電子マネー 現金化 業者。 docomo iDの現金化・換金する方法のまとめ|クレジットカード現金化の評判まとめ

WAON残高の現金化方法とクレジットカードチャージについて|クレジットカード現金化の評判まとめ

電子マネー 現金化 業者

電子マネーとは? 電子マネーとは、現金やクレジットカードの代わりとして決済に使える、バーチャル上の通貨のことです。 国内で有名な電子マネーとしては、「」「楽天Edy」「」などが挙げられます。 実店舗(コンビニ、スーパー、家電量販店など)やネット通販・月額サービス、公共交通機関など、電子マネーは幅広い場所で利用できます。 最近では、スマホ用決済サービスの普及に伴い、「QUICPay」や「PayPay」といった新しい電子マネーも大勢の人が使うようになってきました。 仮想通貨との違いは? 近年ブームになっている仮想通貨と電子マネーは、バーチャル上の通貨という共通点があるので、「違いがよく分からない」という人もいるのではないでしょうか? 電子マネーとの違いを、以下の表にまとめます。 発行・管理主体 利用できる範囲 電子マネー 商業系、交通機関系などの企業 各発行元が定める特定の店舗・サービスのみ 仮想通貨 なし(利用者全員がネットワーク管理を行う) ネット環境があれば、世界中で支払い・送金が可能 電子マネーのメリット• 電子マネー専用端末にスマホやカードをかざすだけで支払いが完了する• クレジットカードと同様にポイントが貯まる• 銀行から現金を引き出す手間や、ATM手数料が必要ない• 取引相手にクレジットカード情報を知られず、安全に決済できる• 決済履歴がオンラインで把握できるので、支出の管理が簡単になる• 不特定多数の人が手に触れる現金とは異なり、衛生が保たれる 上記のようなメリットが多々あるのにも関わらず、日本では電子マネーの利用者がまだまだ少ない状況です。 世界的に電子マネーを含むが当たり前になりつつある中で、日本の現金主義は疑問視されています。 ですが、東京五輪を見据えたインバウンド政策の推進によって、今後は日本でもキャッシュレス決済の普及が加速していくでしょう。 電子マネーの使い方 電子マネーで支払うには、各社が発行する電子マネー専用カードや、スマホの「おサイフケータイ」機能が必要です。 店頭で買い物をする際は、これらのカードやスマホを電子マネー決済用の端末にかざすだけで、瞬時に支払いが完了します。 ネット通販や課金制のオンラインサービスで電子マネー決済を行う場合は、以下のような方法があります。 電子マネーのプリペイド型カードを既定額で購入し、そのカードに記載されているコードを決済画面で入力する• 電子マネー専用カードをPC用カードリーダーで読み込み、カードの残高から引き落とす 電子マネーの種類 電子マネーは、支払い方式によって主に2種類に分けられます。 チャージ型(前払い型) 現金やクレジットカードから、事前に電子マネーをチャージ(入金)しておくタイプです。 プリペイドカードのように、購入した金額分しか利用できないため、使いすぎを防ぐことができます。 ポストペイ型(後払い型) クレジットカードやキャリア決済のように、決済をした後で請求が来るタイプです。 事前のチャージが不要なので、使いたいときにすぐ使えるのがメリットです。 電子マネーを現金化する方法 電子マネーを現金化するには、主に2つの方法があります。 自分で現金化を行う(電子マネーで商品を購入し、売却・返品して換金する)• 電子マネーを取り扱う現金化業者に申込み、換金してもらう ここからは、各方法について詳しい手順を説明していきます。 自分で現金化を行う方法 電子マネーは、交通機関系電子マネーを除き、原則として返金(払い戻し)はできません。 