六世占星術 2020 日運。 六星占術の星人の調べ方と計算方法・自動計算!あなたは何星人?

六星占術で相性を無料鑑定!二人の恋愛相性を占う!【当たる診断!】

六世占星術 2020 日運

総合運 2020年の六星占術・金星人プラスの方運勢を見ていきましょう。 過去2年間からの流れのままこの2020年も非常に良い運勢がやってきてるということが言えるでしょう。 一つのあなたなりの結論を出せる時期ということも言えますので、これまで2年間積み上げてきたものを形にするように心がけてみてください。 時にはあなたよりも立場が上の人に直談判することも大事でしょう。 自分の要求を素直に相手にぶつけることが大切になります。 2020年はまさに花を咲かせる時期ということが言えますから、ここでしっかりと自分自身の納得する結論を出したいところ。 来年一度運気が落ちるという時期に入りますので、ここでしっかり形を作る土台にしておかないと、来年以降結構しんどい時になります。 この1年間をどのように過ごすかということが非常に重要なポイントになってくることを、是非頭の片隅においておいてください。 この2020年は金星人プラスのあなたにとって立花という時期になります。 過去2年間振り返っても、とても状況の苦しかった大殺界を抜けて2年間が経過し、徐々に状況が好転してきたところで、さらなる良い結論を出していく時期という風に言えます。 実りを得られる時期ですから、後ろに引っ込んでおいて状況を見るだとか、準備をするという姿勢でいてはいけません。 むしろ積極的に自分自身を売り込んで行ったりだとか、自分のよさを表現するということが良いのです。 この2020年はいかに自分自身をアピールできるかというのは一つか気になってきます。 例えばこれまで馬鹿にしていたようなSNSでも自分自身の投稿だったり、自撮りの動画をインターネット上に残すというのも、表現方法の練習にはなります。 このように特定多数の人に表現することができれば、あなたがめがけている大きな存在に対しても意見が言いやすくなります。 いきなり上司だとか社長さんだとか、また自分の親御さんに対して意見を述べるというのはなかなか難しいことです。 しかし一方で、このように不特定多数の人に対して意見を述べることに抵抗がなくなったりだとか、インターネット上に顔を出すことに対する抵抗感が抜けてくれば、自分自身を表現することへの抵抗感がなくなってきます。 元々金星人のあなたは非常に花があるタイプですから、実はこの2020年運勢はあなたらしさを表現する素晴らしい出来ということが言えるのです。 自分の内側にくすぶっているもの、もしかしたら辛い時期の影響ではそれが埋もれてしまっているかもしれませんが、2020年はまさにそれを外に表現する時期ということが言えるのです。 あなたが表に立っていけばあらゆる楽器が訪れやすい時期でもあります。 この2020年の立花という時期は、思い切った行動を取ってみたいだとか、これまで自分自身がやらなかったようなことにチャレンジすることによって、さよなら良い運勢を巻き込んでいくことができます。 元々仕事においてもプライベートにおいても、人に任せることなく自主的に行動ができるのが金星人のいいところです。 もちろん自分自身にスポットライトが当たっていない時に非常に不満を感じたりだとか、何で自分ばかりこんな役回りが巡ってくるんだというフラストレーションが常につきまとう宿命もありますが。 それはあなたの中にそれに相応しいほどの花があるということの証拠でもあるのです。 また常に動き回っていないとなかなか満足できないのも金星人の特徴の一つということが言えます。 のんびりすると言った言葉とは無縁で、暇な時間があるとすぐに誰かに約束を取ったりだとかして、積極的に動き回って行きます。 そのようなアグレッシブでエネルギッシュなあなたにとってこの2020年は非常に良い出来ということが言えるのです. できるだけ周りの人を巻き込んであなたらしく楽しい時間を過ごすように心がけてみてください。 ただし繰り返しですが来年以降少し雪が落ちてくる流れとなっています。 