キキ 飛べ なくなっ た 理由 原作。 魔女の宅急便のキキ初潮シーンとは?飛べない理由の真相も

魔女の宅急便キキが飛べなくなったのは?

キキ 飛べ なくなっ た 理由 原作

これは何が原因だったのでしょうか? これには様々な理由があると言われています。 「ニシンのパイ」をお孫さんに届けるというミッションだったのですが、時間に間に合わずにしかもその受取人(孫)は要らない様子。 その後キキは熱を出し、体調を崩して寝込んでしまいます。 その翌朝にはキキの魔法の力わ失われ、黒猫のジジの声も聞こえなくなってしまってたのです。 この 仕事 の失敗がキキの自信を大きく崩してしまい、魔法の力を失わせてしまったのだろうという理由です。 この描写は直接この映画の中では描かれていませんでした。 ですから、 「え?そうなの??」と思う方もいるでしょうね。 これが 1番の有力説と言われていました。 映画公開の後も、絵本のほうは続編が描かれ続け、2009年に物語は完結を迎えた。 キキは22歳でトンボと結婚して双子のお母さんになったようだ。 魔女の宅急便/角野栄子さん もはや説明不要のあの作品の原作です。 おてんばで寂しがり屋だけど明るく優しい小さな魔女の物語。 宮崎駿監督はこう語っていたんです。 「キキが飛べなくなった理由は、女の子なら分かる」 「僕は、トンボとキキは恋仲になったとは全然思わないんです」 このコメントの中の1段目、 「キキが飛べなくなった理由は、女の子なら分かる」に全てが込められています。 そうつまり男の子には明かすことのないこと。 これは正直ビックリでした!! ゜o゜; だって大多数の人が恋心だと思っちゃいますよね、あの流れなら!? この様に宮崎駿監督の作品は全てを明確にする事はなく、 「ああでもない・こうでもない」という考察を巡らせるような作品作りが特徴的なんですね。 しかし、キキがトンボに対して怒ったことは紛れもない事実です。 そして 原作の『魔女の宅急便』では夫婦になるキキとトンボです。 この時に2人はいい雰囲気になっていくのですが、そこにトンボの仲間がやって来てキキのことを物珍しそうに扱ってしまいます。 その態度とトンボの行動にキキが機嫌を悪くしてしまい、トンボの元から帰ってしまったのです。 これがキキがトンボに対して怒ってしまったというシーンの事です。 僕が初めて『魔女の宅急便』を観たのは小学生の頃で、その時はなぜキキが怒って帰ってしまったのか理由がわかりませんでした。 この映画『魔女の宅急便』の物語の中 では、キキは 13歳という年齢です。 普通の生活をしている女の子ならば中学生です。 そりゃ、 好きな人の前で素直になれませんよね? というかトンボの鈍感すぎな言動もイラッとしてしまいますが(笑) この直後にキキの相棒である黒猫のジジに、白猫のリリーという彼女が表れていい感じになるシーンがあります。 これもキキの中にある恋愛感情が芽生えた証拠といった感じですね。 ということでトンボに対するキキの怒った様な態度というのは、トンボに対するやきもちと見て間違いないでしょうね。 魔女の宅急便でキキが飛べなくなった原因とトンボに怒った理由まとめ 以上、ジブリ『魔女の宅急便』でなぜキキがトンボに対して怒ったような態度を取ったのかについてでした。 キキはこのやきもちの後に大きなスランプに見舞われます。 魔法が使えなくなり、ジジの声も聞こえなくなります。 しかしそのスランプがキキの成長を助け、魔女としても女性としてもキキを一回りも二回りも大きくしてくれたのです。 最後までお読みいただき、ありがとうございました!.

次の

魔女の宅急便キキが飛べなくなったのは?

