米 と サーカス 渋谷。 激突!!元自衛感VS昆虫食 in グランドオープンする渋谷PARCO

米とサーカス メニュー:一品メニュー

米 と サーカス 渋谷

おはようございます、チェ・ブンブンです。 昨日、渋谷にリニューアルオープンしたパルコに行ってきました。 お目当は、ホワイトシネクイントで、映画館ハンターとしていち早くレポートしなくては! と思っていました。 出発の支度をしている時に、何気なく王様のブランチを観ていたら、レポーターの 熊井友理奈がパルコの地下レストラン街を紹介して回っていました。 その中でサラッと、昆虫食が食べられるレストランが紹介されてました。 残念ながら、彼女はその店をリポートしてくれなかったので、ここは私がリポートしようといざパルコへ向かったのでした。 本リポートは ゲテモノ料理屋《米とサーカス》について書いていきます。 想像の10倍ヤバいお店だったので、 閲覧注意です。 米とサーカスとは? 米とサーカスとは亜細亜TokyoWorld株式会社 旧・宮下企画 が運営するジビエと昆虫等の珍味を提供するレストラン。 「美味しいは楽しい」「楽しいは美味しい」 私たちは、飲食を通じてお客様の「楽しい」を演出し、 驚きと感激にあふれる体験づくりに挑戦し続けます。 をモットーに高田馬場と錦糸町に展開される本店は、文化の街渋谷にこの度降臨しました。 渋谷は、ガングロギャルが大暴れしていた2000年代初頭と比べると、そこら辺の繁華街に成り下がったイメージが強いのですが、パルコはその凋落を食い止めるために徹底的に文化をNewパルコに投影させました。 AKIRA専門店やNintendo TOKYO、カプコンストアといったゲーマー御用達の店を配置、ポケモンセンターにはミューツーの水槽を置く拘りを魅せている 入場制限がかかっていたので今回は見送った。 8Fにある ホワイトシネクイントは、草間彌生やイッセー・ミヤケのドキュメンタリーが上映されている。 そして、地下にはAIを使って好みの日本酒を提供してくれるお店や、本格ドイツ料理のお店、ヴィーガン料理専門店などが出展されている。 CHAOS KITCHENというフロア名に恥じないキレッキレのラインナップになっております。 そこに《米とサーカス》も仲間入りしていたのです。 気分はデッカード、あるいはウィリアム・バロウズ そんな 《米とサーカス》は渋谷パルコ地下1階の最深部にあります。 『ブレードランナー』の世界観を真似したB級映画、あるいは三池崇史の『テラフォーマーズ』に出てくるドヤ街を思わせる強烈なネオンが見る者の足を引き止めます。 「どうする? 」 「今日はいいよ」 店前には人だかりができており、カップルが入ろうか入らまいか議論している。 スカした顔をしているお兄さんも躊躇する程、そこには禍々しいオーラが漂っています。 そんなカップルが覗き込む店前のメニュー。 しゃぶしゃぶ屋を彷彿とするヴィジュアルに反して提示されるメニューは 《ヤモリの丸揚げ》《六種の昆虫食べ比べセット》《サソリ酒》とパワーワードが所狭しと並んでいます。 この店なら、下手すると『裸のランチ』で出てきたブラックミート ムカデ料理 なんか出してきそうだぞ... とゾクゾク興奮してきました。 って訳で間髪入れずに入店しました。 溌剌としたお姉さんに案内されカウンターへ。 店前の人だかりに反して中は割と空いていました。 これは人柱となって実食レポートしなくては! とブロガーとしての腕が鳴ります。 鳥獣戯画風のイラストが書かれたメニューを広げて見る。 すると、店前の看板以上に凄まじいラインナップとなっていました。 どうでしょうか? 上野駅近くでしかまずその単語を目にしない八つ目鰻のお酒やカマキリの卵を使ったお酒、 《ゴキブリ酒》まであります。 料理も見た目で殴りつけてくる代物ばかりとなっています。 これは選びきれない... という訳で店員さんにオススメを訊いてみました。 「オススメは何ですか? 」 「そうですねぇ、ヴィジュアルでいったらヤモリですかねー。 