ブルース コード 進行。 ブルースのコード進行がどんなキーでも一瞬で分かる方法

ブルースコードの概要とコード進行の例・バリエーション(ジャズブルースなど)

ブルース コード 進行

スポンサーリンク どうも、FightingDogです 🙂 みなさん、ブルースはお好きですか?? アドリブに興味を持ち始めて、Aマイナーペンタを覚える。 そのペンタが使えるのが、ブルースでもあります。 今回は、どんなキーのブルースでも一瞬にしてコード進行が分かる方法をお伝えします。 難しことは抜きで、コード進行のみの話です。 それではどうぞ!! スポンサーリンク 目次• 3つのコードで成り立っている (ジャズブルースになると、これが少し複雑になってきます。 コード全てがセブンスコード• 12小節ひと回し• 2小節目がD7になったりする コード進行は共通なので、 知らない方と出会っていきなりセッションができるのが、 ブルースを覚えておくことのメリットでもありますね。 コードの上の数字は度数です。 早速コードを押さえてみよう!! A7は6弦ルートの型ですね。 D7とE7は5弦ルートの型でどちらも同じ押さえ方ですね。 まず先ほどのコードの4弦と3弦だけ押さえてみることにします。 (以下2音コードとします。 ) すると… このようなフォームになります。 仮に指を指定すると、• 少し難しい話になりますが、この抜き出した2音は、 コードに対しての3度と7度の音になっています。 何か気づくことはありませんか?? そうです!この 2音コード、 全部同じ型になるんです!! これは、とても便利ですよね!! それはとても簡単です。 <法則>• ベーシストがいれば、ギタリストはこの2音コードだけでも対応できますね。 ベーシストがいなければ… ギタリストだけの場合、2音コードだけですと少し寂しいので… ベース音を足しちゃいましょう。 すると… Rがベース音になります。 仮に指を指定するならば、• すると、上記の型が完成します。 「おや?5度は?」と思う方がいらっしゃるかもしれません。 例えば、A7コードは、 R(ラ)+M3(ド#)+P5(ミ)+m7(ソ) で構成されています。 上記の型に、この中の5度が入っていないわけですが、 構成音の優先順位で5度を省くことはよくありますので、なくてもA7としております。 それは、先ほどと同じことをしたらいいからです 😛 まずは、コード進行を見ていきましょう。 度数で見れば、やはり先ほどと同じですね。 そして、セッションが始まってしまいました。 同じように、2音コードを作ってみました。 押さえてみると分かりますが、先ほどの法則が使えます。 今回の場合ですと、 <法則>• 簡単ですよね!! ベース音が必要なら… こちらも同じですね! 筆者:FightingDog 楽器:エレキ、アコースティック、ベース、DTM 過去:ギター講師(歴6年) 現在:YouTubeでギター動画をUPしております。 2017年は、主に教則系の動画を沢山作っております。 近いうちにレッスン始めます。

