新型 コロナ ウイルス 終息 予測。 「新型コロナ、最悪のシナリオ」米大学研究機関が予測(飯塚真紀子)

新型コロナウイルスはいつまで流行するのか【終息予想】東京オリンピックは大丈夫なのか

新型 コロナ ウイルス 終息 予測

日本人は楽観しすぎていないか? みなさんはこの「新型コロナウイルス肺炎」がいつ終息するとお考えだろうか。 オーストラリアに住みながら、海外在住日本人ライターの集まりである「海外書き人クラブ」のお世話係を務める私は、日々世界中の彼らと情報を交換している。 そこで最近頻繁に話題になるのが、「日本に住む人たちは楽観しすぎているように見える」ということだ。 世界中の人たちが認識している「この闘いが長く厳しいものである」という現実を、理解していない日本人も多いようにも思える。 今、直視しなければ、日本は破滅に向かうのではないか。 そんな心配さえしている。 そんな彼我の差を知ってもらいたくて、私は簡単なアンケートを取ることにした。 協力してもらったのは、もちろん「海外書き人クラブ」のメンバーたちだ。 アンケートは以下のような設問にした。 【設問1】 在住している国が「ほぼ正常」(映画館や飲食店に行けたり、国内旅行が普通にできたりする状態)に戻るのは「何カ月後」と予想しますか? 【設問2】 在住している国と日本との渡航が「ほぼ」自由および正常にできるようになるのは、「何カ月後」と予想しますか?(「コロナ以前」より減便になったとしても定期便が飛び、かつてと同様の価格で飛行機に乗れる状態になるのはいつか) アンケートを回収したのは日本時間の2020年4月18日夜から4月23日の早朝にかけて。 また回答は疫学の専門家などではない素人の予想であることはご理解いただきたい。 さて、各国の回答を紹介する前に、日本にお住まいのみなさんにお願いがある。 まずご自身なりの【設問1】と【設問2】の「答え」を考えていただきたい。 現在の日本は、感染がそれなりに広がっているのに店内での飲食ができる稀有の国である(私が住むオーストラリアもそうだが、多くの国々では「店内飲食」は禁止で、テークアウトやデリバリーのみで営業可となっている)し、国内旅行もできないことはない。 よって【設問1】は「なんの気兼ねもなく店内飲食やレジャーや観光旅行が楽しめるようになるのは何カ月後と予想しますか?」と考えていただこう。 【設問2】はどこか行きたいと思う国をひとつ想定して、「日本とその国との渡航が『ほぼ』自由および正常にできるようになるのは、何カ月後と予想しますか?」としてもらいたい。 みなさん、それぞれの回答を頭の中に浮かべていただけただろうか。