なので、電子マネーを現金化するには、電子マネーで購入した商品を換金するという手順を踏む必要があります。 購入する商品の選び方 購入する商品は、商品券やブランド品、ゲーム機など、換金性の高いものがおすすめです。 ただし、通販で商品を購入すると、商品到着までのタイムラグが発生してしまいます。 急ぎの場合は近くの店舗で購入・売却するか、ネット上だけで売買が完結する電子ギフト券を購入しましょう。 商品売却時の注意点 購入した商品の売却先としては、買取り専門店やオークション、などがあります。 ブランド品やゲーム機といった人気のある物品類はどこでも売却できるので、振込みスピードや換金率に納得できるところを選びましょう。 しかし、電子マネーや金券類をそのままの形で出品することに関しては、メルカリなど一部の個人売買サービスで出品禁止になっているので注意してください。 でも、出品の仕方によっては不適切とみなされ、出品を削除されてしまうことがあります。 例えばヤフオクの場合は、金券類の出品について、支払い方法に「銀行振込み可能」と記載すると、規約違反になってしまいます。 出品の際は、各オークションサイトで定める「金券の出品に関するルール」を必ず確認しましょう。 ギフト券専門の買取り業者の中には、ギフトカード型やプリペイドカード型の電子マネーをそのまま買い取ってくれる業者も存在します。 例えば以下のような電子マネーは、商品を購入するという手間を介さなくても、買取り業者にそのまま売却することができます。 amazonギフト券• iTuneカード• GooglePlayカード• 楽天ポイントカード 電子マネーを使った現金化の手順 コンビニで気軽に使える人気の電子マネー「nanaco」を例に、現金化の具体的な手順を説明します。 nanacoは、クレジットカードでは購入できない高換金率のギフトカード(Amazonギフト券やiTuneカード)を購入できることから、現金化におすすすめの電子マネーです。 nanacoの現金化には、「nanacoカード(年会費無料・発行手数料300円)」またはスマホアプリ「nanacoモバイル」が必要です。 また、nanacoの残高が十分でなければ、チャージ用のクレジットカードも用意しておきましょう。 必要なものが揃ったら、以下の手順で現金化を進めていきます。 すぐに現金化したい場合は、即日で振り込んでくれるギフト券専門買取り業者に申込みましょう。 電子マネーの換金率を上げる最新の裏技 購入した商品が返品可能であれば、商品を売却するよりも、高い換金率で現金化が可能です。 買取り専門店で売却すると、高換金率の金券類でも、約10~20%の手数料が引かれてしまいます。 一方、商品を購入したお店で返品する場合は、購入金額の全額を現金で返金してもらえるケースがあります。 上手くいけば、電子マネーを換金率100%で現金化ができるということです。 返品の際は、商品購入をした証明としてレシートが必要になるので、捨てずに取っておきましょう。 商品を購入したその日のうちに返品すると、現金化目的ではないかと怪しまれる恐れがあるので、購入日の翌日以降に返品するようにしましょう。 また、購入後すぐの返品は、現金ではなく電子マネーによる返金(リチャージ)対応になる可能性が高いので、注意してください。 お店によっては、返品手数料がかかることがあります。 返品のルールや手数料について、詳細は各店舗に問い合わせましょう。 この方法は、即日で電子マネーを現金化したい人には向いていません。 商品購入から返品までの間は、少なくとも1日以上時間を空ける必要があり、さらに返金処理完了まで数日を要する場合があるからです。 通販で返品を行う場合は、商品の到着・返送のタイムラグが発生するので、ますます時間がかかってしまいます。 