次の

【ブルースギター講座/初級編】かっこいいコードの押さえ方、コード進行、リズム、オブリ、バッキングの弾き方![無料動画/Key

ブルース コード 進行

ギター予備知識• ギター基礎講座• アドリブソロ基本講座• ギターコード検索• スケールポジション• 五線譜の基礎知識• 音楽理論基本講座• 作曲・編曲講座• 基礎練習メニュー• ギタースコア• これだけでは理解できないと思うのでスコアやリズムパターンを参考に弾きながら理解してみましょう。 ブルースの基本コード進行 さて、まずは上のスコアのように「I」をC7コードに「IV」をF7、「V」をG7コードに置き換えてみてください。 3つの7thコードを使った12小節のコード譜が出来たと思います。 音楽番組や映画などで「キーがCのブルースで合わせてくれ 例:映画バック・トゥ・ザ・フューチャーI 」なんて事を聞いたことは無いでしょうか? 例えばキーがCならば上のコード進行さえおぼえておけばスコアを持っていなくても合わせることが可能な場合があります。 このコード進行を使い次に紹介するリズムパターンで実際に弾いてみましょう。 基本リズムパターン パターン1は初期のブルースで聴くことが出来るスタイルで四分音符を均等に「カッ、カッ、カッ、カッ」という風に歯切れよくきざみます。 パターン2と3にはシャッフル記号(あるいはバウンス記号)が付いています。 これは8分音符をバウンス(ハネさせて)「タッカ、タッカ、タッカ、タッカ」というように3連符の感覚できざみます。 解説だけでは難しいと思うので例えばロバート・ジョンソンの「Kind Hearted Woman Blues」等を参考にしてみてください。 このパターン2と3のリズムは定番と言っていいほどよく使われるので身体になじませておきましょう。 スポンサーサイト ロックンロールへの発展 最初にブルース基本形コード進行を紹介しましたが、実は基本形で演奏されることはそれほど多くありません。 基本形を少し発展させた初期のロックンロールでもよく利用されるコード進行です。 ここで少し一息。 ロックンロール風コード進行でコードを次のスコアのように置き換えてみてください。 なんとなく聴いたことがありませんか? ロックンロールなどでも使われている定番のスタイルですので是非知っておいて下さい。 よくわからない場合は参考としてチャックベリーの「Rock N Roll Music」などを聴いてみましょう。 スポンサーサイト ジャズ風 ブルース・コード進行 少し複雑になって来ましたがブルースではこのようなパターンもよく使われます。 リズムは最初に紹介したパターン3を使ってみてください。 C7とG7のコードポジションを2種類紹介していますが。 こちらの方がコードの動きが分かりやすいかなと思ったので是非試してみてください。 この部分がコードで演奏される事はあまりないのですが他のジャンルでも定番のコード進行方法ですので一応おぼえておいて下さい。 関連ページ• Copyright C ギターコード研究室 All Rights Reserved.

次の

ブルースコードの概要とコード進行の例・バリエーション(ジャズブルースなど)

ブルース コード 進行

同じベースラインにならないように ブルースは12小節で1コーラスですが、それ一回きりで曲が終わることは、まずありません。 12小節のコード進行を何週もし、曲は続けられます。 その度に同じベースラインを弾いてはダメ、ということはありませんが、何パターンか用意しておくことが望ましいでしょう。 ここでは1コーラス目に比べると の長3度や、 の完全5度などを1オクターブ下げ、ベースラインに違いを出してみました。 このように、オクターブの高低を利用するだけでも、ベースラインに違いを出せるはずです。 4ビートのEメジャーブルース 4ビートは4分音符が中心のベースラインで、ジャズではウォーキングベースと言われています。 ここでの4ビートはジャズのそれとは、少し使い方が異なりますが、定番のようなベースラインかと思います。 タイ記号でリズムに変化 1枚目の譜面とコード進行は同じものの、4ビートの原形がない程に、タイ記号と8分音符を多く使い、ベースラインをアレンジしてみました。 特にタイ記号が入ったことにより、リズムの取り方が非常に難しくなったと思います。 弾き始めは4拍目のウラから入っており、ここでも8分音符にシャッフルがかかっているので、最初からリズムの取り方に苦労すると思います。 とりあえずは音源を何度も繰り返し聴き、手足でカウントを取るのも忘れないでください。 でも説明したように、こういったコード進行もブルースではよく見られます。 フィルインはベースラインを動かす カッティング奏法でルートの が中心だった一枚目の譜面から、大きくアレンジしてみました。 ルート主体のベースラインは、サウンド的にも安定はしますが、8小節目のように、要所でベースラインを大きく動かしてやると、注目が集められるでしょう。 こういったことを フィルインと言ったりしますが、フィルインの使い過ぎにも気をつけましょう。 11小節目からのベースラインは、ブルースではよくあるエンディングパターンなので、そのまま覚えてしまってもいいでしょう。 8ビートのCマイナーブルース 最後にマイナーブルースでも、ベースラインの練習をしておきましょう。 1・2枚目の譜面はCマイナーキーと同じで、リズムも同じような8ビートですが、コード進行に少しだけ違いがあるので、そこに注目してみてください。 難しいことですが、1枚目のマイナーブルースと、少しでもコード感の違いを感じてみてください。 ベースラインは8分音符が主体の8ビートで、コードトーンを中心に組み立てた、シンプルなものかと思います。 ベースラインを自分で作ってみる この他にもブルースのコード進行で作ったベースラインが、のページにもあるので、よければ参考にしてください。 また、譜面通りに弾けるようになったら、それを少しずつアレンジして、自らベースラインを作ることにも、チャレンジしてみると良いでしょう。

次の