしれませんが…。 無職でもスマホで数万円~10万円程度なら稼げます! 無職となると収入もなくなってしまうため、 「お金がなくてヤバい!」という状況になりがちです。 失業保険も大した金額ではありませんし、貰える期間も短いですからね…。 ですが 最近はネットの発達によって手軽にお金が稼ぎやすくなってきているため、スマホでもお小遣いを稼ぎやすくなってきています! 外にバイトに行くよりは、手軽に片手間で稼げるのは嬉しいですね。 特にポイントサイトを使えば、無料会員登録や口座開設などの案件をこなすことで、一時的に数万円~10万円程度なら稼げます。 ポイントサイトは、無料会員登録や口座作成などの広告案件をこなすことで、企業側もポイントサイト側も儲かり、あなたも稼げるという三方良しの仕組みです。 Tポイントや楽天ポイントなどに交換して使うのであれば、失業保険受給中でも収入にあたらない可能性が高いです。 不安であれば、失業保険受給中はポイントを貯めておき、受給が終了してから現金やポイントに交換すれば良いでしょう。 他社ポイントサイトに比べて還元率が高く、案件数も業界最大級に多いのがメリットです。 この業界はポイントを貯めても換金できない詐欺ポイントサイトが多いですが、 東証一部上場企業のセレスが運営しているため、確実に換金できるので安心です。 私も何度も換金していますし、安心して利用できます。 FX口座作成やクレジットカード作成などの高額案件をいくつかやるだけでも数万円~10万円前後は稼げます。 稼げないネット内職が多い中、やれば誰でも稼げますので、無職でお金に困っているなら気楽に始めると良いでしょう。 gmailなどのパソコンのメールアドレスでも登録できますが、 スマホなどのキャリアメールアドレスで登録するとスマホ向けの稼げる案件もできるようになるのでお勧めです。

次の

お金を借りたい無職やニートがカードローンを利用する方法

お金を借りる無職

不動産や株による収入がある• 転売や情報商材といったネットビジネスで収入がある 不動産収入のある人は、入居者や駐車場の利用者がいれば毎月収入が得られます。 また、株を持っている人も株式配当による収入があり、返済能力があるとみなされます。 転売やネットビジネスで収入がある場合は、事業収入を年収としてカードローンを利用できます。 ただし、事業収入を申告する場合、安定した収入があるのを証明するために、カードローン審査時に確定申告書の提出が必要になります。 そのため、確定申告をしていない人や、副業を始めて1年未満の人はカードローンを利用できません。 当サイトがオススメするカードローンは 『アコム』と『プロミス』の2社になります。 プロミス プロミスは、 『WEB完結』というサービスがあります。 審査もスムーズで、今すぐに借りたい方に多く申込みされています。 そもそも「無職」ってどんな人? お金を借りる際に、一番最初の選択肢としてあがることの多いカードローン。 しかし、 残念ながらカードローンでは収入がなければ借りることはできません。 ただし、一口に『無職』と言っても、意外にもその種類は様々です。 無職には次のような人たちも含まれます。 専業主婦• 年金受給者• ニート• 失業者 例えば、専業主婦ですが、配偶者の収入を支える大事な役割を家庭で担っているにも関わらず、本人に収入がないということから「無職」として扱われています。 また、年金受給者も、年金以外に収入がなければ「無職」とされています。 つまり、『勤労による収入が得られていない』ならば、それは無職なのです。 専業主婦がお金を借りる方法:基本的には借りられない 収入のない専業主婦は、消費者金融や銀行のカードローンを探すのは止めましょう。 配偶者に安定した収入があっても、申込者本人に収入がない専業主婦がお金を借りられる大手のカードローンが存在しないからです。 たとえば、消費者金融では貸金業法で定められている総量規制の関係から、収入がない専業主婦は借入することができません。 一部の中小消費者金融では配偶者貸付を認めている場合がありますが、高金利であることから、利用すると借入後の返済に苦しむ可能性が高いです。 確かに、銀行カードローンは銀行法が適用される関係上、法律的には専業主婦でもお金を借りることができます。 しかし、2018年に金融庁から過剰融資を指摘されたため、大手の銀行では収入がない専業主婦への融資を自主規制しています。 