このように、商品の返品による現金化は換金率100%を狙える一方で、多くの注意すべき点があります。 お店ごとの返品ルールをよく調べておかないと、「現金化に時間がかかりすぎた」「現金で返金されなかった」といった失敗をしてしまうリスクがあります。 このような失敗を防ぐには、商品を購入する前に、必ず以下のポイントをチェックしましょう。 現金で返金してくれるお店か?• 返品が可能な商品か?• 返品手数料はどのくらいか?購入額と返金額の差異はあるか?• 返金処理はどのくらい時間がかかるか? 業者で現金化を行う方法 クレジットカード現金化業者と比較するとまだまだ数は少ないですが、電子マネー専門の現金化業者も存在します。 業者の指示に従うだけでスピーディーに手続きが完了し、初心者でも最短即日で現金化できるのがメリットです。 ただし、現金化業者の手数料は買取り専門店と比べて割高で、換金率の平均は約70%です。 したがってする場合より、換金率は低くなってしまいます。 換金率だけ見るとおすすめはできないので、どうしても即日で現金がほしいときに限って利用するのが良いでしょう。 電子マネー専門の現金化業者は、登場してから間もないため、まだ信頼性・安全性が確かではありません。 電子マネーを悪用した詐欺被害が年々増えているため、現金化を装った詐欺も横行している可能性があります。 例えば、現金化業者に電子ギフト券のコードを知らせた途端に音沙汰がなくなり、勝手にギフト券を使われてしまう、というような手口が考えられます。 電子マネーは、クレジットカードと異なり本人確認が不要で気軽に使えますが、その反面でコードが分かれば誰でも使えてしまうという欠点があります。 現金化業者や買取り業者に申込む際は、電子マネーのコードを知られないように細心の注意を払って取引する必要があります。 また、現金化業者を利用する前には、必ず会社概要や口コミを調べて、「会社が本当に実在しているか」「詐欺被害の報告がないか」といった点を確かめましょう。 電子マネーの現金化は安全? 電子マネーで購入した商品を転売することは、違法にならないかと心配な人もいるでしょう。 クレジットカードの場合、カード会社への返済が終わるまでは、購入した商品の所有権はカード会社に帰属するので、その間に商品を転売すると、法律的には横領罪とみなされる可能性があります。 ですが、電子マネーで購入した商品の所有権は、最初から購入者に帰属しているので、すぐに売却しても横領罪にはなりません。 よって、電子マネーの現金化は、クレジットカードの現金化よりも法的なリスクが低いと言えます。 そもそも、電子マネーとクレジットカードは、全く性質が異なっています。 電子マネーは自分のお金で購入した通貨ですが、クレジットカードの場合はカード会社から借りたお金を使う仕組みになっています。 なので、クレジットカードの使用目的については、カード会社が厳しく制限しているのです。 クレジットカードで換金性の高い商品を頻繁に購入すると、カード会社に現金化を疑われる恐れがあり、最悪の場合はカードの利用を停止されるリスクがあります。 電子マネーの場合は、使用目的を厳しく問われる心配はありませんし、年齢や収入で利用が制限されることもないので、自由に使えるというメリットがあります。 ただし、クレジットカードで電子マネーのチャージを行う場合は、カード会社への返済義務が生じるので、使いすぎに注意しましょう。 電子マネー現金化のメリット・デメリット 電子マネーを現金化するメリット・デメリットをまとめます。 メリット• 年齢や収入に関係なく誰でも現金化できる• 業者に申込むと、最短即日で現金化できる• 自分で現金化する場合、90%~100%の高い換金率が期待できる デメリット• 自分で現金化すると手間や時間がかかる• 業者で現金化すると換金率が低くなる可能性が高い.

