やばいニュース。 手越のラッパ飲み投稿が波紋「この時期に密」「直飲みやばい」(女性自身)

「神達に拾われた男」早見沙織&子安武人が追加キャストに…「やばい!ついにおじいちゃんかよ!」

やばいニュース

手越祐也(32)が7月2日、InstagramのストーリーにYouTuberのヒカル(29)とのツーショットを投稿した。 ジャニーズ事務所を退所したばかりの手越だが、早速、SNSで波紋が巻き起こっている。 そこには、寄り掛かるヒカルの肩に腕を回す手越の姿が。 いっぽうで手越は左手に持った瓶をラッパ飲みし、ソファーに片足を上げて座っている。 さらに2人のテーブルには、第三者の名刺が映りこんでいた。 そんな手越の投稿に非難が殺到。 ネットではこんな声が上がっている。 《手越のストーリー、ちらっと見ただけで炎上ポイント多すぎてヒエッってなったよ…医者の名刺、ソファの上に靴、この時期に密、ヒカル()》 《名刺写ってるしプライバシー丸出しな写真やし、酔った勢いでこんな事するならSNSは辞めたほうが良い》 《ぐっちゃぐちゃのテーブル、ラッパ飲み、誰かの名刺、これを見たいと思う手越ファンどれくらいいるのかな》 《椅子に足上げてるのもやばいしシャンパン直飲みもやばいよ、、こんな姿見たくなかった》 先月19日、ジャニーズ事務所から退所した手越。 夢に向かって歩み始めたばかりだ。 「手越さんは会見で『事務所に甘えずにチャレンジしたいことがあった』と語っていましたが、事務所に所属することで守られてきたというのも事実。 フリーになったということは、これまでのように守ってくれたり『それは違う』と指摘してくれたりする存在がないということです。 SNSは炎上しやすいものだと認識していれば、今回のような投稿はしないはず。 『責任はすべて自分にある』ということを学ぶ機会になればいいのですが……」(スポーツ紙記者) 投稿はすでに消えているが……。 ファンにとっては心配が増えそうだ。