ワニなんか美味しいですよ。 虫がイケるのでしたらオオグソクムシがオススメです。 」 流石にワニは2,980円と給料日前にはキツいお値段だったので、オオグソクムシを注文することにしました。 また私の生涯に挑戦したいことリスト上位に「カエルを食べる」項目があるので、店員さんに質問してみました。 「追加トッピングのカエルだけ注文できますか? 」 「はい、できますよ! 」 ついでに、ハブ酒も頼み、ゲテモノパーティーモードに入りました。 」 といきなりこんなものを出されました。 みなさん、これ何だと思いますか? 正解は、 《スズメ》です! かつてあったでしょうか? お通しでスズメの素焼きが出されるお店は? どうやって食べればいいのか分からないヴィジュアル。 「全部丸ごと食べられますよ! ちょっとクチバシは硬いかもね」 目の前にある違和感はこの世界では常識と言わんばかりに食べ方を紹介してくれる店員さん。 郷に入れば郷に従え、丸ごと食べてみました。 クチバシよりも羽が硬くチクチクするので、羽をとると食べやすい。 スズメという貧弱さからは想像できないほどに肉厚で、これはかなり美味しかった。 肉の弾力が面白い唐揚げといった感じでしょうか。 ハブ酒 1,100円 ファンタジー映画でよくみる魔術師がヒッヒッヒと言いながら出しそうな瓶を持って店員さんがやってきました。 これが 《ハブ酒》です。 ハブが瓶の中で息絶えている。 そこに微かなエキスが分泌されており、それをグラスに入れてくれるのです。 写真撮影可能だというので、じっくり撮らせていただきました。 うあーハブだー! 羽生善治も思わず驚きそうな、圧倒的ハブ感! サイケデリックな店内の色彩もあり、映えます。 そんな《ハブ酒》は、舌に電撃を食らわす戦闘力を持った味となっています。 スッと飲むと、舌にピリピリといった感触が残る。 何だか自分の魔力ゲージが上がりそうな気分になりました。 オオグソクムシの姿揚 1,980円 さて、オオグソクムシである。 「ぼく、イカ焼きだよ! 」 と言いたげだが、どう考えても『風の谷のナウシカ』である。 王蟲にしか見えません... これまた、全部食べられるのだとか。 通常、海老とか蟹とか、外殻を取り除いて食べるけれども、此奴は全身食べられるとのこと。 恐る恐る口に運んでみる。 バリっ! バキっ! 豪快な音を立てる。 手足が割とチクチクして口の中痛いのですが、これは海老の揚げ物の殻の味がします。 海老と比べて肉の部分が少ないので、殻好きじゃないと割とキツいのかなと思ったりします。 ただ、思いの外、癖がないので難なく食べられます。 カエル一匹 1,500円 さて、遂にカエルが登場! 圧倒的怪獣感! 白黒に写真加工したら、水墨画のようにカッコ良く映えましたw カエルは肉の部分が少ないのですが、足の筋肉の味はとても美味しいです。 実質珍味版手羽先といった感じでしょうか。 よく、カエルを食べる話になると不味そうとドン引かれるのですが、全くのノープロブレム。 美味しゅうございます。 最後に、バクダン 490円 と呼ばれるラムネと赤玉ポートワインを混ぜた下町カクテルを嗜みました。 混ぜているものがあれなので、メチャクチャ甘かったですぞ! 最後に どうです? 興味湧いてきませんか? もうすぐ冬のボーナスシーズンですね! 仲間と花金パーティー、忘年会に使ってみてはいかがでしょうか? 私は、ヤモリとかワニに挑戦したいと思ったので、また訪れたいぞ! おまけ 串カツあらたの大阪スパイスカレー そういったゲテモノ料理屋はちょっと... でも面白いものが食べたい! そういう方には、 《串カツあらた》をオススメします。 ドンドコドンドコ、店員が太鼓を叩きながら活気よく接客しているここでは、大阪スパイスカレー 1,150円 が食べられる。 キーマカレーをベースにした複雑にスパイスが絡み合ったカレーは、疲れが吹き飛び辛さを堪能できます。 拘りのマンゴージュース 350円 との相性も抜群です。 映画と映画のハシゴの合間にサラッと入りやすい店なので是非!

