私たちはどうかしている あらすじ 11巻。 ドラマ『私たちはどうかしている』原作あらすじ&キャスト|漫画1・2巻無料・試し読みも

【私たちはどうかしている】いつから放送で全何話?最終回の日程もチェック!【横浜流星ドラマ】

私たちはどうかしている あらすじ 11巻

さくらと呼ぶのがポイント! ねこまろ しかし、ある日椿(横浜流星)は、父親(鈴木伸之)が血まみれで倒れているところを見つけて、犯人を見たと言います。 椿が指を指したのは、 七桜の母親で、そのまま七桜の母親(中村ゆり)は逮捕されて、七桜は施設に預けられました。 そして、七桜の母親は取り調べ中に倒れて亡くなりました。 15年後、2人が結婚 15年後、花岡七桜(浜辺美波)は、和菓子職人になって小さな和菓子店でひっそりと働いていました。 しかし、お店に 「花岡七桜の母親は人殺しです」というメールが頻繁に届くようになって、解雇されます。 そして、七桜の前に突然現れた多喜川(山崎育三郎)にもらった手紙で、母親の無実を証明するべく、光月庵に乗り込みます。 そんな中、椿は老舗の旅館の娘・栞(岸井ゆきの)と結婚させられそうになっていた時に七桜に出会います。 幼なじみだった「さくら」とは知らずに、結婚を破談するべく、プロポーズします。 2人の利害が一致して始めた結婚生活、お互いに愛し合っていきますが、正体もバレていって愛憎劇へ! そして、3年後になります。 ねこまろ 七桜は、母親の百合子の和菓子のファンだった多喜川に支えられて、和菓子屋を経営していました。 七桜の夢が叶ったら、結婚してくれと多喜川にプロポーズされていました。 光月庵の跡継ぎ対決で、椿と戦って、七桜が認められました。 七桜は、光月庵の跡継ぎになって、夢が叶ったので、次は多喜川との結婚問題です! 対決の前に一夜を過ごして、椿への想いを吹っ切った七桜は、多喜川と結婚するのでしょうか。 失明の危機にある椿はどうなる? 多喜川の正体 しかし、そんな中、多喜川の正体が判明します。 多喜川の父親と椿の母親の今日子(観月ありさ)は、深い仲でした。 多喜川の母親が病んで亡くなってしまったことで、多喜川は光月庵を恨んでいました。 そこで、母親が殺人容疑だった七桜を利用しようと、働いていた和菓子屋にメールを送って辞めさせて、七桜に近づきました。 そして、椿は多喜川と兄弟でした。 椿の父親の樹と結婚したのに見向きもされなかった今日子が、多喜川の父親との間に作った子が椿でした。 最終回の結末は事件の犯人 そして、改めて椿と七桜は事件の真相を見つめ直します。 椿の記憶では、今日子は朝まで一緒に隣で寝ていた。 しかし、七桜は庭で今日子を見ていた。 すると、椿の隣で寝ていたのは、今日子になりすました多喜川の父親? 事件の朝には、多喜川も今日子の姿を見ていますから、犯人は今日子なのでしょうか。 最終回の結末は、ドラマが終わる11月には原作の連載漫画も終わりそうです。