ここでしっかりと地固めをしておかないとなかなかしんどい思いをします。 特に2020年の前半は自分の興味のあるものはどんどん積極的に行動するべきですが、後半に入ったら少しずつ来年に向けての準備をしましょう。 分かりやすく言うとお金をどんどん使うという癖をなくしたりだとか、興味があるものをひたすら飛びつくという習性を抑えるということです。 状況を見ながら自分自身がやるべき事とやらないことの区別をしっかりつけること。 人の意見も聞きながら心ではなく頭で判断するような傾向が重要であることを常に覚えておくと良いでしょう。 どうしても感性の人でやる金星人のあなたはなかなか一歩立ち止まって考えるということが苦手なところがあります。 この2020年は前半と後半でメリハリをつけることが非常に重要になってくるので、後々後悔しないように取り組んでいきましょう。 大人の判断をすることを気をつければそれほど気にすることはありません。 金運 2020年の六星占術・金星人プラスの方の金運を見ていくと、お金の面に関してもラッキーが起こりやすい時期ということが言えますので、臨時収入も期待できる1年ということが言えるでしょう。 もちろんそれをあてにはしてほしくないのですが、これまで過去2年間を振り返ってみても、一番、お金の運勢が盛り上がってくる時期ということが言えますし、お金に対してそれほど心配することなく一年を過ごすことができそうです。 また2年前から取り組んでいたことで、まだ実益を産んでいないようなものであったとしても、この2020年で少しずつ花開いていく可能性があります。 つまり結果として取り組んできたものが収益を生んでくれる可能性が高いのです。 この2020年に関しては出来るだけ自分より立場が上の人と交流をするようにしてください。 仲のいい友達だとか親族と一緒に時間を過ごしてしまうと、それはちょっともったいない時間の使い方ということが言えるのです。 そうではなくて出来る限り自分自身を前に出していくことによって、そして普段はお話することを躊躇してしまうような人とお話しすることによって、更なる良い金運を引き出すことができるのです。 仕事運 2020年の六星占術・金星人プラスの方の仕事運を見ていくと、こちらでも良い運勢をキープしてるということがいえそうです。 やることなすこと結果が出やすい時期ということも言えますし、1の努力で10の結果が得られるようなそんなラッキーな時期ということが言えるでしょう。 たとえあなたが上昇志向がなかったとしても、会社に対する欲求不満をぶつけることによって、あなたの職場環境が良くなったりすることがあります。 例えば法外な残業させられているというのであれば、それはどこかしらに訴えることによって是正される可能性が高いのです。 またパワハラをしてくるような上司を左遷させることも可能性としてはありますし、あなたの要望を外に伝えることによって、良い形を作ることができるのです。 ただし2020年のうちにそのような形を作っておかないと、来年以降結構大変な思いをするかもしれません。 なぜならば来年以降は少し運気が落ち込んでくるので、これまでと同様の勢いでいってしまうと失敗する可能性があるのです。 何かしらの結論を設けるだとか、自分の望むような子でしょも取りに行くということであれば、この2020年のうちに動いておくようにしましょう。 恋愛運 2020年の六星占術・金星人プラスの方の恋愛運を見ていきましょう 恋愛においても一つの結論を出すのに非常に重要なタイミングとなっていますので、すでにカップルの方は結婚に向けて動き出す方が良いです。 すんなりとあなたも相手もOKしてくれる可能性もありますし、この2020年の間に両家の顔合わせまではもっていけば、何かとすんなり事が運んでいきます。 またシングルの方も素敵な人がいれば積極的に自分自身からアプローチするようにしてみてください。 あなたが求めれば相手もそれに応えてくれるような可能性が高いのです。 この2020年は自分から求めていくという姿勢がとても重要で、運命の出会いなどを期待していては非常にもったいない時期ということが言えます。 