実際、 大手の銀行カードローンでは、配偶者に安定継続した収入があったとしても、 専業主婦を融資対象として認めていません。 三大メガバンク 三井住友銀行・三菱UFJ銀行・みずほ銀行 のカードローン商品は、専業主婦に融資を行っていません。 さらに、りそな銀行カードローンも融資を行っていないため、専業主婦は都市銀行のカードローン商品からお金を借りることができないということになります。 また、楽天銀行カードローンやイオン銀行カードローンなどのネット銀行でも、専業主婦は融資対象として認められていません。 そのため、 収入のない専業主婦がお金を借りる場合は、カードローンではなく、質屋や生命保険契約者貸付制度の利用を検討してください。 もしくは、どうしても専業主婦の方がお金を借りたい場合はパートなどに出て、安定した収入を作るのが良いと言えます。 安定した収入を作ることによって、消費者金融のカードローンを利用することが可能になります。 プロミス プロミスは、 『WEB完結』というサービスがあります。 審査もスムーズで、今すぐに借りたい方に多く申込みされています。 年金受給者がお金を借りる方法:年金担保融資 収入が年金のみである年金受給者は、独立行政法人福祉医療機構や日本政策金融公庫が行っている 年金担保貸付制度 通称:年金担保融資 を利用することをオススメします。 理由としては、銀行や消費者金融の多くは、年金を収入として認めていないからです。 たとえば、銀行カードローンや消費者金融カードローンの貸付条件には、貸倒れのリスクを避けるために「安定した収入がある方」と記載されています。 そして、安定した収入がある方とは、『給与所得や事業所得による毎月1回以上の収入がある方』ということです。 つまり、銀行や消費者金融の多くは、年金収入のみの年金受給者を安定した収入がある方とは認めておらず、貸付けを行わない傾向があるのです。 特にカードローン会社は、年金生活者に対し、 無職と同等の返済能力であると判断してしまいます。 一方、独立行政法人福祉医療機構や日本政策金融公庫が行っている年金担保融資は、その名の通り年金を担保としています。 そのため、 収入が年金のみの年金生活者でもお金を借りられる可能性が高いのです。 ただし、独立行政法人福祉医療機構と日本政策金融公庫では、それぞれ担保にできる年金が異なってきますので注意が必要です。 公的機関 担保にできる年金• 厚生年金• 国民年金• 船員保険年金• 労災年金 老齢年金・老齢基礎年金・障害年金・遺族年金も可• 災害補償年金• 共済年金• 共済組合の厚生年金 ちなみに• 厚生年金基金• 国民年金基金• 確定給付企業年金• 確定拠出年金から支払われる年金• 老齢福祉年金• 特別障害給付金• 石綿健康被害救済法に基づく特別遺族年金 は担保にすることはできません。 また、年金担保融資を利用するには、独立行政法人福祉医療機構や日本政策金融公庫がそれぞれ定める申込条件を満たしている必要があります。 さらに、独立行政法人福祉医療機構と日本政策金融公庫の年金担保融資では、申込時に必要となる書類が異なります。 まずは、担保にできる年金の種類から、独立行政法人福祉医療機構と日本政策金融公庫のどちらの年金担保融資を利用するかを判断した後、公的機関の公式サイトにアクセスしましょう。 公式サイトから担当者に連絡すれば、年金担保融資の詳細を教えてもらえます。 ニートがお金を借りる方法:クレジットカードの発行 クレジットカード会社によっては、無職のニートでも、クレジットカードの発行が可能な場合があります。 クレジットカードを発行するだけでは厳密にはお金を借りられませんが、ショッピング枠を利用して買い物は可能です。 ニートはもちろん、学生や専業主婦の人は、自分自身に収入が無くても世帯年収で審査がされますので、クレジットカードを作れる可能性があります。 一方、一人暮らしの失業者の人は返済能力が無いとみなされるので、クレジットカード発行は不可能です。 ちなみに、 家族にクレジットカードを持っている方がいれば、そのクレジットカードの家族カードを発行し、キャッシング枠を付帯できる可能性があります。 家族カードとは、安定した収入のある本会員(最初にクレジットカードを契約した人)がいれば、その家族もクレジットカードを発行できるサービスのことです。 なお、家族カードの主契約者は本会員となるため、本会員がクレジットカード審査に通過していれば、本会員の家族の審査が行われない場合があります。 そのため、家族カードであれば、収入のないニートの人でも発行できる可能性があります。 