次の

ウェブマネーの現金化の方法

電子マネー 現金化 業者

見出し• 電子マネーを現金化したい! ここ数年で、電子マネーという仕組みも随分と一般的な物となりました。 電子マネーがあればお金を持ち歩く必要がありません。 また財布からお金を取り出さずとも読み取り機にかざすだけでスマートに決済することが出来るため、とても便利なものです。 しかし、現段階ではすべての支払いを電子マネーで済ませることはできません。 そのため、手元に現金がないことに困って一度チャージしてしまった電子マネーを取り出したいと思う人も多いことでしょう。 または、電子マネーにクレジットカードでチャージし、そこから現金を取り出すことが出来れば、クレジットカード現金化を行うことも可能となるため、いい方法はないものかと思っている人もいるかもしれませんね。 ここでは、電子マネーを現金化する方法を検討していきます。 一度チャージした電子マネーは取り出せない? 電子マネーとは、データをやり取りすることによって支払いを行うことが出来るサービスのことです。 貨幣の実体そのものはやりとりに登場しないものの、決済を行うことが出来ます。 電子マネーには2通りあり、ポストペイ式とプリペイド式があります。 ポストペイ式とは、使った料金を後から支払うものであり、代表的な物にはiDやクイックペイなどがあります。 これに対しプリペイド式とは、前もってお金をチャージしておき、チャージした範囲内で使うことが出来るタイプです。 Edyやnanaco、Suicaなどがプリペイド式に当たり、主要な電子マネーの多くがプリペイド式であることが分かると思います。 プリペイド式には、あらかじめチャージされた金額の範囲内でしか使うことが出来ないため、使いすぎを防ぐというメリットがあります。 しかし、これは私も経験のあることですが、 「これくらいはどうせ使うんだし」 と思って多めにチャージしたところ、意外に使いどころがなく、使い切れず残ってしまい 「こんなにチャージするんじゃなかった」 となったりします。 中には、間違って多くチャージしてしまい後悔したという人もいるかもしれません。 しかし無情にも、プリペイド型電子マネーは原則として一度チャージしたお金は返金できないとしています。 これはサービス規約でも明らかに定められていることであり、どうにもならないことです。 したがって、一度チャージしたものは返金されないため、あらかじめきちんと計算してチャージし、全額使い切らなければ損をしてしまいます。 ただし、Suicaなどの交通系のプリペイド型電子マネーは例外です。 この交通系の電子マネーは入金の取り消しが可能なのです。 ただし、その場合にもチャージしたその日のうちに申告する必要があったり、直近の入金分に対してのみ返金が可能であったりと、色々な制約があります。 以上の通り、一度チャージした電子マネーは原則的に取り消しをすることが出来ません。 入金ベースの換金率で正直な運営をしているクレカ現金化業者• スピードワン• エーキャッシュ 電子マネーを他のポイントから交換する 電子マネーの利便性を高める要素として、クレジットカードからチャージできるということ以外に、他のポイントを交換する形でチャージすることが出来ます。 例えば、楽天市場でよく買い物をする人は、いつの間にか楽天ポイントがたくさんたまっているということがあるでしょう。 このような場合には、楽天ポイントを使って楽天市場で買い物をするときに利用できるほか、電子マネーに交換することも可能です。 ネット上には、楽天ポイント以外にも色々なポイントサービスがあります。 複数のサイトを利用している人は、それらのポイントを一つにまとめて電子マネーに交換すれば、ある程度まとまった額を得ることが出来ます。 ちょっとしたお小遣いを得た気分になります。 上記の通り、一度チャージした電子マネーは返金を受けることが出来ません。 しかし、返金を受けるのではなく、別のかたちで現金化することは可能です。 その際にも、ひとまとめにしたポイントを電子マネーに交換することが出来れば、それを現金化することによって副収入を得ることが出来ます。 電子マネーから直接お金を引き出すことが出来ればそれに越したことはないのですが、残念ながらそれはできないため、以下の方法によって現金化することとなります。 電子マネーを現金化する裏ワザ! 