誰かが与えてくれるのではなく自分から掴みにいくという姿勢をもつことによって、良い運気を味方につけることができるでしょう。 ただしこれまた来年に持ち込んでしまうとすべてがうまくいかなくなってしまう可能性があるので、出来る範囲で事を進めて置くことが重要です。 婚活や恋活をされている人は、アプリなどを利用しても全く問題ないので、できることは何でもチャレンジしていきましょう。 健康運 2020年の六星占術・金星人プラスの方の健康運を見て行くと体の不調なので悩まされることはそれほどない運勢となっています。 もちろん過信はしてほしくないのですが、積極的に体を動かし、体が求める美味しいものを食べて、しっかりと睡眠をとることができれば、非常に良い一年を過ごすということができるでしょう。 表情も明るく周りに人が集まってくる流れとなっています。 できればこの2020年は何か体を動かすようなことにエネルギーと時間を使うと良いでしょう。 スポーツを通して交友関係を深めることによって、健康に関すること以外にも良いメリットが得られる可能性があります。 心身ともに充実した一年を過ごすことができるので、積極的に行動する場所を増やしていきましょう。 ただし体調が良いからと言ってお酒の飲み過ぎはタバコの吸いすぎには注意をしてください。 知らぬ間にマイナスの要素を蓄積するとあなたにとって来年以降非常に良くない種になる可能性があります。 運勢の良い時ほど体調管理をしっかりすることが重要といえるでしょう。 人間関係運 2020年の六星占術・金星人プラスの方の人間関係を見ていくとこれまでの自分では出会えなかったようなハイレベルな人たちとの出会いが期待できる時期ということが言えるのです。 人間関係が一気に広がりやすく物の見方が劇的に変わってくるこの2020年は、チャレンジをしてちょっと物怖じしそうな場所に出かけてみるのも良いことです。 やはりハイレベルな人たちというのはハイレベルな場所に集まって行きます。 そのようなところを普段使いすることによって、あなたのレベルも格段に上がっていくのです。 またそこで出会った人たちに今後の人生の相談をしたりだとか、仕事上の相談することによって良い方向性を示してくれる可能性があります。 このような人間関係が良い時期ということは一人で悩むことなくどんどん周りに相談することが重要だったりもするのです。 悪い時期に人に相談すると悪い方向へと導かれる可能性もあるのですが、この2020年は運勢がとても良いのでそのようなことにはなりにくいのです。 もちろん依存体質になることはあまり良いことではないのですが、人を頼るということも必ずしも悪いことではないと少し自分を甘やかすことも大切です。 助けてくれる人がいれば存分に、その助けに寄りかかってみるのも良いでしょう。 まとめ いかがだったでしょうか。 この2020年は金星人プラスのあなたにとって、運気が落ち込ん前の最後の幼児期ということが言えるのです。 特に人間関係運が非常に良い時期ということが言えますから、この2020年の段階でしっかりと人脈を増やしていくことが必要になります。 時には権力者の人に寄り添って寄りかかってしまうというのも良いことです。 最終的にあなたが貢献すればそれは決して悪いことではありません。 誰かから助けてもらうためにはあなたにもそれ相応の人格と運勢が必要となりますが、そのような良い流れが備わりやすいのがこの2020年の特徴なのです。 まず、あなたの方からアプローチをして、人脈を広げていくことに心がけてみてください。 そのような姿勢があなたにとってプラスに働くことは言うまでもないでしょう。 また恋愛様にとってもう少し理想を高めてアプローチしていくことが重要です。 あなたにとって人生を彩ってくれる素敵なパートナーが見つかる可能性も高いのです。 最後の良い運勢の時期なので思いっきり楽しむように心がけてみてください。 良い一年になりますことを陰ながらお祈り申し上げております、 以上、2020年の占いの解説サイト「2020年占い. jp」が、細木先生の「六星占術」の理論に基づいて、「金星人プラス(+)」の2020年の運勢を解説しました。 どうぞ2020年も良い年をお過ごしください!.