収入のない無職のニートは、まずはご家族が持っているクレジットカードが『家族カードサービスに対応しているか』を確認しましょう。 そして、対応していたらご家族の方に「キャッシング枠を付帯して家族カードを発行してほしい」という旨を正直に伝えてください。 ご家族の了承が得られれば、家族カードのキャッシング枠を利用できます。 ただし、 家族カードのキャッシング枠で借りたお金には返済義務があるため、必ずご家族と相談したうえで利用を検討してください。 学生がお金を借りる方法:内定者向けローン 銀行や労働金庫 通称:ろうきん が取り扱っている内定者向けローンなら、就職先さえ決まっていれば、 収入のない無職扱いの学生でもお金を借りられる可能性があります。 内定者向けローンとは、その名の通り、就職先が決まった人だけが利用できる内定者専用ローンのことです。 なお、銀行や労働金庫は、「就職内定者向けローン」や「新卒予定者応援ローン」といった名称で商品展開しています。 内定者向けローンは、生活費だけでなく、卒業旅行の資金や運転免許証の取得費用にも充てられます。 そのため、内定者向けローンはお金に困っている学生にとって、利便性の高いローン商品と言えるでしょう。 ただし、 申込者の居住地と勤務予定地によっては、内定者ローンを利用できないため注意が必要です。 なぜなら、内定者向けローンを取り扱っている金融機関は、地方に拠点を持っている場合が多いからです。 たとえば、静岡労働金庫の内定者向けローンには、「静岡県内に居住もしくは静岡県内の企業への内定が決まった新卒内定者」という貸付条件があります。 地域に密着している地方銀行や労働金庫は、その土地にゆかりのある申込者にのみ、融資を行う傾向があるのです。 そのため、内定者向けローンを利用したい人は、まずは居住している地域 または就職先の地域 にある地方銀行や労働金庫の公式サイトにアクセスし、自分でも借入できるのかを確認しましょう。 ちなみにですが、 学生であってもアルバイトなどで安定した収入を得ている学生の場合は、消費者金融のカードローンを利用して簡単にお金を借りることが出来ます。 どうしてもお金を借りたい学生さんは、アルバイトの経歴を作ってから消費者金融のカードローンを申込むのが一番手っ取り早いでしょう。 プロミス プロミスは、 『WEB完結』というサービスがあります。 審査もスムーズで、今すぐに借りたい方に多く申込みされています。 失業者がお金を借りる方法:生活福祉資金貸付制度 失業者は銀行や消費者金融などの金融機関ではなく、厚生労働省が管轄している生活福祉資金貸付制度を利用しましょう。 なぜなら、 失業者は申込者本人に収入がない無職となるため、銀行や大手消費者金融のカードローン審査に通らないからです。 生活福祉資金貸付制度とは、低所得者や障害者、高齢者の生活を経済的に支えながら社会参加の促進を図ることが目的の貸付制度です。 実施主体は都道府県社会福祉協議会となっており、市区町村にある社会福祉協議会が窓口です。 低所得者個人、障害者個人、高齢者個人が対象となるのではなく、低所得者、障害者、高齢者を含む世帯単位が対象となります。 貸し付け対象者 低所得者世帯 資金の貸付けにあわせて必要な支援を受けることにより独立自活できると認められる世帯であって、必要な資金を他から借り受けることが困難な世帯 市町村民税非課税程度 障害者世帯 身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳の交付を受けた者の属する世帯 障害者総合支援法によるサービスを利用しているなど条件と同程度と認められるものを含む 高齢者世帯 65歳以上の高齢者の属する世帯 日常生活上療養または介護を要する高齢者等 資金種類 総合支援資金 生活支援金・住宅入居費・一時生活再建費 福祉資金 福祉費・緊急小口資金 教育支援資金 教育支援費・就学支度費 不動産担保型生活資金 不動産担保型生活資金・要保護世帯向け不動産担保型生活資金 連帯保証人 原則必要 金利 無利子(連帯保証人を立てない場合は年1. 5%) 最大の魅力は、何と言っても 「無利子」であることですよね。 連帯保証人を立てることが条件となっており、それができない場合には年率がかかりますが、それでも1. 5%です。 また、返済期間が通常のカードローンなどより長めに設定されているため、生活に負担がないようにすることができます。 