キキ 飛べ なくなっ た 理由 原作

🎀魔女の宅急便🎀 登場する食べものは どれも美味しそう👅 🍞グーチョキパン店のパン 🥞ホットケーキ 🐟ニシンとカボチャのパイ 🍫チョコレートケーキ 皆は何が食べたいカナ🐾 🍅🍅🍅🍅🍅🍅 🍴今夜9時🍴 🍅🍅🍅🍅🍅🍅 — アンク@金曜ロードSHOW! 大事なホウキも折れてしまい、意気消沈してしまうキキ。 キキが飛べなくなった理由は、もちろん魔力が低下してしまった事は明らかです。 しかし、ただ単に環境が変わったから、トンボに仲の良い友達がいて気持ちがブレたからだけではなく、もっと深い意味が隠されていました。 トンボに恋をしてしまい自分だけでなかった嫉妬心• 他の女性との違いからの劣等感• 成長している段階・思春期だから 様々な理由がネット上などで考察されています。 そんなキキが飛べなくなった理由を語るの欠かせないのは、絵描きの少女(ウルスラ)との出会いです。 その会話の内容が以下になります。 「魔女の血か、いいね。 私そういうの好きよ。 魔女の血、絵描きの血、パン職人の血。 神さまか誰かがくれた力なんだよね。 おかげで苦労もするけどさ」 このシーンに全ての秘密が隠されています。 絵を描くことも、魔法を使えることも全て「親からもらった才能」であることです。 「空を飛ぶ」と言う事が「絵を描く」事と同様で、「個人の才能」によるものだからです。 キキが空を飛べなくなったのは、上記の会話の中であるウルスラの経験と全く同じ事になります。 「私もよく描けなくなるよ」 現在、キキはこの状況と同じで、成長の過程にあるという解釈が最も正しいのではないかと考察します。 さらに、魔法が弱くなった理由について考察していきます。 魔法が弱くなった理由を考察 魔女の宅急便でキキが飛べなくなった時、絵描きのウルスラの言葉が素敵だった。 描けない時は描かない。 描きたくなる気持ちが沸いてくるのを待つって。 マラソンが習慣の人が3日坊主にならないコツが 疲れたら休む事らしい。 休みながら走ってたら続いてたって。 ただ、その要因は様々なものがあると思います。 13歳になり独り立ちの苦悩• 自分とは違う世界に住む人たちとの遭遇(トンボたち)• 思い通りに仕事が上手くいかないもどかしさや悔しさ はじめて知らない街にやってきて、様々な経験をしていきます。 心踊らせて旅立ちしたものの、予想以上に苦悩してきました。 全ての出来事がキキ自信を成長させるキッカケとなるものの、上手くいかない状況にあると思います。 実際に魔女の宅急便のキキを思い出す例も多数ありました。 魔女の宅急便で、突然キキが飛べなくなったとき もがき苦しんだあげく 飛ばないことにしました できなくても、いいじゃん! って思ったら 心が軽くなりました まずは できるところを のばしていきたい 自分も、子育ても。 ほんとうに、 したいの? うん!やりたい! わくわく! そこまで、自分のことを見守っていました。 Twitterに来て、 フォロワーさんの優しさにいっぱいいっぱい触れて泣きそうです。 — なんな課長🐭 課長まつり参加中🐰自分らしく生きる喜び&愛されながら収益化サポートプロデュース中 nannanna77 どんな偉人でも必ずぶち当たる、スランプ。 それはある種の成長の過程であり、キキにとってその段階に足を踏み込んでいます。 何をやっても上手くいかない時は、大概キキのように様々な要因が相まっている事が多いと思います。 それに気付かない、気付けない人が大半です。 その解消法は、まさにウルスラが述べた方法でしか解消できず、各々で解決していくしかありません。 キキの魔法が弱くなったのは、成長の過程であり大人の階段を登っている最中であると思います。 宮崎駿監督のコメント(文藝春秋2014. 2) 「魔女の宅急便」フランス観客がどう感じたか に端を発する話 飛べなくなったが最後に飛べるようになったのは何故 とか話す 文藝春秋2014. 2 内容はともかく、今では 豊かな時間に見えるなー — 平針赤池 zxt00b10001 今作の監督である宮崎駿監督が2014年2月の文藝春秋にて今回の件についてコメントしています。 あの宮崎駿監督でも「描けなくなる」状況に陥っており、まさにキキが飛べなくなる状況と重ねている事が明らかになっています。 成長期の子供でなくても、スランプに陥ることがあり、それを年齢関係なく自分と重ねる事で、伝わってくるものがあります。 「血で決まっている才能」であるものの、それを活かすも殺すも自分次第であり、前に進むからこそキキのように飛べなくなると考えると、同じ状況の人も気持ちが楽になりますね。 まとめ 今回は魔女の宅急便・なぜ飛べなくなった?魔法が弱くなった理由を考察していきました。 魔女の宅急便の伝えたい事である「飛べなくなるシーン」。 ウルスラとの会話は何かに取り組む人にとって、最高の教訓になると思います。 何か上手くいかない時こそ、魔女の宅急便をい見て前を向いてみてはいかがでしょうか。 スタジオジブリ作品の中でも名作中の名作ですね。 「魔女の宅急便」関連記事.

次の

魔女の宅急便でキキが飛べなくなった理由!恋説ではなく、実は初潮説?