次の

六星占術・2020年の運勢【無料で令和2年が大殺界なのか霊合星人かも解かる!】

六世占星術 2020 日運

2020年六星占術 細木数子先生の六星占術は、1985年に大ブームを巻き起こし、2003年頃からの細木先生のテレビ出演がきっかけに、再び六星占術はブームになりました。 六星占術の人気は今も衰えず、六星占術の著書の発行部数は「占い本世界一」としてギネスブックに認定されています。 2020年は令和になってはじめての発売になりました。 新しい年号らしく、表紙は細木数子先生から娘さんの細木かおりさんに変わっていました。 2020年は 土星人(-)、水星人(-)、水星人(+)が大殺界になります。 大殺界は冬眠するようにのほほんと過ごしましょう。 国民的アイドルSMAPが解散しましたが、なんと、その年は、中居正広、稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾の4人が大殺界でした。 大殺界はいろいろありますね。 タッキーと翼くんの相性はあまりよくなかったみたいですね。 2019年2020年六星占術早見表 2019年 2020年 大殺界月 土星人 減退 種子 9月 10月 11月 停止 減退 10月 11月 12月 金星人 緑生 立花 7月 8月 9月 種子 緑生 8月 9月 10月 火星人 健弱 達成 5月 6月 7月 立花 健弱 6月 7月 8月 天王星人 乱気 再会 3月 4月 5月 達成 乱気 4月 5月 6月 木星人 財成 安定 1月 2月 3月 再会 財成 2月 3月 4月 水星人 陰影 停止 11月 12月 1月 安定 陰影 12月 1月 2月 大殺界の正体 六星占術が1985年に流行ったとき、私も夢中になりました。 六星占術をきっかけにいろんな占いに興味を持ち、たくさん本を買って研究しました。 とくに夢中になった占いが、占いの中で最も難しいと言われている四柱推命です。 六星占術はその四柱推命ももとにした占いでした。 六星占術の 大殺界は、四柱推命でいう 空亡です。 算命術でいう 天中殺と呼びます。 故山本令菜先生の 0学も同じ考え方です。 つまり、 大殺界 と 空亡 と 天中殺 と 0学 は同じ占いなのです。 2020年は、「十干・十二支」の組み合わせで「庚子(かのえね)」の年になります。 庚(かのえ)が十干で、子(ね)が十二支になります。 「十二支・十干」の組み合わせは全部で60通りあります。 ひとまわりすると60年になるわけですが、いわゆる還暦にあたります。 余談ですが、生まれた年の干支に戻る61歳は、本卦還りと呼ばれています。 赤ちゃんに戻るという意味と魔除けの意味を込めて、赤いちゃんちゃんこなどを着てお祝いします。 これが還暦祝いですね。 大殺界の導き方 「大殺界」や「空亡」や「天中殺」や「0学」は、その十干・十二支の組み合わせから導きます。 12-10=2 欠けているところが、空亡になります。 空亡には、 「子丑」「寅卯」「辰巳」「午未」「申酉」「戌亥」の6通りあり、生まれた日によって算出し、どれか一つに該当します。 たとえば、「子丑」が空亡になる人は、子年(2020年)、丑年(2021年)、子月(12月)、丑月(1月)が「天中殺」の時期になります。 天中殺の年や月になると、善意が裏目になったり、体調を崩したり、恋人や家族と衝突したり、自分らしく振る舞えないことが多くなります。 占いは良いことしか信じないという人がいますが、大殺界の年ほど占いが気になる傾向を感じます。 六星占術も大殺界の人の本がよく売れているんじゃないでしょうか? 令和2年(2020年)は、水星人が売れそうです。 「大殺界」や「空亡」や「天中殺」や「0学」は、星占いのように自分の星座を簡単に知ることはできないけれど、四柱推命と比較すると簡単に算出することが出来るので、親しみやすい占いです。 