生活福祉資金貸付制度は、申請者の状況によって利用する種類が異なり、それに応じて借入できる金額や必要書類なども異なってきます。 また、生活福祉資金貸付制度を利用するには、市区町村の社会福祉協議会が定める審査に通る必要があります。 そのため、生活福祉資金貸付制度を利用したい失業者は、まずはお住まいにある市区町村の社会福祉協議会に連絡しましょう。 インターネット上から『社会福祉協議会 〇〇 地域名 』と検索することで、お住まいにある社会福祉協議会の公式サイトにアクセスできます。 社会福祉協議会の公式サイトには、生活福祉資金貸付制度に関する問い合わせ先が用意されています。 問い合わせ先から担当者に連絡すれば、利用する生活福祉資金貸付制度の種類や必要書類、審査についての詳細を尋ねることができます。 まとめ 一言で『無職』と言っても沢山の種類があることが分かって頂けたのではないでしょうか? それぞれの無職のステータスによって、お金を借りる際に利用するべき場所や方法が大きく変わってきます。 ただ、どんな無職であっても、『安定した収入』がないので非常にお金を借りづらいことは変わりません。 ニートや失業者であれば早めに新たな職に就くことで、専業主婦や学生、年金受給者であればアルバイトやパートに出ることで安定的な収入を得られるようにしていきましょう。 安定した収入さえ得ることができれば、消費者金融のカードローンなどを利用することが可能となり、 簡単にお金を借りることが出来ます。 プロミス プロミスは、 『WEB完結』というサービスがあります。 審査もスムーズで、今すぐに借りたい方に多く申込みされています。

次の

無職がお金借りる【専業主婦・年金受給者・ニート・失業中】

お金を借りる無職

失業による無職やニートの場合など、生活費に余裕がなくカードローンでの借入を考えているケースも多いかと思います。 ただ、一般的には無職やニートとしてカードローンへ申し込んでも融資してくれません。 ここでは、無職での借入が難しい理由や、無職であっても借入可能なケース、さらにカードローン以外での低金利による借入の方法などもご紹介します。 無職やニートがカードローン審査に通過できない理由 無職やニートがカードローンの審査に通過できない理由は、総量規制という法律があるからです。 総量規制は、「お金を借りる人の年収の3分の1以上の金額を貸し付けてはいけない」消費者を保護する目的の法律です。 そのため、アコムやプロミスといった大手消費者金融系カードローンは、無職やニートの状態の方に融資を行うことは絶対にありえません。 借入れできない事実を受け止められない無職の方には「3秒診断」を利用する 総量規制の関係で消費者金融から借入れできない事実を受け止められない無職の方はアコムの「3秒診断」を利用しましょう。 アコムの公式サイトには「3秒診断」という申し込み前に借り入れ可能かわかるサービスがあります。 3秒診断では、「年齢、年収、他社借入金額」を入力する必要があります。 アコムは収入のない完全無職やブラックの方には、絶対に融資を行わない大手消費者金融なので、諦めのつかない無職の方は「3秒診断」を受けて借り入れができない事実を受け入れるようにしましょう。 転職活動中や休職中の借入も難しい 無職やニートだけでなく、転職中や専業主婦の方も在籍確認が取れないため消費者金融から借り入れをすることはできません。 審査過程のおける在籍確認は、申し込み者が実際に会社に在籍しているかを電話などで確認する作業で、審査において大きな役割を持っています。 転職中や専業主婦の場合、勤務先がないため在籍確認がおこなえず、審査落ちとなる可能性が極めて高くなります。 無闇にカードローンへ申込んだ結果、審査に落ちてしまうと、個人信用情報に傷がつくため、転職をして安定した収入を得たのちにカードローンを利用しましょう。 個人信用情報に滞納・破産などのネガティブな情報が記録されると、金融機関からの融資や新規クレジットカードの作成などができなくなる可能性があります。 無職でもカードローンを利用できる場合もある 無職の方でも、以下の条件に当てはまる方はカードローンによる借入ができる可能性があります。 配偶者のいる専業主婦(主夫)• 年金受給者• 不動産やネットビジネスによる不労所得がある人• 配偶者のいる専業主婦(主夫)は銀行系カードローン 総量規制は年収の3分の1以上の貸付を禁止する法律ですが、銀行系カードローンは総量規制の対象外なので、専業主婦であっても夫や妻の収入がある程度証明できれば融資をしてくれます。 