菊園 わらび 餅。 わらび(蕨)のあく抜き|楽天レシピ

名古屋の和菓子店【菊里松月】

菊園 わらび 餅

当店の「小倉トーストのあんこ」が第27回全国菓子大博覧会・三重(お伊勢さん菓子博2017)において、金菓賞を受賞いたしました。 中京テレビの夕方の情報番組「キャッチ!」にて当店の「草餅」をご紹介いただきました。 エフエム愛知 FM807 Radio Freaks Tuesdayにて、当店の「小倉トーストのあんこ」をご紹介頂きます。 メーテレ夕方の情報番組「UP!」にて、当店の「南瓜の鬼まんじゅう」をご紹介頂きました。 味の素AGF株式会社様主催 十代目松本幸四郎さんが選ぶ 「歌舞伎と和菓子の出会いコンテスト」にて、当店和菓子職人の高橋築が優秀賞を受賞しました。 東海テレビ、朝の情報番組「スイッチ」にて、「小倉トーストのあんこ」をご紹介いただきました。 【もち米】名古屋の菊里松月では、厳選した国内産のもち米だけを使用しております。 【滋賀県産の羽二重もち】 きめが細かくのびがある為、のしもちや鏡餅あんころもちや大福に使用するもち米です。 【岐阜県産高山市のたかやまもち】 かめば甘みが出て歯ごたえがある為 赤飯やおはぎ等に使用するもち米です。 【小豆】北海道十勝産の「朱」 あや を使用しております。 大粒で風味が良くしっかりとした味わいです。 【小麦粉】どら焼・おいもさん等に使用する薄力粉は国産の中でも愛知県産を使用しております。 【黒豆】北海道産の大地で育った大粒のもののみを使用しております。 【黒糖】沖縄県離島 波照間島・宮古島産の黒糖を使用しております。 【卵】名古屋の菊里松月では、地産地消の愛知県の知多半島を中心とした卵を使用しております。 【よもぎ】自然な若草色と香りを大切に宮城県産と岐阜県産(揖斐)をブレンドしたよもぎを使用しております。 【枝豆】名古屋の菊里松月では、地産地消の地元愛知の枝豆や 山形県産の鶴岡のだだちゃ豆も使用しております。 【さつまいも】名古屋名物鬼まんじゅうは、本場鹿児島県産の 紅さつま又は宮崎県産のやまだいを使用しております。 【栗】国産の大粒栗を使用しており、栗の甘露煮は菊里松月の自家製です。 【抹茶】名古屋の菊里松月では、抹茶・碾茶 てんちゃ は地元愛知県西尾の製茶店さんより直接仕入れて おります。 味・香り共にお菓子にはぴったりです。 【八丁味噌】名古屋の菊里松月では、愛知県岡崎市のカクキューの三河産大豆からつくる 八丁味噌を使用しております。 敬老の日(第3月曜日) いつまでも元気で長生きしてとの思いを込めて大好きな和菓子を。 秋のお彼岸(秋分の日をはさんだ一週間)秋分の日をお中日として、前後3日間を「お彼岸」と言います。 ご先祖様へお彼岸だんご・おはぎをお供えします。 「ぼたもち」と「おはぎ」の違いは、春は牡丹の花に見立てて「牡丹餅」秋は萩の花に見立てて「お萩」と呼びます。 季節感を大切にする、日本人の心です。