鑑定結果も統計なので当たっていると感じる人は多いと思います。 六星占術や0学占いは、天中殺とその前後1年を含め、3年間を試練の年として占っています。 2020年は、六星占術でいうと土星人マイナスと水星人が大殺界の年です。 「大殺界」や「空亡」や「天中殺」や「0学」は、人間を6通りもしくは12通りに分けて占いますが、私が一番当たると思っている「四柱推命」は51万8400通りの命式から占います。 私の勝手な推測ですが、テレビなどで細木先生の鑑定が当たるのは、たぶん、「大殺界」だけでなく、「四柱推命」も併せて鑑定しているんじゃないかと思うときがあります。 「十大宿命星」は「四柱推命」でいう「大運」と同じなんですよね。 はとても参考になります。 上の手帳は2020年度の六星占術の手帳(開運暦)です。 今日の運勢が達成なのか停止なのか毎日の運勢が一目でわかります。 2020年から細木かおりさんに変わり、手帳も新しいデザインに変わりました。 細木数子先生時代の手帳と比べると、サイズが大きくなり、手帳の中身も大きく変わりました。 細木数子先生の手帳は小さくて持ち歩くのに便利でしたが、細木かおり先生の手帳は日記帳のように記録を残していくのに便利そうです。 自分の星だけでなく、全ての星の運勢がすぐわかる手帳なので、家族や恋人の運勢もチェックしやすいですし、相性も確認できます。 干支カレンダーや六曜カレンダーもあり便利な手帳です。 誕生日を入力してください。 年 月 日 自分の大殺界を調べてくださいね。 天中殺をもとにしています。

次の

六星占術 無料で自動計算【2020年】あなたが何星人(運命星)か六星占術で自動算出します

六世占星術 2020 日運

2020年(令和2年)火星人マイナス(-)の運勢(総合運)は? 2020年(令和2年)火星人マイナス(-)の運勢は「健弱」。 小殺界の時期にあたり、2019年に比べるとペースダウンしたり、少し低迷を感じる運勢になりそうです。 2019年までの3年間は火星人マイナスの人にとっては幸運期で、様々な出会いや、良い出来事が起こりましたが、健弱の時期は、今までの3年間に溜まってしまった疲れが心身に出やすくなりますので、特に健康面でバランスを崩しやすいので無理は禁物です。 2020年は少し自分に甘いくらいでちょうどよく、小休止をする時期ととらえるといいでしょう。 2019年までのペースで物事をこなそうとすると、どこか今までと違う感覚を得られると思います。 やる気がダウンしたり、気持ちがあっても体そのものがついてこないという感覚になるかもしれません。 無理をすればするほど心身に疲れが溜まってしまいますので、無理をせず、2021年に再び訪れる幸運期のための準備機関として無理なく過ごすことを心がけるといいでしょう。 無理やり何かを始めたり、物事を自ら広げようとするよりも、今あることを原状維持することを大切に行動していきましょう。 恋愛運は、少し陰りが見えてきそうな運勢です。 異性とのコミュニケーションがうまくいかないと感じることもあるかもしれません。 気持ちが伝わりにくく、またお相手もあなたの本心がわからないという気持ちのズレを感じやすくなります。 また恋愛に対して優柔不断な気持ちが生まれ、好きでもない相手を妥協して相手を選んでしまったり、勢いでその場限りの関係を結んでしまう可能性もあります。 いずれもトラブルの原因を引き起こしがちになるので気をつけなければなりません。 フリーの人は出会い自体があまりないかもしれませんので、自分磨きに精を出し、魅力アップにつなげるといいでしょう。 すでにパートナーがいる人は、相手のいいところより欠点にとらわれてしまうこともありそうです。 バランスよく相手を見るようにしましょう。 また急いで結婚を決めない方が無難でしょう。 仕事運は、2019年まではとても順調にキャリアアップをすることができましたが、2020年は全てが現状維持になります。 