次の

【新型コロナウイルス】いつ終わる?いつまで続くの?終息の時期を予測・予想をまとめてみた

新型 コロナ ウイルス 終息 予測

【2019年】 12月8日:武漢で最初の新型肺炎患者が報告 12月31日:原因ウイルス(2019-nCoV)がWHOに報告 【2020年】 1月9日:初の死亡例確認 1月16日:神奈川県内で国内初の感染症例 1月20日:感染者数200人を超える 1月22日:WHOが緊急会議 1月23日:武漢市の空港・鉄道・フェリーなどの交通機関が停止に 1月25日:感染者1000人を超える、死者は40人に 1月27日:日本政府 新型肺炎を「指定感染症」に指定 1月28日:日本 武漢への渡航歴がない感染者確認 1月29日:感染者6000人を超える(死者は131人) 1月31日:WHO 緊急事態を宣言、感染者数はSARS総数を超える 2月1日:感染者数1万人を超え、死者259人に このように経過を見てみると感染者の報告数が 200人だった1月20日からたった10日後の2月1日には1万人超えをして、新型肺炎の恐ろしさがよくわかります。 2月1日時点では中国以外では 24の国と地域で感染者は151人に上っています。 このうち 武漢への渡航歴のない人の感染が確認されたのは、日本、ベトナム、台湾、ドイツ、アメリカ、フランス、韓国、タイの合わせて8つの国と地域に及んでいます。 最も権威のあるイギリスの医学雑誌「The Lancet」では1月31日に香港大の研究者によるコロナウイルスの疫学研究が発表されました。 NEW research: Modelling study estimates potential domestic and international spread of the 2019-nCoV outbreak originating in Wuhan, China. All Lancet content is fully and freely available at our 2019-nCoV Resource Centre — The Lancet TheLancet この研究では中国・武漢市やその周辺都市の 感染者数は1月25日時点で7万5815人に上る可能性があると指摘しています。 下は2週間前2月16日現在の感染者数です。 しかし 3月3日現在、日本は227名、韓国4753名、イタリア1835名、イラン1260名、シンガポール106名、タイ43名、台湾41名、ドイツ130名、フランス130名となっています。 これをみると日本、欧米、中東の 乾燥寒冷な気候の地域で急増しているのに対し、16日時点で多かった シンガポール、タイ、台湾ではあまり増加していません。 これらの 湿潤温暖な国では一次感染が多いものの、市中感染はごく少数でしか起きていません。 日本でも、ダイヤモンドプリンセス号が立ち寄った沖縄では、接触者の感染判定はいまのところ陰性で、感染拡大も起こっていません。 一方で 北海道では80人近くの感染が報告されています。 この経過から推測するに、 やはり温暖湿潤の気候ではコロナウイルスは感染力が低下するのではないか、というのが個人的な見解です。 北半球のインド以東のアジアとカナダを中心に、 32の地域や国々へ拡大しました。 SARSは初めての報告から終息宣言まで約8か月までかかりました。 冬から流行り出し、ピークは春先、5月くらいからは収束していきました。 収束できた大きな理由は、3月頃から国際的な問題として掲げられ 検疫が強化されたことがあります。 またコロナウイルスはインフルエンザと同じように、冬に感染力が強く、 夏にかけては比較的感染力が落ちることも影響していると考えられます。 したがって、 今回の新型コロナウイルスに関しても「夏頃には収束」というのが予測の1つとして挙げられます。 しかしSARSとは様々な点で違いがあります。 4~4人 、新型は1人の患者から1. 4人から2. 5人と予測されています。 したがって新型の方が感染力はやや弱いと考えられます。 世界各国はアメリカがリーダーシップをとりながら、検疫や渡航規制を迅速に開始しています。 下図はを参考に作成。 これはなぜでしょうか。 中国人の国内移動増加・世界的な進出が今回の世界的流行の一番の理由です。 とくに武漢は中国のハブ空港です。 中国全土、そして海外への渡航者が集まる街なのです。 またSARSよりも重症化率が低く、若者間の無症状での感染拡大が懸念されています。 収束へのカギ 政府の対応 アメリカは2月1日に、 過去14日間に中国を訪れたすべての外国人のアメリカへの入国を当面拒否する方針を発表しました。 フランスやイギリスでも航空会社が中国発着便の欠便を開始しています。 一方で日本政府は他の先進諸国と比べ対応に遅れをとっています。 現在でも中国への渡航を「自粛」要請に留まっています。 2月、3月の2カ月間で訪日中国人は140万人くらいです。 今回の感染流行で中国政府が団体旅行を禁止したことでこの時期の40万人近くが旅行を取りやめる可能性があります。 しかし少なく見積もっても毎日1万人以上の中国人が日本に来ていることになります。 それ以外にも中国から帰国する日本人も多数います。 日本政府は感染拡大を防ぐために中国からの渡航を今すぐにでも規制すべきだと思います。 感染対策への意識 新型肺炎といっても、本体は風邪を引き起こすコロナウイルスが原因です。 基本的に飛沫感染が原因であるため、裏を返せば、 感染者の唾液が何らかの理由で口に入りさえしなければうつることはないです。 各個人がマスク着用と手洗いをしっかりと行えば感染する可能性はグッと減ります。 医学的にもっともエビデンスがあるのは手洗いです。 30秒間しっかりと石鹸またはアルコールで入念に手を洗いましょう。 感染対策への認識向上や啓蒙が進めば、流行拡大を食い止められるはずです。 季節 一番感染力の強い冬から春先に流行対策を強化し可能な限り感染拡大を抑えて、夏に逃げ込むというのが大切です。 日本では2月から3月にかけては 花粉症患者によるマスクの着用が圧倒的に増加するので、これも拡大防止に有効に働くのではないかと期待しています。 ワクチン開発 世界の各国の主要な研究機関がこぞってワクチン開発に取り組んでいます。 しかしどんなに順調に進んでも、臨床試験は夏に開始するのが精一杯です。 通常臨床試験は数段階に分けて行うため、最低でも数か月を要します。 仮に副作用の問題がなかったとしても、そこからパイプラインを確保し大量生産をしなければなりません。 現代の先端技術を集約して何とか成功した場合でも、私たちの手元に届くのは最速で2020年末ということになります。 僕の予想ではここまでにはすでに感染は収束しているのではないかと思いますが、ワクチンがあれば来年以降の再流行を防ぐことが可能かもしれません。 全世界の研究機関が資金と人材を投入してワクチン開発に急いでいます。 仮に流行時期に間に合わなかったとしても、今回のワクチン開発に要する期間は 現代医学の現時点のレベルを表す一つの指標になるのではないでしょうか。 まとめ 今回の記事のポイントをまとめていきます。 政府は早急に対応するべき。 政府による検疫強化と個人の感染対策の普及により、 初夏までには感染拡大が落ち着いてくれること祈っています。 政府にはより強硬な姿勢で対策を講じてほしいですね。