次の

御菓子司 麻布 菊園

菊園 わらび 餅

当店の「小倉トーストのあんこ」が第27回全国菓子大博覧会・三重(お伊勢さん菓子博2017)において、金菓賞を受賞いたしました。 中京テレビの夕方の情報番組「キャッチ!」にて当店の「草餅」をご紹介いただきました。 エフエム愛知 FM807 Radio Freaks Tuesdayにて、当店の「小倉トーストのあんこ」をご紹介頂きます。 メーテレ夕方の情報番組「UP!」にて、当店の「南瓜の鬼まんじゅう」をご紹介頂きました。 味の素AGF株式会社様主催 十代目松本幸四郎さんが選ぶ 「歌舞伎と和菓子の出会いコンテスト」にて、当店和菓子職人の高橋築が優秀賞を受賞しました。 東海テレビ、朝の情報番組「スイッチ」にて、「小倉トーストのあんこ」をご紹介いただきました。 【もち米】名古屋の菊里松月では、厳選した国内産のもち米だけを使用しております。 【滋賀県産の羽二重もち】 きめが細かくのびがある為、のしもちや鏡餅あんころもちや大福に使用するもち米です。 【岐阜県産高山市のたかやまもち】 かめば甘みが出て歯ごたえがある為 赤飯やおはぎ等に使用するもち米です。 【小豆】北海道十勝産の「朱」 あや を使用しております。 大粒で風味が良くしっかりとした味わいです。 【小麦粉】どら焼・おいもさん等に使用する薄力粉は国産の中でも愛知県産を使用しております。 【黒豆】北海道産の大地で育った大粒のもののみを使用しております。 【黒糖】沖縄県離島 波照間島・宮古島産の黒糖を使用しております。 【卵】名古屋の菊里松月では、地産地消の愛知県の知多半島を中心とした卵を使用しております。 【よもぎ】自然な若草色と香りを大切に宮城県産と岐阜県産(揖斐)をブレンドしたよもぎを使用しております。 【枝豆】名古屋の菊里松月では、地産地消の地元愛知の枝豆や 山形県産の鶴岡のだだちゃ豆も使用しております。 【さつまいも】名古屋名物鬼まんじゅうは、本場鹿児島県産の 紅さつま又は宮崎県産のやまだいを使用しております。 【栗】国産の大粒栗を使用しており、栗の甘露煮は菊里松月の自家製です。 【抹茶】名古屋の菊里松月では、抹茶・碾茶 てんちゃ は地元愛知県西尾の製茶店さんより直接仕入れて おります。 味・香り共にお菓子にはぴったりです。 【八丁味噌】名古屋の菊里松月では、愛知県岡崎市のカクキューの三河産大豆からつくる 八丁味噌を使用しております。 敬老の日(第3月曜日) いつまでも元気で長生きしてとの思いを込めて大好きな和菓子を。 秋のお彼岸(秋分の日をはさんだ一週間)秋分の日をお中日として、前後3日間を「お彼岸」と言います。 ご先祖様へお彼岸だんご・おはぎをお供えします。 「ぼたもち」と「おはぎ」の違いは、春は牡丹の花に見立てて「牡丹餅」秋は萩の花に見立てて「お萩」と呼びます。 季節感を大切にする、日本人の心です。

次の

御菓子司 麻布 菊園(千葉市若葉区若松町)

菊園 わらび 餅

「わらび餅」と「くず餅」の違いってご存知ですか?夏の涼菓子として味わう機会も増える二つの和菓子ですが原料も作り方も違い、それによりそれぞれ独特の歯ごたえと味わいを生み出しています。 関西でよく食べられる「わらび餅」は、わらびから取り出した澱粉(でんぷん)による「わらび粉」(わらびの澱粉は非常に貴重だとか!)を使って作られます。 「くず餅」はその名の通り葛(くず)粉を使って作られるものもありますが、こちらは「葛まんじゅう」や「水まんじゅう」の名の和菓子で食べることも多いのではないでしょうか。 きな粉と黒蜜で食べる関東でポピュラーな「くず餅」は江戸時代に生まれた「久寿餅」になり、こちらは小麦粉の澱粉を発酵させて作られています。 今回はそんな夏の人気涼菓子の中から老舗の職人技が光る逸品の「わらび餅」と「くず餅」をご紹介いたします。 1:世界で最古の老舗蕎麦屋、京都「本家尾張屋」の「蕎麦わらび」 「わらび餅」は大人から子どもまで不思議とテンションが上がるお菓子として紹介いただいているのは眼鏡店ブリンク店主の荒岡俊行さん。 そんな荒岡さんがシンプルで素朴な王道の「わらび餅」として選んだのが香川県高松市にある「松風庵かねすえ」の「さぬきわらび餅」。 「讃岐うどん」のイメージが強い香川県高松市ですが、伝統的な製法で作られる高級砂糖「和三盆」も名物。 その讃岐特産の「和三盆」がほんのり控えめな甘さで「わらび餅」を上品に引き立て、こしの強い餅にたっぷりのきな粉と黒蜜でパク、スルッ、パク、スルッ」と次から次へとテンポ良く口に入って思わずみんなが笑顔になるそうで、ちょっとした団らんにもピッタリな「わらび餅」ですね。 夏の涼菓子として人気の「葛餅」と「くず餅」。 関西の「葛餅」に対して、関東のくず餅(久寿餅)は、乳酸菌で発酵させた小麦粉の澱粉を使うことで、噛みごたえのあるまったく違う味わいになっています。 そんな久寿餅は、かつて江戸からほとんど外に出たことのなかった、江戸っ子の食べ物だったといわれ東京の寺社の参道には久寿餅の名店あります。 そんなひとつが北区の王子稲荷参道で100年以上も営業を続けている「石鍋久寿餅店」。 すべて職人さんが手作りの久寿餅は小麦粉の澱粉の発酵に2年を費やす時間と手間のかかったこだわりが「くず餅は食感が命」の心情とする噛みごたえに活きています。 閉店前に完売になることも多い人気の久寿餅。 お求めはお早目のご来店をおすすめします。 最後は「水まんじゅう」。 「わらび餅」、「久寿餅」との違いをご紹介してきましたが、こちらは本葛、本ワラビを使用して作られた「くず餅」の一種ということでご紹介。 岐阜県大垣市で150年以上続く老舗「金蝶園総本家」。 初代店主は水の都と呼ばれるほどの大垣で水に合った菓子を作ろうと修行と研究を重ね「金蝶園饅頭」を完成させました。 「水まんじゅう」はその金蝶園総本家の季節限定まんじゅうになります。

次の