スキルや業績もこれまでと比べると伸びしろが少なくなり、焦ったりイライラすることも多くなりそうです。 また頑張りすぎてしまうと体調を壊しやすくなりますので、注意が必要です。 今まで順調にいっていた事柄ほど、ストップがかかり、残念な思いをすることもありますが、自分の仕事の仕方を見直し、また新しい資格を取得するなど、自分自身のスキルアップを目指すことに重点を置くと良いでしょう。 金運は、かなり衝動買いをしてしまいそうな運気です。 元々はお金にあまり困ることはないのですが、2020年に限っては、収入と出費のバランスが大きく変動し、お金が手元にないということでかなり焦ったり、不安になることもあるかもしれません。 衝動買いでストレスを発散することを極力控え、なるべくお金が手元に残ることを意識することが大切です。 健康運は、特に低迷した運気になります。 これまではかなり無理がきき、体力的にも持ちこたえることができましたが、途端に無理がきかなくなりそうです。 無理をすると心身ともにバランスを崩しやすく、回復するのにも時間がかかりますので、規則正しい生活や食事、運動などをして日頃の体力と気力作りに力を入れるといいでしょう。 お酒の飲み過ぎには特に注意が必要です。 人間関係運は、トラブルが多く発生しそうな運気です。 あなたの個性が人にはとらえどころがないと映ってしまい、距離をおかれてしまうこともありそうです。 また普段はあまり人のことを機にすることは少ないのですが、この時期は妙に他人のことが気になってしまい、「もしかしたら自分の悪口を言われているのかも」というような被害妄想的な思考に発展しやすい傾向があります。 人は人、自分は自分とそれぞれの領域をわきまえ、踏み込まない、踏み込ませないというバランスが大切です。 2020年(令和2年)火星人マイナス(-)の月運 それでは詳しい月ごとの運勢を見ていきましょう。 2020年(令和2年)1月の月運「達成」 2019年までの運気を引きずっているので、 年の初めは比較的好調なスタートを切ることができ、気分も爽快で過ごしやすい運気でしょう。 しかし、ここで無理をしたり、調子に乗りすぎてしまうと一気にバランスが崩れてしまうこともあるので注意が必要な時です。 また、これまでと同じように続けていたことも「あれ?」と思う瞬間が数多くなりそうです。 運気が次第にペースダウンしていくので、それに自分も合わせていくような工夫などが必要です。 2020年(令和2年)2月の月運「乱気(中殺界)」 次第に運気が低迷し、やることなすことに停滞感を感じられるかもしれません。 自分がつまらないと感じたり、周りが面白くないと感じたり、自分と自分の周りの世界が一気に灰色になってしまうような味気なさを経験することもありそうです。 何をやってもパッとせず、また気乗りしないときは無理をしないようにしましょう。 また他の人からの誘いも激変するので、妙な孤独感を覚えてしまうこともありそうです。 2020年(令和2年)3月の月運「再会」 温かい季節になると、自分の気持ちもようやく晴れ、爽やかな空気感の中を過ごせるでしょう。 時期的なものも関係し、出会いと別れを経験することもあるでしょう。 仲の良い友人が引っ越すことになったり、また同僚なども違う部署に行くなど、さみしさを味わうこともあるでしょう。 別れがあれば、また新しい出会いもあり、ひと月を通して送別会などのイベントも多くなります。 気持ちよく誰かのお祝いをすることや感謝をする気持ちが大切です。 2020年(令和2年)4月の月運「財政」 引き続き、好調な運気です。 新しい年度になり、今までとは少し違う風を感じるでしょう。 職場の雰囲気自体が変化したり、新しい環境や仲間に慣れることで神経を費やすことも多くなりそうです。 あれよあれよという間に毎日がスピード感をもって過ぎていくでしょう。 