キキ 飛べ なくなっ た 理由 原作

原因は、好きな男の子ができたからではないと思います。 」 キキ「私のは仕事だもん。 楽しいことばかりじゃないわ。 」 トンボ「才能を生かした仕事でステキだよ。 」 キキ「私ちょと自信をなくしてたの。 」 「トンボっていい人ね。 」 「ありがとう。 おかげで元気になれたわ。 」 ということから考察すると、 トンボが直接原因ではないことが分かります。 また、トンボたち同世代の子供たちが車に乗って遊んでいる時に、キキは機嫌が悪くなる。 と言うことは、キキがまだ子供なのに、一人暮らしを始めて生活していく厳しさを目の当たりにしている時に、 他の子たちは、楽しそうに遊んでいる。 それで、その子たちと自分を比べて、 自分はもう働いていて、おまけに仕事も少なくうまくいってない事から、 スランプに陥っていってしまったのかなぁと思います。 また、風邪を引いて気持ち的に不安が増したり、 思春期特有の色んな要素が重なってしまったのだと思います。 また、宮崎駿氏は、少女の成長物語作品を好むので、 その点から考えても、上記の理由で良いのではと思います。 でも、結局は、人それぞれの見方、考え方があって良いと思うので、どれが正解というものでもないと思うのですが。 少しでも参考になればと思います。 #3さんの言うとおり、自分に自信がなくなったからだと思います。 キキが街にやって来た時から「いまさら魔女なんて…」てな雰囲気だったと思いますが、それでも唯一の特技である「空を飛ぶ」ということを活かした宅急便を始めてがんばって生きていました。 が、おばあちゃんのニシンのパイを届けても喜ばれず、古くさい黒い服を着ていたりしたこともあって現代(当時)社会とのギャップに悩み、キキは「自分は現代社会から必要とされていない」…と感じていたのだと思います。 最後にはその特技が不完全な状態ながらも役に立ち、世間から認められるという結末で、「社会に認められていないと思っても、がむしゃらに得意なことを続けていれば、きっと認められる」というメッセージなのかなと思っていましたが。 どうでしょう。 ひとつの可能性として・・・ トンボに心を開いたのだけど、トンボが飛行クラブの仲間と仲良く話し始めたらちょっとすねましたよね。 友達をとられたような嫉妬心かな。 パイを届けた老婦人の孫娘もその中にいたと思いますが、その子の態度(性格)もあまり良くなかった ので、できれば関わりたくないようでした。 仲良くなってその子の良い面を引き出し、性格を良い方に持っていく方がその子のためであり、 老婦人のためでもあるのですが・・・。 魔女とはいえ13歳の女の子、気に入らない事に腹を立てるのはしょうがないと思うけど、魔法を使うって いうことはすべてを受け入れ、無意識的に無償の行動が取れるって事が肝心ではないのかな? ちょっと心が狭くなっていたキキには・・・魔法はちょっとお休み状態だったのでは? にしてもルージュの伝言がぴったり似合ういい作品ですよね。 魔法の力が消えちゃったからですよね? でも単純にそれだけではないような気がします。 (以下は私なりの解釈です。 ) 宮崎監督があれで何を表現したかったのか、と考えてみると、私は思春期のさまざまな障害だと思います。 私が一つ前に回答した質問(プロフィール欄でご覧下さい)もそうなんですが、現実世界でも中学生や高校生のうちっていろんなことに悩みますよね?やはり子供ですから、大人からすればどうでもいいようなことを思い悩んでしまうわけです。 宮崎監督はこのことを表現したかったのではないでしょうか。 障害があってあたりまえという。 それで、最後のほうで結局はジジの言葉が理解できないままであっても、(=大切な何かと決別しても)それを乗り越えて生きてゆかなければならない、というメッセージが込められているのだとおもいます。 A ベストアンサー 父が喘息もちで、知人から教わった方法をご紹介します。 粘性のある痰の場合は、コップ一杯のぬるま湯(ごく薄めの食塩水)で水分補給すると、数分後には粘性が緩和されて痰も切れやすくなります。 これでかなり取れます。 しつこい場合は、肺の輪郭を円を書くようにゴリラがゴッホゴッホと胸を打つ要領でこぶしで叩きます。 上から下に向いて、外側から内側に叩きます(左手は、時計回り、右手は半時計回りにです。 )胸の周りが暖かくなってきたところで、お尻を高くして(土下座する感じで、お尻をもっと高くします)いつも痰を切る要領の呼吸をします。 (深く息を吸って、はッ!と吐く感じです) 仰られる通り、耳鼻咽喉科で、とってもらえますが、痰を切ることより、痰が出来る原因を調べてもらったほうがいいようにおもいます。 単なる気管の問題ではなくて、内臓から来る場合もあります。 お大事にされてくださいね。

次の