次の

「神達に拾われた男」早見沙織&子安武人が追加キャストに…「やばい!ついにおじいちゃんかよ!」

やばいニュース

目次はこちら• 天理教とは 天理教とは創価学会に次いで日本で2番目に信者数を抱える新興宗教です。 信者数は最新のによると約120万人とされていますが、実数は5,60万人だと言われています。 神道系の新宗教だと思われるも、実際には神道に属さず新たな新宗教という立ち位置になります。 天理教と言えば天理市(奈良)で、 日本で唯一地方都市の名前が宗教団体名と同一で有名です。 たまに駅前などの街頭で宗教的な歌や踊りと共に、ドンチャン鳴り物を鳴らし、周りの信者がパンフレットを配り勧誘しているのを見た事ある人も少なくないでしょう。 天理教はやばいのか? 天理教はやばい新興宗教なのか。 一口にやばいと言っても、良い意味でも悪い意味でも当てはまるのが天理教でしょう。 最近、話題になった天理教校学園高等学校の閉校するという発表したものの、閉校の真意は定かになっていません。 中堅の新興宗教団体が新規信者の獲得より、二世信者の教化教育に専念する教団が増えるなか、新興宗教の中でも比較的歴史の古い天理教では、若者の信仰離れ(宗教離れ)の影響もあるため、 今後の教勢拡大を考えると死活問題です。 突然の閉校は、天理教に何かやばい事があったのではないかと噂されています。 基本的に、信者にとっては天理教はやばいネタが少ない新興宗教かもしれません。 しかし、天理教の全国にある地域支部(教会)は独立採算制で、兼業は禁止され宗教活動に専念しなければいけないため、運営は個人の裁量が求められ、かなり厳しいとも言われています。 こういったシワ寄せは結果として信者が負担しないと続かないため、やばい状況が表面化しにくいだけでやばい体質だと言っても良いでしょう。 天理教の事件がやばい 天理教で表立った事件はここしばらくありません。 当時、最も話題となり、やばいと言われた事件の1つが天理教の教会長の自殺です。 天理教の秋季大祭前日に山名大教会( 静岡県袋井市) の部下教会である静岡県の鮎ケ瀬分教会長(伊藤辰彦)が詰所で自殺した事件です。 自殺した動機は明らかとなっていませんが、教団組織内でのトラブルが原因だったという声が上がっています。 天理教の教団組織は本部をトップとして縦社会で、大きなイベントの前にはお布施(お供え)ノルマが課されます。 生活にさえ困窮している信者にこれ以上のお布施を要求できないなど、上位教会長や信者との軋轢に耐えきれなかったのが事件の原因ではないかと言われています。 天理教の評判はやばい? 天理教は良い評判が目立ちます。 一方でやばい評判として根強いのは、天理教の教会運営の二極化です。 独立採算制を取るため、教会運営は教会長の手腕に左右されます。 天理教は歴史もあるため、教会長は多くの場合で親から子へ受け継がれてゆきます。 やばいのは、運営が上手くいかないからと言って簡単に天理教から離れる事ができないのが宗教の特徴です。 そう簡単に信仰は捨てられるものではありません。 信者からの献金は天理教本部へ横流すため、末端の天理教の教会は毎月十数万の収入の中から家族を養い、教会を運営し、毎月のお供えをするという話も少なくありません。 天理教の教団組織には縦社会的な上下関係が強く残っているため、代々受け継がれる信者の評判は 「陽気ぐらし」とは違いギャップがあるやばい話も散見されます。 天理教が危ない?危険なのか3つのやばいポイントを検証 天理教は危ない宗教なのか。 危険だと言われる やばいポイントを3つに絞り、検証しました。 まず第一関門は勧誘、多くの新興宗教は勧誘がやばい。 第二関門は修養科、共同生活をして信仰を擦り込むコミューンに近い手口がやばい。 第三関門はお布施、信仰心とお布施が比例し宗教が生活の中心になるのはやばい。 天理教の勧誘はやばい? 天理教に限らず宗教でやばいのは勧誘です。 天理教の勧誘は、新興宗教でも大手教団だけあって勧誘には貫禄があります。 天理教では勧誘のことを「にをいがけ」と呼んでいます。 昨今で最も有名な勧誘は「こどもおぢばがえり」で、毎年夏休みの天理教信者の子供たちの恒例行事となっています。 親の偏見がない限り、子供たちは宗教だと意識をしたりせず楽しめるため、勧誘のきっかけになっています。 やばい状況になってしまう特徴は、天理教のイベントだと知らず子供を参加させてしまった場合や、イベント参加後に執拗な勧誘をされた場合に距離を置いてしまうなどトラブルもあるようです。 子供を宗教の勧誘に使うのもやばいですが、子供同士の関係を親が大人の事情で介入するのも同じくらいやばいでしょう。 天理教の修養科はやばい? 天理教のとっておきが修養科です。 修養科を簡単に言えば、天理教本部(おぢば)で3ヶ月ほど生活します。 信者からすると信仰を深め、時には回心体験と成り得る事も少なくないようです。 一方で、信者以外からすると洗脳教育に近いやばい体験を味わえると揶揄されています。 言ってしまえば、能力開発や自己啓発のような研修に近い体験を非日常的な空間で体験できるのが修養科の特徴です。 同じ格好(はっぴ)を着て、同じ釜の飯を食い、規則正しい生活のもと神秘的な空間で集団生活する訳ですから、修養科が終わる頃に感動する人もいるでしょう。 言うならば、何かしらの目的を持って修養科に参加したなら、 3ヶ月で「何か」を得れない方がやばいのかもしれません。 修養科を進める訳ではありませんが、仮に修養科へ実際に参加して批評している人を見ると、3ヶ月の過ごし方(本人そのもの)がやばいという話になっても不思議ではありません。 天理教のお布施はやばい? 天理教のお布施はお供えと呼ばれています。 お布施がやばいと言われる理由として有名なのが、イベントや行事への参加有無に関わらずお布施をするのが一般的です。 天理教では身代と呼ばれ、強要はされませんが自分の身代わりにお布施をする習慣があります。 信者へお布施を強要しないため、天理教本部や上位教会から教会長はしわ寄せが多いのか、自殺を引き起こしたやばい事件もありました。 ちなみに、天理教は毎月行われる月次祭があり、 お布施の相場は5000円前後(信者によって違う)のようです。 一方で、身の丈に合わないお布施を行い宗教が生活の土台ではなく、出家信者でないにも関わらず宗教が生活の中心と成り下がってしまったやばい話も散見されます。 まとめ.

次の

LINEを一週間放置されたらやばいかも! 恋人にしてはいけない男性の特徴3つ

やばいニュース

「年金の減額事案にそこまで他人事か」 年金の加入状況などを確認できるサービス「ねんきんネット」を新社会人にPRするため、ページが2019年3月14日に公開された。 ページの上部に「ガチヤバイ!?リアルガチでやばいかも!? 新社会人のみなさまへ 受け取る年金少なくなってない!?ねんきんネットで確認だ」とキャッチコピーが踊り、PR動画や利用者の声が掲載されている。 3月14日に公式ツイッターでも宣伝され、「将来いくら年金がもらえるか興味ないかい?」とのセリフがついたビジネスマンのイラストとともに前述のコピーが引用された。 とはいえ近年、「消えた年金」問題をはじめ、約598億円の支給漏れや約125万件の個人情報流出など、年金をめぐる不祥事が相次いでいる。 18年10月には、計6億3000万円の不必要な手数料を支払っていたことがわかり、会計検査院が日本年金機構に改善を求めていた。 そうした"年金不信"も相まって、ツイッターでは 「日本年金機構は、年金の減額事案にそこまで他人事か」 「少ない収入で納めている身としては『ガチヤバイ!? リアルガチでやばいかも!? 』のコピーは不快です」 と不満が多数書き込まれた。 批判を受けてか、ウェブページとツイッターの投稿は15日昼までに削除された。 J-CASTニュース編集部では現在、日本年金機構広報室に取材を申し込んでいる。 回答があり次第、追記する。 (15日20時追記)日本年金機構広報室は取材に対し、「誤解を与える表現を用いたことはお詫び申し上げたい」と謝罪。 問題となったコピーは、コンペで委託を決めた業者が提案し、機構が採用したという。 委託費は、事前の調査・分析などを含め全体で3000万円だった。

次の