次の

私たちはどうかしているドラマの原作漫画って?あらすじ・登場人物まとめ

私たちはどうかしている あらすじ 11巻

私たちはどうかしているドラマの原作漫画は? 「私たちはどうかしている」は安藤なつみ著で、現在は漫画雑誌『BE・LOVE』(講談社)に2016年24号から連載中のマンガです。 累計発行部数は200万部以上でコミックは11巻まで発売されています。 待望の12巻は2020年04月13日に発売予定です。 私たちはどうかしている原作漫画あらすじ 15年前、ある和菓子店の若旦那が何者かに殺害されてしまう。 若旦那の息子である高月椿の証言で、警察は住み込みで働いていた女性職人を殺人容疑で逮捕した。 椿には花岡七桜という名の幼なじみがいて、七桜は母がこの和菓子店で働いていたこともあり、よく出入りしていた。 椿は七桜のことを「さくら」と呼んでいた。 互いに初恋の相手であった2人は殺人事件をきっかけに、互いに憎しみ合ったまま離れ離れに。 15年が過ぎ、椿と七桜は思いも寄らぬ形で再会することになった。 目の前に現れた七桜がかつて父が経営していた和菓子店に出入りしていた幼なじみとは気づいていない椿は、家族によって決められた結婚を破談にするために会ったその日に七桜にプロポーズする。 そして七桜は母の無実を証明するために、椿の結婚の申し出を受け入れる。 しかしそこには結婚に反対する椿の母親の嫌がらせ、それ以外にも一筋縄ではいかない家庭事情が2人に襲いかかってくる。 原作漫画で登場する人物は? 花岡七桜 (浜辺美波) 5歳の時に光月庵で住み込みで働く母に連れられ店へやってくる トラウマで「赤」い色が怖い 高月椿(横浜流星) 光月庵の跡取り 大倉 百合子 七桜の母 椿の父を殺した容疑で逮捕されてしまう 高月 宗寿朗 光月庵の大旦那 高月 樹 椿の父光月庵の跡取りだったが殺されてしまう 高月 今日子 椿の母、光月庵の女将、加賀御三家鳳家の娘 多喜川 薫 地主 亡くなった父親が七桜の母のお菓子のファン 父からの遺言で七桜に手紙を手渡すことに 夕子 雇われて七桜の母親を演じる 「呑処ゆうこ」を経営している 城島 裕介 光月庵で働く新人菓子職人 実家が「しまや」という能登にある和菓子屋 栞 椿の元婚約者 式の最中に椿が七桜との結婚を宣言して破談になった 緑川 明子 料亭みどりの女将 武六会のメンバー 白藤 慶一郎 呉服屋白藤の店主 武六会のメンバー 芥田 茂 芥田流家元 武六会のメンバー 城島 昭子 城島の母 中央病院に入院中 山口 光月庵の職人 メガネをかけている 城島の先輩 富岡 光月庵の職人 女将と男女の仲 松原さん 音羽百貨店 営業企画部 光月庵の御菓子が好き 高橋 雑誌「週刊光」の編集者 溝口会議員 市議会議員 まとめ ・原作漫画は2020年3月現在も「BE・LOVE」にて連載中 ・累計発行部数は200万部以上でコミックは11巻まで発売 ・12巻は2020年04月13日に発売予定 ・内容は老舗和菓子屋を舞台にしたラブミステリー.

次の

私たちはどうかしているネタバレ!犯人は誰?女将の観月ありさや多喜川や衝撃の人物?

私たちはどうかしている あらすじ 11巻

もくじ• コミックは11巻まで発売されていて、12巻は4月発売でまだ完結していません。 ドラマが始まる8月、最終回の10月までに完結してる? さくらと呼ぶのがポイント! ねこまろ しかし、ある日椿(横浜流星)は、父親(鈴木伸之)が血まみれで倒れているところを見つけて、犯人を見たと言います。 椿が指を指したのは、 七桜の母親で、そのまま七桜の母親は逮捕されて、七桜は施設に預けられました。 そして、母親は取り調べ中に倒れて亡くなりました。 15年後、2人が結婚 15年後、花岡七桜(浜辺美波)は、和菓子職人になって小さな和菓子店でひっそりと働いていました。 しかし、お店に 「花岡七桜の母親は人殺しです」というメールが頻繁に届くようになって、解雇されます。 そして、七桜の前に突然現れた多喜川(山崎育三郎)にもらった手紙で、母親の無実を証明するべく、光月庵に乗り込みます。 そんな中、椿は老舗の旅館の娘・栞(岸井ゆきの)と結婚させられそうになっていた時に七桜に出会います。 幼なじみだった「さくら」とは知らずに、結婚を破談するべく、プロポーズします。 2人の利害が一致して始めた結婚生活、お互いに愛し合っていきますが、正体もバレていって愛憎劇へ!.

次の