銀行系カードローンとは、アコムやアイフルとは異なり、三井住友銀行といった銀行が提供する金融商品であり、例えば配偶者の収入証明書を提出することで、融資を行ってくれます。 また、配偶者の勤め先への在籍確認などは一般的に行われませんが、専業主婦への貸付なので高額の融資は期待できないでしょう。 さらに、2017年以降、メガバンクをはじめとした銀行系カードローンは専業主婦の申込みを断るケースが増えているので注意が必要です。 専業主婦は配偶者貸付も検討する 最近では、銀行系カードローンでも専業主婦(主夫)への貸付のハードルが高くなっています。 そこで、銀行カードローンの他に注目したいのが、配偶者貸付制度を利用した消費者金融系カードローンからの借入です。 配偶者貸付とは、総量規制の例外の制度で「夫婦の合計年収の3分の1までは貸付OK」という制度です。 ただし、配偶者貸付には以下の2つの注意点があります。 配偶者の同意書と夫婦であることの証明(住民票や戸籍謄本など)が必要• 配偶者貸付での借入をおこなっている金融機関は少ない 上記がクリアできるのであれば、専業主婦(主夫)であってもカードローンからの借入が可能です。 年金受給者は銀行系カードローンが利用する際の注意点 法規制により年金収入を担保とした融資は法律により規制されています。 また、年金受給者は貸し倒れのリスクが高く、大手消費者金融系カードローンからの借入は難しいのが現状です。 ただし、銀行系カードローンは年金受給者にも貸付をおこなっています。 そのため、年金による収入があるのであれば、銀行系カードローンへの申込みも可能ですが、利用者の年齢制限があります。 銀行系カードローンの申込み条件の多くは、「20~70未満の方」という条件があります。 借り主が死亡した場合の貸し倒れのリスクを考えれば、年齢の上限があるのも頷けますが、申込者としては不便な条件になっています。 年金受給者は年金担保融資がおすすめ 以下の公的機関からの融資は、例外的に年金担保貸付をOKとされています。 独立行政法人福祉医療機構(WAM)• 株式会社日本政策金融公庫(JFC) これら機関からの融資の金利は銀行系カードローンにくらべ低く設定され、例えば年金担保融資なら年率1. 8%ほどと、銀行系カードローン10分の1ほどです。 また、年齢制限もないので、銀行系カードローンを検討する前に上記の公的機関に問い合わせてみることをおすすめです。 なお、公的機関からの融資のため融資まで平均で1カ月ほどかかる点はデメリットかもしれません。 不動産やネットビジネスによる不労所得がある人はカードローンを利用できる 不動産所得による家賃収入のほか、ネットビジネスでの転売や株、FX、仮想通貨などで不労所得を得ている人は、カードローンを利用できます。 カードローンは、年収が少なくても定期的な収入が認められれば借り入れができるからです。 実際に、ネット転売をしている人がアコムの3秒診断を行ったところ、「年収100万円弱でも借り入れできる可能性が高い」といった結果でした。 そのため、 不動産やネットビジネスなどで定期的な収入のある人は、年収100万円前後でもカードローンによる借り入れが可能です。 ただし、 定期的な収入があることを証明するのは、カードローンの審査時に確定申告書の提出が必要になります。 確定申告をしていない人や、副業を始めて1年未満の人はカードローンを利用できないので注意しましょう。 不動産やネットビジネスなどで定期的な収入のある方なら、大手消費者金融のアコムが利用できます。 アコムなら、自営業者として申し込みを行うことで審査に通る可能性があります。 アコムへの申込方法については、を参考にしてください。 収入のない学生はクレジットカードを発行する 収入のない学生は、「内定を受けている」「親からの仕送りがある」といった収入の見込みがある場合でも、これらの状況はあくまで将来的な見込みや臨時収入として評価されるため、基本的には現在の返済能力として評価されません。 収入のない学生は、アルバイトなどを行い、収入を確保しなければカードローンを利用できません。 ただし、 収入のない学生でもクレジットカードなら発行ができます。 クレジットカードならキャッシング枠を利用して、買い物は可能です。 また、クレジットカードで利用した額を返済日に支払えない方は、返済方法を分割払いに変更できます。 分割払いに変更することで、月々の支払いの負担を減らすことができるのです。 