電子マネーは直接引き出すことが出来ませんが、視点を変えれば現金化の方法はあります。 電子マネーで購入したものを返品すればいいのです。 方法としては、電子マネーで買い物をし、買った品物を返品するという流れになります。 お店側としては、レシートや領収書を持って未開封や未使用の商品を返品したいといわれれば返金処理をしなければなりません。 しかし、お店は一旦受け取った電子マネーを再びチャージという形で返金することはできないため、現金での返金となります。 こうすることによって、電子マネーの現金化をすることが出来ます。 特に、電子マネーはクレジットカードでチャージできることを考えると、クレジットカードのショッピング枠でチャージをして現金を手にすることにもなります。 そのため、クレジットカード現金化の一つの手法と考えることもできます。 クレジットカード会社では、当然ながら現金化目的のクレジットカード使用を利用規約で禁止しており、もし露見すれば利用停止や残債一括請求をされることがあります。 しかし、電子マネーとしてチャージをして返品をするという方法を使えば、クレジットカード会社の情報としては電子マネーにチャージしたという履歴しか残りません。 そのため、まずばれることがありません。 しかしながら、この方法はお店に迷惑をかけることになってしまうため、何度も同じ店ではできないなどのやりづらさがあることは否めません。 《業者えらび》口コミ、換金率、スピードで比較• 複数業者を比較してかしこくお得に現金化• 〈最大20社〉換金率の比較が30秒で完了 電子マネー専門の買取業者がいる? 商品券などの金券を売る場合には、金券ショップなどの買取業者で売ることによって現金を得ることが出来ます。 しかし、電子マネーは実体のないデータのやり取りをするという性質から、金券ショップなどでは買い取ってもらうことが出来ません。 クレジットカード現金化の専門業者ですら、電子マネーの取り扱いはしていません。 しかし、よく探してみると電子マネー専門の買取業者も存在します。 どうしてもチャージした電子マネーを現金にしたいと考えているならば、そのような業者の利用を検討してみるのも良いかもしれません。 ただし、電子マネーの買取業者はマイナーな存在であり、怪しげな雰囲気を持つ業者が多いのも事実です。 そのため、そのような買取業者の利用を検討する際には、会社の情報をよく集めて安心して利用できると判断した場合にのみ利用するようにしましょう。 例えば、その会社が本当に実在するのか、電子マネーの現金化の実績はどれほどのものなのか、口コミではどのように言われているのかなど、調べるべきことはたくさんあります。 公式サイト上の会社概要は特に注目すべきもので、代表者名や会社の住所が明記されていない業者は利用しない方が吉でしょう。 もっとも、電子マネー専門の買取業者の買取相場を見てみると、それほど良い条件が提供されていないことが分かります。 一口1000円程度を最低金額とし、換金率は70%程度になることが多いようです。 そのため、チャージした電子マネーの使い道がよほどないような場合を除けば、利用するのはどうかと思います。 【リアルタイム】キャンペーン情報ランキング• トレンドクレカ• 現金化堂 電子マネー現金化の使い道 では、結局余った電子マネーはどうするのが一番良いのでしょうか。 電子マネー専門の買取業者に依頼するのは、換金率の70%程度であることからあまり割に合うものではありません。 購入したものを転売したり、返品するほうがより多くの現金を手にすることが出来るでしょう。 この記事を読んだ人の中には、電子マネーにクレジットカードでチャージをし、それを現金化することによって現金を手にすることはできないかと考えた人もいることでしょう。 しかし、換金率が70%程度であることを考えると、普通にクレジットカード現金化業者に依頼してキャッシュバックを受けた方がよいといえます。 したがって、電子マネーの現金化を考えるのは、あくまでもチャージした電子マネーが余ってどうしようもないと言う時だけにしましょう。 それも、余った金額が数千円位ならば、わざわざ現金化をするよりも、使い道を見つけて普通の買い物に利用した方が便利に違いありません。 電子マネーで足りない金額を現金で支払って買うということもできるため、小さい金額が余った時などは特に買い物に使った方が賢いといえます。