次の

新型コロナウイルスの終息はいつ頃?終息予測情報。

新型 コロナ ウイルス 終息 予測

4万人です。 この状況では夏の 猛暑が感染拡大の状況を更に 悪化させると、悲観的な予測を発信しています。 このところ何かと批判されることの多いWHOですが、医療の世界的な専門機関ですからデタラメな予測ではないでしょう。 以下、 夏に向かってのWHOのネガティブな予測と警鐘です。 気温が上がっても 感染拡大が止まることは無いし、感染 スピードが遅くなることはない。 猛暑は、屋外で働く人、高齢者・幼児・持病を持つ人などの基礎体力を削ぎ 感染リスクが高くなる。 対処としては、熱中症対策に準ずるような対応や、「頻繁な手洗い」などの予防対策の継続ということで、これといった画期的な対応策があるわけではありません。 2021年7月以降に終息(国内医師へのアンケート結果) プレスリリース会社)の、 日本国内医師1,346人に実施したアンケートによると、 33. 5%の医師が「 2021年7月以降」の終息を予測しています。 次に多いのが20. 0%「 2020年7月~8月」です。 このように、医療の専門家でも、結果はバラバラでそれだけ 予測が難しい、ということだと思います。 SARSが半年で終息した、というデータ 2003年頃中国から発生して感染拡大したコロナウイルス「 SARS」が約半年で終息していることを受け、今回の新型コロナウイルスも同じ型なので、3月~4月が世界的なパンデミックとして、 半年後8月~9月には終息するのでは、という楽観的な見方も散見されます。 しかし、この予測は希望的予測で、今回の新型頃ウイルスは「新型」であり、同じコロナウイルスでも「SARS]と同一ではなくわからないことも多く、データも充分ではないので、 根拠のない予測です。 そうあって欲しいですが・・。 元のような生活には戻らない 時々見かけるのが、「 ウイルスが消滅することはない」とか「 ウイルス感染拡大の前のような生活には戻れ ない」など、 極端な悲観的な予測を目にします。 本当にそんなことになるのでしょうか・・? 私はこれは 飛躍し過ぎた推測だと思います。 スペイン風邪の時でも終息し、やがて世界は復興し元の生活を取り戻しています。 医療も今より脆弱でとんでもない世界的なダメージだったと思いますが、それでも元の生活を取り戻しています。 医学の発達した現在、何事にもスピード化された今日、 終息すれば、復興も早いのではないでしょうか。 コロナアフター 早くも、この新型コロナウイルス騒動が終息した後のことについて「 コロナアフター」ということで予測記事が多く発信されています。 やはり、冷え込み落ち込んだ経済関係が多く、先取して前を見据えています。 アメリカと中国の貿易摩擦に始まったこじれが、 コロナアフター後に加熱する、というのは誰でも予測するることです。。 世界の国力が落ちたこの機会に、 アメリカに変わり世界の覇権を手にしようとする中国ですが、それを理解しているアメリカは、先制攻撃的に「中国との貿易をストップする可能性がある」などと圧力をかける発言を発しています。 しかし、今や、人口 14億人のマンモス国家の中国一筋縄では行きません。 結論的には、 正確な新型頃ウイルスの終息時期は予測できないということだと思いますが、国内的には感染拡大のピークは過ぎ終息に向かっているというのは間違いないでしょう。 但し、ここでの緊急事態宣言 解除などの 緩め方、会社のテレワークからの通常勤務への切り替えや学校の再開のタイミングなど、 通常の生活への戻し方の判断が難しいでしょう。 一般市民としては、ここで気をゆるめず、手洗いうがい、マスク着用、3密を避けるは、まだまだ必要でしょう。

次の