次の

「化石化した」ポケモン 渋谷のギャラリーで米アーティスト新作展(みんなの経済新聞ネットワーク)

米 と サーカス 渋谷

内覧会時の様子。 スペイン坂方面より撮影 新しく生まれ変わる「渋谷パルコ」は、地下1Fから地上9Fまで、10Fには屋上スペースを設ける。 「ファッション」「アート&カルチャー」「エンターテイメント」「フード」「テクノロジー」の5つのコンセプトでフロア展開、全193店舗が集結! 地下1Fフードフロア「CHAOS KITCHEN カオスキッチン 」へ 地下1Fのフードフロア「CHAOS KITCHEN」 渋谷ならではのスタイリッシュな空間。 異彩を放つ店「米とサーカス」 「米とサーカス」 面白いお店発見! 壁にカラフルな文字やペイント、店名がインパクトがあり思わず入ってみたくなる。 「米とサーカス」へ…。 上に乗ってるのは、ブローチでもなんでもなく、 本物の虫!「タガメ」。 パフェグラスの中には、 クロレラのゼリー、クロレラのホイップクリーム、ラズベリーピューレ、アイスクリーム、店名にもある「米」が原料のお菓子、 白玉、米パフ、麩菓子、そして小さな コオロギが何匹も!! おぉ~ ドキドキ…!^^ タガメの解体!フルーティーな珍味 まずは、 タガメを解体。 箸の先に付いた ほんのチョッピリ。 この 味噌だけ食べられる。 胴体は食べるわけでは無いんだね。 ちょっと安心!^^ まさか、この見た目からは想像できない、 バナナやラフランスのような、フルーティーな香りが漂う。 このタガメはオス。 甘いパフェの箸休めとなる。 コオロギはパリパリ!白玉や米菓子入りのパフェ パフェに散らされている コオロギはパリパリっとした食感、クロレラゼリーや白玉の もちもち食感、カラフルな麩菓子の サクサク!で、見た目と共に食感も楽しい。 甘いバニラアイスもあるので、スプーンで全体的に掬い上げれば、調和し、虫嫌いの人でも食べられるかも!^^ 是非チャレンジしてみてね! 「米とサーカス」は、高田馬場にも店舗があるようです。 動画はこちら!タガメの解体シーン メニューには獣肉、獣鍋、滋養強壮酒など 他には、肉盛り、鍋、肉刺し、珍味、揚げ物、焼き物、怪しいドリンクも!^^ フードフロア「カオスキッチン」全21店舗のグルメ B1F「カオスキッチン」には21店舗の飲食店が集まります。 いくみんと申します! 旅行、食べること、写真を撮ることが好き! 新潟県出身、東京在住オーストラリアのワーキングホリデーがきっかけで、帰国後、東南アジア一人旅にでかけた。 格安航空券、格安宿を取りながら その地に満足したらまた次の地へ移動する自由気ままな一人旅。 日本からのツアーでは出来ないような体験や現地情報、常に読者がワクワクするような、旅計画の参考になるような記事を書いて行きたいと思います! 旅に出ない時は、吉祥寺ランチ、都内でカレー屋巡りをしてます。

次の

【リニューアル】渋谷パルコで話題のレストランまとめ!極味や、米とサーカス、うどんやラーメンも!

米 と サーカス 渋谷

ポケットモンスター(ポケモン)とコラボレーションした米アーティスト、ダニエル・アーシャムさんの新作展が現在、渋谷東口のギャラリー「NANZUKA(ナンヅカ)」(渋谷区渋谷2、TEL 03-3400-0075)で開催されている。 (シブヤ経済新聞) ポケモン(港区)が初めて現代アーティストとコラボレーションするアートプロジェクトの一環で、ユニクロのTシャツ「UT」とのコレクション発売に続き第2弾となる企画展。 1980年米オハイオ州生まれアーシャムさんは、名門芸術大学クーパーユニオン卒業。 現在はニューヨークを拠点に活動している。 「FictionalArcheology(フィクションとしての考古学)」をコンセプトに、立体作品、ペインティング、インスタレーション、パフォーマンスなど幅広く手掛けている。 「Relics of Kanto Through Time」と題する新作展では、黄鉄鉱、ガラス、黒曜石、水晶などさまざまな素材で作る立体作品で「3020年に発掘した『ポケットモンスター赤・緑』の世界」を表現。 作品のロゴやカードゲームをモチーフにした作品をはじめ、化石化して内部からクリスタル結晶が見えるピカチュウの像、ヒトカゲ、ゼニガメ、カビゴン、イーブイ、プリン、フシギダネなどのポケモン作品を展示する。 開催時間は11時30分~19時(コロナウイルス拡散防止対応策で入場予約制)。 入場無料。 7月4日まで。 みんなの経済新聞ネットワーク.

次の