次の

【簡単】電子マネーを現金化する方法まとめ!スマホ決済・交通系電子マネーを賢く現金化

電子マネー 現金化 業者

クレジットカードと共に、支払い手段として、徐々に存在感が大きくなっていますよね。 この電子マネーを利用した現金化という手段が存在します。 従来はクレジットカードのショッピング枠を使用して商品の購入や返品を利用した方法による現金化が盛んに行われていましたが、カード利用停止のリスクやグレーの解釈により、利用を躊躇う人もいます。 今回は、使用する頻度が近年、高くなってきた電子マネーを利用した現金化についてお話しします。 様々な電子マネーが現金化できる「ギフトグレース」 Amazonギフト券以外にも iTunes、Google Play、楽天ポイント、nanaco、WebMoneyの現金化ができるサービス 公式URL: 気になる所から見てみる• 電子マネーを利用するまでのいきさつ まず、クレジットカードを使った現金化とはショッピング枠を利用した現金化です。 これは商品を買って、別の場所で売り、現金で受けるという手段で、 間接的にクレジットカードでキャッシング(お金を借りる)ということをおこなっていました。 しかし、状況によってはカード利用停止のリスクもあり、それを避けるために、次に考えられたのが ギフトカードを使った現金化です。 これは業者を介して、利用者が通販サイトやスマートフォンブランドのギフト券などをクレジットカードで購入し、それを別の業者(に扮した同じ業者のことも多い)が現金で買い取ることによって、いくつかの手段を踏んでクレジットカードのショッピング枠を現金化するという方法がとられました。 もちろんこのような単純な方法だけではなく、様々な手段を用いてギフト券を使った現金化の試みがなされてきました。 現在もこのような方法がとられている場合もありますが、 最近では電子マネーを利用して、現金化するという手段が取られるようにもなってきたのです。 具体的な現金化の手法 電子マネーはチャージ後の返金は不可能ですが、現金化は可能です。 その方法はシンプルです。 クレジットカードのショッピング枠で電子マネーをチャージし、それで換金率が高い商品(例えば、やアクセサリー、チケット、ゲーム機など)を買い、別の店舗に売るという手段です。 直接クレジットカードで物品を買うのではなく、一度電子マネーにしてから物品を買ってそれを売るというのが具体的な手段なのです。 裏技 「電子マネーで買って、別に売る」という方法だと換金率が下がってしまうので、参考にもう一つの方法を紹介します。 それは 返品するという方法です。 電子マネーで物品を買い、それを現金で返金してもらうことができるのです。 多くのショップや通販サイトは、返品による返金に対しては現金で対応することが多いため、その商品の現金が全て入ってくるので、効率の良い方法と言われています。 ただ、これは グレーであることに変わりがないので、その点を留意して利用することをお勧めします。 電子マネーの現金化のリスクについて 冒頭でお話ししたショッピング枠を直接使っての現金化は、カードの利用停止などのリスクがあります。 しかし、電子マネーを使った現金化はどうなのでしょうか。 結論を言うと、グレーゾーンではあるが リスクが少ないということが言えます。 なるべく単純にお話ししますが、クレジットカードで決済をした場合、クレジットカードの請求額を全て払い終わるまでは、 ルール上商品の所有権がクレジットカード会社にあると解釈されます。 つまり、クレジットカードで使った金額を全てをクレジットカード会社に返すまでは,クレジットカードで買い物をしたものは全てクレジットカード会社のものという意味です。 このことから、クレジットカードで物を買って、それを買取業者に売るという行為は転売(=人のものを勝手に売るという犯罪)となるという解釈です。 しかし、 電子マネーの場合は所有者は、電子マネーを持っている自分自身です。 つまり電子マネーの金額を売って現金にしても 転売にはならないという解釈が成立するのです。 ただ、ほぼすべてのカード会社が利用規約で「換金を目的とした利用をしてはならない」と定めているため、これが効力を発揮すれば、この電子マネーを利用した方法が違法となる可能性を秘めているのです。 電子マネーにはどんなものがあるのか 電子マネーは具体的にどんなものがあるのかについてお話しします。 大きく分けて駅などでよく目にするSuicaやPasmo、ICOCAやTOICAなどの交通系電子マネーや楽天EdyやiDなどの電子マネー専門のブランドがあります。 これらにはあらかじめチャージするプリペイドと、後から請求が来るポストペイ等の支払方法による違いやカード、キーホルダー、スマホアプリ、紙媒体などの形状による違いがあります。 これらの多様な形を利用するのが電子マネーを利用した現金化の方法なのです。 まとめ 直接、クレジットカードで現金化をおこなうと、多少のリスクが生じますが、電子マネーに一度チャージして、その電子マネーによって物品の購入や返品をおこなうことで電子マネーを利用した現金化が可能となります。

次の