その分、なかなか自分のやりたいことができなかったり、楽しみにしていたことを後回しにしなければならないこともありそうです。 まずは無理をしないことを大切にしましょう。 2020年(令和2年)5月の月運「安定」 新年度の始まりのざわつきも落ち着き、自分の中で余裕を感じられそうな時期です。 先月までに後回しにしていた何かに取り組み、新しいことを始めたり、思い切り自分の時間を充実させることを心がけるといいでしょう。 同時に、人からのお誘いも多くなり、ハードスケジュールになることも予想されますが、あまり無理をせず、自分のペースでいることを大切にしましょう。 2020年(令和2年)6月の月運「陰影(大殺界)」 一気にペースダウンを感じる時期になります。 思うように物事が運ばず、イライラしたり感情的になりやすく、心のバランスが少し崩れてしまうような運気です。 自分を正当化することで誰かのせいにしてしまうなど責任転嫁しやすいこともあり、そこから人間関係のトラブルに発展する可能性もあるので、人付き合いに注意しましょう。 当たらず障らずの距離感を誰の間でも心がけること。 2020年(令和2年)7月の月運「停止(大殺界)」 さらに運気が低迷し、全く物事が思うようにいかないような時期です。 焦ってことを動かそうとしてもマイナスに終わってしまうでしょう。 特に人間関係ではストレスを負いやすく、誰かのちょっとした言葉で傷つきやすくなってしまい、過敏に気持ちが反応しやすいので、人付き合いの中で負のパワーが強い人や闇の部分を持っている相手には気をつけなければなりません。 2020年(令和2年)8月の月運「減退(大殺界)」 夏の暑さが体力も気力も奪ってしまうような運気です。 この時期をうまく乗り越えないと後々にまで影響を及ぼしてしまうこともありそうです。 早い時期の夏バテや夏風邪はズルズルとひきづってしまうので、暑さに負けない体力づくりをしたり、健康そのものを維持することを心がけるといいでしょう。 特にお酒の飲み過ぎは体力を減退させるので、調子に乗り過ぎないことが大切です。 2020年(令和2年)9月の月運「種子」 暑さもピークを過ぎると次第に気力も体力も回復し、自分のペースを取り戻すことができるでしょう。 よくわからない出来事が多く発生しやすく、すぐに意思決定をせず、一旦保留にし、あえて物事を停止させ、様子を見ることを心がけると良いでしょう。 まずは何事もマイペースで取り組み、一旦立ち止まって様子を見ることの繰り返しをして行くと運気の回復も早いでしょう。 2020年(令和2年)10月の月運「緑生」 次第に調子が出てきて、自分なりのやり方や合理的な方法を見出すことができるでしょう。 良い意味で人との距離感が上手に保てるので、精神的にも安定し、心地よい人間関係を築くことができるでしょう。 恋愛面ではちょっとした嬉しい出来事もあり、これからの進展に期待が持てそうです。 悲観的になるより、「なんとかなるさ」という楽観的思考が運気を向上させます。 2020年(令和2年)11月の月運「立花」 ようやくあなたらしさを発揮することができる時期です。 これまではバランスを顧みながら慎重に行動してきましたが、それが功をそうするときがやってきそうです。 無理せずにマイペースで何事も行い、現状維持しながらゆっくりと新しい方法を試して行くことをオススメします。 まずは安定して、心身を整えていくことが大切です。 ヨガや瞑想などの自分でできる集中法を見つけるのも吉。 2020年(令和2年)12月の月運「健弱(小殺界)」 グッと冷え込むと体調がダウンし、風邪などを引きやすくなるでしょう。 しっかりと自分の体調を整え、無理をしないことが何よりも大切です。 一旦体調を壊してしまうと回復までに長い時間がかかるので、まずは予防することを心がけましょう。 次第に運気が整えられ、2021年度への希望が湧いてきます。 その希望を温めながら前向きに進んでいけるときです。

次の