クレジットカードは利用した額が口座に満額がなくとも利用できます。 なお、収入のない学生でも発行できるクレジットカードについては、を参考にしてください。 カードローンを利用したいならとにかく収入を得る 無職やニートのほか、不労所得がない場合、配偶者に安定的な収入のない専業主婦(主夫)の場合は、カードローンからの借入は難しくなります。 カードローンでの借入が必要な場合は、アルバイトや派遣など比較的入社が簡単な仕事を始めましょう。 闇金は絶対に利用しない 「審査なし」「専業主婦OK」「金融ブラックOK」といった甘い誘い文句でお金を貸している業者には注意しましょう。 大半は違法な闇金業者であり、返済時に法外な金利で利子の支払いを請求したり、なかなか完済させてくれず、必要以上に利子を支払ったりと、トラブルに巻き込まれるケースが多発しています。 「収入のない人にお金を貸す正規の業者はいない」ということを念頭に置き、闇金は絶対に利用しないでください。 無職の場合はカードローン以外の融資も検討する あなたが失業中で無職でも、カードローン以外に以下のような融資を受ける方法はあります。 生活福祉資金貸付制度による融資• 不動産担保による融資• 生命保険の契約者貸付制度による融資• クレジットカードのキャッシング機能 上記はそれぞれ利用条件が異なるので、自分にあった方法を選びましょう。 低所得者を対象とした生活福祉資金貸付制度 生活福祉資金貸付制度とは、低所得者や高齢者、障害者などが、安定した生活を送れるよう、都道府県の社会福祉協議会が低金利での資金貸付けに加え、必要な相談や支援を行う制度です。 貸付けの対象となるのは以下の方です。 必要な資金を他から借りることが困難な「低所得者世帯」• 障害者手帳などの交付を受けた人が属する「障害者世帯」• 65歳以上の高齢者が属する「高齢者世帯」 また、融資資金は資金の使用目的別に様々なものが用意され、とくに「総合支援資金」は生活費に困っている低所得者世帯にうれしい制度です。 gov-online. html) そのほか、子どものいる低所得者世帯向けの「教育支援資金」なども状況によっては大きな助けになるでしょう。 不動産を担保としたローンはメリット・デメリットに注意 もし不動産を所有しているのであれば、銀行などがおこなう不動産を担保としたローンを利用できます。 金利は10%前後と消費者金融系カードローンに比べて低く設定されているうえ、担保が明確なので、高額融資や連帯保証人不要のケースも多く、返済を長期で設定できます。 ただし、融資までに査定の時間が必要な点や、手数料、違約金の発生、返済の目処が経たなければ不動産を差し押さえる、といったデメリットもあります。 不動産は担保としての価値が高いだけに、失ったときのデメリットもしっかりと考えて利用しましょう。 生命保険の契約者貸付制度による融資 生命保険の加入内容によっては、生命保険を担保として契約者へ融資をおこなう「契約者貸付制度」を利用できる場合があります。 また、生命保険の解約が不要である点や、カードローンのような細かな融資審査もないので、取り急ぎお金が必要な場合には生命保険の契約者貸付制度の利用を検討すると良いでしょう。 ただし、返済が滞ったり、借入限度額を超えて借りたりすると最悪の場合、生命保険契約が失効する可能性もあります。 生命保険は年齢があがるほど加入条件も厳しくなるため、再加入が容易でない点も閑雅ながら利用しましょう。 もしあたながクレジットカードを作成した際に一定の収入があり、ある程度の借入額が設定されていた場合、クレジットカードのキャッシング機能を利用できるかもしれません。 ただし、本来は職業が変更した場合などはカード会社へ連絡することが利用規約に盛り込まれているはずなので、無職となってからの利用は自己責任といえます。 仮に無職となってからのキャッシング機能の利用がバレた場合、カードの不正利用とみなされ何らの処罰の対象となる可能性もあるので注意しましょう。 FP監修者コメント 記事内に記載の「生命保険の契約者貸付制度」は意外に盲点で、選択肢に入っていない方は多いです。 手続きは簡単で必要書類を手配して、送付するだけ、です。 保険会社にもよりますが、電話でOKという場合もあり、一週間以内に振り込まれるケースが多いです。 ピンチの場合は、カードローンよりも金利は低い場合がほとんどであるため、ご自身の保険契約内容を確認してみてはいかがでしょうか?.

次の